ゆう ら いく アプリ。 ゆうちょダイレクト残高照会アプリーゆうちょ銀行

ゆうパックの面倒な伝票記入もプリンターも不要!日本郵便のスマホアプリが便利すぎる

ゆう ら いく アプリ

そこで、今回は「Androidスマートフォンを買ったら絶対に入れておきたいアプリ」を10種選んでみました。 有料のものもありますので、お子さんにスマートフォンを買ってあげたらインストールしてから渡してあげる、というのもアリでしょう。 アプリを買う前の下準備も記しますが、「それは知っているよ!」という方は飛ばしてアプリ紹介からどうぞ。 アプリを買う/使うための下準備 Androidのスマートフォンでアプリをインストール(スマートフォンにアプリのデータを保存して、いつでも使える状態に)するためには、Googleアカウントを持つ必要があります。 これは後に出てくる「Google Play」というアプリのお店(アプリストア、といいます)で必要になるためです。 ちなみに、AndroidもGoogleも、検索サイトでおなじみのアメリカの企業・Googleが手がけています。 まずは、アカウントの取得方法です。 Googleアカウントの取得方法• スマートフォンのメイン画面から [設定] メニューを開きます。 [アカウント] の下の [アカウントを追加] をタップします。 [Google] を選択します。 [新規作成](新しいアカウントを作成する場合)または[既存のアカウント](すでにもっているGmailなどのアカウントを追加する場合)を選択します。 手順に沿って操作し、アカウントを追加します。 次に、アプリの買い方です。 Androidのアプリは基本的に「Google Play」という公式ストアを利用して買います。 Androidアプリの買い方• スマートフォンのメイン画面から「Google Play ストア」アプリを開く、またはパソコン上でにアクセスします。 欲しいアプリを選択します。 無料の場合は[インストール]、有料の場合はそのアプリの価格をタップします。 [Google] を選択します。 [新規作成](新しいアカウントを作成する場合)または[既存のアカウント](すでにもっているGmailなどのアカウントを追加する場合)を選択します。 画面に表示される手順を行います。 初めて購入する場合は、「Google ウォレット」のアカウントを作成するように求められます。 Google ウォレットは、Googleが提供している電子決済サービスで、日本国内では主にAndroid上でアプリを購入したり、Google Playギフトカードを利用したりする時にアカウントが必要になります。 画面手順に沿って作成してください。 有料アプリの場合は、お支払い方法を選択します。 選べる支払い方法は、クレジットカード、デビットカード、Google Playギフトカード(Google Playで使えるプリペイドカード)などがあります。 支払い情報の編集手順については、をご参照ください。 また、金額使い切りのGoogle Playギフトカードの利用が安心です。 各種コンビニエンスストアや家電量販店、AmazonなどのECサイトで購入できます。 ) ニュースアプリ。 最近はさまざまなニュースメディアやブログなどから情報を収集して届けてくれるアプリが人気。 たとえば、「グノシー」「Smartnews」「Antenna」などが有名です。 「カメリオ」も同じくニュースアプリですが、特長は自分の知りたいキーワードをベースにして、その情報を集中的に集めてくれること。 好きなアーティストや芸能人、好きなスポーツ選手、クラスで流行っているものなどの情報を、通学中や待ち合わせなどのスキマ時間などにササッと見られるのです。 もし、アニメ、マンガ、声優、ゲームが好きな人なら、同じくニュースアプリの「ハッカドール」もオススメ。 これらのエンタメ情報を中心に集めてくれるニュースアプリで、キーワードをベースに情報を集めてくれる機能がありますよ。 「こんなことしてみたいなぁ」と思って調べてみたら、すでにそのためのアプリが開発されていることもよくあります。 ただし、世の中には悪意をもってデータを盗もうとするような怪しいアプリも出回っていますので、心配な時はインストールをやめておく、インターネット上で紹介している情報がないかを探す、Google Playのレビュー内容をよく読んでみるなど、自分で自分のスマホを守る対策も必要です。 それから、友達や家族で「これ、便利だよ!」とアプリを教えあうのも楽しみのひとつ。 今回紹介したアプリをもとに、あなたのスマートフォンライフがもっと充実しますように!.

次の

ゆうパックを安くする方法

ゆう ら いく アプリ

スマホで伝票作ると180円安い「ゆうパックスマホ割アプリ」サービス スマホで伝票作ると180円安い「ゆうパックスマホ割アプリ」サービス• 「ゆうパックスマホ割アプリ」はアプリ上で伝票を作成しネットで決済することにより、ゆうパックが安く送れる新サービスです。 新サービスとして2018年9月25日にサービスインいたしました。 ・ゆうパックを持ち込み割引適用で郵便局の窓口に持ち込み利用する人 ・1年で10個以上利用する予定のある人 には大きな割引となるため利用者には人気です ゆうパックリニューアルで利用者の方に利点となる第二のポイントです (第一ポイントは、配達前の配達時間帯の変更依頼[2018年3月開始]とコンビニ受け取り変更[2018年9月1日開始]) 郵便局で配布しているサービス開始のチラシです スマホを活用した伝票作成割引サービス「ゆうパックスマホ割アプリ」は、ゆうびんID利用者がゆうパックの伝票をスマホアプリで作成し 郵便局のゆうぷりタッチまたは郵便局の窓口端末で伝票を印刷することにより、割安に郵便局から出せる新たな仕組みです。 ネットで支払後に伝票を印刷するため、伝票を手書きしたり窓口で支払いする必要はありません。 ネット決済とネット伝票作成で手間が削減できるため割引が多くなっています。 また、ゆうびんIDによる顧客管理がされているため 年間利用個数により更に割引がされています。 登録したら アプリを再起動します。 3.荷物の発送に必要な依頼主・送り先のゆうパック伝票データをスマホアプリへ入力し予約データを作成します ご依頼主 お届け先 内容品と注意事項 お届け希望日・希望時間帯・通知メール各種 4.支払はクレジットカードにより決済します 5.決済後に作成した伝票QRコードをゆうぷりタッチに読み込ませる、または郵便局の窓口端末で伝票を印刷します (窓口端末で伝票を印刷してもらう場合は荷物も出します) 6.印刷した伝票とゆうパックを郵便局の窓口に出します。 店頭での支払はありません 7.郵便局の窓口担当者が引受処理し控えが発行されますので持ち帰ります よくある主な質問 q:スマホを活用した伝票作成割引サービスweb決済型ゆうパック いつからやりますか? a:2018年09月下旬の予定です 疑問点は電話やアプリ内から問い合わせします 品名欄には注意します [PR] 0052360.

次の

ゆうちょダイレクト残高照会アプリーゆうちょ銀行

ゆう ら いく アプリ

Webゆうパックプリントとは? 取扱郵便局 簡易郵便局を含む全国の郵便局でお取り扱いします。 ゆうパック取扱所(コンビニを含みます。 )ではご利用いただけません。 Webゆうパックプリントラベル Webゆうパックプリントで作成できるあて名ラベルは次のものです。 ゆうパック• ゆうパックラベル• 着払ゆうパックラベル• オプションサービス、ゴルフゆうパック、スキーゆうパック及び空港ゆうパックとしてはご利用いただけません。 ゆうパケット• ゆうパケットラベル• オプションサービスはご利用いただけません。 郵便物等(手紙・はがき・ゆうメール 注1)• 一般書留、簡易書留、特定記録郵便物等のあて名ラベル+受領証• 配達時間帯指定郵便• 普通郵便• 新特急郵便、代金引換など、引き受ける際に日本郵便株式会社の専用の複写式ラベルを使用する オプションサービスを付加した郵便物等の差し出しにはご利用いただけません。 ゆうメールをご利用の場合は外装の見やすい所に「ゆうメール」又はこれに相当する文字を明りょうに記載していただきます。 その他こんな機能もついています。 出荷履歴データの確認ができます•

次の