みずほ銀行 統廃合。 苦節16年みずほ銀行の勘定系統合、6月に移行開始

店舗統合検索

みずほ銀行 統廃合

みずほ銀行が誕生したのは、2002年 みずほホールディングス傘下であった 第一勧業銀行 富士銀行 日本興業銀行の分割・合併 みずほ銀行と みずほコーポレート銀行が誕生しました。 2013年 みずほコーポレート銀行が旧みずほ銀行を吸収合併して 「みずほ銀行」が誕生しました。 最初の3行の合併から16年 一時は、絶望とも言われた 勘定系のシステムが、 2018年6月に統合が開始されました。 ATM正常稼働中 ついに完了です。 関係者の皆様おつかれさまでした。 「みずほ銀行システム統合 16年目の春を迎えられるか?」 と題してこれまでの経緯とこれからについて考えてみました。 今回も小難しいことをなるべく簡単にして記事にします。 最後まで読んでいただけたら幸いです。 スポンサーリンク 目次• みずほFGが6800億円の損失計上 東証1部上場の金融大手「みずほフィナンシャルグループ」は、構造改革に係る一連の費用として、2019年3月期決算において約6800億円の損失を計上すると発表しました。 収益改善を目的とする店舗閉鎖などを理由に、国内リテール部門の ソフトウェアや閉鎖予定店舗について、固定資産の減損損失として約5000億円の特別損失を計上する予定です。 2018年年度決算報告のお知らせ 最大の支出は、の4600億円越えなのでょう。 銀行再編 1999年当時の都市銀行とよばれた銀行名と開発ベンダー 三菱銀行 IBM 富士銀行 IBM 住友銀行 NEC 第一勧業銀行 富士通 さくら銀行 富士通 東京銀行 富士通 三和銀行 日立 東海銀行 日立 日本興業銀行 日立 4社が担当していました、 富士通と 日立が最大勢力です。 そのため、富士通と日立は、最終的に銀行のシステムのメインストリームから去ってゆくことになります。 2002年04月01日合併初日 それは、発生しました。 現金自動預入払出機 ATM の障害が発生• 公共料金の自動引き落としなどの口座振替に遅延• 約3万件の二重引き落とし発覚 遅延は 遅延口座振替に遅延は4月1日だけで105,000件に達し、翌日以降の積み残しとなり、連鎖的に大量の未処理が発生、4月5日には遅延数は250万件にまで増加し混乱が続きます。 復旧するまで約1ヶ月かかりました。 3つのシステムを残したいという3行の主導権争いによる方針決定の遅れ• 方針決定の遅れによるスケジュールが厳しくなり、十分な試験ができないまま、本番実行• 経営陣が、試験が充分でないことを把握していたのに実行した。 統合時期が、4月1日という 一年でもかなり取引量の多い時期を選んだ 細かな技術的な問題は、取り上げませんが、「経営陣の主導権争い」が根本原因です。 なんとかなるだろう? と考えるシステムに対する認識の甘さが露呈しました。 なんとかなるだろう? は なんともなりません。 2011年03月15日のトラブル 2011年03月15日 それは、発生しました。 融資や振り込みなど一部のオンライン・サービスを始めることができない。 16日午前8時、店舗に設置したATMが止まったまま• 未処理が積み残り、振り込み処理の完了は3月24日まで続く 原因• 震災義援金の振込依頼が殺到• 夜間処理で処理すべきデータの量が多すぎてシステムダウン• 未処理のまま翌日に持ち越し• 更に振込依頼が殺到、処理しきれずにシステムダウン• システムダウンのため手動でシステム処理を実行• ATMの起動処理を失念したためATMが稼働しない。 これは、震災直後の義援金の多さによる夜間処理のトラブルに人為的ミスが重なった例です。 夜間処理で処理しきれなかった場合の想定ができていなかったことが問題です。 銀行は、日中は、オンラインシステムを稼働 夜間は、夜間バッチ処理と言って日中の取引などを一気に処理をします。 この夜間バッチが、翌営業日までに終わっていないと ATMなどが動作できません。 ただ、他の銀行も振込が増えていたはずなのですが、なぜ ここだけトラブルが起こるのか? なぜ2回目が発生したか? ・1988年に稼働したシステムに追加してきたため、システムが複雑化してブラックボックスのようになっていた。 そして ・2002年04月01日の大規模障害で失敗を恐れるために旧いシステムを使い続けていた。 つまり 「システムの先送り」が原因だった。 新システムは「MINORI(実り)」 みずほ銀行は経営主導で勘定系システムの全面刷新と完全統合を決定 3つのシステムの機能を満たす巨大システムを一から作り直すという大規模な開発は、なかなか進まない。 ・2016年3月末の開発完了が延期 開発にかかる投資額は 、4600億円オーバー 開発工数は推定で 20万人月 これほど大きなシステム構築は、世界でもなかなかありません。 切り替え時期 みずほ銀行は2018年2月15日、勘定系システムの統合に向けた最終移行スケジュールを発表した。 2018年6月11日から9回に分けて、約450のみずほ銀行店舗などの口座データとATMを現在の勘定系から新たに構築したシステムにつなぎ替え、2019年上期に全ての移行作業を完了させる。 みずほ銀行の誕生から16年、二度の大規模システム障害を教訓に4000億円を超える資金を投じ進めてきた世界最大級のシステム刷新・統合プロジェクトが最後にして最大の正念場を迎える。 日経XTEC 切り替え時期は、 2018年6月9日から 2019年7月13日 開始して一年ほどの時間をかけてシステムの切り替えを行う。 最終以降が、7月になったのは、年号の切り替えが影響しているとされています。 すでに昨年7月には、試験完了 50回以上の切り替えリハーサルを実施 しかも、経営陣も巻き込んでのリハーサル 準備万端のはず・・・ 今後の移行についての話 まとめ これだけのシステムを0から構築するとは、凄い 部外者なので勝手なことを言えるのですが 銀行系のパッケージ(IBM)があるのにそれを使ったほうがよかったんじゃないのかな? ネット銀行系は、オープン系勘定システムを使っているところが多いのですが、メガバンクは難しいのでしょうか? 開発開始から完成までに6年以上かかっているので、初期の設計とか、改変が多そうだけど大丈夫???かな? 初期開発のシステムやデータベースがバージョンアップしているはずですが、初期に作られたプログラムは、大丈夫なんでしょうか? 無事に完成したシステム、関係者の皆様、お疲れ様でした。 システムは、完成したと同時にリストラが開始されるようです。 「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」の導入で「1万9000人の人員削減」が開始されるようです。 みずほ関連の記事 参照資料 日経XTEC ビジネスジャーナルへ スポンサーリンク 2002年新卒で富士通と関係のある会社でPGSEをやっておりました。 三行統合、初日障害で停止は間近で見ていましたが地獄そのものでした。 筆者様が疑問に思われている「既存システムの流用」は、多分無理だったと思われます。 既存システムは、初回の統合の時点で開発から相当の年数が経過しており、 その間に展開された銀行の新サービスや、すでに終了したサービスなどで既にカオスになっており、 全体像を把握できるものが何もない状態だったと伺っております。 統合に関しては各行のプライドもあったのかもしれないですが、開発サイドとしては「パンドラの箱を開けたくない」という思いもあったのかもしれないですね。 しばらくして私は開発の業界を離れましたが、「工数がxx万人月を超えてピラミッドに並んだ」とか、「作っては壊 さ れるバベルの塔」とか、話はよく聞いておりました。 新システムが問題も起きず無事稼働できたとのニュースを見て、いろいろ思い出してしまい、思わず涙してしまいました。 筆者様のおかげでおぼろげだった記憶もしっかり思い出せました。 ありがとうございました。

次の

いくつ合体してるんだ!都市銀行の銀行統廃合のすったもんだの歴史|「マイナビウーマン」

みずほ銀行 統廃合

みずほ銀行は2018年2月15日、勘定系システムの統合に向けた最終移行スケジュールを発表した。 2018年6月11日から9回に分けて、約450のみずほ銀行店舗などの口座データとATMを現在の勘定系から新たに構築したシステムにつなぎ替え、2019年上期に全ての移行作業を完了させる。 みずほ銀行の誕生から16年、二度の大規模システム障害を教訓に4000億円を超える資金を投じ進めてきた世界最大級のシステム刷新・統合プロジェクトが最後にして最大の正念場を迎える。 みずほフィナンシャルグループ(FG)の米井公治常務執行役員 IT・システム企画部長が日経コンピュータの取材に応じ、「確実な移行に向け万全を期す」と話した。 新システムへの移行は「店群移行方式」で臨む。 まず新システムを稼働させた上で、みずほ銀行とみずほ信託銀行(TB)の店舗を8グループに分けて各店の口座データやATM、営業店システムなどを既存システムから新システムに順次切り替ていく手法だ。 第一弾として2018年6月11日、2013年に稼働済みの業務共通基盤を新システムに対応させる。 その上で、2018年7月に旧みずほコーポレート銀行(CB)の勘定系システム「C-base」を利用中の新宿法人支店など18の支店・営業部を新システムに移行。 その後、旧みずほ銀行(BK)の勘定系システム「STEPS」と接続している店舗の移行作業に入る。 移行データの多い店舗は、安全を期して後半に実施する計画だ。 BKの全店を移行した後、最後にTBの店舗を新システムにつなぎ替える。 みずほ銀行は2017年7月に新システムの総合テストなどを完了。 2017年末にはユーザー受け入れテストを終え、ユーザーマニュアルの整備なども済ませた。 最後の関門がこれから始まる店舗の移行作業だ。 店舗移行の候補日は限られる。 オンラインシステムを停止するため、休日にしか実施できないからだ。 予備日を設けてはいるものの、ひとたびトラブルが発生すれば、スケジュールがさらに遅れる可能性が出てくる。 ATMが利用できないトラブルや口座振替の二重引き落としといったシステム障害の再発につながる恐れもある。 [画像のクリックで拡大表示] 3度目の延期や大トラブルにつながる要因を取り除くため、みずほ銀行の移行準備は現在、佳境に入っている。 全店舗の全量データを使ったシステム移行作業のリハーサルや営業店業務の確認、経営陣も参画するリハーサルなどに取り組み、本番に備える。 2~3月にかけてリハーサルを繰り返す方針で、その数は営業店なども参加する大規模なもので20回、全てを合わせると50回にも及ぶという。 新システムの移行開始に備え、営業店端末やATM(現金自動預け払い機)、外部接続システムなどについては2018年5月までに新たなプログラムを投入して新システムに対応させる。 先行稼働させているCIF(カスタマー・インフォメーション・ファイル)や外貨定期預金といったシステムの接続先も、店舗移行を開始する前に次期勘定系システムに切り替える。 この記事は有料会員限定です。 次ページでログインまたはお申し込みください。

次の

みずほ銀行システム統合 16年目の春を迎えられるか? みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

みずほ銀行 統廃合

(2019年12月23日掲載)• 産業構造の変化により、みずほ銀行は既存事業の合理化と新規事業への投資が急務であった。 みずほ銀行の全国約1,500ヵ所の店舗外ATM(以降、ATM)の通信コストは年々膨らみ続けていた。 ATMの通信インフラに無線モバイル回線の「Twinアクセス」を採用することで、通信コストを大幅削減。 銀行が大転換期を迎えている。 収益力改善のためには、新規ビジネスの創出とコスト削減が急務。 みずほフィナンシャルグループでは、人件費の見直しや店舗の統廃合といった大々的なコスト削減を図る一方、利用者の目には映らない部分でのコスト削減も進めている。 その1つが、通信コストだ。 みずほ銀行では、ATMの通信コストを削減するため、ソフトバンクが提供する法人向けモバイルネットワークサービス「Twin(ツイン)アクセス」を採用。 順次全国のATMで切り替えを進めている。 「Twinアクセス」によって具体的にどのような変化がもたらされたのか。 プロジェクトに関わったみずほ銀行の吉川俊之氏、みずほ情報総研の熊澤由希子氏、システムインテグレーターの日本アイ・ビー・エム 以下、日本IBM の春間卓氏、ソフトバンクの福田俊司氏に話を聞いた。 合理化しなければ、生き残れない 銀行を取り巻く環境は年々厳しさを増している。 長引く超低金利によって、利ザヤを得るという従来の銀行のビジネスモデルは鈍化し、収益力の低下につながっている。 また、少子高齢化による人口減少、地域経済の減速、異業種からのフィンテック参入などによって銀行の店舗に来店する人の数も減少。 まさに今、銀行の存在意義が問われている時代と言える。 こうした状況について、みずほ銀行の吉川氏は、「銀行経営は合理化、効率化を進めていかなければいけない」と危機感をあらわにする。 みずほフィナンシャルグループでは2026年度末までに1万9000人の人員削減を進めているほか、店舗の統廃合を進めるなど、コスト削減に取り組んでいる。 一方で、近年では個人向けレンディングサービスを提供する「J. Score(ジェイスコア)」といった新しいフィンテック領域への投資にも力を注ぐ。 「これから伸びていく可能性のある新規事業には積極的に投資する。 そのためにも、負のレガシーとなっている部分は大幅に見直していくことが必要だと考えています」(みずほ銀行・吉川氏) では、人件費、店舗維持の費用のほかに、どんな負のレガシーを銀行は抱えているのだろうか。 成長の足かせになっていた通信コスト 銀行業務で発生する固定費の1つが、通信インフラのコストだ。 店舗業務におけるシステムの利用はもちろんのこと、各地に点在するATMが回線で常時つながっている。 利用者がいつでも預金を自由に引き出すことができるのは、この通信インフラが整っているからこそだ。 これまでみずほ銀行のATMでは、回線速度はそこまで早くないが通信品質が安定し、費用も抑えられるメタル回線を利用してきた。 しかし、近年は一般家庭や企業などでより速度が速い光回線への乗り換えが進み、利用者全体で設備維持のコストをまかなう仕組みのメタル回線の利用料金は年々上昇。 通信コストが膨らみ続けていた。 さらに、メタル回線が2024年1月に終了することもあり、通信回線の切り替えが急務だったのだ。 代替する通信回線に求められる条件のハードルは高かった。 「ATMは決済を行う社会的なインフラです。 万一、通信が途絶えてしまうと、ATMでの預金の出し入れができなくなり、お客さまにご迷惑をおかけしてしまいます。 やりとりするデータ量は多くないのですが、通信が途絶えることは決してあってはなりません。 しかも、お客さまの大事な個人情報を扱うわけですから、高度なセキュリティも求められます。 通信インフラ自体は利益をもたらすものではないため、なるべくコストは抑えたい。 しかし、安定性とセキュリティは絶対に担保しなければならない。 この両立が可能な通信回線を探していました」(みずほ銀行・吉川氏) 無線通信の弱点をカバーする「Twinアクセス」 検討の段階で光回線という選択肢は消えた。 ATMの通信量は少量のため、光回線だとオーバースペックになってしまうからだ。 また、光回線の場合は導入にあたって工事が必要となるため、店舗やATMの統廃合を進めているみずほ銀行にとって、ATM設置先の建物オーナーと工事の調整が必要になることで経営のスピード感が損なわれることも理由だった。 みずほ銀行からATMの通信コスト削減を相談されたみずほ情報総研と日本IBMは、さまざまな方法を模索。 その1つが無線モバイル回線という選択肢だった。 日本IBMの春間氏は当時を次のように振り返る。 「当時はまだ無線モバイル回線には不安がありました。 通信が途切れることがありますし、インターネット網を使うためセキュリティも心配でした。 『やはり光回線のほうが……』と考えていたときに、ちょうどサービスリリースされたのが『Twinアクセス』だったのです」(日本IBM 春間氏) 「Twinアクセス」はその名のとおり、モバイル2回線を常時接続して通信の安定性を図り、VPN環境を実現するモバイルサービスだ。 同一パケットを2回線でそれぞれ送信し、早く受信したパケットを採用することで、モバイル通信の安定化を実現した。 「ソフトバンクと他キャリアの2回線で同時通信が可能で、自動で最適な通信に接続されるので、どちらかの回線に何かトラブルがあっても通信が途切れる心配が少ない。 『Twinアクセス』はこれまでのモバイル回線の固定概念を覆すサービスです。 品質確認などを行った。 そして、2019年6月から全国のATMに導入を進めている。 2019年11月時点で全店舗外ATMのうち半数ほどが切り替えを終えているという。 懸念されていた通信品質については、「今現在は大きなトラブルは発生していません」と、みずほ情報総研の熊澤氏。 「無線通信なので電波状況が影響しますが、電波が不安定なところはアンテナをつけることで通信品質を確保することができます」(みずほ情報総研 熊澤氏) もう1つ、大きな課題だったコスト面については、どれほどの改善があったのだろうか。 みずほ銀行の吉川氏は次のように話す。 「従来のデジタルアクセス回線に比べると、店舗によりますが、運用ベースでの通信コストは約1/2になりました。 みずほ銀行の店舗外ATMは全国に1,500ヵ所以上あるので、とても大きな削減効果があります」(みずほ銀行 吉川氏) 利用者の目に映る変化ではないものの、「Twinアクセス」導入による通信コストの削減は、銀行の大転換期を生き残るための変革の一手になったと言えそうだ。 みずほ銀行では、今後は全国のATMでの回線切り替えを進める一方、導入後の品質をこまかくチェックし、課題を発見した場合は早急に対応していく考えだという。 ソフトバンクの福田氏は、今回の導入を振り返って次のように話す。 「『Twinアクセス』はソフトバンク独自のパケットコピー技術によって2回線の同時利用を可能にし、従来の無線モバイル通信の弱点を克服したサービスです。 今回のみずほ銀行さまの案件にも自信を持ってご提供することができました」(ソフトバンク 福田氏) 「Twinアクセス」の通信の安定化を実現するパケットコピー技術。 クラウド側に設置される局内終端装置とビジネス現場に設置される回線終端装置の間で、パケットを複製し、ロスしたパケットを相互に補完することでモバイル網内における不安定さを改善する。 攻めのコスト削減がイノベーションを加速させる これまでは不安定と思われていた無線モバイル回線。 しかし、将来的にさらなる通信品質の向上、通信量の確保が実現すれば、ビジネスシーンにおいて光回線の代替として導入される日も来るかもしれない。 モバイル回線の手軽さは、ビジネスの変革のスピードを速める手助けにもなるだろう。 今回のみずほ銀行での「Twinアクセス」導入ケースは大幅なコスト削減にも寄与した。 たかが通信コスト、されど通信コスト。 お客さまに提供するサービスとは直接関係がないビジネスの地盤となる部分ではあるが、攻めのコスト削減を行うことによって初めて新たな事業への投資が可能になり、企業のイノベーションを加速させると言える。

次の