キンタロー 旦那 オフィシャル ブログ。 キンタロー。“上戸彩風”にしたニューへアを披露「実にスッキリ!!」(2020年8月8日)|BIGLOBEニュース

キンタロー。の夫、妻との仲直りにケーキを購入「1個1000円超え。...怯む私」(2020年8月12日)|BIGLOBEニュース

キンタロー 旦那 オフィシャル ブログ

石田明(NON STYLE) お笑い芸人のNONSTYLE石田明さんがブログを開設。 双子の娘を持つ父親としての一面もブログで発信しており、公園で娘たちと遊ぶ姿や、寝かしつけに苦戦する日常の投稿には「癒しパワーをもらっています」「素敵なパパです」とあたたかいコメントが寄せられています。 最優秀賞ありがとうございます。 嬉しいです。 大したものは書けませんが、文章を書くのは好きなのでこのまま、のんびり書いていこうと思います。 それをみなさんにまた楽しんでいただけたら幸いです。 目指すは殿堂入り!なので、これからもよろしくお願いします。 同番組の出演者ブログの中で最も更新数が多く、「Popteenモデル部門」ランキングでも常に上位にランクインしています。 「Ameba」では、オフィシャルブログを展開する芸能人・有名人は、約20,000人にも及び、ブログで発信される情報からたくさんの新たな話題が生まれています。 今後も「Ameba」では、ブログの開設やブログを楽しんでいただくための取り組みを積極的に行い、更なる活性化を図ってまいります。

次の

キンタロー。の夫、妻との仲直りにケーキを購入「1個1000円超え。...怯む私」(2020年8月12日)|BIGLOBEニュース

キンタロー 旦那 オフィシャル ブログ

キンタロー。 ママになってから心配性になってしまった!? 今年の1月に第1子となる女児を出産した、お笑いタレントのキンタロー。 生後2か月頃から始まる予防接種だが、新型コロナ感染拡大の時期と重なってしまい、新米ママ・キンタロー。 は子供を病院に連れて行くだけでも気苦労が絶えず、できる限りの防護をしているようだ。 5月30日のオフィシャルブログ『キンタロー。 の旦那です』にはこの日、予防接種を受けるため病院に向かうところの妻と娘の姿が公開されている。 キンタロー。 はマスクとフェイスカバー付きの帽子、スリングで抱っこされている娘はフェイスガードを着用している。 このフェイスガードはキンタロー。 の手作りで、100円ショップで購入したスポンジと出産祝いの化粧箱に使用されていた透明なプラスチックを利用したものだ。 タイの病院が新生児用のフェイスシールドを導入しているというニュースを見て、真似してみたそうだ。 独身時代は部屋が散らかっているのをバラエティ番組のネタにされるほど、どちらかというとズボラだったキンタロー。 だが母親になってからはガラリと性格が変わった。 特に我が子に関しては細かなところにまで気を配り、心配性になってしまったようだ。 予防接種を受けた晩、前回と同様に「熱がやっぱりでましたー」と31日のオフィシャルブログ『キンタロー。 の人生はキンキンキラキラや~』で報告があった。 子供の発熱で狼狽えることはなくなったが、ぐずる娘を見ているは親として辛かったようだ。 キンタロー。 が思い出すのは、 熱が上がると亡くなった母親が「あらまーちんちこちん」と声をかけてくれたことだという。 「私は愛知県知多市に住んでます。 実家も名古屋です。 チンチコチンは名古屋弁ですよね。 ちんちんって…関東ですけど」と主に東海地方の方からこの表現方法を「使いますよ」という声が多いようだ。 画像2、3枚目は『キンタロー。 旦那 2020年5月30日付オフィシャルブログ「決戦の時。 完全防備で挑む。 」』『キンタロー。 2020年5月31日付オフィシャルブログ「やっぱりでてきたお熱。 」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 みやび).

次の

キンタロー。の夫、妻との仲直りにケーキを購入「1個1000円超え。...怯む私」(2020年8月12日)|BIGLOBEニュース

キンタロー 旦那 オフィシャル ブログ

彼女達の名前を聞いてピンと来る方はどれだけいるだろうか。 実はいずれも大人気のブロガーなのだ。 その共通点は「芸人の妻」ということにある。 その夫の名を上げると順に「パンサー・尾形貴弘」「はんにゃ・川島章良」「ウーマンラッシュアワー・中川パラダイス」「トレンディエンジェル・斎藤司」「デンジャラス・ノッチ」「モト冬樹」「くじら」「エハラマサヒロ」となる。 最近「著名人の配偶者ブログ」が人気となっている。 上記はいずれも「男芸人の妻」だが、 他にも「あきら。 」(整体師で小林麻耶の夫)、「キンタロー。 旦那」(テレビ制作会社勤務でキンタロー。 の夫)、「小崎陽一」(イタリア料理研究家で保田圭の夫)、「いわみん(岩見透=芸人)」(漫画家・タレントの浜田ブリトニーの夫)」など、著名女性の夫ブログも人気だ。 この「人気」の基準としては、これらの人々がブログを執筆しているアメブロのカテゴリー別ランキングの高さに見ることができる。 12月12日時点で尾形あいは「新米ママ部門」で2位、川島菜月は「妊婦・プレママ部門」ではキンタロー。 に次いで2位。 佐々木かいは「女性タレント(80年代生まれ)」部門1位だ。 「キンタロー。 旦那」は「男性タレント部門」では、アレクサンダー(元AKB48で実業家・川崎希の夫で現職はモデル)、坂上忍に次ぐ3位で2019年10月の「Best Rookie Award」を受賞した。 さらに、モデルとしても活動する武東由美は「ママモデル」部門で神田うの、田丸麻紀、SHIHOを押しのけて1位に君臨している。 多くの芸能人がブログを執筆するアメブロで上位にランクインするということは相当なアクセス数があることが想像できるが、この人気をテコとし、小林麻耶の夫・あきら。 は当初は「國光吟オフィシャルブログ」としてブログを開始したものの、芸能界デビューに至った。 こうした人々は自分自身のことを書きつつも、配偶者の裏側や秘話を書き続ける。 はんにゃ・川島の妻・川島菜月は川島のことを「あきぷー」と呼び、その出会いのきっかけを記したり、タレントの三瓶が自宅にしばしばいる様子の動画なども公開する。 キンタロー。 旦那は、出産直前のキンタロー。 の体調を案じつつも、彼女の「変顔」を公開するなど、夫妻の赤裸々な日常が綴られる。 なぜ今、配偶者ブログが人気なのか。 アメブロの広報担当はこう語る。 「夫や妻という、もっとも身近な視点による裏話が聞けて楽しいといったユーザーの皆様からの声が多いです。 また、キンタロー。 の旦那さんのような、第3者目線でご本人の言動を綴ることで、そのキャラクターや持ち味がより際立って魅力を引き出している方も多いですね」 テレビ等、公の場で見せる姿というものは、本人のパブリックイメージもあるし自分から進んで見せる姿ではないことも多い。 こうした「著名人」としての姿ではなく「私人」としての姿を配偶者が記すことにより、身近な存在と感じられるのだろう。 配偶者のブログについては、お互いバナーを貼り合ったり、保田圭に見られるように、ブログ記事の末尾に「主人のブログも 宜しければご覧ください」と小崎氏のブログへのリンクを貼る例も見られる。 著名人の配偶者にとっては当人の知名度により自身への注目度が集まるという利点はあるが、当人にはどんなメリットがあるのか。 前出の担当者はこう語る。 「ご家族の『愛ある第3者目線』によってよりご本人が好きになった、ファンになった、という声がブログの読者から寄せられております。

次の