あま ちゃん 薬師丸 ひろ子 歌。 薬師丸ひろ子の楽曲一覧

薬師丸ひろ子「潮騒のメモリー」を熱唱!SNSからの反応は

あま ちゃん 薬師丸 ひろ子 歌

80年代前半、映画 「セーラー服と機関銃」「探偵物語」「Wの悲劇」など、次々と大ヒットを記録し、一躍トップ女優となられた、薬師丸ひろ子(やくしまる ひろこ)さん。 デビュー作 「野生の証明」の主人公「長井頼子」のオーディションでは、 薬師丸さんは、頼子より年齢が上で、身長も高く、 そのうえ、演技の経験もなく(!)、 と不利な条件がそろっていたにも関わらず、 審査員の角川春樹氏の強い推薦で合格されたのだそう。 「非常に印象的な目」 がその理由だと、角川氏は語っておられたそうですが、 演技力とかそういう条件的なものを超越した、 何かすごい魅力が薬師丸さんにあったことがわかりますね。 しかし、その頃すでに引退を考えていたという薬師丸さん。 いろいろ大変だったのでしょうね・・・ 事務所側は、なんとか薬師丸さんを辞めさせないように、 CMやモデルの仕事をいれていたそうですが。 そして、冒頭でも触れましたが、 数々の大ヒット映画にヒロインとして出演された後、 1985年、角川春樹事務所から独立されます。 その後も、着実に女優としてのキャリアを積み、 稀有な魅力で、数々の映画賞を受賞された、薬師丸さん。 そんな彼女のプライベートを中心に、 気になるうわさについて調べてみました! Sponsored Link 結婚は?子どもは? 当時、安全地帯のヴォーカルとリーダーを担当されていた、 玉置浩二さんと、1991年に結婚されました。 出会いは玉置さんが薬師丸さんの曲を作ったことが きっかけだったそうです。 もともと、玉置さんは、一般女性と結婚されており、 そんな中、さんとの不倫が発覚し、 奥さんとは離婚。 その後、石原さんとも別れたようですが・・・ ここまで聞いただけでも、 ちょっと玉置さんと結婚するのは、勇気がいったのでは(^^;) 憶測でしかありませんが、 それでも結婚を決意されたのは、 玉置さんの才能に薬師丸さんが惚れ込んだのでは、 と言われています。 結婚された後、玉置さんは精神病院に入院され、 なかなか大変でしたね。 そして、1998年にお二人は離婚。 玉置さんの暴力が原因と言われていますが、 お二人とも何も語っておられませんので、 本当のところは分かりません。 2013年、玉置さんは、作家のさんとの対談で、 当時妻だった薬師丸さんのことを、 薬師丸さんは映画界の至宝ですからね。 すばらしいですよ。 俺、いま会いたいんだよな、薬師丸さんに。 行定勲監督の 「今度は愛妻家」っていう映画、 薬師丸さんと豊川悦司が出てるんだけど、俺、見に行ったんだ。 泣いた。 いい映画です。 と語っておられました。 玉置さんは、薬師丸さんに手紙を出したそうですが、 薬師丸さんは返事を書かれなかったようです。 離婚後、薬師丸さんは自宅で、 両親と新しい彼と一緒に暮らしていたようです。 お相手はNHKのカメラマンで、 2001年に薬師丸さんが主演したドラマの、 撮影を担当された縁で知り合ったそうです。 8年ほど一緒に暮らし、結婚の話も出ていたようですが、 残念ながら、破局されたそうです。 玉置さんとの間にも、この方との間にも、 薬師丸さんにはお子さんはおられないようです。 今は薬師丸さんはフリーのようなので、 お仕事に邁進されているのかもしれませんね。 あまちゃん! 2013年に大ヒットした、 NHK朝の連ドラ 「あまちゃん」で、 薬師丸さんは、往年の大女優、鈴鹿ひろ美役を演じておられます。 意外なことに、 薬師丸さんは朝ドラ初出演だったとか。 そして、「大女優」役を演じることを懸念されていたそうです。 何なんだろうと思ったのですが、 宮藤さんの書かれる台本の一字一句逃さずに、 宮藤さんの考えられる大女優像で、 ほとんど宮藤さんのせいにして乗り切って 頑張って行きたいなと思っています。 と、当時、おっしゃっています。 薬師丸さんが紅白に出られるのは、 33年ぶりのことだったそうです。 これかも、まだまだ私達を楽しませてくれそうです。 ご活躍を期待しています!!.

次の

『紅白歌合戦』乗っ取り作戦大成功! ドラマを見ていない視聴者にも感動を届けたクドカン『あまちゃん』

あま ちゃん 薬師丸 ひろ子 歌

80年代前半、映画 「セーラー服と機関銃」「探偵物語」「Wの悲劇」など、次々と大ヒットを記録し、一躍トップ女優となられた、薬師丸ひろ子(やくしまる ひろこ)さん。 デビュー作 「野生の証明」の主人公「長井頼子」のオーディションでは、 薬師丸さんは、頼子より年齢が上で、身長も高く、 そのうえ、演技の経験もなく(!)、 と不利な条件がそろっていたにも関わらず、 審査員の角川春樹氏の強い推薦で合格されたのだそう。 「非常に印象的な目」 がその理由だと、角川氏は語っておられたそうですが、 演技力とかそういう条件的なものを超越した、 何かすごい魅力が薬師丸さんにあったことがわかりますね。 しかし、その頃すでに引退を考えていたという薬師丸さん。 いろいろ大変だったのでしょうね・・・ 事務所側は、なんとか薬師丸さんを辞めさせないように、 CMやモデルの仕事をいれていたそうですが。 そして、冒頭でも触れましたが、 数々の大ヒット映画にヒロインとして出演された後、 1985年、角川春樹事務所から独立されます。 その後も、着実に女優としてのキャリアを積み、 稀有な魅力で、数々の映画賞を受賞された、薬師丸さん。 そんな彼女のプライベートを中心に、 気になるうわさについて調べてみました! Sponsored Link 結婚は?子どもは? 当時、安全地帯のヴォーカルとリーダーを担当されていた、 玉置浩二さんと、1991年に結婚されました。 出会いは玉置さんが薬師丸さんの曲を作ったことが きっかけだったそうです。 もともと、玉置さんは、一般女性と結婚されており、 そんな中、さんとの不倫が発覚し、 奥さんとは離婚。 その後、石原さんとも別れたようですが・・・ ここまで聞いただけでも、 ちょっと玉置さんと結婚するのは、勇気がいったのでは(^^;) 憶測でしかありませんが、 それでも結婚を決意されたのは、 玉置さんの才能に薬師丸さんが惚れ込んだのでは、 と言われています。 結婚された後、玉置さんは精神病院に入院され、 なかなか大変でしたね。 そして、1998年にお二人は離婚。 玉置さんの暴力が原因と言われていますが、 お二人とも何も語っておられませんので、 本当のところは分かりません。 2013年、玉置さんは、作家のさんとの対談で、 当時妻だった薬師丸さんのことを、 薬師丸さんは映画界の至宝ですからね。 すばらしいですよ。 俺、いま会いたいんだよな、薬師丸さんに。 行定勲監督の 「今度は愛妻家」っていう映画、 薬師丸さんと豊川悦司が出てるんだけど、俺、見に行ったんだ。 泣いた。 いい映画です。 と語っておられました。 玉置さんは、薬師丸さんに手紙を出したそうですが、 薬師丸さんは返事を書かれなかったようです。 離婚後、薬師丸さんは自宅で、 両親と新しい彼と一緒に暮らしていたようです。 お相手はNHKのカメラマンで、 2001年に薬師丸さんが主演したドラマの、 撮影を担当された縁で知り合ったそうです。 8年ほど一緒に暮らし、結婚の話も出ていたようですが、 残念ながら、破局されたそうです。 玉置さんとの間にも、この方との間にも、 薬師丸さんにはお子さんはおられないようです。 今は薬師丸さんはフリーのようなので、 お仕事に邁進されているのかもしれませんね。 あまちゃん! 2013年に大ヒットした、 NHK朝の連ドラ 「あまちゃん」で、 薬師丸さんは、往年の大女優、鈴鹿ひろ美役を演じておられます。 意外なことに、 薬師丸さんは朝ドラ初出演だったとか。 そして、「大女優」役を演じることを懸念されていたそうです。 何なんだろうと思ったのですが、 宮藤さんの書かれる台本の一字一句逃さずに、 宮藤さんの考えられる大女優像で、 ほとんど宮藤さんのせいにして乗り切って 頑張って行きたいなと思っています。 と、当時、おっしゃっています。 薬師丸さんが紅白に出られるのは、 33年ぶりのことだったそうです。 これかも、まだまだ私達を楽しませてくれそうです。 ご活躍を期待しています!!.

次の

『紅白歌合戦』乗っ取り作戦大成功! ドラマを見ていない視聴者にも感動を届けたクドカン『あまちゃん』

あま ちゃん 薬師丸 ひろ子 歌

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』では、ずっと音痴といわれていた鈴鹿ひろ美が見事な歌声を披露して視聴者を驚かせた。 ネット上には、絶賛の声があふれている。 そんななか、鈴鹿ひろ美役の薬師丸ひろ子(49才)が女優としてだけではなく、歌手としても注目が集まっている。 10月には芸能生活35周年を記念した、23年ぶりの単独コンサートを開催。 12月にはニューアルバムを出すことも発表している。 歌手・薬師丸ひろ子の魅力を、音楽評論家の富澤一誠さんに聞いた。 そのときから、歌唱力は抜群でした 歌い方は、正統派と言えると思います。 決してアイドル然とした歌い方はしません。 聖歌隊や合唱団のように基本に忠実な歌い方で、声も透き通る伸びやかな高音が魅力です。 崩したり、アレンジしたりして歌わないところも特徴です。 基本に忠実だから、カラオケで歌ったときに高得点が出る、そんな歌い方とも言えるかもしれません。 今回の『あまちゃん』で歌った『潮騒のメモリー』は、その歌唱力で存分に魅せたと思います。 さらに、49才になりこれまでの人生経験で培われた彼女の人間としての魅力や女優としての経験が加わって、歌の表現がより豊かになっていると思いました。 だから、1回の歌唱だけで多くの視聴者を感動させたのでしょう。 今まで音痴と思われていた鈴鹿ひろ美の役だったこともあり、より大きな印象を残したと言えます。 一方、『潮騒のメモリー』は、小泉今日子も歌いましたが、薬師丸の歌声とは対照的です。 それこそがアイドル・キョンキョンの真骨頂で、薬師丸とのいちばんの違いだと思います。 アイドルは、美人すぎたり、歌がうますぎるとあまり売れない傾向にあります。 それは親近感がなくなってしまうからです。 1970年代、1980年代に活躍したアイドルは、歌唱力はそれほどなくても、その人自身がもつ親しみやすいキャラクターというのが重要な要素でした。 それは、歌においても同様です。 曲の印象も彼女によく合っていましたし、これ以上ない表現力をもって歌っていたと思います。 『潮騒のメモリー』の歌唱力だけで言えば、薬師丸に軍配が上がるかもしれませんが、ふたりの歌声はそれぞれのキャラクターを反映した魅力にあふれていると思います。

次の