生き ちゃっ た 大島。 大島優子、石井裕也監督「生きちゃった」に出演「役に“裸”で向き合うことの大切さを学びました」

大島優子、石井裕也監督「生きちゃった」に出演「役に“裸”で向き合うことの大切さを学びました」

生き ちゃっ た 大島

大島優子、追加出演情報解禁。 「剥き出しの裸になって演じるのは初めての経験」 日本映画界を牽引する 石井裕也監督のオリジナル脚本による最新作『生きちゃった』が2020年秋に公開予定となりました。 主演を務めるのは、映画、舞台、ドラマなどの出演オファーが相次ぎ、数多の映画監督から愛され、インディペンデント映画から大作映画にまで幅広く出演し、『町田くんの世界』に続いての石井組となる仲野太賀。 共演には、『葛城事件』や『愛がなんだ』『街の上で』などに出演し、唯一無二の存在感と比類なき演技力を持つ若葉竜也。 大島は、子役時代にも多くの作品に出演し、近年の主な出演作としては『スイートリトルライズ』 2010 、『闇金ウシジマくん』 2012 、『紙の月』 2014 、『ロマンス』 2015 、『疾風ロンド』 2016 などがあります。 石井組への参加は初めてとなる本作では、女優として新たなステージへと覚醒した大島優子が刻み込まれました。 石井監督は、大島について以下のように語っています。 きっと多くの役者が避けるであろう重く苦しい役なのに、大島優子さんはあっさりオファーを受けてくれました。 しかも、真っ向から全力で挑んでくれました。 本当に尊敬します。 ある重要なシーンの本番中、突然大島さんにスイッチが入って、その芝居があまりにも凄くて、ひっくり返るほど驚きました。 大島さんを見ていて、ゾッとしてきて、演技なのか狂っているのか分からなくなって怖くなりました。 こんなのは監督人生で初めての経験でした。 きっと大島優子さんがずっと抱えていたものが爆発したんだと思います。 その時、大島さんの何かが決定的に変わったと確信しました。 これまで 多くの俳優陣と作品作りをしてきた石井監督も本作での大島を絶賛。 また大島は、本作の出演についてこうコメントしました。 素直に表現したり、素直に受け止めるということ。 とてもシンプルなことでありながら、一番大変なんですけど、自分自身から湧き出たものを自分で信じること、そしてそれらを自分でキャッチして、それを表にきちんと出すということを徹底しました。 撮影現場では、常に苦労はありましたけど、石井監督との信頼関係もありましたし、撮影中、その信頼という名の橋は崩れることは無かったから、監督と繋がりながら剥き出しであり続けるという、私にとって初めての挑戦でした。 撮影当時を振りかえった大島は、 監督との信頼関係から、役へ挑戦できた自信を覗かせました。

次の

大島優子、石井裕也監督『生きちゃった』に出演!

生き ちゃっ た 大島

石井監督脚本のオ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports. com) 石井監督脚本のオリジナル作で、主演の仲野太賀(27)演じる山田厚久の幼なじみの妻・奈津美役。 5歳の娘を持ち平凡な生活を送りながらも、ある日不倫相手との情事を夫に目撃されてしまう。 幼なじみの武田(若葉竜也)を含めた3人の関係がゆがみ、予期せぬ展開が起こっていくという人間ドラマだ。 17年の日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」で不倫をする役を演じたことはあるが、今作は女性として、母親としてさまざまな葛藤を抱え、精神的にも追い込まれていく難しい役柄。 石井監督は「きっと多くの役者が避けるであろう重く苦しい役」という。 それでも出演依頼を快諾した。 石井監督はある重要なシーンでの演技に特に驚かされたといい「見ていてゾッとして、演技なのか狂っているのか分からなくなって怖くなった。 監督人生で初の経験。 大島さんがずっと抱えていたものが爆発したんだと思います」。 女優としてもそれは継続され、必ず大成功すると信じています… TOHOシネマズ、一部営業再開もレイトショー休止 - シネマ : 日刊スポーツTOHO ズは12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた、政府の緊急事態宣言発令を受けて全劇場の営業を休止していた中で、一部自治体が映画館に対する休業要… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports. com) 「トップガン」新作の日本公開が12月25日に決定 - シネマ : 日刊スポーツ新型コロナウイルスの感染拡大で、全米での公開が12月23日に延期となっていた、米俳優トム・クルーズ(57)が主演する米映画「トップガン」34年ぶりの新作「-マ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports. com) 東宝「劇場版ポケモン」など2作品の公開延期発表 - シネマ : 日刊スポーツ東宝は13日、新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、6月5日公開予定の映画「奥様は、取り扱い注意」(佐藤東弥監督)と7月10日の「劇場版ポケットモンスター コ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports. com) サンウルブズが豪州国内リーグ参加へ 7月開幕予定 - ラグビー : 日刊スポーツ新型コロナウイルスの影響で中断するスーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズの渡瀬裕司最高経営責任者(CEO)が11日、オンライン取材に応じ、オースト… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports. com) 末吉大が引退表明「ボクシングに出会えてよかった」 - ボクシング : 日刊スポーツボクシング前日本スーパーフェザー級王者末吉大(29=帝拳)が現役を引退した。 10日にブログを通じて表明した。 17年10月に初挑戦で日本王座を獲得したが、昨年1… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports. com) ヨビッチの負傷 自宅の壁から落ちたものだった - スペインリーグ : 日刊スポーツ自宅での個人トレーニング中に負傷したと発表されていたレアル・マドリードのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(22)が実際には母国ベオグラードの自宅の壁から落ちて負… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports. com).

次の

大島優子、石井裕也監督『生きちゃった』に出演!

生き ちゃっ た 大島

提供:シネマクエスト 日本映画界を牽引する石井裕也監督のオリジナル脚本による最新作『生きちゃった』が2020年秋に公開される予定となっている。 主演を務めるのは、映画、舞台、ドラマなどの出演オファーが相次ぎ、数多の映画監督から愛され、インディペンデント映画から大作映画にまで幅広く出演し、『町田くんの世界』に続いての石井組となる仲野太賀。 共演には、『葛城事件』や『愛がなんだ』『街の上で』などに出演し、唯一無二の存在感と比類なき演技力を持つ若葉竜也。 山田厚久(仲野太賀)と武田(若葉竜也)は幼馴染。 厚久は同じく幼馴染である奈津美と結婚しており、5歳の娘がいる。 平凡だがそれなりの生活。 だがある日、厚久が会社を早退して家に帰ると、奈津美が見知らぬ男と情事に耽っていた。 あまりにも急なことで、厚久は怒ることもできなければ悲しむこともできない。 感情に蓋をすることしかできなかった。 その日を境に厚久と奈津美、武田の関係は歪んでいき、物語は予期せぬ展開へと向かっていく…。 この度、仲野、若葉に続き、追加の出演者の情報が解禁となった。 追加キャストには、本作で厚久と武田の幼馴染で厚久の妻である奈津美を演じる大島優子。 大島は、子役時代にも多くの作品に出演し、近年の主な出演作としては『スイートリトルライズ』(10)、『闇金ウシジマくん』(12)、『紙の月』(14)、『ロマンス』(15)、『疾風ロンド』(16)などがある。 石井組への参加は初めてとなる本作では、女優として新たなステージへと覚醒した大島優子が刻み込まれている。 石井監督は、大島について「きっと多くの役者が避けるであろう重く苦しい役なのに、大島優子さんはあっさりオファーを受けてくれました。 しかも、真っ向から全力で挑んでくれました。 本当に尊敬します。 ある重要なシーンの本番中、突然大島さんにスイッチが入って、その芝居があまりにも凄くて、ひっくり返るほど驚きました。 大島さんを見ていて、ゾッとしてきて、演技なのか狂っているのか分からなくなって怖くなりました。 こんなのは監督人生で初めての経験でした。 きっと大島優子さんがずっと抱えていたものが爆発したんだと思います。 その時、大島さんの何かが決定的に変わったと確信しました。 」と、これまで多くの俳優陣と作品作りをしてきた石井監督も本作での大島を絶賛している。 素直に表現したり、素直に受け止めるということ。 とてもシンプルなことでありながら、一番大変なんですけど、自分自身から湧き出たものを自分で信じること、そしてそれらを自分でキャッチして、それを表にきちんと出すということを徹底しました。 撮影現場では、常に苦労はありましたけど、石井監督との信頼関係もありましたし、撮影中、その信頼という名の橋は崩れることは無かったから、監督と繋がりながら剥き出しであり続けるという、私にとって初めての挑戦でした。 」と、撮影当時を振りかえっている。 映画『生きちゃった』は2020年秋に全国公開され、「All the Things We Never Said」という英語タイトルで、中国及び香港、台湾、マカオなど、世界各国の劇場で公開される。 素直に表現したり、素直に受け止めるということ。 とてもシンプルなことでありながら、一番大変なんですけど、自分自身から湧き出たものを自分で信じること、そしてそれらを自分でキャッチして、それを表にきちんと出すということを徹底しました。 撮影現場では、常に苦労はありましたけど、石井監督との信頼関係もありましたし、撮影中、その信頼という名の橋は崩れることは無かったから、監督と繋がりながら剥き出しであり続けるという、私にとって初めての挑戦でした。 石井裕也監督 きっと多くの役者が避けるであろう重く苦しい役なのに、大島優子さんはあっさりオファーを受けてくれました。 しかも、真っ向から全力で挑んでくれました。 本当に尊敬します。 ある重要なシーンの本番中、突然大島さんにスイッチが入って、その芝居があまりにも凄くて、ひっくり返るほど驚きました。 大島さんを見ていて、ゾッとしてきて、演技なのか狂っているのか分からなくなって怖くなりました。 こんなのは監督人生で初めての経験でした。 きっと大島優子さんがずっと抱えていたものが爆発したんだと思います。 その時、大島さんの何かが決定的に変わったと確信しました。

次の