オール バック やり方。 【デキる男の髪型】オールバックのセット方法は?押さえるポイントは3つだけ!│美容男子

紳士の髪型『オールバック』のセット方法。おすすめ整髪料&アレンジまで解説

オール バック やり方

デキる男の今風オールバックヘア! 作り方とセット方法 デキる男の今風オールバックヘア! オールバック(slicked back)といい、髪の毛全体を後ろに持っていくメンズヘアスタイルの一つで、 フォーマルからカジュアルまで幅広いシチュエーションでもできるスタイルです。 シンプルかつシャープなヘアスタイルなので誰でも簡単にセットできるのが特徴。 今回は、今の時代にあったオールバックヘア3種類・セットの仕方などを紹介していきたいと思います。 ツーブロック+オールバック バングとトップは少し長さを残し、サイドとバックのボリュームを抑えるのが通常のオールバックスタイルの基本です。 これにツーブロックをプラスすると少しエッジの効いたスタイルに変身。 デザイン的にツーブロックの高さは高めのものが多く、剃り込みのところまで上げたツーブロック+オールバックスタイルが多いです。 また、ずっとツーブロックにしていてそろそろ飽きてきた方にもおすすめなかっこいいスタイルです。 オールバック+パーマ 通常のオールバックのヘアスタイルにパーマをプラスしたもので、 少し強めのパーマをかける事で外国人風のルーズなオールバックスタイルに出来ます。 また、セクシーな感じ、フォーマルなシーンからビジネスシーンでもバッチりきまるオールバックヘアのバリエーションの一つです。 オールバックに少し飽きてしまった人や、ツーブロックにオールバックパーマをプラスしてもいいでしょう。 そして、だいたいの所で分け目の位置を決めて形を整えます。 この時、サイドとバックはボリュームが出ないように、手のひらでつぶす感じで乾かすとトップに高さが出ます。 また、トップをふんわり見せるには、髪を持ち上げて根元にドライヤーを当てるのがコツです。 温風と冷風を交互に使い分けることで髪が固定されうまくセットする事が出来ます。 ツヤ感が欲しい時はグリースを選択して、少しマットな感じカジュアルな感じにしたい時にはワックスを使うことをおすすめします。 グリース+ワックスでその中間くらいにすることもできます。 500円玉くらいのグリースまたはワックスをとり( いつもより少し多めの量)髪全体にムラのないようにつけていきます。 この時、前髪は潰さずに少し浮かせるようにセットし、サイドはボリュームが出ないようにタイトにセットします。 サイドがどうしても張ってしまう場合は上からドライヤーを当てて冷風を当て冷ましましょう。 こうするとボリュームを抑えることができます。 最後に毛先を整えて完成です。 風でヘアスタイルが崩れるのが気になる方は仕上げにハードスプレーを全体にふるのもおすすめで、セットがより固定され崩れません。 オールバックにおすすめな整髪料 クールグリースG 販売サイト: クールグリースは昔からあり、最も多くの人に今でも愛用され続けるグリースの一つではないでしょうか。 少しツヤのある中でもある程度のセット力を持っているので、ミディアム〜ロングまで幅広いスタイルに対応できます。 毛先を遊ばせたり、ボリュームを抑えたいところは抑えたり、オールマイティーに使える整髪料です。 クールグリースxx 販売サイト: クールグリースのシリーズでも特にセット力の強いタイプです。 グリースのツヤ感を持ちながらも毛先や立ち上がりを維持できるセット力を兼ね備えているので、ショートのオールバックや短いヘアスタイルなど、動かしたり立ち上げたりできるハードタイプのグリースです。 バクスターオブカリフォルニアスリックポマード 販売サイト: カフフォルニアで45年以上の歴史を持つポマードです。 男らしい香りとハードなセット力を持っているので、フォーマルなシーンやバッチリキメたい時などにもってこいな整髪料の一つです。 プロサーファーならでは、香りへのこだわり、使いやすさなど他のブランドにない使い心地が特徴。 また、程よいウェット感とセット力で使いやすいグリースの一つです。 まとめ 現代のオールバックヘアはツーブロックを入れたり、パーマをミックスしてみたりと色々なヘアスタイルがあるので、自分だけのオールバックスタイルを楽しみましょう。 セットも今回の記事を参考にチャレンジしてみてください。 Sponsored Link.

次の

【プロ監修】オールバックのやり方・コツ&女性向けヘアアレンジ集!

オール バック やり方

オールバックとは オールバックは男らしさの象徴とも言える、非常に力強い髪型のことを指しています。 一体オールバックとは具体的にどんな髪型なのでしょうか。 気合が入っている男性がやりがちな髪型というイメージもありますが、最近では女性もするようになっている、ある意味おしゃれの一つです。 オールバックとは 分け目をつけずに、髪を全部後ろに流しおでこを見せる髪型です。 しかし最近では、その元々のオールバックスタイルではなく、今時の 少しアレンジが加わったものが流行しています。 例えば七三分けからオールバックに移行しているタイプのものだったり、ツーブロックとオールバッグというヘアスタイルがセットになっているものなどがあります。 オールバックはおでこのサイズや眉毛、顔の形などを選ぶヘアスタイルですので、誰でもできるものではないでしょう。 関連記事 ・ メンズオールバックの魅力3つ オールバックは紳士の髪型であるというイメージを持っているメンズの方もおられます。 かなり男らしく、敵がいないような自信たっぷりの印象を与えてくれるものです。 そんなオールバックの魅力を3つご紹介したいと思います。 おでこが全開になっており、前髪が全部後ろに流れているオールバックスタイルは、カチッと決まったそのスタイルで清潔感に溢れています。 おでこが見えている、というだけでかなり清潔感が感じられるでしょう。 顔全体が見えているということで 信頼できる男らしい人と言う印象与えることができます。 ビジネスマンの中には、オールバックを利用して信用を得ている人達もいるとかいないとか…。 どんなヘアセットも崩れてしまうと、一気にダサく見えてしまうのが問題です。 しかしオールバックの場合は違います。 微妙に崩れて前髪が落ちてきたら、色っぽい髪型になります。 全体が後ろに流れていたクラシックな雰囲気から、前髪がチラリとおでこにかかっていると、 色気たっぷりの髪型に変わるのです。 この魅力は普段のの魅力の何倍にもなるでしょう。 スーツ姿にぴったりの大人っぽいスタイルが魅力です。 オールバックのメンズは四六時中いつでもオールバックにしているわけではありません。 例えばお風呂に入った時、プールに入った時、海に行ったとき、雨に濡れた時、前髪は落ちてきてしまいます。 前髪が全部落ちている時もあるでしょう。 今までオールバックの雰囲気とは違う、前髪がある表情を見た時や、おでこが見えなくなった髪型の雰囲気の ギャップにやられてしまう女性も多いことでしょう。 今までは ワイルドな雰囲気だったのに一気に幼い雰囲気になります。 これ以上ギャップを作れる髪型はないのではないでしょうか。 まず、初めに髪を濡らし、乾かします。 例えば朝シャワーを浴びて顔を洗った時に、髪も濡らすようにしましょう。 特に髪の毛にくせがある人や髪の毛が前に向かって生えている人は、オールバックが崩れやすいため、 根元から髪を濡らす必要があります。 その後ドライヤーで乾かします。 その時は 根元からしっかり後ろに向かって流すように乾かすのがポイントです。 全部乾かすのではなく、少し濡れている状態がおすすめです。 そうすることで髪のツヤ感をワックスとともに演出できます。 オールバックにするときサイドの髪の毛はどうなっているでしょうか。 前髪はしっかり後ろに流しますが、サイドはタイトに押さえる必要があります。 髪の毛がふわっと立ち上がるのを抑えながら、オールバックにしていきましょう。 少しでも髪の毛が立ち上がっているなら、 ドライヤーを当てて手で押さえると良いでしょう。 髪の毛をプレスして手で形を記憶させれば、長時間その状態を保つことができます。 そうすることで、綺麗なオールバックの仕上がりになるでしょう。 整髪料はジェルやクリームタイプ、またや グリースなど 髪に艶感が出るものを使うと良いでしょう。 そしてハード系のワックスで髪の毛を固めるのがおすすめです。 整髪料はまず手に取ります。 そして手のひら全体にしっかり伸ばします。 指が櫛の代わりになるので、 指と指の間までしっかり広げましょう。 特に指の間のワックスは髪に馴染みやすいので、ここはポイントです。 その後、髪に馴染ませて、前髪を後ろに流していきましょう。 もちろん3番目の手順で終わっても構いません。 しかしきっちりしたオールバックに仕上げたいなら、コームを使って頭をなでつける必要があります。 これは、 スーツと合わせて素敵なスタイルになるというメリットがあります。 立ち上がるようにコームで整えると、大人っぽい色気のあるオールバックのヘアスタイルになります。 ちなみに髪の太さやクセによってはオールバックができない場合もあります。 生え際が前に向かって流れている場合、髪が柔らかくて細い場合には、オールバックは簡単に作れないでしょう。 しかしコームを使えば、普段よりもオールバックにするのが楽になるかもしれません。 髪は乾く瞬間にくせが決まってしまいます。 ですから、完全に乾かすのはNGです。 関連記事 ・ メンズオールバックが崩れないようにする方法 オールバックは崩れてしまっても、確かに色気があって魅力的なヘアスタイルのままです。 しかしできることなら崩したくないはずです。 サッカー選手の中にはオールバックをヘアスタイルにしている方がおられます。 あれだけ激しい運動しても崩れないのは何故なんでしょうか。 考えられる理由としては、ワックスを用いてしっかりセットしているからです。 ではオールバックのセットの方法を復習しつつ、崩れない方法を考えていきたいと思います。 まず髪の毛はしっかり根元から濡らします。 そうすることでつけたジェルが乾きにくくなります。 またドライヤーで乾かす時は全体を100パーセント乾かすのではなく、 8割乾かします。 その状態でジェルをつけながらオールバックをセットすることで崩れにくいものになります。 ジェルの量はなるべく多くしましょう。 ほとんどの髪型アレンジの場合はつけすぎがNGです。 それはナチュラルな印象を与えなくしてしまうからです。 しかしオールバックの場合はナチュラルも何もありませんので、しっかりハードに固定する必ためにジュエルはたくさん使いましょう。 乾かないうちに、コームでセットするとより持ちが良くなります。 オールバックの形を作って、 さらに上からスプレーを使って固めると、より持ちが良くなります。 メンズオールバックがさらに素敵になるポイント オールバックにするなら必ず見えてしまうものそれは何でしょうか。 それは 眉毛です。 オールバックをセットすると眉毛が目立ちます。 オールバックにすることで顔全体が見えるので、清潔感を感じられるというのが魅力の一つですが、 眉毛をセットしていなければ清潔感が半減してしまいます。 ヘアスタイルだけではなく眉毛も整えることによって、清潔なイメージを作れます。 眉のセットはメンズにとってかなり気を遣うことかもしれません。 うまくできない方もおられるでしょう。 そうであれば美容院に行って眉毛ケアをしてもらうこともできるでしょう。 オールバックは顔全体が丸出しになるヘアスタイルです。 より明るくて爽やかな印象を与えるために、眉毛もしっかりセットすることをおすすめいたします。 メンズオールバックおすすめの髪型4種類 オールバックはビジネスシーンでもカジュアルなシーンでもおしゃれにキメてくれる、今とても話題になっている男らしい髪型です。 整髪料やスタイリング剤を使ってしっかり固めておけば、崩れにくい髪型としても人気です。 ではオールバックスタイルでおすすめのスタイルを4種類ご紹介したいと思います。 元々オールバックとは前髪全体を後ろに流しているというスタイルですが、今時はそれにアレンジが加えられています。 1つずつご紹介します。 ビジネスシーンの定番ともいえるのがこの七三分けのオールバックです。 大人の男性がすると 非常にワイルドで頼もしい印象を与えることができます。 ドライヤーで後ろ向きの流れを作った後に、七三の形を整えます。 トップをふんわりとさせて、サイドはタイトに押さえるのがポイントです。 スタイリング剤は前から後ろに向かってかき上げるようにつけます。 オールバックの基本のように後ろに持っていくのではなく、 斜め後ろに持っていくことで七三風のオールバックになります。 通常のオールバックよりも真面目で誠実な印象を与えることができるでしょう。 ツーブロックスタイルもトップをオールバックにすることができます。 サイドは刈り上げられているので、 セットするのが非常に楽でしょう。 サイドと襟足の刈り上げ部分とトップのオールバック部分のギャップが ワイルドなイメージを引き立てます。 髪を軽く濡らした後、ブラシで後ろに向かってとかしながら乾かし、スタイリング剤でなでつけるように整えるだけでセットが完了します。 普段通りにパーマを出すようにブローをした後に、手で握りながらパーマの動きを出します。 その後、ドライヤーでオールバックの形を作るという方法になります。 しっかり形状記憶させるために、 熱を当てた後少し冷やすというのを繰り返す必要があります。 スタイリングに少し時間がかかりますが、おしゃれ度は格別に上がるでしょう。 ジェルをつけてオールバックをしっかり固定したあと、固まる寸前で毛先を握ってパーマの動きを出します。 根元ではなく毛先を動かすことで、オールバックが崩れないようにすることができるでしょう。 オフの時でも ラフなスタイルとしておすすめです。 オールバックにしても毛先を固めるのではなく、あくまでかきあげたイメージのオールバックスタイルです。 ワックスでガチガチに固める必要はありません。 ドライヤーでアップバングにした後、流れをつけ髪の下から上に向かって風を当ててることで、 ふんわりとしたオールバックになります。 オールバックならではのワイルドで男らしさは残しつつ優しくて柔らかい印象を与えることができるでしょう。 黒髪ならインテリ系になりますが、茶髪などの柔らかくて優しいトーンの明るい色を選べばさらにおしゃれ度が上がるでしょう。 女性受けも良いはずです。 関連記事 ・ メンズオールバックのセットを楽にする方法 オールバックはどんな髪型でもセットする際に作ることができます。 しかし、カットの段階で オールバックのセットが楽になるようにしてもらうこともできます。 そのポイントは 髪の毛の量を減らしてもらうということです。 髪の毛に厚みがありすぎると髪がセットできず、後ろにどれだけ流しても落ちてしまいます。 オールバック初心者やセットにあまり慣れていない方は、すきバサミを使って髪の毛の量を減らしてもらえばオールバックがしやすくなるでしょう。 オールバックはある程度の前髪の長さが必要ですから、そのことを美容師さんに伝えましょう。 さらに、 サイドとバックは短めにしてもらえば、タイトに押さえる必要もなくなります。 ツーブロックとオールバックの組み合わせはおすすめです。 オールバックのおしゃれメンズ急増中 これまではツーブロックが大流行していましたが、最近ではオールバックが流行中です。 ツーブロックからオールバックに移行するおしゃれメンズも増えています。 バックやサイドはツーブロックのまま綺麗に刈り上げつつ、 オールバックで前髪を流すスタイルは男らしく責任感がある印象を与えてくれます。 これからの時期にぴったりな爽やかな印象を与えてくれる髪型です。 クラシカルでしっかりまとめたものも、遊び心のあるふんわりとしたオールバックも、それぞれ自分の印象に合わせて選ぶと良いでしょう。 これからはツーブロックからオールバックへの移行がおすすめです。

次の

オールバックのやり方&セット方法!メンズが使いたいワックスや整髪料!

オール バック やり方

さて、冒頭でも述べましたが、オールバックといえばまず思い浮かべるのが男性ですよね。 女性でオールバックに自信が無いという方にもまず、イメージを持っていただきたいのが、"客観的に見たオールバック"です。 まず、オールバックの男性と髪型が乱れている男性を比較してみて、どちらの男性と接してみたいですか?上の写真の男性は、前髪が額にかかっておらず、スタイリッシュなイメージがあります。 オールバックにしているせいか、男らしい雰囲気もありませんか? 何となく、男性的、守ってくれそうなど、強そうなイメージさえあります。 それに対して、髪の毛が乱れている男性はどうでしょうか? 最近では、無造作ヘアなど、わざと乱れている風な髪型もあるので髪型が乱れているとは言いにくい部分もあるかもしれませんが、ここで言う髪型が乱れているというのは、見た目を考慮していない髪型と捉えてださい。 見た目に無頓着で髪型も乱れている男性よりも、オールバックで決めている男性の方が清潔感もありませんか。 オールバックといえば、やはり大方男性のイメージが占めます。 ですが、男性でも女性でも、オールバックは清潔感をアピールする髪型でもあります。 それでは、男性のオールバックではなく、敢えて女性のオールバックで、そのやり方やアレンジ、オールバックを駆使したヘアスタイルなどを紹介していきたいと思います。 オールバックに興味はあるけど、トライしたことのない方などぜひこの機会にトライできればと思います。 オールバックポニーテールは、女らしさや強さ、可憐さなどを演出してくれる髪型でありながらも、美人じゃないと似合わないの?など、似合う似合わないを選んでしまいそうなイメージがあります。 基本的なオールバックのやり方をしてでのオールバックポニーテルでも良いですし、オールバックにまだ抵抗のある方は、今風のオールバックでポニーテールをしてあげると良いと思います。 ちなみに、基本的なオールバックをしてでのオールバックポニーテールの場合、ポニーテールの位置を思いっきり高くしてあげると、凛としたイメージで仕上がるので、ぜひやってみてください。 低い位置でのオールバックポニーテールでしたら、今風オールバックの方が良いかもしれません。 初心者向けオールバックと言っても良いかもしれません。 名前の通り、ハーフアップの部分をオールバックにするだけです。 でも、このハーフアップオールバックは、やり方をひとつ間違えると、イメージ違いになってしまいます。 例えば、きっちりとしたオールバックでハーフアップになると、真面目な学生みたいなイメージになってしまったり… 特にハーフアップでオールバックをするのであれば、今風のオールバックにしてからのハーフアップが女性らしく美人度も上がります。 これならオールバックでも似合う人が増えるはずです。 例えば、ショートヘアの人はどのようにオールバックのヘアスタイルをすれば良いのか?って思いますよね。 ショートヘア以外でも、ちょうど中途半端な長さだったりする人もオールバックはできるの?と思います。 そういった方も含め、無造作ヘアをオールバックでアレンジすることができます。 ショートの人が、きっちりとオールバックをしてしまうと、逆におかしなことになってしまいます。 イメージとしては宝塚風のようになってしまいますので、特にショートの人はわざと無造作ヘアスタイルでのオールバックをおすすめします。 前髪を含め、ハーフアップのようにするだけでもぜんぜん無造作ヘアのオールバックができます。 また、サイドの髪をちょっとだけ残す感じでのオールバックも、ショートや中途半端な長さの方には良いかと思います。 オールバックヘアアレンジにカチューシャやヘアバンドなどのヘアアクセサリーなどの小物を使うことによって、オールバックのアレンジ幅を広げてくれる効果があります。 オールバック初心者さんにとって、カチューシャは手を出しやすいアイテムになります。 また、ヘアバンドも様々なデザインや素材のものがありますので、使い分けてみると楽しいと思います。 オールバックヘアスタイルだけでも、印象的です。 ハッとさせられるような髪型のひとつでもあります。 目線が高い所に集中する為、身長が低い方などもおすすめのできるヘアスタイルのひとつです。 そこに、ヘア小物が加わることで、印象付ける箇所をヘア一点に集中させることができる為、身長などのコンプレックスを隠すのにうってつけアイテムです。 オールバックだけだと似合わないと思っている方でも、ヘア小物を加えさせることによって、オールバックが似合う女性になれます。 オールバックヘアスタイルのアレンジを色々と紹介してきましたが、いまいち上手にできないといった方は、これがおすすめです。 オールバックのヘアスタイルは基本的なオールバックで良いと思います。 そこに、存在感大のアクセサリーを加えてあげることによって、オールバックヘアスタイルに華が咲きます。 いちばん王道な存在感大のアクセサリーといえば、ピアスやイヤリングです。 輪の大きめの物や、イミテーションでも構いませんので、個性的なデザインをしているピアスやイヤリングが、オールバックヘアスタイルに華を添えてくれます。 また、個性的で格好良い印象にもなれます。 今風オールバックで存在感を出すアクセサリーは、オールバックの雰囲気で付けるアクセサリーも変わってきますので、注意が必要です。 オールバックが似合う女性の特徴ですが、見た目がどうこうという問題もありますが、中身の問題も関係してきます。 オールバックが似合う女性は、基本的に美容意識が高いです。 逆に似合わない女性は残念ながら、美容意識が低い場合もあります。 というよりも、そもそもオールバックに挑戦してみたいと思うシーンが無いのかもしれません。 例えば、百貨店の化粧品カウンターを見渡してみると、割とオールバックにしている女性が多いです。 しかも、きっちりとしたオールバックの女性が多いのも特徴的です。 美容に携わっているだけあって、キッチリ感が出ているのも納得がいきますよね。 美容意識が高ければ高い程、オールバックが似合うようになります。 ではここで、ヘアスタイルと顔の関係について少し紹介したいと思います。 オールバックが似合う似合わないは関係なく、また、顔が美人だとか美人じゃないとか関係なく、どんな髪型の方でも共通するヘアスタイルと顔との関係です。 美術館の絵に例えると、ヘアスタイルは額縁、顔は絵画です。 オールバックはとてもシンプルな額縁だと思ってください。 今風のオールバックは、シンプルな額縁に少し装飾が付いているものだと考えたら良いと思います。 また、ロングヘアの髪の毛を下ろしているヘアスタイルは額縁が豪華なもの、ショートヘアはそのアレンジの仕方によって、額縁が変わってくるかと思います。 オールバックが似合わないと思っている方は、オールバックという額縁に入れる絵をいつもと違うものにしてみるといった発想をしてみると、似合わないと思っていたけど、実は似合う、また、新たなメイク方法なども発見できるかもしれません。 額縁と絵画の関係を考えて、ヘアアレンジをしてみると面白いと思います。

次の