台湾 カステラ の 作り方。 失敗しない台湾カステラの作り方

パウンド型で作る簡単☆台湾カステラの作り方【卵2個分☆割れないポイント】

台湾 カステラ の 作り方

専門家では、ありませんので、間違っているかもしれませんが、ザッと調べてみました。 どうも水分(油分)と粉の割合、で糊化が始まる温度は違うようですね。 ただ共通するのは、94. 牛乳を温めておくのは、急に温度が下がることでデンプンが固くなるのを防ぐためだと思います。 糊化の理由がシュークリームと同じだとすると、デンプンに粘りを出すことで、より生地の膨らみをよくするためでしょうか。 しかし卵白をしっかり泡立てるので、糊化させなくても、シフォンケーキやスポンジケーキのように膨らむでしょうから、膨らみに違いがでるのか、焼き比べてみると面白いかもしれませんね。 固化じゃなくて、糊化。 熱を加えることで澱粉のミセル構造が破壊され、分子構造の隙間に水分子が入り込みます。 結果として粘性が増し柔らかくなります。 これが糊化です。 糊化して水溶性の特性を持った澱粉を使うことで生地内の自由水を結合水にできます。 結果としての焼き上がりの生地内の水分量を多く保つことができますし、粘性も高いのでプルプルした食感にすることができます。 シフォンケーキやスフレケーキとの差は主にここです。 あと、熱は基本的にエネルギーの移動形態なので「付ける」よりも「加える」という表現が一般的かと。

次の

パウンド型で作る「台湾カステラ」簡単、ウマイ、失敗しない|Taiwan Castella

台湾 カステラ の 作り方

新聞紙を対角に折る 2. 要らない部分を切り落とし正方形にする 3. 辺から15㎝に印をつけ線を引く。 各辺から全て線を引くとこのようになります。 右手前の線に切り込みを入れます。 紙を90度動かし同じように切り込みを入れます。 切り込みを入れるとこのようになります。 切り込みを入れた幅をそれぞれ半分に外側に折ります。 4辺折るとこのような形になります。 出っ張った部分を折り、ホッチキスでとめます。 全てホッチキスでとめるとこのような箱になります。 5㎝)です。 アルミホイルを箱の横幅に合わせたモノを2枚準備します。 クロスさせ中にアルミホイルを敷きます。 要らない部分を外に折ります。 最後に外側を覆うようにアルミホイルを折ります。

次の

失敗しない台湾カステラの作り方

台湾 カステラ の 作り方

新聞紙を対角に折る 2. 要らない部分を切り落とし正方形にする 3. 辺から15㎝に印をつけ線を引く。 各辺から全て線を引くとこのようになります。 右手前の線に切り込みを入れます。 紙を90度動かし同じように切り込みを入れます。 切り込みを入れるとこのようになります。 切り込みを入れた幅をそれぞれ半分に外側に折ります。 4辺折るとこのような形になります。 出っ張った部分を折り、ホッチキスでとめます。 全てホッチキスでとめるとこのような箱になります。 5㎝)です。 アルミホイルを箱の横幅に合わせたモノを2枚準備します。 クロスさせ中にアルミホイルを敷きます。 要らない部分を外に折ります。 最後に外側を覆うようにアルミホイルを折ります。

次の