これは経費で落ちません ドラマ 続編。 【これは経費で落ちません!】原作小説とドラマの違いは?キャラ設定やストーリー展開を比較!

ドラマ『これは経費で落ちません!』全話を見逃し配信!動画で無料視聴する方法

これは経費で落ちません ドラマ 続編

知らなかったけど、俳優を名乗っても十分、何の違和感もありませんね。 カタブツさなこの頑なさを解きほぐしていく太陽は、「北風と太陽」の太陽のようで、暖かく見守って固いガードを脱がすことができました。 気持ちの良い笑顔と、ポジティブな思考、こんな人から熱烈に愛されるなんて、うらやましいわあ。 続編、期待したいですね。 それもこのドラマの魅力のひとつでした。 もう一度最初から見て見たいです。 にんじんを持ってるところがうさぎを連想させます。 ラストはじんわり涙がでてきてとまらない。 感情移入しすぎちゃいました。 どんな仕事でも私は精一杯自分の仕事をします!専務に言った沙名子さんの言葉にはしびれました。 いいドラマでした!• 多部未華子の可愛さ、演技力、可憐さ満載でした。 こんな地味なドラマなのに、ハラハラ、ドキドキする。 兎を追うな、、名セリフです。 終わってしまったなあ。 これと、特撮ガガガの続編が見たいなあ。 サナコさんと太陽君がベタベタしすぎないところが特に新鮮で好感が持てます。 ぜひぜひこのメンバーで続編希望です。 仕事、恋愛の他に、山崎さんの「得意なことと好きなことのどちらが…」も興味のわくいいテーマだと思います。 まずは再放送をお願いします!• 山田太陽、香港でも実績あげて、昇進するんだろうね。 営業成績トップの、ミラクル桐山漣。 この人いれば会社安泰。 黒幕を探るために怪しそうなマリナ周辺を探っているんだろう。 意外とショールームの女性(名前ど忘れた)がスパイかも。 総務の女性たちとお茶してお喋りしてるし、なんか意味ありげなショットを何度か見た気がするし。 マリナは小物に過ぎないね、いいように利用されてるだけ。 モロさんの総務部長はシロであって欲しいけどなあ• もっと天天コーポレーションの人たちを見ていたい。 続編希望します。 太陽くんと並んだ写真でびっくりした。 金曜日が最終回だなんてー!• 経理も営業も総務も製造も総務も、それぞれにプライドを持っている。 (特別枠マリナは論外 怒)。 中でもタイガーこと朝吹美華が白眉。 彼女のフェアネスは相手が誰であっても揺るがない。 「戦う相手は自分」の場面は涙が出た。 生きにくい世の中でも正しいと信じる道を歩き続ける朝吹の姿に力をもらった。 江口のり子の演技力が説得力を増している。 非常に満足度の高いドラマ。 予告にも経理部長の「どうしますか、森若さん」の台詞が入って、最終回への期待マックス。 速攻で再放送と続編制作をしてください、NHKさん!• 続編希望です! 熱望です!• 「石鹸メーカー」だからな?(カスタマーの多くは女子) 結束した女子社員の猛反発を喰らい、父親からも特大のカミナリを落とされ、 「ヒラの一営業」からリスタート、 山田太陽と桐山漣の部下として業務に励むがいい…… と期待(妄想)• 早く続きを もう、どうなんのかわかんなーい!! 謎解きが1話で終わんないとこんなにツラいなんて!! 1週間待てなーーーーい!! 原作が小説とは知りませんでした、テンポ良い掛け合いから勝手に漫画原作なのかと思ってました。 実を言えば原作者も脚本家も演出家も音楽も主題歌担当も、初めて聞く名前でしたが、すっかりファンになりました。 次回作も楽しみです。 というか続編希望します!• ゲストの哀川翔さんは「思いやりがあるドラマ」と評してました。 なんと原作者さんもツイートしてて「最後の留田さんの台詞『本当に怖かったのは石鹸を作れなくなることじゃない(中略)価値のない人間だと思われること』はドラマオリジナルです。 良かった。 よくぞ昇華してくださいました」と。 「昇華」、素晴らしい評価です。 さなこの小学生のような不器用な恋心に観ているこっちもキュンキュンします。 太陽のような男性に熱烈に好かれるなんてうらやましい~。 さなこに自分を重ねているのは私だけじゃないですよね 笑 真夕がアレッサンドロに抱き締められてこっちも嬉しくなっちゃった。 善意は報われるって。 本当にいいドラマだよ!• 仕事と恋愛の要素や、各キャストの濃さなど。 変に大袈裟な所がないことやセリフもいいです。 今回は「可愛すぎる!殺す気か!?」と「そう思ったら子どもみてえによ、明日が来るのが楽しみでよ」が印象深かったです。 名前で呼んでください!」 さなこ「山田太陽!」 太陽「じゃなくって!!」 草www• 重岡さん多部さん、お見事でした!• そういや「もものリップ」や「さくら石鹸」がキーアイテムな回だった。 (甘酸っぱくフルーティーで、清潔感あるアイテム)• リップを塗ってキス。 足をバタバタさせて、幸せってねえ。 少女のよう。 毎回、事情を持った人と対峙する経理女史、展開も面白い。 おい、太陽、森若さんを泣かしたら承知しないよ。 優しい太陽くんと、仕事は有能なのに恋は不器用なサナコの微笑ましすぎるやりとりに、毎回萌えまくってます。 多部さん、本当にステキな女優さんになられましたね。 不正事件の顛末も見ごたえあるし、麻吹さんが無事打ち解けて経理部の一員になったのも嬉しかったし、毎回癒される作品です!• うさぎを追うな、、、でも追う、たべちゃん。 キュートです。 経理部の部長、メンバーもいいです。 いいドラマです。 江口さんが出るなんて!!楽しみでしかありません。 今後はロマンスも描かれるかな。 江口のり子さんの怪演が見られそうでワクワク!.

次の

「これは経費で落ちません!」へのクチコミ(口コミ)

これは経費で落ちません ドラマ 続編

Contents• 【これは経費で落ちません!】原作とドラマの違い 原作小説とドラマの違いについて、キャラクター設定と演出面から比較しました。 キャラクター設定の違い 私の個人的な主観ですが、「えぇ~何これイメージと違ーう」みたいなキャラはほとんどいなかったかなぁという一方で、「そう来たかぁ~!」みたいなキャラもいましたね。 総じて、ドラマのキャストは個人的には良かったと思います! 森若沙名子/多部未華子 これはもう... 山田太陽がよく「沙名子さんはよく見ると美人なんだぞ」みたいなことを心の声でつぶやいていますが、まさにそういう感じですよね。 多部未華子さんは、すごーーく可愛らしい方なんだけど、超美人女優!というよりは素朴な美人という感じなので、そういう雰囲気がとてもよく合っていると思います。 原作小説よりも、ドラマの方が沙名子のキャラとしては柔和になっているかなぁ。 笑顔もよく出ますし、当たりが柔らかくなっているように思いますね。 作者の青木裕子さんも絶賛していますね! 重岡氏スーツか… 可愛い…な… — 青木祐子 mawarimithino 重岡大毅さんの「くっ」という顔がいいです。 — 青木祐子 mawarimithino スポンサーリンク 新発田(しばた)部長/吹越満 この方はもう... なんだろう。 何やってもハマる役者さん!というイメージですが、新発田部長の独特なキャラも見事に演じられていますね! ひょうひょうとしているというか、ゆるーい空気を持っている管理職の雰囲気がよく出ていました! 小説よりも、営業の吉村部長のバチバチバトルがたくさん描かれていましたね。 田倉勇太郎(たくら ゆうたろう)/平山浩行 この方は、いざドラマを見ていると違和感はないんですが、小説のイメージで言うと、もっとカタブツというか、冗談の一つも言わないような面白みのないキャラのイメージなんですよね。 沙名子と同様、小説よりもドラマの方が丸くなっているような印象ですね。 でも私はドラマの平山浩行さんの田倉の方が好きかなー。 これは経費で落ちません の 田倉勇太郎役 平山浩行さんの表情が絶妙で楽しみ — Takahiro. Maeda thmda スポンサーリンク 佐々木真夕(ささき まゆ)/伊藤沙莉 この真夕ちゃんは、私はドラマの1話、2話あたりまでは違和感がありました。 ちょっとイメージと違うかも... もっとキャピキャピしていて声も高くて... みたいなイメージでしたね。 なのに、何の違和感もなくなっていくあたりが女優さんの力なんだなぁと思います! 私のイメージでは、もっともっとクールで仕事一筋!みたいな感じです。 あと、美月は入浴剤の研究開発職で、自分の身をもって入浴剤の効能効果を体現しているという設定で、肌も髪の毛もいつでもツヤツヤさらさらという表現が原作には何度となく登場するんですよね。 韓英恵もとっても美人なんですけど、髪の毛も短めですし、原作のイメージのクール感も少々損なわれていたように思います。 これは経費で落ちません、ってドラマ見てるけど(元々小説読んでたらドラマになった)一番不満なのは鏡美月…髪サラサラなクール系美人なはずがめっちゃ地味で辛い…2話見て、嫌を通り越して腹が立ってきた — ユトリ🐥 yutorch おおぉぉ... 一番の特徴は、ドラマの1話は小説の2~3話分のエピソードをまとめて製作されているという点です。 例えばドラマの2話「落とす女、落とせない女の巻」は、小説第2巻の第1話「取材は広報課を通してください!」と、第3巻の第1話「これは経費で落としてください!」をまとめたストーリーになっています。 どちらも広報課の皆瀬織子が登場するエピソードなのですが、小説では2話に分かれている(しかも巻も違う)完全に別々のストーリーを、ドラマではまとめて1話にしています。 ですが! これが、原作小説の読者としても「なにこれ、無理やりだなぁ」ということもなく、むしろ「うまくまとめたなぁ」と感心してしまうような満足いくような出来になっています! ただ、やはり2~3のエピソードを1話にまとめる都合上、設定が少々変わっている部分もあります。 例えばドラマ4話「女の明日とコーヒー戦争の巻」の場合は、総務部にコーヒーメーカーを入れるか否かで窓花と由香利が対立するのですが、原作ではこの二人は仲良しです。 コーヒーメーカーの件で対立するのは志保という女性なのですが、ドラマには志保は登場しません。 また、由香利が借金をしてまで通う自己啓発セミナーは、原作小説では婚活パーティーです。 ドラマでは、この自己啓発セミナーに沙名子もちょっと魅力を感じて思わず入会しそうになってしまう、なんてシーンもあります。 そんな面も、沙名子が原作よりもドラマの方がより丸く若い女性らしいかなと思わせる部分の一つですね! いずれにしても、原作の世界観を壊すことなく、素敵なドラマになっていると思います! スポンサーリンク これは経費で落ちません!の原作小説を読むならU-NEXTがオススメ! ドラマで話題になった「これは経費で落ちません!」の原作小説ですが、実は紙書籍の他に電子書籍で読むこともできるんですよ。 やっぱり小説は紙でしょ!という方も大勢いると思いますが、実はの初回無料トライアルを利用すれば、これは経費で落ちません!の電子書籍を1冊 無料で読むことができるんです。 電子書籍の良いところは• 思い立ったら今すぐ読める• どこでも読める• 場所を取らない という三大メリットがありますが、 私が最近感じている一番のメリットは「どこでも読める」です。 電車の中はもちろん、病院、市役所などでのちょっとした待ち時間、もっと言えば電気を消したあとの布団の中でも読むことができます。 紙書籍だとこうはいきませんよね! そして何よりもなら 31日間の初回無料トライアルを利用して完全に無料でこれは経費で落ちません!を1巻分読むことができます。 小説はもちろん動画も多数あり、見放題作品だけでも9万本• 雑誌が70誌以上読み放題• ダウンロードしてしまえばwifi環境でなくても通信費を気にせず楽しめる などなど、ここでは書ききれない魅力がいっぱいありますよ。 31日間の初回無料トライアル期間中に解約すれば全く料金はかかりませんし、登録・解約手続きも難しくありません。 こちらの記事にまとめていますので参考にしてみてくださいね。

次の

これで経費は落ちません!【最終話ネタバレ予想あらすじ】続編ありそうな終わり方?

これは経費で落ちません ドラマ 続編

面白かったドラマも、続編はもういいわ、お腹いっぱい、って感じになることが多い。 今期の「ルパンの娘」がそうだった。 最後の方は、何か胃もたれがする仕上がりになっていってた。 だけど、「これは経費で落ちません」は違う。 まず、NHKらしく節度ある作り方で、かつ、ユーモアが下品にならず効いていて、そして経理業務を通して浮き彫りにされる様々な問題の本質への切り込み方が論理的で分かりやすく、勉強にもなる。 仕事とは、という問いの答えを、最終回では森若さんが明確に述べていて、改めて自分の仕事への姿勢を考えさせられた。 森若さんの恋愛も、胸キュン要素を織り込みながらも、恋愛と仕事と結婚と、の狭間で揺れる心情の描き方に、女性は凄く共感した。 共演者の部長達や経理3人組女子など、コメディアン俳優としてのプロを揃えてきたので、理屈なしに笑えた。 NHKらしくなくて面白いという感想もあったようだが、私は、このドラマは、以上の観点から、非情にNHKらしいお仕事コメディだったと思う。 だから胃もたれせずに楽しく見れた。 つまり、陳腐なドラマには決してならなかった。 多くのファンと同様、これは続編も絶対面白くなると思う。 かなり遅くなりましたが、感想... 総評です。 全話を通して安定の面白さ、今期では一番ハズレのない?というか、破たんのないお話だったと思います。 前半は派手さはないながら、会社あるある?しかも部署のなかでは 地道にコツコツ... 経理部メインのお話で、経験者の私にはかなり興味深い流れだったというか。 とりわけ主人公森若さんの真面目で堅実なキャラクタ-が、経理という部署にぴったりで、そのうえ演じる多部さんがまさにはまり役というくらい合致していたのも良かったかなと。 お話も自然で、経理の日常... そのなかで起きる細かな不具合やその心情などがわかりやすく、共感できたというか。 経理部の面々の、コミカルなテンポも好きでした。 楽しい日常のなかにも、人情やほどよい恋愛描写に軽いときめきや切なさなんかも感じつつ、それぞれの問題点が時にミステリ?探偵による推理のごとく進展するのもワクワクしました。 終盤のプロポ-ズや企業買収など?急激にお話のスケ-ルが大きくなったことには、ちょっと驚きましたが。 ラストはさらっと回収できて、やや詰め込んだ感もありましたが、恋愛も進みすぎず続編に希望のある展開で良かったです。 私も太陽くんとはまた違った魅力のある山崎さんも好きだったので、続編があるなら、太陽くんと(恋の)ライバル関係?な位置づけから始まる、新しい展開にも期待したいなと思います。

次の