ホロライブ 考察。 話題の“ホロライブ”って? 新時代のコンテンツ“VTuber”とあわせて紹介

ホロライブ無許諾配信問題における事実とそれに関する考察

ホロライブ 考察

noteを始めた自己顕示欲が強いリス ぐしぐし!!! どうもVtuber界を考察するVtuber、自己顕示欲が強いリスです。 ふざけてはいません。 これが俺の挨拶です。 noteを始めた理由は、かわいい女性Vtuberに「すご~~い!」と褒められるた、、、 否! 今までVtuber考察動画を100本出してきた経験を界隈に還元したいと言う想いと、 動画では割愛した点を補足したり、文字で伝えた方が伝わりやすいことをみなさんに読んでもらいたいと考えたからだ。 決してやましい理由はない、 断じてない!! さて、前置きとおふざけはもういいだろう。 今回書くのは、動画でも取り上げた「2年後のVtuber界隈はどうなっているか?」だ。 LIVE」等の大手先行参入企業Vtuberが市場を独占しており、 初期に参入したVtuber以外は、数字を残せない業界と化した。 後続組にも斗和キセキ、花譜 かふ 、馬犬のような結果を残しているVtuberがいるが、 この3人は「天才」に分類しても差し支えない 「スターVtuber」だ。 エンタメYoutuber界でも、後発組が結果を残すことは難しく、 レペゼン地球やカルマといったYoutuberが後発組では結果を残しているが、 彼らも「天才」に分類される 「スターYoutuber」であり、 ほぼ全ての人にとっては、とてもじゃないが、勝ち残れない業界だ。 Vtuber業界は早くもこのフェーズに入っており、 「にじさんじ」「ホロライブ」「. LIVE」などの大手企業V以外の数字を見てみると、 ほとんどのVtuberが伸びていない。 Youtubeで活動するというのは数字と向き合うということ こういったことを書くと 「数字が全てじゃない」という意見をもらうが、 Vtuberとして活動している以上、 チャンネル登録者数、動画再生回数、いいねの数など、 常に数字は視覚化されている。 また、 Youtubeがそれらの数字をもってアルゴリズムに反映している以上、数字は切っても切り離せない指標だ。 数字そのものが需要のありなしを決定づける最大の指標であり、見てもらえないVtuberはどんどん淘汰されていくし、 大手企業の後ろ盾がないVtuberのデビューは激減する。 Vtuber界は消滅する? もちろん、Vtuber界がなくなるわけではない。 今まで「Vtuber」とカテゴリーしていたものが、 「にじさんじ」「ホロライブ」「. LIVE」といった言葉に置き換わる、 というのが本記事の趣旨だ。 ぐしぐし。 むしろこの新しいカテゴリーは、これからも伸び続ける。 現に、Googleの検索回数では、Vtuberという単語より「にじさんじ」という単語の方が多いというデータも見られている。 逆に、そうでないVtuberは伸びなくなる。 格差が広がるということだ。 Vtuber界がどうカテゴライズされるかさらに詳しく分類していこう。 「三大事務所」「三大事務所以外の有名企業勢」「リスナー系Vtuber」に分類されるVtuber界 三大事務所はもう分かるだろう。 三大事務所以外の有名企業勢とは、キズナアイやHIMEHINA Channel、四天王、ゲーム部、あにまーれ、ハニストといったVtuber企業勢のことだ。 最後のリスナー系Vtuberというのは、バーチャルYoutuberとしてのVtuberではなく、交流目的でVtuberを名乗る層だ。 アメーバピグなどでインターネット世界にいるもう一人の自分を楽しんだことがある人は多いだろう。 有名企業勢以外の個人で活動しているVtuber達は、もはや動画投稿は最低限の活動に終始し、 Vtuberという「アバター」をゲットして、ディスコードを中心にネット交流を楽しむ人たちが増えるのだ。 彼ら彼女らはYoutubeで有名企業Vtuberを見ることを楽しみとし、ネット上でVtuberというアバターをまとってネット交流する娯楽を楽しんでいるのだ。 それもそのはず、YoutubeでVtuber活動したところで、見てもらえるのは身内がほとんど。 それならVtuberという「特権」を活かして仲間と交流した方が断然楽しいだろう。 再カテゴリーされるVtuber界隈 そして、今後、新規参入する企業Vtuberは激減する。 むしろいなくなるだろう。 VtuberはYoutuberよりも初期費用がかかるし、撮影の人員も多いし、撮影時のリテイクも多い。 高コストなのだ。 それでいてYoutuberよりも市場が狭く、動画再生回数も伸びにくい。 収益が望めない。 (もちろんスパチャの文化はYouTuberよりも強いが、スパチャに安定した収益を期待するのはリスクが高い。 ) Youtubeは先行者利益の性質が強いし、三大事務所Vには到底かなわないことをみんな知っているからだ。 Vtuberカテゴリーが「三大事務所」「三大事務所以外の有名企業勢」「リスナー系Vtuber」として再カテゴリーされる日が近い。

次の

ホロライブとは (ホロライブとは) [単語記事]

ホロライブ 考察

どうも。 とある地方の大学院生です。 最近、何かと話題になっているホロライブ。 私自身、ホロライブのライバーのファンになった者の一人です。 そんなホロライブなのですが、最近、マネージャーのライバーへのストーカー行為、ゲーム実況の無許諾配信問題と、界隈を騒がせております(もういろいろなところで解説されているのでここでは詳細は割愛します)。 また、それに伴い、ホロライブ運営やそのライバーへ様々な批判の声が殺到しているという状態です。 前提として、私は一 いち ファンとしてこの状況を大変残念に思いつつも、ホロライブ側へ過度に擁護しようとは思いません。 ただ、これからホロライブが発展していくために何が必要なんだろうと私なりに堂々巡りしていきたいと思います。 エゴサをしない勇気 最近、ホロライブの癒月ちょこさんが度々炎上していることは皆さんもご存知だと思います。 彼女自身、これまでの批判の声でフラストレーションがたまっていたことでしょう。 「 エゴサはやめよう」。 これは確かに大切なことだと思いました。 コンテンツを長く続けていく上でファンからの指摘を拾っていく作業も大切ですし、そのような意見を蔑ろにしすぎるのは良くないですが、アンチコメントにまで目を向ける必要はない気がします。 知名度が拡大していく中で、アンチや荒らしは付き物ですし、それにいちいち突っ込んでいっては確実に疲弊してしまいます。 火消しをしたい気持ちは分かりますが、この件に関してはあえて配信する必要はなかったと個人的に思います。 それでも人気は衰えていない 様々な問題を抱えたままのホロライブですが、チャンネル登録者数が全体的に増え続けていることには変わりがありません。 また、全ライバーが銀の盾がもらえるまで登録者数を伸ばしています。 これをどう捉えるかは人次第ですが、少なくとも、今の動画スタイルが数十万人に受けているということは分かります。 私が思うに、ホロライブのライバーはアイドルという側面があり、「ゲームが上手い人の実況を見に来た」という視聴者よりは「実況しているライバーに魅力を感じたので来た」という人が多いと思います。 しばらくはゲーム実況もかなりの制約がありますが、歌枠やワードウルフやオリジナルすごろくなどの手軽なボードゲームの配信なども好評であり、まだまだ配信のバリエーションがありそうです。 「立ち止まるホロライブ」~YAGOO社長の思惑~ 「立ち止まる」という言葉は今回の炎上についでではなく、谷郷さんのこちらの記事に由来しているものです。 この記事で谷郷さんは、「一旦立ち止まりたい。 急速に事業を拡大し過ぎて無理が来てしまった。 」と反省しつつ、これから体制を盤石化させることを述べています。 この時期にこのお話をしたのは偶然なのでしょうか。 一旦立ち止まった谷郷社長は、この状況をどう対応していくのか、これから注目ですね。 ホロライブのこれから 小賢しいと言われつつも、独自の戦略で拡大し続けてきたホロライブ。 今後は大きくなるにつれてそれ相応の対応をしないといけません。 おそらくライバーは運営の方針に従って動いている人がほとんどでしょうし、上の不祥事が原因で矛先を向けられているライバーを運営は守っていかなければなりません。 また、ファンである私たちには「推しを信じること」しかできません。 私たちも同様に、変に動くことは控えて、彼女らの今後の活躍を見守っていきましょう。 ホロライブが「今は終焉をただ見守るのみ」という言葉を反論でなく、実力ではねのけるような今後を祈って今回のnoteを終わります。 それでは。

次の

【アズレン】ホロライブ陣営:湊あくあ 性能・スキル考察【アズールレーン】

ホロライブ 考察

2019年12月 時点の艦船から計算しています 耐久 装甲 装填 6614 【 6610 】 ( 6511 ) - 123 【 123 】 ( 120 ) 火力 雷装 回避 - - 49 【 54 】 ( 54 ) 対空 航空 消費 337 【 323 】 ( 312 ) 419 【 412 】 ( 401 ) - 対潜 - 運 速力 46 【 49 】 ( 45 ) 28 【 32 】 ( 32 ) イベント艦にしては珍しく、 SSR艦全体と比較しても見劣りしないステータスです。 総合評価 戦闘機枠は少なめ 装備の補正倍率は全体的に普通ですが、 戦闘機の数が2機と少なめです。 制空権を確保するという点では、少し劣るかなといった印象です。 空母なのに特殊弾幕を発動可能 航空攻撃と共に、 炎上効果のある特殊弾幕を展開します。 特殊弾幕を発動できる空母は初登場ではないでしょうか? 炎上効果は継続ダメージを与えるため、長期戦でも活躍が見込めます。 攻撃の手数を1つ増やすことにも繋がり、艦隊の攻撃性能を高めてくれます。 ホロライブキャラへのダメージを軽減 ときのそらがいる限り、継続してホロライブキャラへのダメージを7%軽減してくれます。 ダメージ軽減スキルは汎用性が高く優秀なので、 ホロライブ艦隊の主軸と考えて良いでしょう。 敵味方の速力に影響を及ぼす珍しいスキル 敵艦船の速力を落とし、味方艦船の命中をアップします。 また、ホロライブキャラについては、追加で速力をアップします。 敵の移動速度を落とし、 味方の攻撃を命中しやすくするというのは非常に優秀なスキルです。 スキル発動も確率ではなく、20秒毎に確定で発動するというのも扱いやすくて良いですね。 着せ替え 晴れた夏空の下で ホロライブコラボについて ホロライブコラボ『幻想と真実の二重奏』については、以下の記事にまとめています。 その他の艦船(KAN-SEN)考察.

次の