流し前髪作り方。 前髪の流し方は?短い・長い流し前髪の作り方や巻き方などを紹介

流し前髪作り方3選!ドライヤー/コテ/カーラーでの簡単な前髪の流し方♡

流し前髪作り方

流し前髪スタイルのまとめ。 ぱっつんも前髪もかわいいけど、大人っぽくもガーリーにもいける流し前髪は定番。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 流し前髪の切り方・作り方 目の上ギリギリの切り方で作る流し前髪 \ヘアスタイルのポイント/ ・透け感のある前髪なら大人な表情に。 黒目と黒目の間の毛を薄く取り、目の上ギリギリでカット。 ・サイドは頰ラインでカットし流す。 前髪の根元を起こすようにドライしてから、軽く巻いて透け感を調整。 ・隙間のある透け感バングは幼くなりすぎず、今っぽさや色気も演出。 \FRONT/ \TOP/ ざっくり短め前髪を流れるような切り方で \ヘアスタイルのポイント/ ・シースルーバングとは打って変わり、厚みのあるザクザクバングが新鮮。 ・左右どちらかがナチュラルに眉上になるようカットした後、ドライの状態で内側からのスライドカットで束感を出やすくします。 \SIDE/ あごラインカットかきあげ前髪の作り方 \ヘアスタイルのポイント/ ・前髪はあご上のラインでカットし、全体は胸上に。 ・ランダムなスパイラル巻きのパーマをかけ、縦落ちウエーブを作る。 シナモンベージュで、柔らかく見せて。 \TOP/ ・前髪をばっちり作ると浮いてしまうため、あごラインくらいにして動きをつけるのがベスト。 ・かきあげるようにして高さを出し、狭いおでこを縦長に見せる。 リップラインカットで流しセンター前髪 \ヘアスタイルのポイント/ ・顔周りの髪もリップラインに合わせてカットし、軽くレイヤーを入れて頬骨が隠れるように流す。 ・硬くて量の多い髪質なので、細めのハイライトを加えて、抜け感のある陰影を表現。 長めのシースルー前髪なら流しやすい \ヘアスタイルのポイント/ ・流したり巻いたり、融通が利くのがいい所。 ・この前髪にしてからは童顔や丸顔が目立たなくなり、大人っぽい服も似合うようになりました。 ・逆サイドは耳につなぐようなめらかにカットすると、耳にかけてもキレイなシルエットに。 ・全体は、肩に触れて動きが出やすい鎖骨下2cmのワンレンベース。 コテ&ストレートアイロンを使った流し前髪の巻き方 コテを使った2段階巻きでふんわり流し前髪 \前髪は2段にして巻くこと/ ・前髪は一気に巻きがちですが、平面的なカールになってしまうため、表面と内側の2段に分けてから巻いて。 ・2段のカールが重なり、自然でエアリーな立体感が出て、見た目の格が上がります。 前髪の内側の毛束は、平行に伸ばして内巻きに。 表面はもち上げつつ内巻きにしてから、なじませる。 ぺたんこ前髪をストレートアイロンでふんわり流し前髪にする巻き方 \How to/ 【STEP1】 ・つむじ大きく内巻き周辺をぬらす。 くせを取るには、根元からぬらすのが大事。 地肌がぬれるまで、霧吹きする。 【STEP2】 ・地肌をこすりながら乾かす。 つむじの後ろの地肌を指でこすりながら、ドライヤーの風を上から当てて乾かす。 ・手グシを通しながら真下に下ろし、くせを取ってフラットな状態に。 【STEP3】 ・2段にブロッキング。 前髪は少ないので一気にも巻けるが、仕上がりともちの良さが全然違うので、2段にして巻く。 ・前髪を上下2段に分けて、表面の髪を分け取る。 【STEP4】 ・内側を巻く。 やけどをしやすく、根元のくせもガンコな部分なので、ストレートアイロンで。 ・内側の根元から挟み、毛束を水平に引っ張りながら大きくカーブさせる。 巻き終わりはこんな感じ! 【STEP5】 ・表面を巻く。 分けておいた表面の髪も、根元からアイロンを挟んで大きくカーブさせて内巻きに。 ・カーブのつけすぎに注意して。 この後、全体の髪を巻く。 【STEP6】 ・シアバターをつける。 シアバターを指に少量とって手に広げ、全体につけてから余ったものを前髪にもつける。 ・手グシを通しながら軽くふわっとなるように。 【STEP7】 ・軽くコーミング。 最後にコーミングして毛流れを整える。 ・強くとかすとせっかく巻いたふんわり感がなくなってしまうので、あくまでも中間から軽くとかす程度に。 抜け感ランダムな流し前髪を作るコテの使い方 \ヘアスタイルのポイント/ ・軽やかなシースルーバングでウブかわいく。 ・ほわんと柔らかい毛流れにウブなかわいさがにじみ出るシースルーバング。 ・残りを後ろに向けてコテで平巻きにする。 【STEP2】 ・水スプレーをかけながらくずす。 ・薄く下ろした前髪に水スプレーをかけながら、ザクッとくずして動きをつける。。 【STEP3】 ・後ろに流した前髪が戻らないよう、根元にキープスプレーをかける。 コテで巻く位置が大事!斜め流し前髪の巻き方 \How to/ 【STEP1】 ・巻き髪ウォーターをON。 ・事前に前髪全体に巻き髪用のスタイリング剤をつけておくと、髪にハリと弾力が出て、カールが長もち。 【STEP2】 ・前髪の中央だけを 細めのへアアイロンで軽く巻く。 ・前髪全体を巻くと外側の部分がハネてしまうため、巻くのは中央だけでOK。 緩~く巻くのがポイント。 【STEP3】 ・前髪のフレームラインに沿って固めワックスをON。 ・ワックスは中指にごく少量とって、人さし指と親指とでのばしてから前髪の毛先だけにつまむようにしてつけると自然にキープできる。 ストレートアイロンで作る計算づくしの流し前髪 \ヘアスタイルのポイント/ ・絶妙に計算された隙間や毛流れ!愛されフラッフィーバング。 ・鎖骨下のロブのトップにレイヤーを入れ、ミックス巻きにしたときラフに動きが出るように作る。 ・カーキグレージュをベースカラーに、表面に細かなハイライトを加えるとメリハリアップ。 \TOP/ ・おでこの丸みに自然に沿うように、前髪は手前から薄めに作る。 ・目元からサイドにかけてラウンド気味につなげたら、重く見える部分の毛量を調節し、隙間を作って束感を出すとほんのりカジュアル。 \How to/ 【STEP1】 ・小束ずつ内巻きにしてなじませる。 ミニストレートアイロンで内巻きに。 ・前髪を5つくらいの小束に分け、ミニストレートアイロンで毛先だけ内巻きにする。 【STEP2】 ・毛先をずらしながら横に流す。 ・ワックスを指に少量つけてつまみながら束感を出す。 ストレートアイロンひとつでできる流し前髪の巻き方 \How to/ 【STEP1】 ・斜め流し前髪の場合、ストレートアイロンを流したい方向に動かすだけ。 ・分け目の端のひと束は、毛先をクイッと平仮名の〝し〟の字カールになるようしっかりくせづけます。 【STEP2】 ・1でくせづけた以外の髪は2~3パートに分けて、アイロンで挟んでいきます。 ・毛束の中間から毛先にかけて、流したい方向に自然に流して。 完成! ストレートアイロンで外ハネセンター流し前髪 \ヘアスタイルのポイント/ ・イノセントな空気感をまとわせる外ハネセンターパート。 ・つまらなくなりがちなセンターパートには、外ハネニュアンスで変化をつけてみて。 ・あえて目尻にかかるように計算したうねりが表情を曖昧にさせ、アンニュイな魅力を引き出します。 ・縦ラインが強調されてフェースラインもスッキリ! \How to/ 【STEP1】 ・コームで全体をセンター分けにする。 ・事前にブローでくせをとっておくとキレイに分かれる。 【STEP2】 ・作り込みすぎない自然なくせが作れるストレートアイロンを使用。 ・前髪を挟んで毛先を外ハネに。 ウェーブ流し前髪をコテで作る巻き方 \How to/ 【STEP1】 ・まず、髪を上下ふたつにブロッキング。 ・38㎜のアイロンで最もフェースラインに近い部分の髪を、縦にフォワードに巻く。 【STEP2】 ・1で巻いた髪は残し、すぐ後ろの髪をリバースに巻く。 ・これを繰り返して全体をゆる巻きに。 ブロッキングした上の髪も同様に。 【STEP3】 ・細く取った毛束をねじり、毛先だけ逃がし、そのまま巻く。 ・全体にランダムにちりばめ、イレギュラーなカールをミックス。 【STEP4】 ・分け目は、1:9に大きく分ける。 ・多い方のパートの前髪の根元に内巻きにアイロンを当て、立ち上がりをつける。 【STEP5】 ・分け目に手のひらを差し入れて分け目からかきあげる。 ・手ぐしでざっくりと多い方のパートをとかしてラフなボリュームを出す。 風になびく流し前髪の巻き方 目尻を隠しながらの外への広がりにほんのり色気を潜ませて。 \How to/ 【STEP1】 ・前髪は8:2の横分けに。 ・前髪の根元が起きるように、かきあげながらドライヤーの熱を当ててしっかりくせをつける。 【STEP2】 ・アイロンで外流し。 ・太めの38mmのアイロンを、前髪の毛先が自然に外はねになるように、ハーフカールさせながらスルッと滑らせる。 【STEP3】 ・毛先のカールをなじませてから、ツヤの出るハードスプレーを根元と毛先に軽くシュッ。 ・かきあげ〜リバースをキープ。 長めのおすすめ流し前髪スタイル タイトな長め流し前髪でイイ子ちゃんヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・しっとり大人めにまとめるならタイトレトロバング。 レトロなムードが新鮮。 ・艶やかな面でしっとり大人の表情を引き出しつつ、全体はあえてくせっぽく。 ・優等生にまとまりすぎず、今っぽいカジュアルさをかなえるには、この〝ゆるぴた〟バランスが正解。 \How to/ 【STEP1】 ・前髪を8:2で分ける。 ・ブラシでなで押さえながらドライヤーを当て、毛流れを定着させる。 【STEP2】 ・前髪のツヤを生かすバーム状ヘアワックスをセレクト。 ・毛先に軽くなじませて流れをキープ。 丸いおでこ・四角いおでこの方向け長め流し前髪 \ヘアスタイルのポイント/ ・丸いおでこの方は、丸みを生かして優しい表情に。 ルーズカールバング。 ・前髪はリップライン、全体は鎖骨ラインで作り、グラデーションでまとまりやすく。 ・平巻きのデジタルパーマで大きくうねる動きをつけ、エラが気になるフェースラインをカバー。 \TOP/ ・リップラインで作った前髪は、レイヤーを足して動きをサポート。 ・根元を立ち上げたら、1度内側に曲げ、毛先は外側に。 おでこの出る面積を、バランス良く調節。 \ヘアスタイルのポイント/ ・四角いおでこの方は、高さをプラスして縦ラインを意識。 ほつれかきあげバング。 ・アリーな質感に。 光に当たったときに透け感が出る、アッシュベージュカラーに。 \TOP/ ・イカつく見える四角のおでこは、こめかみを斜めに隠して丸く見せるのが大事。 ・さらに縦長に見せるため、サイドからジグザグに分けて根元を立ち上げること。 長め流し前髪はふんわりかきあげてぺたんこ解消 \ヘアスタイルのポイント/ ・ペタッと見えてしまうため、分け目がふわっとなるように横から分けて根元を立ち上げて。 ・毛先は外への動をつけながらこめかみは隠して、でこ広をカバー。 大人っぽい長め流し前髪でできる女 \ヘアスタイルのポイント/ ・耳の外側に広がりをもたせ、首元にくびれをつけたひし形フォルムが、小顔見えの秘訣。 ・低温デジタルパーマで作った裾の揺らぎや、美肌に見えるモーヴブラウンカラーで、落ち着き感を演出。 \TOP/ ・分け目は立ち上げること、前髪はリップラインで作ること、毛先は外へ流すこと。 ・このポイントを押さえれば、全体的に外への動きが出て、狭いおでこでもOK。 \ヘアスタイルのポイント/ ・鎖骨下5cmのロングベース。 顔周りとトップにレイヤーを入れ、厚みは残しながらも躍動感のあるスタイルに。 ・ミックス巻きの動きとダークブラウンカラーで、大人の余裕をチラリ。 \TOP/ ・あご下で作った前髪は、中央部分だけ少し短めにすると、分けても立体的に仕上がる。 ・おでこが狭い場合、根元をしっかりかきあげてから頬骨辺りは毛束で隠すことで、縦のラインを強調する。 思い切った長めの流し前髪でおでこまで綺麗に \ヘアスタイルのポイント/ ・おでこが出ている人は、サイドパートにしておでこに陰影をつける。 ・立体感をつけてメリハリアップ!色気を感じるかきあげバング ・全体のベースは、前下がりのあごラインボブ。 顔周りに動きが出るように、レイヤーを加えて。 ・毛先が明るく見えるように細かくハイライトを入れ、ワンカールのスタイルをセンスアップ。 \TOP/ ・丸みがあって出ているおでこは、前髪を作らず思いきって全見せするのもGOOD。 ・横分けにすることで影が生まれ、大人っぽく仕上がる。 \ラフさの中に艶っぽさが漂う!かきあげバング/ \How to/ 【STEP1】 ・前髪ごと全体をかきあげながら9:1に分ける。 ・無造作な毛流れが最大のポイント。 ・コームではなく手ぐしで前髪〜トップを思いきりかきあげ、ざっくりとラフに分けて。 【STEP2】 ・短い前髪をハードワックスでなじませる。 ・前髪が額に落ちてこないようハードワックスをつけて毛流れに沿わせる。 ・トップがぺたんとなる人はキープスプレーを。 \SIDE/ \大人めな雰囲気を演出したいならこれ!ちょいラフ センターパート/ \How to/ 【STEP1】 ・指でトップの毛をジグザグと大胆に分ける。 ・前髪を半分に分け、指でトップの分け目を前から後ろへジグザグとくずす。 ・あえて左右非対称に分けることでこなれ感が! 【STEP2】 ・前髪の毛先をワックスで固めてキープ。 ・前髪にハードタイプのワックスをなじませて固定する。 ・ハネやすい髪には、ねじるようにしてつけるのがおすすめ。 \TOP/ 短めのおすすめ流し前髪スタイル 眉上~眉下の短い流し前髪 \ヘアスタイルのポイント/ ・軽く流してなじみ度アップ! サラツヤ丸みバング。 ・バストラインのロングの顔周りにレイヤーを入れた、やや重めのスタイル。 ・太めのアイロンで毛先はワンカール、表面はミックス巻きにしてエアリーに見せて。 \TOP/ ・重めスタイルには、軽さの出せる眉上バングがマッチ。 ・おでこ広め&面長が目立たないように、前髪は厚めに作って毛先だけ透けさせるとベストなバランス。 \ヘアスタイルのポイント/ ・毛先をたゆんと遊ばせる伸ばしかけウインクバング。 ・鎖骨と胸の間の長さで、毛先をグラデーションカットにしてなじませる。 ・カラーは、こっくりした茶系のバーガンディブラウン。 アイロンで縦に落ちるようなゆるウエーブに。 \TOP/ ・目の下から緩やかなカーブをつけ、サイドにつなげる。 ・毛先がなじむよう、ハサミを縦に使ってカット。 巻いたらバームでセミウエットに仕上げる。 \ヘアスタイルのポイント/ ・厚めで清楚に見せる王道下ろし流しバング。 ・ベースは、鎖骨下のミディ。 毛先に丸みがつくようグラデーションカットにして、内と外のワンカールのミックス巻きに。 ・光に当たったときにぬくもりを感じるダークブラウンでカラー。 \TOP/ ・おでこが広いので、生え際が透けないように厚めに作ること。 ・これで面長もカバーできる。 毛先は透けるようなカットにすると、ダークカラーでも重くなりすぎない。 大人かわいい短い流し前髪スタイル \How to/ 【STEP1】 ・ドライヤーの熱とブラシで前髪を押さえつける。 前髪の浮きを抑えて、ペッタリさせるのがポイント。 ・水スプレーを使って前髪を根元からしっかりぬらした後、ブラシでやや斜めに毛流れを作りながら押さえつけ、上からドライヤーを当ててしっかり乾かして。 【STEP2】 ・ややセット力のあるワックスを使って毛束感を作る。 ・ギザギザとした存在感のある毛束が作れる、やや固めのファイバーワックスを用意。 ・親指と人さし指になじませたら、毛束をラフにつまんで中間から毛先につける。 斜め下へ軽く引っ張りながらつけ、ボリュームも抑えて。 重めの短い前髪は立体感とカーブが大事 \How to/ 【STEP1】 ・ブローローションをON。 ・ブローする前には、髪をふんわり立ち上げる効果のあるローションを頭頂部につけるのがおすすめ。 ・前髪がボリュームUPしたように見える。 【STEP2】 ・くるくるドライヤーで 根元から伸ばす。 ・前髪全体を根元からしっかりと伸ばしながら内巻きにする。 ・その後、前髪の上半分だけを同様にブローすれば、緩やかカーブが完成! 【STEP3】 ・キープ力のあるスプレーをON。 ・水を手のひらですくう感覚で前髪を持ち上げてスプレーをつけると、カーブが長もち。 ・スプレーは「割れる」よりもホールド力高めのものがGOOD。 短めふんわり斜め流し前髪で清楚で上品に \How to/ 【STEP1】 ・流す方向と逆側へ前髪を引っ張って乾かす。 ・前髪の根元から水スプレーで湿らせる。 右へ流す毛束を左へ移動させ、軽く引っ張りながら上からドライヤーを当てて乾かす。 反対側も同様に。 【STEP2】 ・ロールブラシで曲線的 な毛流れを作る。 ・8割程乾いたら、右に流す毛束を左へ持ち上げる。 ・ロールブラシで毛先から内側に巻き込み、上からドライヤーを当てて乾かす。 反対側も同様に。 【STEP3】 ・ヘアスプレーを前髪 全体に薄くつけてキープ。 ・2で作った前髪の曲線的な毛流れを指で支えながら、ややセット力のあるスプレーを全体的にふわっとまとうようにつけてホールドする。 軽やかな短め流し前髪でフェミニンに \ヘアスタイルのポイント/ ・おでこが広い人は、奥の位置から作って割れを防ぐ。 ・ふわっと軽やか、が印象の甘めフェミニンバング。 ・どんな顔型にも合いやすい、ソフトな動きのあるセミディスタイル。 ・表面にレイヤーを入れ、丸みのあるフォルムに。 アッシュカラーと、平巻きで作った動きで女性らしい透明感を引き出して。 \TOP/ ・奥から作り、ペタッと感を軽減。 ・おでこが出ている場合、奥の方が透けていると薄毛に見えるので、透けさせるのは毛先側半分にすること。 ピンを使って前髪を流す方法 ピンを使って半分だけかきあげ流し前髪 \TOP/ \How to/ 【STEP1】 ・前髪を手ぐしでラフに半分に分け、片方だけ上げる。 ・残した方の毛流れに沿うようにして上げると自然な見た目に。 【STEP2】 ・2か所に分けて緩めにピンで留める。 ・1か所だけで留めると上げた毛束の存在感が強すぎるので、2〜3か所に分けて少量ずつ留めるとナチュラル。 【STEP3】 ・固めのワックスで残した前髪にニュアンスを。 ・残した方の前髪も、パサッと落としただけではそっけない。 ・ハードワックスで毛先に流れるような動きをつけて。 \可憐な印象の決め手は額の透け感!シースルーバング/ \How to/ 【STEP1】 ・前髪の約半分をまばらに上げてピン留め。 ・額がまんべんなく透けるよう、前髪を全体的に間引くイメージでつまんで上げる。 ・鏡を見ながら量を調整してみて。 【STEP2】 ・ソフトワックスをなじませて前髪の毛束を固定。 ・所々前髪にワックスをつけて束を固めておくと、アレンジを作ったときの額の透け感を長時間キープできる。 \SIDE/ \〝柔らかさ〟を引き出す丸みライン!8:2 曲線バング/ \How to/ 【STEP1】 ・髪全体を8:2の割合でざっくり分ける。 ・量が多い方の前髪を深めに取り、曲線を作るようにたゆませながらピンで留める。 【STEP2】 ・前髪を少しずつ引き出して曲線を整える。 ・ピンを片手で押さえつつ、もう片方の手で前髪を引き出して丸みを作る。 ・短い前髪はキープスプレーでしっかり固定を! \SIDE/.

次の

簡単セルフカット!流し前髪の切り方&セット方法|feely(フィーリー)

流し前髪作り方

前髪の流し方まとめ。 長い前髪・伸ばしかけの前髪を、コテを使って流す方法や、基本的な上手な前髪の流し方、短めの前髪の流し方、ストレートアイロンやドライヤーを使って上手に前髪を流す方法もご紹介します! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 長い前髪・伸ばしかけ前髪のコテを使った流し方 目元リバースバング How to 前髪は8:2で横分けにし、根元が起きるようにかきあげながら、ドライヤーの熱をしっかり当ててくせづけます。 38mmの太めのアイロンを使って、毛先がナチュラルに外ハネするよう、ハーフカールさせながらスルっと滑らせます。 毛先のカールをなじませたら、ツヤのでるハードスプレーを使って、根元と毛先に軽く振りかけ、かきあげ~リバースをキープして完成! 毛先をたゆんと遊ばせるウインクバング How to 毛束を少しずつ取り、外にカールがつくように巻きます。 アイロンは縦に使って、横に流れるようなくせをつけ、巻いた後は前髪をほぐします。 フェザーバング How to まずは根元を立ち上げるために、ドライヤーの風をいろいろな方向から当て、ふわっと外への動きをつけます。 前髪を8:2の横分けにし、アイロンを使って多い方の毛先を内巻きにします。 巻いた部分は指でほぐし、ミディアムワックスを指でなじませ束っぽく仕上げたら完成! 流し前髪の基本の作り方 〝し〟の字カールになるようにくせづける カールアイロンやロールブラシでは過度にカールしてしまい、程よいこなれ感を出すのが難しい流し前髪も、ストレートアイロンならバッチリ! How to ストレートアイロンは流したい方向に動かします。 分け目の端の一束だけ、毛先を平仮名の〝し〟の字カールになるようにしっかりくせづけます。 〝し〟の字カールにした前髪以外は、2~3パートに分け、アイロンで挟んでいきます。 前髪全体ではなく、毛束の中間から毛先にかけて、流したい方向に自然に流していくイメージで。 完成スタイル 短い前髪の流し方 斜め流し前髪 How to 巻き髪用のスタイリング剤を事前に髪全体につけ、カールを長持ちさせる準備を。 前髪の中央のみを細目のヘアアイロンで軽く巻きます。 全体を巻いてしまうと外側の部分がハネてしまうので、中央を緩~く巻くのがポイント。 固めのワックスを前髪につけます。 ワックスはごく少量を人差し指と親指で伸ばしてから、前髪の毛先のみにオン。 つまむようにしてつけると、ナチュラルにキープできます。 大人かわいいピュアガール How to 前髪は浮きを抑えて、ぺったりさせるのがポイント。 根元を水スプレーなどでしっかり濡らし、ブラシで斜めの毛流れを作りながらドライヤーを当てて乾かします。 固めのファイバーワックスで、ギザギザした存在感のある毛束を作ります。 親指と人さし指になじませ、毛束をラフにつまみ、中間~毛先のみにつけます。 ボリュームは抑えるようにし、前髪を斜め下へ軽く引っ張りながらつけましょう。 ストレートアイロンを使った流し前髪の作り方 愛されフラッフィーバング How to 前髪を5つのパートに分け、ストレートアイロンを使って毛先だけを内巻きにします。 毛先をずらすようにして横に流し、少量のワックスを指になじませたら、前髪をつまむようにして束感を出します。 ドライヤーを使った流し前髪の作り方 優しく清楚なエレガントガール How to 前髪は根元から水スプレーなどで湿らせておきます。 右へ流す毛束を左へ移動させたら、軽く引っ張りながらドライヤーを当てて、湿らせた前髪を8割程乾かします。 反対側も同様に行いましょう。 次に右に流す毛束を左へ持ち上げ、ロールブラシで毛先から内側に巻き込んだら、上からドライヤーでしっかり乾かします。 反対側も同様に。 曲線的な毛流れができたら、指で支えながらややセット力のあるスプレーを、前髪全体にふわっと薄くまとうようにつけてホールドします。 立体感と緩やかカーブ How to ブロー前に、ブローローションを頭頂部につけ、髪をふんわり立ち上げる準備をします。 くるくるドライヤーを使って、前髪全体を根元からしっかり伸ばしながら、内巻きにします。 前髪の上半分だけを同様にブローすれば、緩やかなカーブができます。 キープ力のあるスプレーを、手のひらで前髪をすくうようにして持ち上げたら、振りかけます。 これでカーブが長持ちします!.

次の

流し前髪|長め?短い?流し前髪の切り方、コテ&ストレートアイロンでの巻き方、ピンを使った作り方

流し前髪作り方

画像引用元: 横流し前髪を作る時には、いろいろなアイテムを使ってキープ力をアップさせる事がポイントです。 綺麗な前髪を長時間キープするためにも、これから紹介するアイテムを使って横流し前髪を作りましょう。 ピンを使った横流し前髪の作り方 アメピンなど、 ピンを使って横流し前髪を作るやり方は、一番簡単です。 ピンの種類を可愛いピンにしても、素敵なヘアアレンジになるでしょう。 ピンを使った横流し前髪の作り方を紹介していきます。 完成形はこちら! 前髪を分けて、ピンで留めておく クシなどの先端を使って、前髪を中心より少し横で分け、 片方の毛束をピンなどで留めておきましょう。 根元から髪にアイロンを当てる 適量の毛束をアイロンで挟み、根元から毛先に向かって、 斜めに流すようにアイロンをかけていきます。 おろしている前髪に全部アイロンをかけ終えたら、ピンで留めておきます。 熱が冷めたらピンを外してヘアスプレーで固める 髪に残っている熱が冷めたらピンを外します。 少しずつスプレーします。 その際、スプレーが目にかからないように、左手で覆っておきましょう。 完成 スプレーで 斜め前髪をしっかりキープしたら完成です。 ねじり前髪で横流しアレンジ 次に、前髪をねじって作る簡単横流しアレンジのやり方を紹介していきます。 完成形はこちら! 顔に沿って前髪を分け、髪をねじる 適量の毛束を掴み、 おでこの生え際に沿って、くるくるとねじっていきます。 途中でねじった髪の毛を引き出して、ルーズ感を出しておきましょう。 ねじった髪を毛先から根元に向かってピンで固定 耳の上の辺りまでねじったら、 毛先のほうから根元に向かって、ピンで留めます。 完成 再度、ねじった毛束の髪の毛を 少しずつ指でつまみ、引き出して整えたら、ねじり前髪の横流しアレンジの完成です。 ふんわりした横流し前髪を作る、ドライヤーでブローするやり方 女性らしいふんわりとした横流し前髪は、大人可愛いヘアアレンジをしたい方にピッタリのスタイル。 ですが、自分でやろうとすると、なかなか綺麗にふんわり出来ないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 ふんわりした横流し前髪を作る為に、ドライヤーでブローするやり方をおすすめします。 完成形はこちら! はじめは前髪を引っ張らず、根元をこするように乾かす まずはじめは、 根元を軽くこするようにして乾かしていきましょう。 髪を引っ張らず、ドライヤーの風の力だけで流す 次に、髪を引っ張らずに、 ドライヤーの風の力だけでブローしていきます。 前髪を流す方向と逆に向かってブローするのがコツ 前髪を流したい方向ではなく、 逆方向に向かって流すようにドライヤーをあてると、ふんわり仕上がります。 髪が乾いたら、髪を流したい方向に向かってブロー 髪が乾いてきたら、今度は 流したい方向に向かって、ドライヤーをあてていきます。 根元から毛先に向かって、手ぐしでとかすようにしてブローしましょう。 前髪全体がしっかり乾いて、斜めにきれいに整えたら完成です。 髪を流したい方向とは逆方向にピンで留めておく 前髪を 流したい方向とは逆方向に流し、ピンで留めておきます。 5分程度置いておく ある程度クセがつくように、 5分程度時間をおきましょう。 コテを170度にセットしておく ピンを留めてクセがつくのを待っている間に、 コテを170度に温めておきます。 ピンを外し、毛先だけをコテで巻く 留めていたピンを外して、適量の毛束をつかんでコテで挟み、 毛先だけ内側にくるっと巻いて、数秒置いてしっかりと巻きグセをつけましょう。 バランスを整えて完成 前髪の毛先全体をしっかり巻いて、 斜めに流して整えたら完成です。 プレートは、熱伝導性が高い特性を持つイオンセラミックで、 素早く均等に熱が伝わるので、時短にもおすすめです。 アイロンで仕上げる流し前髪のやり方 アイロンを使うのも、横流し前髪を作るには最適です。 コテを使うよりも簡単に横流し前髪を作れるので、初心者はこちらの方法を試してみると良いでしょう。 アイロンで仕上げる横流し前髪の方法をご説明します。 完成形はこちら! 髪の分け目を決める 前髪を綺麗にブラッシングしたら、 髪の分け目の位置を決めましょう。 ストレートアイロンを120度に設定する あらかじめ、ストレートアイロンを 120度に設定して温めておきます。 顔の表面から髪を浮かすように巻く 表面の髪の毛束を適量つかんで挟み、髪を浮かせるように、内側 にくるっと回すように巻いていきましょう。 アイロンを斜めに入れ、髪の束を流す アイロンを斜めに向けて、挟んだ 毛束 が 斜めに流れるように手首を回しながら巻いていきます。 残りの髪も巻く 斜めに流したい前髪全体を、 同じように巻いていきます。 髪のバランスを見ながら、必要に応じて巻き足す 前髪全体のバランスを見ながら、 必要に応じて巻き足したら完成です。 アイロンの扱いに慣れてない人は、火傷の原因にもなるので、最初は150度から始めましょう。 慣れてきたら、180度くらいの設定温度がベストです。 髪を流したい方向に向かってアイロンを弧を描くように滑らせる 適量の毛束をつかんでアイロンで挟み、前髪を流したい方向に向かって、 弧を描くように手首を内側にくるっと回し、滑らせていきましょう。 二段目の髪もアイロンで髪を流す 下段の前髪全体を横流しにしたら、 上段の前髪も同じようにアイロンで横流しにしていきます。 コームで整えて完成 前髪全体をコテでしっかり横流しに出来たら、コームできれいに整えて完成です。 詳しいやり方の手順を見ていきましょう。 前髪を濡らして、髪のクセをとる あらかじめ前髪を塗らしてクシでとかし、 髪の毛のくせを直しておきましょう。 交互にドライヤーを当ててブロー まずは 右向きに流してブローし、次に左向きに流してブローしていきます。 このように交互に繰り返して乾かしていきましょう。 ピンで髪を二段に分けておく 前髪を上下2段に分割し、上段の髪をピンで留めておきます。 前髪をストレートアイロンで流したい方向に流す 適量の毛束をつかんでアイロンで挟み、前髪を流したい方向に向かって、滑らせていきましょう。 ストレートアイロンは 手首を返すように動かすのがコツ。 おでこと髪の間に空間ができるように流すと、ふんわり可愛く仕上がります。 二段目の髪も流す 下段の前髪全体を横流しにしたら、 上段の前髪も同じようにアイロンで横流しにしていきます。 バランスを整えて完成 前髪全体をコテでふんわり横流しにし、 クシで丁寧といて整えたら完成です。 このように交互に繰り返して乾かしていきましょう。 その後、前髪をまっすぐに引っ張ってドライヤーをあて、クセをとっておきます。 髪をしっかりコームでとかします 前髪全体を しっかりコームでとかしましょう。 髪を二段に分ける 前髪を上下2段にブロッキングします。 ダッカールで二段目の髪を留める ブロッキングした上段の髪の毛束を、 ダッカールで留めておきましょう。 髪をアイロンで挟んで、流したい方向に流す 適量の毛束をつかんでアイロンで挟み、 前髪を流したい方向に向かって、手首を内側にくるっと回し、滑らせていきましょう。 毛先を指で手に取り、流したい方向に向かってクセをつける アイロンで流した前髪の毛束を少量指でつかみ、 流したい方向に引っ張ってクセをつけます。 下段の前髪全体を横流しにしたら、上段の前髪も同じようにアイロンで横流しにしていきます。 ワックスで髪をセット 適量のワックスを指に取りなじませ、髪をセットしていきます。 全体を立ち上げた後、指に残ったワックスを前髪につける 髪全体にワックスをもみこんで立ち上げたら、指に残ったワックスを、 前髪をつまんで塗りこみセットしていきましょう。 バランスを整えて完成 髪の毛全体をワックスでセットし、 きれいに前髪を流して整えたら完成です。 まとめ 横流し前髪を作る方法は色々ありますが、いずれも正しいやり方で行なえば、綺麗に理想の横流し前髪を作れます。 横流し前髪にも、オフィス向けのぴしっとしたタイプと、ふんわり可愛いガーリーなタイプがあるので、作りたい雰囲気に合わせて、前髪を作っていきましょう。

次の