アイコス 刺さりにくい。 【アイコス】ヒートスティックが奥まで入らない、先が潰れる、吸えない。あきらめるのはまだ早い。キャップ清掃で劇的復活した話

ヒートスティックが刺さりにくい原因はまさかのアレ!

アイコス 刺さりにくい

アイコスは、ヒートスティックをホルダー内のブレードに刺して、加熱してから吸いますが、このブレードに刺す時に「 奥まで刺さらない」「 刺さりにくい」など、うまく刺さらない時ありませんか? 僕は結構な確率で起こります。 力を入れて無理やり奥まで刺すと、煙が一切出なくなったり、キック感がなかったりと、とにかく美味しくなくて、せっかくのアイコスを1本無駄にしてしまいます。 美味しくアイコスを吸えなかった上に、また約5分間の充電タイムを待たなくちゃいけない…かなりのストレスです… そんな刺さりにくい現象が頻発してイライラしていた時、同僚のアイコスユーザーに教えてもらった方法を実践したら、 絶対にうまく刺さるようになり、なおかつアイコスの味もいつもより美味しく感じられた方法をご紹介します! アイコスが刺さらない原因は? アイコスが刺さらない・刺さりづらい原因として考えられるのは、ヒートスティックの「 太さ」と「 固さ」です。 太かったり固い要因としては「 葉っぱの量」と「 葉っぱの向き」が関係しています。 なので、アイコスを刺しやすくするコツとしてよく紹介されているのは、• ヒートスティックを揉んで葉っぱをほぐす• 葉っぱの向きとブレードの向きを合わせる• 息を吹きかけて加湿する このあたりが多いですよね。 もったいぶりましたが、実は簡単な方法で誰でもすぐに実践できます。 ヒートスティックを刺す前に、先にアイコスを加熱する•

次の

【辛い!】アイコスやグローで「口内炎」や「やけど」になってしまう原因と解決法!

アイコス 刺さりにくい

それぞれ解説します。 ヒートスティックが硬い IQOSのヒートスティックが刺さらない原因の一つ目は ヒートスティック自体が硬いことです。 IQOSユーザーは経験的に知ってる人も多いと思いますが、IQOSのヒートスティックってとっても硬いときがあるんですよね。 しかも、一本硬かったらその一箱は他にも硬いヒートスティックがある可能性が高いです。 ヒートスティックが太い IQOSのヒートスティックが刺さらない原因の二つ目は ヒートスティックが太いこと。 これもIQOSユーザーは経験している人は多いと思いますが、IQOSのヒートスティックって品質が均一ではないんですよね。 普通の太さだったり、ちょっと太かったりします。 太いとIQOSが刺さりにくいです。 IQOSを掃除してない IQOSのヒートスティックが刺さらない原因の三つ目は、 IQOSのクリーニング不足。 IQOSって、一箱吸い終わるぐらいまでには掃除することが推奨されています。 けど実際は面倒でそんなにやってられないですよね・・・。 ぼくもよく掃除をサボるんですが、そうするとすぐにIQOSにカスが溜まってしまいます。

次の

IQOS(アイコス)がうまく刺さらない…|失敗しないヒートスティックの刺し方の3つのコツ

アイコス 刺さりにくい

スルッ(サクッ)• ヌチョッ• グニュッ• モキュッ この擬音の中で正常な状態はどれか分かるでしょうか。 そうですね。 一番上の「 スルッ(サクッ)」です。 ブレードにヒートスティックがスムーズに刺さると「スルッ(サクッ)」といった感触が指に伝わるハズです。 ちなみにそれ以外の状態をご説明すると以下の様になります。 ヌチョッ 色々な事をイメージしてしまいがちですが、「 入るけど指に力を込めないと入らない」状態がこの「ヌチョッ」という状態です。 グニュッ いつもより若干力強くヒートスティックをブレードに刺したけれど、垂直に入らなかった時の音が「 グニュッ」です。 もうちょっと力を入れていたらヒートスティックが折れる…そんな状態を示唆しています。 モキュッ 力を入れすぎてヒートスティックが一本無駄になったのが「 モキュッ」という状態です。 それぞれ擬音別にご説明しましたが、やはりストレスなく使う事が出来る「 スルッ(サクッ)」という状態が理想的です。 では、何故こういったストレスのかかる状態になってしまうのでしょうか。 原因と対策についてご説明します。 一番の原因はブレードの汚れ これらの原因として一番可能性が高いのが「 ブレードの汚れ」です。 本体のキャップを外してブレードをはじめとして内部の状態を覗いてみましょう。 黒くなってはいないでしょうか。 もし汚れが溜まっていたらすぐさま掃除をしてあげましょう。 この際、 ブレードを重点的に細部まで優しくクリーニングしてください。 クリーニングの効果的な方法については以下の記事を参照してください。 アイコス本体の故障• ヒートスティックを奥まで差し込み過ぎている アイコス本体の故障の場合は、メーカーに直接持っていく必要がありますが、その前に一度ヒートスティックを奥まで差し込み過ぎていないかどうか確認してみてください。 ヒートスティックを差し込む時は「グレーのライン」まで入れましょう。 それ以上無理して差し込むと空気が通りにくくなり吸えなくなります。 ブレードの汚れチェック• ヒートスティックの状態 これらに問題が無いのにも関わらず全く吸えない、空気が入ってこないのであれば、メーカーに修理をしてもらう事をお勧めします。 ストレスを抱えながら使っているのは苦痛ですし、早めにメーカー側に連絡しましょう。 クリーニングは定期的にしよう あなたはアイコスを どのタイミングで掃除していますか?また、 どんな方法で掃除していますか? 掃除するタイミングについて 掃除するタイミングは基本的に、 一箱吸い終わったらです。 確かに面倒くさいかもしれませんが、放置していくと汚れがこびりついて「ヒートスティックが刺さらなくなる」・「詰まって吸えなくなる」といった事が起きます。 さらには放置しすぎると、それが原因でブレードに思い切りヒートスティックを押し込んで折れてしまったなんてことにも繋がる可能性があります。 故障するとそれ以上に面倒くさいことになるので、定期的なクリーニングはお忘れなく。 掃除の方法について 掃除の方法はでも詳しく記載していますが、基本的にあの白いカプセル状のクリーニングキットよりも付属してきた「綿棒」もしくは、市販の綿棒やつまようじ(力の入れ具合によっては故障しかねないのでオススメはしない)の方が汚れが取れます。 こういった悩みは基本的にクリーニングを行う事で解決する事が出来ますが、ブレードが故障している場合は、メーカーにどうにかしてもらうしかないので、その時は早急に連絡しましょう。 楽天カード入会でアイコス関連グッズが格安で手に入る 楽天市場の各ショップには、アイコス本体をはじめ、アイコスケースやキャップなど様々な関連グッズが販売されている。 最近では、本体の相場が下がった事もあり、アイコスストアを経由せずに楽天で購入される方もかなり増えた印象。 以前と比較すると10,000~15,000円ほど値下がりしている。 しかし、そのまま購入するのは少しもったいない。 実は、 事前に楽天カードに入会するだけで、実質2,000円オフで購入できるからだ。 もちろん、楽天カードは無料で入会できる。 このように、楽天カードに入会した際にもらえる2,000円分のポイントを使えば、アイコスケースはもちろん、関連商品も安くゲットできる。 さらには、その後 楽天カードを利用してお買い物をすると3,000円分のポイントも貰える。 楽天内であれば、アイコスだけでなく、他の商品にもポイントが使えるので、これから楽天でお買い物をされる方は、ぜひ楽天カードを利用してみることをオススメする。

次の