マイクラ ログ ハウス。 【マイクラPE】log.010 ログハウスの内装

[JE #8]倉庫を作って荷物の整理!なのです。【マイクラ】

マイクラ ログ ハウス

自宅を作ろうと思い、参考画像を探して眺めていると… いーもん発見! いま入手が容易な木材で作るなら、ログハウスは最適ですよね。 で、今回はこれをマイクラ世界っぽくアレンジして建築してみたいと思います。 まずは基礎工事。 ハーフブロックだと村人がクルクルするので、贅沢に木材フルブロックを採用。 次に壁。 骨組みはオークの原木、壁材はオークの木材で。 手間右が玄関、その左は倉庫予定、奥は左右を繋げてダイニングキッチンに。 天井は階段ブロックにしました。 床を支える細いハリがある感じ。 1階の天井は2階の床に。 2階と言うよりロフトかな。 奥のダイニングは吹抜けにするので床無し。 屋根はトウヒの階段で。 てっぺんにはトウヒのハーフブロックを敷いて、屋根全体を湧き潰ししました。 屋根の端に厚みを出し、煙突や柵を着けて完成! 素晴らしい模型のお手本のおかげで、満足の出来になりました。

次の

[JE #8]倉庫を作って荷物の整理!なのです。【マイクラ】

マイクラ ログ ハウス

基礎をつくる 画像の間隔でオークの原木を置いていきます。 先ほど置いた原木を高さ3マスまで伸ばして、内側にオークの木材でフロアを作る。 画像のようにハーフブロックで周りを囲います。 ハーフブロックは上付きで置きましょう。 建物の左下の場所はあとで登り口として使うので、ハーフブロックの下付きで設置しておきます。 屋根のフレームを作ります。 フレームを全体的に作って行く。 右から6マスまで、先ほど作った屋根のフレームをお手本に伸ばすように屋根を埋める。 左側の上の部分は一部フレームとは違う形状になっているので注意してくださいね。 画像は見分けがつきやすい様に色付きのブロックを使用しています。 隙間が空いている部分はあとで窓や入り口を作るので、とりあえずはこれで正面屋根は完成です。 建物裏側の屋根はクオーツの階段ブロックで置いている場所までは、屋根フレームと同じ形で作ります。 所々ガラスブロックを入れています。 下の部分は左右3マス分は屋根フレームと同じ形で屋根を作ります。 中央部分の屋根はハーフブロックで少し形を変えます。 オークの木材で壁を作り、ガラスブロックを入れる。 壁や床を作る マツのハーフブロックやフェンスを使い少し装飾を入れた壁を作ります。

次の

マイクラPC日記Part86「ログハウスの屋根バランスに苦悩」

マイクラ ログ ハウス

オリハウスからログハウスへ引っ越し、なのです。 前回、ようやっと人が住んでそうな家を建てたので、さっそく オリハウスから、ログハウスへ引っ越しすることにするのです。 まずは、マイクラの家で一番大切な、 ベッドの設置をするのです。 ベッドルームは奥の広い部屋にするのです。 ってか、ふつうな ガラス窓ってやっぱりいいですね!外も見やすいし、やっと家に住んでいるという感覚になれるのです! 続いて、オリハウスに設置してある、カマドや作業台も移動するのです。 家の入口付近の部屋に、作業台とカマドを並べたのです。 カマドは1個増やして3個にしたのです。 横には、道具などをしまっておくチェストも置いて、便利にしたのです。 普通の家であれば、 玄関にあたる部屋がキッチンになってしまうのですが、そこはまぁ、資材もあんまりないし... ということで、妥協、なのです。 カマドは複数作ると、いろんなものが同時に焼けたりして、便利なのです。 原材料も丸石8個と、手に入れやすい材料なので、ぜひ複数作って設置することをおススメするのです。 ベッドルームで おやすみなさい、なのです。 海に沈む夕日が美しいのです。 もうちょっと窓を大きくすれば、前面に夕焼けの見える素敵な部屋になるかもしれないのです。 オリハウスを倉庫に変えるのです。 さて、残った オリハウス。 壊してしまってもいいのですが、せっかくこのワールドで最初に作った建物ですし、すぐ壊してしまうのももったいない。... ので、倉庫として再活用することにしたのです。 まずは、より倉庫っぽくする為に、床を草むらから、丸石へと変更したのです。 石レンガという選択もあるのですが、ちょっとボロっちぃ感じの方がいいかなぁ、ということで、丸石を選択したのでした。 けっして、丸石を焼くのが めんどくさかったから、とか、そういうわけではないのです!(笑)。

次の