急性心筋梗塞 合併症。 心筋梗塞の後遺症【MY介護の広場】

油断してはならない心筋梗塞の後遺症や合併症とは

急性心筋梗塞 合併症

主要な循環器疾患の一つに 急性心筋梗塞がある。 診療に当たっては、医師のみならず他のスタッフも最も緊張を要する疾患である。 循環器疾患は病態が秒・分単位で変化することが多く、急性心筋梗塞も例外ではない。 急性心筋梗塞は何らかの理由で冠動脈に急性閉塞が生じ、閉塞部より末梢の心筋が虚血・壊死に陥る疾患である。 心筋梗塞の診断がついた後は、次の2つのことに留意する必要がある。 一つは、早期に 冠血流再開(血行再建:血栓溶解療法、PTCA、CABGなど)を図ること。 もう一つは、心筋が虚血に陥ったことに伴う各種 合併症への適切な対応である。 本稿では、 心筋梗塞の急性期合併症について述べることとする。 国家試験でも急性期合併症に関する出題があり、重要である(既出問題を一部掲載)。 合併症は大きく分けて、 電気的合併症と 機械的合併症とがある。 電気的合併症は、虚血により心筋細胞が電気的に不安定になることから生じるものであり、 心室頻拍・細動、房室ブロックがある。 心室頻拍・細動:心筋梗塞急性期はモニター心電図の厳重な監視が必要となる。 心室頻拍・細動は突然出現する場合もあれば、心室性期外収縮が頻発し、移行してくる場合もある(参照問題A)。 期外収縮や血行動態の安定した心室頻拍は リドカインを投与する。 血行動態不安定の心室頻拍や心室細動は 電気的除細動が必要である。 房室ブロック:右冠動脈は房室結節に血流を供給しているため、 下壁梗塞ではブロックが生じやすい。 程度が軽ければ、アトロピン投与で対処可能。 血行動態が不安定の場合、完全房室ブロックの場合は一時的な ペーシングを行う。 たいていのブロックは、一過性のことが多い。 機械的合併症は、心筋虚血・壊死に伴い生じる。 梗塞の範囲や部位により ポンプ失調、心破裂、心室中隔穿孔、乳頭筋不全・断裂などが生じる。 ポンプ失調:広範囲梗塞に生じやすい。 心筋が虚血に陥れば収縮力が低下するので、ポンプとしての機能が低下し、 心原性ショック、心不全に陥る。 血行動態を維持しながら、早期の冠血流再開が必要である。 心破裂:前壁梗塞に合併しやすい。 特に、高齢者(特に女性)、側副血行路なし、貫壁梗塞、 高血圧は危険因子とされる。 虚血で脆弱になった組織に圧負荷がかかると破裂しやすい。 突然発生(Blow out型)、ショックに陥ったものはほとんど救命出来ない(参照問題B)。 従って、急性期の血圧コントロールは重要である。 心室中隔穿孔:前壁中隔梗塞に合併する。 左右シャントによる急激な肺血流量増加のため、呼吸困難が生じる。 汎収縮期心雑音が聴取され、 心エコーにてシャント流が認められる。 速やかに穿孔部の閉鎖が必要となる(参照問題C)。 乳頭筋不全・断裂:僧帽弁は乳頭筋・腱索・弁葉とにより構成される。 このうち、 後乳頭筋は前乳頭筋と異なり支配血管が一本のみのため、虚血に陥ると乳頭筋不全あるいはその程度が強いと断裂、そして急性の 僧房弁閉鎖不全が生じる。 呼吸困難の出現、 収縮期心雑音、心エコーでMRを認める。 乳頭筋不全の場合は、内科的治療でもよいが、断裂の場合は手術が必要となる。 その他の合併症としては、急性期の 心外膜炎があり、この場合、吸気時に増強する 胸痛、心電図にて鏡像現象を伴わないST上昇を認める。 急性心筋梗塞の治療は、冠血流再開が第一である。 再灌流が早期になされれば、なされない場合よりも合併症の発生頻度は減少する。 しかし、再灌流の有無に関わらず、合併症の初期対応を誤る(発見・治療の遅れ等)と重大な事態を招くことがあるので、発症48~72時間以内は十分な注意が必要である。 参照問題 A 76歳の男性。 呼吸困難を主訴として来院した。 現病歴:今朝から急に元気がなくなり、食事が摂取できず、息苦しさも訴えるようになったため家族に連れられて来院した。 既往歴:約20年前から糖尿病の治療を受けている。 現症:身長163cm、体重68kg。 意識清明。 顔面蒼白で苦悶状を呈する。 皮膚は湿潤で手足に冷感がある。 心音はやや減弱。 心雑音は聴取しない。 両肺野で軽度に湿性ラ音を聴取する。 腹部は平坦、軟。 肝は触知しない。 下腿に浮腫を認めない。 検査所見:血液所見:赤血球380万、Hb 10. 動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7. 参照問題A-1.

次の

心筋梗塞の合併症

急性心筋梗塞 合併症

急性心筋梗塞は心臓に血液を送る冠動脈という動脈が動脈硬化を起こして、詰まってしまい心臓の筋肉が血液をもらえなくなってしまうことが原因です。 心筋梗塞では心臓の筋肉が死んでしまい心臓の力が落ちてしまいます。 狭心症は血管が細くなり少ししか血液をもらえなくなった状態で、心臓の筋肉は死ぬことはなく血液が流れ出せばまた力が戻ってきます。 心臓に血液を送る冠動脈に動脈硬化が起こると、血管の壁にコレステロールが溜まりブヨブヨのもろい部分ができます。 このもろい部分の表面に亀裂が入ると、血液が固まって血管が詰まってしまいます。 これが急性心筋梗塞の発症です。 血管が詰まって血液をもらえなくなると30〜60分で心臓の筋肉が死に始め、約24時間でその部分のほぼ全ての筋肉が死んでしまいます。 筋肉が死に切ってしまう前に血管を再開通させる(再灌流)と死にかけていた筋肉を助け、心臓の機能を保護することができます。 心筋梗塞の治療には発症ごく早期(6〜12時間以内が有効)に再度血液を流して心筋が死ぬのを少しでも防ぐ治療(急性期再灌流療法)と、心筋梗塞とともに起こってくる合併症を防ぐ治療が必要です。 また、動脈硬化は常に進行していくものなので、一度心筋梗塞になった人は再びならないように予防する治療も必要です。 血栓溶解療法 急性心筋梗塞では最終的に血栓(血の塊)で冠動脈が詰まってしまいます。 従って、再度血液を流すには固まった血液(血栓)を溶かせばいいことになります。 これが血栓溶解療法です。 血栓溶解療法には血栓を溶かす薬(血栓溶解剤)を注射で体に入れる方法、血栓を溶かす薬をカテーテルを使って直接冠動脈に入れる方法があります。 血栓溶解剤(ウロキナーゼ、t-PAなどがあります)を注射で入れる方法は特別な技術がいらず、すぐにできるので早く血管を再開通させることができる利点があります。 ただし、血栓が解けない場合や詰まっていた部分が極めて細い状態で残ってしまうことがあるため、投与後に心臓カテーテル検査を行って冠動脈の状態を確認することも行われています。 経皮的冠動脈形成術 手首の付け根(他に肘、太ももの付け根からもできる)から細い管を動脈の中に入れ、動脈の中を心臓まで進めます。 心臓の入り口にから出ている冠動脈の根元に管を進め、造影剤を流して冠動脈の状態を調べます(心臓カテーテル検査、冠動脈造影)。 血管が詰まっている(または細い)部分がわかったら、管の中から先端に風船の付いたさらに細い管を冠動脈の中まで入れ、詰まっている(細い)部分で風船をふくらませて、血栓と動脈硬化を押しつぶします。 これが経皮的冠動脈形成術です。 麻酔は手首の付け根の局所麻酔だけです。 動脈の内側は神経がないため、管(カテーテル)を進めても特に何も感じません。 経皮的冠動脈形成術は血栓溶解療法より確実に冠動脈を再開通させることができ、また細い部分を残さないため再び詰まったり、後で狭心症が残ったりすることもありません。 しかし、血栓溶解剤を注射するより再開通には時間がかかるので、栓溶解剤の注射に引き続いて行われることもあります。 経皮的冠動脈形成術の成功率は緊急で行っても通常90%以上です。 心筋梗塞の合併症 急性心筋梗塞の急性期には急に心臓の筋肉が死んでしまうことによる合併症が起こります。 この中には直接死につながる恐ろしいものも含まれています。 この合併症の主なものは以下の通りです。 【うっ血性心不全】心筋梗塞になることで心臓の筋肉が一部傷害され、心機能が低下します。 このため心臓の働きが不十分になった状態がうっ血性心不全です。 【不整脈(心室性、徐脈性など)】心筋梗塞になると心筋が傷害されるため心室頻拍、心室細動といった不整脈が出現することがあります。 また一部の心筋梗塞では、心筋梗塞自体によって心臓のリズムを決めている刺激伝導系という場所が傷害されて、洞不全症候群、房室ブロックといった脈が遅くなるタイプの不整脈が出ることもあります。 【心破裂】心臓の筋肉が傷害され、壊死に陥るとしばらくの間その部分がもろくなります。 この時期に過度に血圧がかかると心臓の筋肉が破れてしまうことがあります。 これが心破裂です。 うっ血性心不全の治療 【予防】急性心筋梗塞では早期に再度血液を流す再灌流療法により傷害される心筋を少なくすることが最もよい予防策となります。 またある程度の心筋が傷害されると周囲の心筋にも傷害が広がることがあり、リモデリングと呼ばれています。 急性期に心臓に過度の負担をかけないように安静にしたり(心臓リハビリテーション)、ACE阻害剤・アンギオテンシン受容体遮断剤(ARB)などを使うことで、リモデリングを抑制することでうっ血性心不全の出現が予防できます。 【治療】うっ血性心不全では心臓の働きが落ちて、心臓に入れなくなった血液が肺にあふれ出てしまいます。 これを治すためには、心臓に過度の血液が返ってこないように利尿剤によって血液の量を減らす、亜硝酸剤、ACE阻害剤・ARBを投与して血管を拡張させるなどがあります。 また急性期のみですが心臓の働きを高めるために強心剤の点滴を行うことがあります。 極端に心臓の働きが悪い場合は、心臓の働きを機械的に補う、大動脈内バルーンポンピング(IABP)や経皮的人工心肺 PCPS を使う場合もあります。

次の

【管理栄養士】狭心症と心筋梗塞【解説】

急性心筋梗塞 合併症

2015年10月27日掲載 2016年6月8日改定版掲載 糖尿病の合併症として、神経障害、網膜症、腎症などの慢性合併症については聞いたことがある方も多いと思います。 これらは年の単位でゆっくりと進んでくる、です。 一方で、感染症や脱水、治療の中断や甘いジュースの飲みすぎなどがきっかけとなって、ときに異常な高血糖をきたすことがあります。 これは、適切に治療を行わなければ生命をおびやかす急性合併症です。 高血糖の急性合併症には、 糖尿病ケトアシドーシスと、高浸透圧(こうしんとうあつ)高血糖症候群があります。 こうした急性合併症が起きた場合はすぐに治療をする必要があります。 また、高血糖を起こさないように予防をすることが大切です。 糖尿病の治療中だけでなく、急性の高血糖がきっかけで初めて糖尿病がわかる方もいます。 ここでは糖尿病の急性合併症のはなしについてお話しします。 糖尿病ケトアシドーシス 血糖値を下げる働きをするインスリンが不足し、十分に血糖値が下がらないことで起こります()。 血糖をエネルギー源として利用できないため、からだはエネルギー不足になってしまいます。 そのため、かわりに脂肪がエネルギー源として分解されて、使われてしまう緊急事態です。 血糖値は250mg/dL以上まで上昇することがあり、ひどい場合は意識がなくなる昏睡(こんすい)状態に陥ります。 脂肪の分解によってケトン体という物質が血液中に増え、血液が酸性に傾き(アシドーシス)、高度の脱水状態になります。 急にのどが渇き、たくさん水を飲み、尿がたくさん出て、全身がだるくなります。 お腹が痛くなり吐き気を伴うこともあり、このような症状が出た場合には注意が必要です。 イ ンスリンの不足が原因ですので、1型糖尿病を発症したとき、1型糖尿病の方がインスリン注射を打たなかった場合など、適切にインスリンが投与されなかった ときに起こります。 また、糖尿病以外の病気が原因で全身状態が悪くなった場合には、いつもよりもインスリンがたくさん必要になることがあります。 そのよう な場合は、通常通りインスリンを注射していても高血糖になり、糖尿病ケトアシドーシスになることもあります。 具合が悪くなったらこまめに血糖値を測定し、 早めに医療機関にかかりましょう。 一方、2型糖尿病の方でも清涼飲料水をたくさん飲みすぎてケトアシドーシスになることがあります。 これをソフトドリンクケトーシスと呼びます。 甘い飲み物を1日に何Lも飲むと、一時に大量の糖がからだの中へ入ってきてしまい、血糖値を下げる臓器である膵臓は、対応できないことがあります。 そうすると、血糖値が急に上昇し、昏睡(こんすい)を起こすことがあります。 甘いジュースだけでなく、スポーツドリンクなども多く糖が含まれていることがありますので、注意が必要です。 糖尿病ケトアシドーシスになってしまったら、入院して点滴とインスリン注射による治療が必要です。 生命の危険を伴う合併症ですので、早く気づき、速やかに治療をうけることが大切です。 高浸透圧(こうしんとうあつ)高血糖症候群 糖尿病ケトアシドーシスと並んで異常な高血糖をきたす急性合併症です。 インスリン作用の不足は糖尿病ケトアシドーシスほどひどくはありませんが、血糖値は600mg/dL以上となり、著しい高血糖と極度の脱水がしばしば意識障害を引き起こします。 2型糖尿病の患者さんに起こることの多い急性合併症で、インスリン分泌がある程度保たれているため、糖尿病ケトアシドーシスと比べるとあまり脂肪は分解されず、ケトン体の上昇も軽度であることが多いです。 また、高齢者に多く、肺炎や尿路感染症などの感染症、嘔吐・下痢による脱水、手術などのストレス、脳梗塞や心筋梗塞など、糖尿病以外の病気がきっかけとなり起きることがあります。 他に、ステロイド薬や利尿薬などの薬を使用した時や、クッシング症候群やバセドウ病など高血糖の原因となるホルモン異常がきっかけとなることもあります。 治療は、はげしい脱水に対する水分の補充(点滴)が主となります。 高い血糖値を下げるためにインスリン注射薬での治療が必要となります。 高血糖の急性合併症の治療と予防 高血糖の急性合併症の治療 糖尿病ケトアシドーシス、高浸透圧高血糖症候群、いずれの急性合併症も脱水や感染症が、腎臓や肝臓などの臓器に負担をかけます。 さらに血栓症(血管の中に血の塊ができて、血液の流れを妨げてしまう病気)を起こし、脳や腸管や足の動脈が詰まってしまう可能性があります。 そのような重症の状態では、もはや血糖値のコントロールだけの問題ではなくなります。 手を尽くして全身の集中治療を行う必要があります。 高血糖の急性合併症の予防 すでに糖尿病治療を行っている糖尿病患者さんは、恐ろしい急性合併症を起こさないためにも、必ず治療を継続してください。 定期的に医療機関を受診し、体調の変化に気づいたら主治医とよく相談するようにしましょう。 適切な糖尿病の治療を行っていれば、このような急性合併症はめったに起こりません。 日頃の糖尿病の治療が大切であるということは言うまでもありません。 参考文献• 日本糖尿病学会 編 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013第3刷 南光堂2014.

次の