時候 の 挨拶 6 月。 6月の手紙の書き出しと結び!ビジネスや友達宛ての挨拶や季語の盛り込み方を例文で!

時候の挨拶6月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

時候 の 挨拶 6 月

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶を例文付きで解説 ビジネスレターで注意すべき点はいくつかありますが、中でも神経を使うのが、時候の挨拶でしょう。 それぞれの時節に合わせた時候の挨拶は、ビジネスレターなどの手紙では欠かせないものながら、いざ書くとなるとそう簡単ではありません。 今回は6月の時候の挨拶について、例文付きで詳しく解説していきます。 また、結びの挨拶についても紹介していますので、ビジネスレターを書く際の参考にしてみてください。 6月の漢語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、まずは漢語調の挨拶について見ていきましょう。 初夏の候 使用時期:5月上旬~6月上旬 「初夏」とは、文字通り「夏のはじめ」の意味です。 暦の上では5月6日ごろの「立夏(二十四節気の1つ)」から夏に入りますが、そこから6月上旬の「芒種」までを、「初夏」と呼ぶようになっています(ちなみにこの後、「仲夏」「晩夏」と続きます)。 ですから「初夏の候」の挨拶は、「夏が始まったばかりの季節」といった意味であることになります。 それでは、「初夏の候」を使ったビジネスレターの例文について、以下でご紹介しましょう。 結びの挨拶も加えてあります。 <例文> 拝啓 初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。 (本文) 今後ともよろしくご用命のほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 敬具 入梅の候 使用時期:6月上旬~6月中旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する漢語調の挨拶は、「入梅の候」です。 「入梅(にゅうばい)」とは、「梅雨入り」を意味しています。 「梅雨」はもちろん、本格的な夏が始まる前の、6月から7月ごろにかけて雨が多くなる時期を指します。 気象的には毎年大体6月中旬ごろから梅雨入りしますが、雑節(二十四節気以外の季節の節目)では6月11日ごろを「入梅」と呼ぶようになっています。 ですので、「入梅の候」は6月上旬から中旬にかけて使われる挨拶です。 「入梅の候」を使用したビジネスレターの例文を、以下に挙げてみましょう。 <例文> 謹啓 入梅の候、貴社いよいよご発展の由、何よりと存じます。 平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。 (本文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書面にてご案内申し上げます。 謹白 夏至の候 使用時期:6月下旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての漢語調の挨拶の例は、「夏至の候」です。 「夏至(げし)」とは二十四節気の1つで、太陽の黄経(黄道座標の経度)が90度に達する日を言います。 北半球においては、昼がもっとも長く、夜がもっとも短くなる日です。 太陽暦では、6月21日ごろを指すようになっています。 「夏にいたる」と書く通り、この日を過ぎれば本格的な夏の到来となる、区切りの一日でもあります。 では、「夏至の候」を使ったビジネスレターの例文を、以下にご紹介しましょう。 6月の口語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、漢語調の挨拶について見た後は、口語調の挨拶についてご紹介しましょう。 通常の手紙でもそうですが、ビジネスレターでは特に相手への礼が重んじられます。 そのため形式的に漢語調の挨拶が多く使われますが、比較的親しい相手に対しては、ややくだけた口語調の時候の挨拶もよく使われます。 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました 使用時期:5月上旬~6月上旬 こちらの挨拶は、「初夏」と「青空」という言葉を使っているのがポイントです。 夏の始まりは、特に爽やかな青空が印象的な時期ですから、そうした気持ちを折り込んだフレーズとなっています。 前述のように、「初夏」は5月はじめごろから始まり、6月上旬まで含まれますので、そのころに使うのが適切でしょう。 それでは、こちらの挨拶を使った例文を、以下でご紹介しましょう。 こちらも結びの挨拶付きです。 <例文> 拝啓 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました。 皆様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはひとかたならぬお心遣いを賜り、心からお礼申し上げます。 (本文) 今後とも変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 敬具 うっとうしい梅雨空が続きますが 使用時期:6月中旬~7月上旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する口語調の挨拶は、「梅雨」に関するものです。 梅雨に関してはすでに説明した通り、毎年6月から7月にかけて雨が多くなる時期を指しています。 季節の風物詩でもあり、夏の水源としては欠かせない現象ですが、長雨が続くのはやはり気分を滅入らせます。 こちらの挨拶は、そうした感情を折り込んだフレーズとなります。 それでは、こちらの挨拶を取り入れた例文を、以下に挙げてみましょう。 いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。 (本文) 長雨が続きますが、風邪などお召しにならないようお気をつけください。 敬具 水無月に入り、蒸し暑い日が多くなりました 使用時期:6月全般 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての口語調の挨拶の例は、「水無月」という語を含んだものです。 「水無月」の読みは「みなづき」で、6月を指しています。 各月を数字で表すようになったのは、太陽暦が取り入れられた明治はじめごろからですが、それまでは和風の呼び方で月を表していました。 6月を「水が無い月」と呼ぶ理由には諸説あり、未だに定まってはいません。 この挨拶は、気温と湿度が上がって少々不快な様子を表しています。 では、こちらのフレーズを用いた例文をご紹介しましょう。 梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。 何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 相手の健康を願う結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、相手の健康や活躍を願うものをご紹介していきましょう。 ビジネスレターなどの手紙においては、最後に相手の健康や活躍を願って締めるのが定型となっています。 ですので、6月に限らず、どの時期にも使うことができる話題です。 それでは、そうした形の結びの挨拶について、以下で例文をいくつか見てみましょう。 時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます。 一層のご活躍を祈念いたしております。 時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 暑さに関する結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、暑さに関連したものについて見ていきましょう。 これも前述のように、6月は暦の上ではすでに夏です。 徐々に暑さも感じ始める季節ですから、そうした話題も結びの挨拶として使われるようになります。 それでは、ビジネスレターにおける暑さに関連した結びの挨拶の例文を、以下で挙げてみましょう。

次の

6月の書き出し例文

時候 の 挨拶 6 月

6月の時候の挨拶として、ビジネスで使用するような改まった漢語調の言葉と少し砕けた言葉を使用する口語長という2種類があります。 ここでは、6月にビジネスの場で改まったときに使用する漢語調の「初夏の候」という言葉を紹介します。 上旬の頃は、まだ梅雨入り前になりますので、「これから雨が多くなり過ごしにくくなりますね」という意味を込めた文や結び言葉を使用すると良いでしょう。 漢語調として、挙げられる語句は「~の候」や「~のみぎり」という使い方があります。 ~の部分に6月の時候の挨拶として相応しい言葉が入ります。 そこで、漢語調と口語調に分けていくつか文例と結び言葉の使い方を順番に見てみましょう。 6月は梅雨入り前の夏の初めというところがポイントになります。 6月の時候の挨拶として、ビジネスに使用する漢語調の言葉は先程も紹介した通り「入梅の候」という言葉になります。 この言葉を使用する際には、雨の多さと過ごしにくさが一層増したことで相手の状態が変わりがないかを心配する内容だといいでしょう。 6月の梅雨の時期は体の節々が痛くなったり、気圧の変化が激しく持病や精神疾患を持っている方には、より一層つらい時期となっていきます。 これらを含めた内容で、文章を作り上げると相手も心配してくれている気持ちがより伝わってくるでしょう。 過ごしにくい時期だからこそ、あえて明るい表現を使用することもお勧めします。 その文例や結び言葉の内容は後に紹介します。 まずは6月上旬から中旬にかけての漢語調の言葉を紹介していきましょう。

次の

【時候の挨拶】6月上旬にピッタリの言葉!季節感はOK?

時候 の 挨拶 6 月

改まった漢語調の挨拶 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 その後には「ご清栄のこととお慶び申し上げます」などの言葉が続きます。 梅雨 入梅 長雨 梅雨晴れ 初夏 向夏 向暑 首夏 薄暑 麦秋 短夜 6月の丁寧な時候の挨拶 定番 長雨のみぎり お変わりなくお過ごしでしょうか。 梅雨明けが待ち遠しいこの頃 つつがなくお過ごしのことと存じます。 霧雨の候、庭の紫陽花だけは喜んで 七色の花を咲かせております。 黒南風の候 雨上がりのしっとりした風の中に くちなしの香りが漂う季節となりました。 香りが強い。 例文 先輩へ 拝啓 初夏の侯、数週間後に控えた先輩の結婚式を待ち遠しく思うこの頃です。 今年はから梅雨のようで、予報によれば、6月お日もさわやかに晴れるとのこと。 きっと先輩の思いが天に届いたのかもしれません 中略。 お式を前に、何かとお忙しいことと存じます。 どうぞ、ご自愛のうえ、良き日を迎えられますように。 末永いお幸せを心よりお折りしております。 かしこ 例文(親戚へのお願い 入梅とともにぐずついたお天気が続きますが、いかがお過ごしですか? 衣替えをしたというのに、ブラウス1枚ではまだ肌寒く、梅雨明けが待ち遠しくてたまりません。 というのも、7月に早い夏休みを取り、上海に旅行に行く予定なのです。 そこで中国に長く赴任されていた叔父様にお願いがあります一度、お話をうかがわせていただけませんか… 後略。 自分なりの6月の時候の挨拶 少し改まった6月の時候の挨拶 雨の中であじさいが彩りを増すこの頃 皆様、いかがお過ごしですか? 梅雨の候 お健やかにお過ごしのことと お喜び申し上げます。 緑を照らす陽光を見ながら 梅雨明けの喜びをかみしめているこの頃です。 麦熟れる初夏の候 お元気でご活躍のことと存じます。 店先に並ぶさくらんぼに なぜか胸弾む梅雨晴れの今日 ご報告したいととがあり、ペンをとりました。 雨上がりの木々の緑が より美しく輝く季節となりました。 真夏の青空を 恋しく思う梅雨の候 ご機嫌いかがでしょうか。 夏至を過ぎて 街に注ぐ陽ざしも すっかり夏めいて参りました。 今日、初蝉の声を聞きました。 まだ6月だというのに うだるような暑い日々が続きますが お加減はいかがですか? 黄梅の候 梅干し作りに励んでおられるのでしょうか。 今年もはや半年が過ぎようとしています。 変わりゆく街の景色に 時の早さを感じるこの頃です。 梅雨入りを控えて 空を見上げることが 多くなりました。 傘の花咲く季節。 その後、お変わりございませんか? お伺い申し上げます。 小夏のみぎり そちらではそろそろ 山開きを迎える頃ですね。 親しい人への6月の時候の挨拶 うっとうしい梅雨の季節 元気にお仕事していますか? 梅雨もいよいよ本番となり 新しい傘を2本も買ってしまいました。 あじさいの花言葉は移り気…ですが 私は浮気することなく、 趣昧のフラメンコを続けています。 公園の噴水に、あめんぼうを見つけました。 都会の中でもすいすい泳ぐ姿に ちょっぴり感動してしまいました。 梅雨雲を見上げながら 早く夏になれ! と祈っているこの頃です。 夏至を迎え 梅雨明けの日もすぐそこまで来ています。 じめじめした日が続きますが 私の心はさわやかな梅雨晴れ。 ご心配をおかけしましたが、 公私ともに順調です。 長雨もいいものですね。 さくらんぼを食べながら ゆっくりお手紙を書く時間が持てました。 梅雨のイライラを解消するために 清水の舞台から飛び下りる覚悟で 先日、乾燥機を買いました。 雨続きのこの頃ですが、お元気ですか? そろそろ夏に向けての ダイエットを始める季節ですよ! 時の記念日を迎え 時間の大切さをしみじみ感じています。 そんな年頃なのでしょうか。 とうさんへ。 父の日だから、ひと言だけ。 家族のためにいつも 頑張ってくれでありがとう。 雨また雨の毎日で 凹んでいませんか? ご結婚おめでとうございます。 念願のジューンブライドですね。 花嫁姿、今からとても楽しみです。 雨の降らない週末は こことぞとばかり 洗濯機を何度も回しています。 我が家の小さなキッチンガーデンで、 ミントやタイムなどハーブが ぐんぐん育っています。 衣替えをしたとたんに、この梅雨寒。 慌ててセーターを引っ張り出しました。 6月の時候の挨拶の結びの言葉 6月はうっかりすると、梅雨という言葉を多用しがちです。 全体のバランスを考え、結びの言葉を選んでください。 ウェットな季節だからこそ、清々しい言葉で結びたいものです。 6月の丁寧な時候の挨拶の結びの言葉 梅雨寒の折り、お身体にはご留意ください。 時節柄、お風邪などを召されませぬよう ご自愛ください。 雨の日の外出も風情はありますが 足もとにはご注意ください。 若葉の色も鮮やかなこの季節 末筆ながら、皆様のご健勝を 心からお祈り申し上げます。 短夜の季節 寝不足がお身体にさわりませんよう。 親しい方への6月の時候の挨拶の結びの言葉 今年の梅雨は長引きそうです。 近々、あなたの元気を分けてくださいね。 梅雨冷えのする頃です。 夏風邪など引かないようにね。 梅雨明けを待つ気持ちよりも強く お会いできる日を楽しみにしています。 紫陽花の季節もあとわずかです。 近々、鎌倉にお散歩としゃれこみましょう。 もうすぐ念願のジューンブライドですね。 お式の前の日にはてるてる坊主を作る予定です。 6月の歳時記 衣替え 制服のある学校や会社では、6月1白から冬服から夏服に変わります。 もともとは、宮中に伝わった行事で、季節ごとに衣服を替える習わしが、今に残ったものです。 和服ではこの日から単を着ます。 現代では衣替えにこだわる家庭・人は少なくなりましたが、夏の装いとなった学生やOLを見ると、夏の到来を感じます。 時の記念日 6月10日は時の記念日。 制定されたのは大正9年 1920年 のこと。 冬至の日本人に欧米のような時間感覚を持ってもらいたいという願いから生まれました。 この日は、ムダな時間を過ごさないようにしたいものです。 夏至 1年の中で最も昼の時間が長くなる日。 太陽が北回帰線の真上を通る6月22日頃。 北極圏では白夜の季節です。 気候約には夏本番の7月頃に、「日が長くなったなぁ」と錯覚してビアガーデンに繰り出すことが多くなりますが、じつはこの日を境に昼の時間は短くなっていくのです。 父の日 6月の第三日曜が父の日。 母の日と同じで、アメリカから渡来し、日本にも定着した行事です。 父の日にはバラの花を贈るのが一般的といわれていますが、最近では、ネクタイやシャツ、本やお酒、野球観戦のチケットなどをプレゼントする人が増えているようです。

次の