ベトナム 語 悪口。 ベトナム人同僚との闘いの日々!? 文化の違い、言葉の壁。

ベトナム人彼女が欲しい人必見!!ベトナム人の彼女あるあるを言わせてもらう。

ベトナム 語 悪口

ベトナム語で絶対に使ってはいけない超危険な単語15選! 1. ただし、中部か南部の人にとってはそんなに酷い意味ではなく、単なる「おなら」の意味でも使われます。 売春をやっている女性という意味ですが、喧嘩する時は浮気女の意味で使われています。 女性に対するとても失礼な表現です。 PD(ペーデー)「ゲイ」 男性をけなす単語です。 「ゲイ」か「オカマ」という意味です。 ベトナムではまだゲイということを隠す人が多いため、誰かにPD(ペーデー)と言う場面があまりありません。 Ngon(グォン)「美味しい」 「Ngon(グォン)」は「美味しい」という意味で、食べ物に対して言う言葉です。 しかし、女性に対して「Ngon(グォン)」と言ってしまうと、失礼な人と勘違いされてしまいます。 女性は傷つくし、言った男性のほうも下心のある人だと思われるかもしれません。 なお、ベトナム人女性については以下の記事で詳しく特集していますので、ぜひ一読してみてください。 恋人同士や夫婦同士がこの言葉を使うと普通ですが、 友達くらいの関係でこの言葉を言ってしまうと勘違いされますので注意してください。 なお、ベトナム語での愛のフレーズは以下にまとめてありますので、こちらもぜひチェックしてみてください。 怒っているときに使いますが、あまり印象が良くありません。 なお、ベトナム人の性格について以下の記事で特集されていますので、こちらも一読してみてください。 喧嘩する時に使います。 マフィアなどの暴力団の人が使う言葉だそうです。 相手を傷つけないよう使わないようにしましょう。 危険な単語ではありませんが、あまり使わない方がいいと思います。 喧嘩するときに使います。 が、強く言ったり遮るように使うと、冷たい人だと思われるかもしれません。 すごく怒っているとき、喧嘩するときしか使わない単語です。 上のNo. 13と同じく、すごく怒っているとき、喧嘩するときに使います。 このような言葉を言ってしまうと 喧嘩の溝は深まるばかりなのでご注意ください! 15. 危険な単語ではありませんが、普通はとても仲が良い友達同士しかこの言葉を使いません。 初めて会う人や、あまり親しくない関係の人には使わないよう気をつけてください。 なお、初めて会った時にも使えるベトナム語の挨拶フレーズを以下にまとめましたので、こちらも合わせてチェックしてみてください。 まとめ いかがでしたか? 危険な単語だけでなく、使う場面によって意味が全く変わってしまう単語も合わせてご紹介しました。 今回ご紹介した単語をしっかり覚えて、ベトナム人と楽しく会話するようにしましょう! ベトナム語で絶対に使ってはいけない超危険な単語15選! 1. PD(ペーデー) 「ゲイ」 4. Ngon(グォン) 「美味しい」 5.

次の

カタカナで覚えるベトナム語~基本編~挨拶、自己紹介をしてみよう

ベトナム 語 悪口

スポンサード リンク ベトナム語の基本文型について• 主語+動詞+(目的語)• 主語+形容詞 主語+動詞+(目的語) 英語と同様に、主語のあとに動詞がきます。 私はベトナムに行く. 私はフォーを食べる. あなたは学生です. 私は先生です. 主語+形容詞という語順になります。 したがって、下記のベトナム語は誤りになります。 ただしくは、下記のとおりです。 あの女性は美しい.

次の

東京ベトナム語教室|しっかりベトナム語をマスターしたいなら池袋にあるJAYAランゲージセンター

ベトナム 語 悪口

ベトナム語とは ベトナムの国語がベトナム語です。 ベトナムでは9割を占めるベトナム族(キン族)も少数民族も、ベトナム語を話します。 方言はありますが大きな違いはなく、文法が地方により異なることがあります。 音や使う単語に大きな違いは見られません。 ベトナム語の特徴 ベトナム語の文字はローマ字が基本ですが、F, J, W, Zは使いません。 ローマ字を基本とするほか、ベトナム語独自の文字もあります。 ベトナム語と日本語の共通点に、日本語では「〜だよね」「〜そうだよね」や「〜ね」といった終助詞が特徴的ですが、ベトナム語にも終助詞があります。 日本語では動物を数える時に1匹、2匹、3匹と数えます、この「匹」の部分を助数詞と呼びますが、この助数詞はベトナム語にも存在します。 ベトナム語が話される国や地域 ベトナムに住む9割のキン族が話すだけでなく、ベトナム国外、中国や台湾、アメリカやヨーロッパなどに住むキン族によっても話されます。 ベトナム語の試験 日本でベトナム語のレベルを図るための試験には、特定非営利活動法人日本東南アジア言語普及交流協会の行なう実用ベトナム語技能検定試験(ViLT)があります。 他にはベトナムの大学が行なっているベトナム語能力評価試験があり、国家の認める試験であるため、取得するとベトナムの国家資格を取得することになります。 ベトナム語教室の相場 体験レッスンの値段 体験レッスンを設けている教室やクラスの場合、一般的に体験レッスンは無料で行なわれています。 体験レッスンの有無を明示していない教室は、体験レッスンがあるのか、料金はいくらか、問い合わせをしてみましょう。 グループレッスン ほとんどの教室やクラスが入会金を設けており、入会金は約5,000〜1万円程度です。 グループレッスンの金額は、一般的に1レッスンが約3,000〜4,000円程度です。 1レッスンごとの都度払いを設定している教室はほとんどなく、多くの教室が「一定期間内に10回、12回、24回などの複数の回を受講する」「料金の支払いはまとめて一括」という料金体系を採用しています。 例えば3カ月で10回のレッスンで3万円や、3ヶ月で10回のレッスンで3万6千円や、期間制限なく12回のレッスンで約5万円、などです。 個人レッスン(マンツーマンレッスン) 1レッスン 3,500〜5,000円程度が相場です。 場所もレッスン時間も指定してあり、生徒が出向きます。 一般的に、グループレッスンと同じく一定期間内に複数のレッスンを受講し、料金はまとめて支払うという料金体系が採用されています。 都度払いに対応してくれることの多い1レッスンが1,000〜2,000円程度のレッスンは、講師がプロフェッショナルではないこともあります。 例として、日本で日本語を勉強しているベトナム人学生などが教えるレッスンなどです。 レッスンの時間や頻度 体験レッスンの時間は40〜60分、実際のレッスンは60〜75分程度の時間設定が一般的です。 毎週1回指定の日時に開講されるもの、講師と生徒で双方に都合のいい日時を設定するものなどが一般的で、特にグループレッスンでは日時と場所が指定され定期的に開講される傾向にあります。

次の