卵巣 の う 腫 症状 チェック。 卵巣嚢腫(卵巣のう腫)とは?卵巣嚢腫の初期症状から手術などの治療方法まで解説

『卵巣嚢腫』とは?症状や治療法、放置した場合の危険性を詳しく解説

卵巣 の う 腫 症状 チェック

卵巣は沈黙の臓器? 卵巣は、女性の体の中でも「沈黙の臓器」と言われていて、症状が出にくい臓器です。 本来、正常な卵巣の大きさは2~3cm程である上、多少腫れたとしても周囲の臓器などに対して、スペースに余裕があるため、影響を及ぼしにくい臓器だといいます。 そのため、症状が進行するにつれて少しずつ現れてくる症状に敏感になる必要があります。 発熱やめまいなどの症状を引き起こす? 卵巣嚢腫を発症した時にあらわれる症状は、便秘や頻尿、腰痛、腹部膨満感、性器出血、下腹部痛など日常生活においても現れがちな症状も含まれています。 疲れている時に出る様なめまいを感じたり、原因不明の発熱が続いて、病院に行った結果、卵巣嚢腫と診断された方もいるそうです。 ただ、良性の卵巣嚢腫の場合には自覚症状がないことがほとんどだといいます。 また卵巣嚢腫は、正常な状態で2~3cmほどの大きさの卵巣が、こぶし大ほどまでに腫れないとその症状が出にくく、発見が遅れる傾向にあると言われています。 これが卵巣嚢腫を早期に発見することが難しいと言われている理由です。 卵巣嚢腫が徐々に進行して、症状が出始めて発覚するケースもあるそうですが、不妊検査やその他の健診などで、内診やエコー検査をした結果、見つかるといったことも少なくないようです。 すると左右どちらかの下腹部に痛みを感じるようになり、スカートやズボンなどのボトムがきつくなるという症状がでることもあるそうです。 腫れた卵巣が、膀胱や腸といった、周囲の臓器を圧迫することからこのような症状がでてきます。 ただ、痛みは激しい痛みではなく、卵巣嚢腫を疑うことが少ないので、早期発見が難しくなってしまうそうです。 卵巣嚢腫茎捻転や破裂は激しい痛みを伴う? 子宮と卵巣嚢腫が繋がっている部分がねじれてしまうことを卵巣嚢腫茎捻転といいます。 卵巣嚢腫茎捻転は卵巣嚢腫への血流が遮断するため、卵巣が壊死状態になります。 この場合、激しい下腹部痛から吐き気を起こしたり、ショック状態になるほどの激しい痛みを引き起こすことがあるといいます。 卵巣嚢腫茎捻転は放置すると化膿や周囲の臓器との癒着の危険性があるので、発見時には手術の検討がされます。 また、卵巣嚢腫は茎捻転ではなく、破裂する危険性もあります。 破裂してしまった場合も、激しい下腹部痛を伴うと言われていますので、激しい痛みが生じたら病院に行って、検査をするのが賢明です。 卵巣嚢腫の症状をセルフチェック? 先述の通り、卵巣嚢腫は早期発見が難しい病気です。 ただ、日頃からセルフチェックを行い、自身の身体に細心の注意を払うことで早期発見を目指していきましょう。 卵巣嚢腫のセルフチェック項目• 生理痛が酷い• 今までなかったのに、突然便秘や頻尿になった• 下腹部や腰に痛みを感じる• 下腹部のふくらみや、しこりがある 上記セルフチェック項目のうち、1つでも当てはまる方は念のため、早期に病院を受診して卵巣嚢腫や卵巣腫瘍の可能性がないか、きちんと検査を受けましょう。 卵巣嚢腫は幅広い年代に見られる病気 一般的に卵巣や子宮に関係する病気は、臓器の働きが衰える更年期以降に多く見られます。 ただ卵巣嚢腫の場合、若い女性の方でも発症することがあるのが大きな特徴です。 中でも皮様性のう腫は、10代~20代の若い年代にも多く、チョコレートのう腫は30代~40代の女性に多く見られます。 また、更年期を過ぎた後でも卵巣嚢腫を発症する方もいますので、生理が始まる10代~年配者まで、幅広い年代の女性が発症の可能性があるといいます。 不妊検査対応の病院ランキング(総合評価順) 東京都• 表参道駅|医療技術4. 7|口コミ4件• 町田駅|医療技術4. 5|口コミ11件 大阪府• 阪大病院前駅|医療技術5. 0|口コミ3件• 樟葉駅|医療技術4. 7|口コミ3件• 貝塚駅|医療技術4. 7|口コミ3件.

次の

卵巣の病気セルフチェック!女性ホルモンと卵巣の深い関係

卵巣 の う 腫 症状 チェック

「沈黙の臓器」と呼ばれる卵巣。 良性腫瘍でも悪性腫瘍でも、自覚症状がほとんどないのが特徴 いずれの場合も、卵巣が多少腫れている程度では全く症状が出ません。 極端に大きくなればお腹の圧迫感などで気づくこともありますが、検診や他の症状で内科の診察を受けた時にたまたま発見されるケースのほうが多数。 お臍の高さを超えるくらいの大きさになると下腹が圧迫されるため、お腹の張りやウエストのきつさなどの症状で自覚できることもありますが、20cmくらいの腫瘍があっても気づかないケースもあります。 卵巣は沈黙の臓器…卵巣腫瘍の早期発見のための検査とは 卵巣は「沈黙の臓器」と言われているほど症状が出にくい臓器。 正常な大きさが2~3cmなので多少腫れてもスペースに影響を与えにくく、しかも、子宮の両側にハンモックにつるされるような形でルーズに存在しているので、痛みも圧迫症状もあまり出ません。 腫瘍が良性のものなら問題ありませんが、万一悪性腫瘍である卵巣がんができてしまった場合、早期発見するには定期的に超音波検査を受ける必要があります。 良性の卵巣のう腫でも、卵巣が5~6cm以上に腫れると卵巣を支えている靭帯ごとグルッと捻じれてしまうことがあります。 卵巣のう腫の捻転と言って、この状態になると立っていられないほどの激痛が突然現れるので、たいていは救急受診してそのまま手術になります。 たまに捻れかかっては自然に元に戻るといった中途半端な捻転を繰り返すケースもあり、その場合は突然痛くなったり治まったりとういう症状を繰り返します。 捻転を疑う症状がある場合は緊急手術のリスクがあるので、例え良性腫瘍であっても早めに手術しておくことをお勧めします。 最初の診断は超音波が基本 卵巣腫瘍の診断は、主に超音波検査やMRIなどの画像検査で行います。 悪性の可能性が高い場合は、腫瘍マーカーやCTや胃カメラ・大腸カメラなどの詳しい検査を併せて行っていくことも。 最終的に悪性かどうかの確定診断は、卵巣のう腫そのものを直接取り出し、病理検査に出して顕微鏡で細胞を見てみなければ行うことができません。 つまり、手術をするまでは良性なのか悪性なのかは断定できず、あくまで画像や腫瘍マーカーの値から「悪性の可能性が低いか高いか」を予測できるに過ぎません。 超音波やMRIで明らかに良性腫瘍の見え方をしていて、腫瘍マーカーの数値も上がっていない場合は、しばらく様子を見るか、将来的な手術を提案されるだけのことがほとんど。 逆に、少しでも悪性を疑う所見があったり、腫瘍マーカーの数値が高かったりする場合は、万一悪性だった場合のことを考えてできるだけ早めに手術をするように勧められます。 超音波検査で卵巣の腫れを指摘された場合は、悪性の可能性が高いのか低いのか、どういった種類の腫瘍が考えられるのか、いずれ手術が必要なのか、などを主治医に確認しておくといいでしょう。 卵巣のう腫については、「」や「」でも詳しく解説しています。

次の

4つの初発症状を見逃すな!

卵巣 の う 腫 症状 チェック

スポンサーリンク ある程度大きくなるまで自覚症状がなく、痛みやおなかの腫れなどで気づくころには、かなりの大きさになっていることも多い卵巣嚢腫。 嚢腫が小さければ生活に支障はないものの、中にはがん化するものもあるので注意が必要です。 詳しく見ていきましょう。 卵巣嚢腫とは 卵巣は子宮の両側に左右1つずつあり、サイズは親指ほど。 卵子の成熟、排卵、女性ホルモンの分泌などを担っている臓器です。 卵巣嚢腫は、この卵巣の一部にできた袋状の腫瘍内に、液体や脂肪がたまる病気です。 腫瘍内にたまる液体や内容物の違いにより、主に3つの種類に分けられます。 髪の毛、歯、軟骨、骨などが含まれることもあります。 類皮嚢腫・奇形腫とも言います。 35才以上の場合、約1%の確率でがん化することもあります。 ムチン性とも呼ばれ、ネバネバしたゼラチン状の粘液がたまります。 このタイプは、嚢腫内がいくつかの部屋に分かれている多房性のことが多く、閉経後の女性に多く見られます。 卵巣腫瘍全体の5~30%を占め、大きさが30㎝を超えるまでに成長することもあります。 卵巣にできる「チョコレート嚢胞」とは チョコレート嚢胞は「子宮内膜症」を原因とするトラブルです。 卵巣の中に子宮内膜が増殖し、病巣が袋(嚢胞)を作って、その中に古い血液がたまって起こります。 激しい月経痛が特徴なので、痛みがある場合は婦人科や産婦人科を受診しましょう。 放置すると破裂、感染のほか、たまった血液が古くなってがん化するおそれもあるので注意が必要です。 がん化する確率は1000人に7人(0. 7%程度)、閉経以降に多いと言われています。 関連リンク: スポンサーリンク 卵巣嚢腫になりやすい人は? 年齢や体質、生活習慣などに関係なく、女性なら誰でも、どの年代でも発症する可能性があります。 卵巣嚢腫になる原因は? 卵巣嚢腫の原因ははっきりとは解明されていません。 ただし皮様性嚢腫は、受精後に起こるはずの細胞分裂のスイッチが卵子の段階で入ってしまい、髪の毛や歯を勝手に作ってしまうために発症すると言われています。 卵巣嚢腫の症状は 卵巣嚢腫ができても、嚢腫が小さい場合は一般的に無症状です。 妊娠がきっかけで気づく場合や、別の病気で内科などを受診したときに偶然見つかるケースが多く、ある程度の大きさになると、下腹部の膨満感やつっぱるような違和感、腰痛や頻尿、便秘などのさまざまな症状に気づく人もいます。 ただ、慢性的な痛みや症状に慣れてしまい、仮におなかが妊婦のように突き出てきたとしても、「太ったのかな」とそのままにしてしまう人がほとんどです。 これらの症状が現れた場合は、卵巣嚢腫が原因の可能性もあることを知っておきましょう。 卵巣嚢腫を放置するとどうなる? 自覚症状がないので気づきにくい人が多いですが、放置すると危険なケースもあります。 捻転や破裂が起こると、腹痛や吐き気などの症状が現れ、ひどい場合はショックで意識不明に陥ることもあり、この場合、緊急手術が必要となります。 妊娠の可能性がある人、妊活中の人の場合は、6cm以上の大きさで妊娠後にねじれることもあるため、こちらも手術で取り除いておく必要があります。 不妊 卵巣嚢腫によって卵巣が大きくなると、卵巣に圧迫されて引き延ばされた卵管の働きが悪くなり、妊娠しにくくなることがあります。 また、大きくなった卵巣が動くため、卵管から手のように出ている卵管采が卵子をピックアップしにくくなり、妊娠のさまたげになります。 卵巣嚢腫が卵巣がんになる可能性は? 卵巣嚢腫のうち「漿液性嚢腫」と「粘液性嚢腫」は良性腫瘍ですが、超音波検査などで100%「良性」と判断することは難しいため、経過を見ていく必要があります。 「皮様嚢腫」は35才以上の場合に、まれにがん化することがあります。 また、良性の卵巣嚢腫と悪性腫瘍の中間的な性質の「境界悪性腫瘍」の場合は、放置するとがん化するおそれがあります。 早めに受診し、適切な治療を行いましょう。 卵巣嚢腫は自己診断できる? 卵巣嚢腫は自覚症状がなく、初期の段階で気づくことはほぼ不可能でしょう。 自分で調べるときは、まず仰向けになり、軽くひざを立てます。 その姿勢のまま、恥骨の少し上の部分を真ん中、右上、左上と指先で押してみて、何かしこりやふくらみを感じたら、卵巣嚢腫があるかもしれません。 何か違和感がある場合は婦人科・産婦人科を受診しましょう。 病院での検査方法と診断は? ある程度の診断は、これらの検査で可能ですが、卵巣嚢腫の種類や悪性かどうかは実際に手術をして病理検査をするまでは確定できません。 悪性かどうかをはっきりさせるためにも手術は有効です。 内診 医師が膣内に指を入れて卵巣の大きさ、形、癒着の有無、腫れなどを確認します。 ただし、ある程度の大きさにならないと診断しにくいため、次の超音波検査やMRI・CTがより正確です。 超音波検査 経腟超音波検査(腟内に棒状の超音波プローブ器具を挿入し、反射波の情報を画像化する検査)、または経腹超音波(おなかにゼリーを塗り、おなかの外からプローブをあてる超音波検査)で、卵巣嚢腫の大きさと状態を調べます。 MRI・CT 卵巣嚢腫の内部の構造をよりくわしく見るための画像診断。 卵巣嚢腫の種類や、良性・悪性の予測を行います。 腫瘍マーカー(血液検査) MRI、CTと同じように、卵巣嚢腫の種類や良性・悪性の予測を行います。 どんな治療をする? 卵巣嚢腫には効果的な薬がないので、経過観察で様子を見るか、治療をする場合は手術となります。 手術のタイミングや、卵巣を全摘出するか、嚢腫部分だけを摘出し卵巣を温存するかは、患者さんの年齢や妊娠を希望するかによって変わるため、医師と十分に相談して決めてください。 経過観察 妊娠を希望しておらず、4~5cm未満の良性の卵巣嚢腫であれば、治療がいらないことも。 定期的に超音波検査を行い、経過を見ます。 手術 手術(主に腹腔鏡下手術)で嚢腫を取り除きます。 卵巣嚢腫は嚢腫部分と正常な部分の組織がはっきりと分かれているため、正常な部分へのダメージは少なくてすみます。 嚢腫部分と正常な部分との分離が難しい場合や、将来妊娠を考えない人は、状況に応じて卵巣をすべて摘出します。 大きさが6cm未満の良性腫瘍の場合 痛みもないことから経過観察になることが多いです。 6cm以上の大きさの場合 捻転や破裂のリスクが高まるので手術を適用します。 妊活中の場合 比較的再発しにくい漿液性嚢腫や粘液性嚢腫の場合や、嚢腫自体が小さい場合は、そのまま妊娠にトライすることもあります。 再発しやすい皮様性嚢腫の場合や、妊娠後にねじれる可能性のある6cm以上の大きさの嚢腫では手術になることが多いです。 手術は原則として嚢腫部分のみを取り除きます。 もし片方を全摘出する場合でも、卵巣は2つあるので、1つ残れば妊娠は可能です。 手術後、約1カ月後からは妊娠にトライして大丈夫です。 手術の場合は開腹になる? 以前は「開腹手術」が中心でしたが、現在は内視鏡を使った「腹腔鏡下手術」が主流です。 「腹腔鏡下手術」は、おなかに2~3カ所小さな穴をあけ、そこから内視鏡を挿入し、腹腔の状態を確認しながら行う術式です。 医師の高い技術力が必要ですが、傷跡も小さく、体への負担も少ないことから、回復が早いのがメリットです。 通常4~5日の入院で退院できます。 ただし、「腹腔鏡下手術」を適用した場合でも、腹腔内の状態を見た医師の判断により、「開腹手術」に変更することもあります。 開腹手術になる場合 ・悪性の可能性が否定できない場合 ・腹腔内で癒着している場合 ・手術の既往歴がある場合 なお、妊娠を希望している場合は、手術時に通水検査(卵管造影検査)を同時に行ってくれることもあります。 関連リンク: 考えられる合併症は? すでにお話した「捻転」や「破裂」の他にも、以下のような合併症が起こる可能性があります。 卵巣嚢腫が他の臓器と癒着している場合 卵巣嚢腫が腸管、膀胱、尿管などと癒着している場合、手術で癒着している部分をはがすため、臓器にダメージが起こる可能性があります。 両側の卵巣を摘出する場合 両方の卵巣をとってしまうとホルモンバランスが崩れ、のぼせ、ほてり、動悸など、更年期と同じような症状が現れることがあります。 なるべく両卵巣を摘出することは避けますが、50才以上の場合は再発のリスクをふまえて、本人が希望すれば、両方の卵巣を摘出することもあります。 両側の卵巣嚢腫の部分的に切除する場合 卵巣は少しでも残っていれば、女性ホルモンの分泌や排卵などの働きを残せますが、部分切除により、卵巣機能が低下することがあります。 _______ 知らぬ間に卵巣嚢腫が大きくなってしまうと、卵巣を全摘出しなければならないこともあります。 早期発見のため、定期的に超音波検査を受けることをおすすめします。 監修 小川クリニック院長 小川隆吉先生 日本医科大学卒業後、同大学産婦人科、都立築地産院産婦人科医長をへて、95年に小川クリニック開院。 妊娠・出産や不妊分野に関する著書も多数。 小川クリニック.

次の