生理 不順 食べ物。 生理不順を改善するための11の方法。病気が隠れている可能性も… | 女性の美学

知りたい!生理不順を改善する食べ物

生理 不順 食べ物

バランスのとれた食生活を心がけ、なるべく数多くの食材を適量食べるようにしましょう。 女性ホルモンが正常に分泌されるためには、心もからだも健康であることが基本になります。 ひとつの食材をとることで、ホルモンバランスが整うということはありません。 誤解しないように気をつけましょう。 食生活ではまず、必要な栄養をまんべんなく、適量食べることが大事。 同時に、適正体重(BMI)を維持することを目指しましょう。 太りすぎ、やせすぎはホルモンバランスを崩し、生理不順や排卵障害を起こす可能性があります。 バランスのよい食事といってもわかりにくいものです。 ですから、なるべく数多くの食材を食べるようにし、カロリーの高いものはとり過ぎないようにしましょう。 30代後半からは卵巣機能が低下し始め、エストロゲンが低下していきます。 更年期に向けて体調を整えるには、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを多く含む大豆製品、骨量を補うためカルシウム豊富な小魚、乳製品などを積極的にとるとよいでしょう。 食物繊維も十分とってくださいね。 <バランスよくとりたい8つの食品群> 1.肉、魚、乳製品、卵 細胞のもとであり、女性ホルモンのもとにもなるコレステロールを補うために動物性タンパク質を適量とりましょう。 植物性・動物性両方のたんぱく質を半々ずつ、バランスよくとるのが理想です。 2.大豆食品 エストロゲンとおなじような働きをする大豆ホルモンが豊富です。 3.青魚 DHAやEPAといった、体にとって重要な生理機能を持つ成分が豊富です。 4.野菜 ビタミン類が豊富です。 5.海藻類 低カロリーでミネラルや無機質が豊富です。 6.きのこ類 低カロリーで食物繊維やビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれています。 7.いも類 主成分は糖質ですが、ビタミン、カリウム、食物繊維などが含まれています。 8.ゴマ・ナッツ類 ビタミンB群・Eなどがバランスよく含まれています。 脂質なのでとりすぎには注意。

次の

生理不順で病院に行くタイミングはいつ頃がいい?検査やお薬も紹介

生理 不順 食べ物

そもそも、どうして生理は毎月くるのでしょうか。 女性のカラダの中では、一定のサイクルで女性ホルモンが変化しています。 それは毎月子宮内膜に栄養をため、妊娠に備えるためです。 しかし、妊娠しなかった場合、子宮が収縮して不要になった子宮内膜を血液とともに体外へ排出します。 これが生理です。 生理痛があるのは、子宮にある筋肉が収縮するためです。 痛みの強さは、子宮内膜の厚さによっても変わるといわれています。 子宮内膜が厚く、体外へ排出される血液や内膜が増えるほど、子宮を強く収縮させなければならないためです。 その一方、子宮内膜が薄いほど体外へ排出される血液や内膜が減るため、一般的には加齢とともに子宮の収縮は弱くなり、生理痛が軽くなる傾向があります。 生理痛をやわらげるには、ホルモンバランスを整え、カラダを温めて血行を良くする効果が期待できる食べ物を摂取しましょう。 ホルモンバランスを整える効果が期待できる食材としては、女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含む大豆食品が代表的です。 納豆や豆腐、味噌、豆乳など、普段の食事に取り入れやすい食品を積極的に食べましょう。 カラダを温めてくれる食材としては、生姜が代表的。 生姜はすりおろして豆腐に乗せたり、味噌汁やスープに加えたりするといった食べ方もおすすめです。 リラックスタイムに、すりおろした生姜を紅茶に足してジンジャーティーを楽しむのもいいですね。 また、カラダの調子を整える良質なたんぱく質を含む、鶏肉や牛肉、青魚も生理中におすすめの食べ物です。 サンマやアジなどの青魚には、必須脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれているため、生活習慣病の予防効果も期待できます。 食べ物を工夫しても、重い生理痛に悩まされ続ける人もいるでしょう。 そんなときはギリギリまで痛みをガマンするのはやめて医師に相談を。 また、鎮痛剤の副作用や習慣性が心配で気軽に服用できない人もいるかもしれませんが、鎮痛剤には習慣性はないといわれています。 痛みが強くなった状態で服用しても、すでに痛みの原因物質が大量に分泌されているためあまり効果は期待できません。 毎回重い生理痛に悩まされているようであれば、痛みを感じたら早めに服用するとよいでしょう。 生理痛の原因となるのは、黄体ホルモンの作用により子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンというホルモンです。 プロスタグランジンは、子宮を収縮させて不要になった子宮内膜を排出させる作用を持つものですが、過剰に分泌されると子宮の収縮が強くなる分、痛みも強くなります。 このプロスタグランジンが血流に乗って全身にまわると、頭痛や腰痛の原因にもなります。 鎮痛薬はこのプロスタグランジンの分泌を抑制するものであるため、早めの服用が大切なのです。 ただ、月経困難症のように日常生活に支障が出るレベルの生理痛の場合、鎮痛薬が効かない場合もあります。 そんなときは、婦人科で相談しましょう。 痛みをやわらげるために、低用量ピルを服用する方法もあります。 低用量ピルは避妊のイメージが強いですが、生理痛が重い人に処方されることもあります。 低用量ピルを服用すると排卵が止まり、黄体ホルモンの分泌が抑制されるため、痛みの原因物質であるプロスタグランジンの分泌も抑制でき、生理痛の予防につながります。 低用量ピルは医師の処方箋が必要なので、希望する場合は婦人科で医師に相談しましょう。 今回は生理中におすすめの食べ物を取り上げましたが、「冷えは万病のもと」といわれるように、思わぬ病気を引きおこす原因となるものです。 普段の食生活にも取り入れて冷えを予防しましょう。 ただ、食べ物やメニューをひとつずつ覚えるのはとても大変ですよね。 カラダを冷やす食べ物は、夏が旬の食材や暑い地域で収穫されるもの。 カラダを温める食べ物は、冬が旬の食材や寒い地域で収穫されるもの、と覚えておくと食材選びに役立ちます。 旬の食材は栄養も豊富で味も良いですから、積極的に食べましょう。 もし、食べ物や生活習慣を工夫しても症状が緩和されず、鎮痛剤を服用しても痛みが強い場合は、何らかの病気が原因の可能性もありますので、早めに婦人科で診察を受けましょう。 生理は閉経を迎えるまで長い期間付きあう必要がありますから、できるだけ生理期間を快適に過ごせるように工夫することが大切です。

次の

生理不順で病院に行くタイミングはいつ頃がいい?検査やお薬も紹介

生理 不順 食べ物

それから次に紹介する食べ物はコレステロールが豊富な 魚や卵系、それに牛肉などです。 これらは生理不順を治してくれる作用がありますからとても女性の体にはいいんです。 生理不順でお困りの方、騙されたと思ってこれらを積極的に摂取して下さい。 すぐには、例えば1,2週間で、生理不順が治るということではありませんが、これを積極的に食べ続けていくと数ヵ月後には生理不順が治っているということが起きるようです。 もちろん過激なほどに魚、卵、牛肉を食べろといっているのではないので、健康に気をつけて食べてくださいね。 インターネットで探したら、これらを使ったレシピは沢山見つかりますよ。 これで毎日飽きずにメニューを変えながら食べ続けられますね。 画像:isashi. jp それから先ほどのビタミンEに引き続き、 ビタミンDも生理不順を治してくれるということで有名です。 知っていましたか。 しかしビタミンDと聞いてもピンときませんよね。 何にビタミンDが入っているんでしょうか。 実は、これは「切り干し大根」や「干し椎茸」、「魚の干物」などから摂取できますから、これを食べてみてください。 また日光を浴びることでビタミンDも取れるそうです。 知っていましたか。 これはちょっと驚きですね。 ですから、家の中にずっといるのではなくたまには外に出て日光を浴びましょう。 浴びすぎも良くないですが、毎日軽い散歩をするなどして太陽に当たりましょう。 つまり夜、外に出ても意味がないですから、太陽があるうち、特に午前中がいいのではないかと思います。 どんな季節であっても日光浴を忘れずに! ダメなもの.

次の