コトダマン 満腹 と は。 《コトダマン》ライガーゴイル攻略 【魔級】

【コトダマン】満福とは?福を上げるやり方とメリットを解説!

コトダマン 満腹 と は

4月中旬に実施予定の アップデートの情報を公開いたします! 詳細は下記をご覧ください。 チャットは、ことだまりに所属しているメンバー同士で会話することができます。 所属ことだまり専用ルームが作られたときやリーダーが交代したときにはメッセージが表示されます。 お気に入りアイコンは、ことだまりのトップ画面 (リーダーが設定しているお気に入りアイコン)や チャットを送った時に表示されます。 ユーザー名変更は、その他から行えます。 各ボタンをタップすると以下のコンテンツが表示されます。 選択しているフィルタに関連するしゅくだいが表示されるようになります。 期間限定しゅくだいにて、「詳細」のアイコンがついているしゅくだいをタップすると、 上記の画像のようにそのしゅくだいの続きが一覧で表示されるようになります。 段位到達しゅくだいは、900段まで追加します。 600段、900段到達の際は、300段到達と同様に、記念トロフィーが獲得できます。 なお、段位到達報酬についてはリニューアルした際、 自身の段位までの報酬を全て受け取れるようにいたします! 週間しゅくだいは、4月16日 火 のメンテナンスですべてリセットし、新しく週間しゅくだいを追加いたします。 メンテナンス以降、しゅくだいの進捗状況は引き継がれません。 また、リニューアル前のしゅくだいの受け取り期限は4月16日 火 メンテナンス開始までとなります。 あらかじめご了承ください。 ご利用できるしょうかんが一覧でならび、見やすくなります。 一覧機能の実装にあわせて、しょうかんの画面UIも改修しました。 また、銀のコトダマ召喚ではしょうかん演出を省略し、すぐに結果がわかるようになります。 上方修正の詳細は後日お知らせいたします。 1.祝福とくせいのレベルUP時の上昇値調整 一部の祝福とくせいでレベルが上がるごとに増加する数値 ステータスや割合 を上方修正します。 また、同じ祝福とくせいであっても、コトダマンによって、レベル上限が解放されない場合がございます。 あらかじめご了承ください。 詳細は をご覧ください。 言霊祭しょうかんからは排出されなくなります。 言霊祭しょうかんからは排出されなくなります。 言霊祭しょうかんからは排出されなくなります。 言霊祭しょうかんからは排出されなくなります。 詳細は各種コトの実登場時のお知らせをご確認ください。 また、報酬変更に伴い、全てのお客様が再度報酬を獲得できるように 友達招待のリセットを実施します。 詳細は をご覧ください。 アップデート時は、たいりょくをMAX値分回復できる「ゴッドブルMAX」と、 たいりょくを100回復できる「ゴッドブル100」を実装します。 アップデート以降のイベント等で獲得できる予定です。 併せて、専用のしゅくだいが登場します。 また、規定段到達時に専用報酬が獲得できるようになります。 詳細は をご覧ください。 1つことばを開放するごとに「虹のコトダマ」1個を獲得できます。 変更内容につきましては、下記をご覧ください。 また、1回の交換に使用するコトの鈴の消費数が減少します。 詳細は をご確認ください。 言霊祭イベント実施時に、以下のしょうかんが登場します。 時期につきましては、実施時にお知らせにてご案内いたします。 以下の言霊祭限定コトダマンについては、 上記以外の特別な言霊祭イベント開催時にラインナップされます。 なお、予定は変更となる場合がございます。 詳細は以下をご確認ください。 あらかじめご了承ください。 新たに以下のコトダマンが排出されるようになります。 リニューアルにともない、一度購入済みの方も再び購入することができます。 アプリにログインすると、毎日ログインボーナスがもらえます。 経過状況リセットの補てんとしまして、アップデート後に「五神器のコトの実」1個をすべてのお客様に配布させていただきます。 詳細は下記をご覧ください。 報酬の内容は下記をご覧ください。 ・予期せぬ事情により、本内容が変更・終了される場合がございます。 あらかじめご了承ください。

次の

コトダマンの満福システムがヤバいというお話

コトダマン 満腹 と は

使いやすいのに超高火力。 6コンボ以上で回復付き。 「くい」「ばく」「やく」等で発動できる。 通常わざでもHPをかなり回復。 文字数に応じて威力が上昇するすごわざ。 5文字でも高火力だが、6文字・7文字になると、さらに火力が跳ね上がる。 長い言葉を作るほど威力が上がる。 「いぬ」「ぬう」で簡単に発動できる。 8コンボ未満だと弱い。 高火力に加え、6コンボ以上で回復付き。 神話テーマの言葉を作った場合、単体攻撃を追加。 3もじの通常わざでHPをかなり回復する。 使いやすい「と」で、すごわざは位置指定なし4もじ~発動できる。 「れいし」の3文字で発動できる。 2文字でも高火力。 同じ神種族のコトダメン・ウラミとの相性もいい。 高火力&高回復。 5もじ~発動だし、10コンボ以上という条件はあるが、火力の高さはケタ違いで圧倒的。 総火力はかなり高い。 「うに」「かに」で簡単に発動できる。 すごわざを発動しやすい。 火力・回復量ともに控えめだが、便利なわざ。 すごわざの威力が驚異的。 高火力の単体攻撃アタッカー。 3もじの通常わざでもかなり火力が出る。 攻撃力は高くないが、回復量は多い。 すごわざを発動しやすい。 長い言葉を作るほど威力が上がるすごわざ。 睡眠攻撃対策に打ってつけ A ヨモツヒラサカ 高火力で「攻撃+回復」の単体攻撃わざ。 神種族に対して耐久力上昇。 3もじの通常わざがすごわざと同等の威力。 すごわざはさらに強力。 最強クラスの超高火力アタッカー。 すごわざを発動しやすい。 10コンボ以上という条件はあるが、火力の高さはケタ違いで圧倒的。 ンカイの壺より、発動のしやすさ・回復量は劣るが火力は大幅に上。 敵全体にデバフ付きのすごわざが強力。 通常わざの火力も高い。 長い言葉を作るほど威力が上がるすごわざが強力。 「単体攻撃+バフ」を位置指定なし4もじ~発動できる。 6文字以上で単体攻撃を追加で発動。 さらに、元素テーマで「りん」等を作ると、追加で光属性の全体攻撃を発動。 通常攻撃の火力が高い。 3もじの通常わざでも結構火力が出る。 すごわざはさらに強力。

次の

日々コトダマン日記その2~アジンガーXを満腹にしたい!〜

コトダマン 満腹 と は

システム [ ] 本作はを頭文字に持つ文字の精霊「コトダマン」(キャラクター)を組み合わせ「ことば」を作って敵を攻撃するパズル型であり、にたとえられることもある。 ことばの数や長さで敵に与えるダメージが変化する仕組みであり、レアリティの低い「コトダマン」であっても、他の文字とつながりやすいや「」が頭文字に割り当てられている場合は有利とされている。 成立する「ことば」の数は2018年5月の時点で20万語以上とされており、基本的な日常単語だけでなく、人物名なども収録されている。 これらの「ことば」にはテーマが割り振られており、敵キャラクターの弱点となっている。 例えば、不良学生をモチーフとした「ヨルアソーブ」の場合は学校の教科をテーマとした「ことば」が弱点とされている。 また、コラボレーションイベントが開催される際は、それにちなんだ「ことば」も成立するようになっており、敵の弱点として設定されている場合もある。 文字が強制的に変わってしまう「チェンジマス」、ことばを作るとダメージを受けてしまう「トゲブロック」など多数の妨害が存在する。 本作は最大4人のオンラインマルチプレイに対応している。 製作 [ ] 企画 [ ] 本作の元となる企画は2013年に立案されたが、会社からの承認が下りず、プロジェクト化には至らなかった。 また、社内からもこの企画に対する否定的が寄せられてきたが、それでもプロデューサーの中村たいらは言葉そのものの魅力と、本作のゲーム性からヒット作になると確信していた。 事前登録から正式サービス開始まで [ ] 、セガゲームスが東京都内で開催した「スマートフォン向け新作発表会 2017」にて2018年春に配信予定の新作タイトルとして発表し、事前登録キャンペーンが開始された。 、正式にサービスを開始する。 広報・ユーザーとの交流 [ ] プロモーションに当たってはTwitterを積極的に活用し、「開発会議」と称してユーザーを巻き込む施策が取られ、スタッフロールにユーザーの名前が入ることもあった。 中村は、ここまでTwitterを活用するのは初めてだったファミ通Appとのインタビューの中で振り返っており、ツイートの内容についてはセガの公式アカウントを参考にしたと話している。 セッティング [ ] 本作は、創造神ニューワードによって造られた言霊界を舞台に、言聖軍の総大将キボウと悪魔神ウラミの戦いを描いた内容となっている。 その一方で、本作はゲーム性を重視しているため、世界観を理解していなくても楽しめる仕組みがとられた。 ビジュアル [ ] 本作のキャラクターデザインは、中村が過去に手掛けた『モンスターギア』に参加したが手掛けた。 企画の段階で、さわみは30~40代でも受け入れられるようなデザインにするつもりでいた。 また、キャラクターの身体の一部にはひらがなが入るとことがすでに決まっていたことから、さわえは高頭身のキャラクターでは不釣り合いになると考え、低頭身が良いだろうと考えていた。 一方で、さわえは当時の流行だった美少女を前面に押し出したゲームとも区別化したいと考え、あえて高頭身のキャラクターデザイン案を出すこともあった。 提出するデザイン案の方向性に落差があったことから、周囲からは到着点の不明瞭さを心配されたとさわえはCREATIVE VILLAGEとのインタビューの中で振り返っている。 チーム内で意見を出し合いながらデザイン案の構想が練られていった。 さわえはこの時の様子を「キャラクターのオーディション」に例えており、個人的に気に入っていたキャラクターの登場を見送ったことがつらかったと前述のインタビューの中で振り返っている。 最終的には約700体ほどのキャラクターの登場が決まり、大まかな方向性をさわえが所属する女性クリエイターグループ・つくる女のメンバーや外部発注のイラストレーターに伝え、世界観に沿った調整がすすめられた。 パブリッシャー変更 [ ] 、株式会社のXFLAGへ運営とパブリッシングを譲渡することを発表 、同年をもって正式にパブリッシャー移管が行われた。 もともとXFLAGはコミュニケーションに重きを置く姿勢をとっており、言葉を題材としたゲームである本作の存在に興味を示していた。 一方、セガ側も本作をより大きく展開したいと考えており、両者の意見が一致した結果、パブリッシャーの変更につながった。 中村は今回のパブリッシャー変更の位置づけについて「運営移管というのは引き継ぎはしますが、移管先が運営を行います。 」と2019年のファミ通Appとのインタビューの中で話している。 そして、2020年4月26日には事業の移管も行われ、XFLAG側に本作の事業部が設立され、中村が部長に就任した。 2020年の2周年のアンバサダーにはが就任した。 中村は2020年のリモートインタビューの中でこの人選には賛否両論があったことを認めつつも、言葉を題材とした本作と、村西の持つ言葉の力がかみ合ったので起用に至ったと話している。 コラボレーション [ ] 2018年4月にコラボイベントが開催。 2018年4月にコラボイベントが開催。 2018年5月にコラボイベントが開催。 2018年5月にコラボイベントが開催。 2018年6月に『アニゲラ』コラボと題して、杉田智和考案のオリジナルキャラクター「アジルス」が実装された。 2018年6月にコラボイベントが開催。 セガコラボと題して、セガの歴代作品とのコラボイベントが2018年7月に開催。 「」「シリーズ」「シリーズ」「」「」「」「」「」「」「」からキャラクターが登場。 2018年11月にコラボイベントが開催。 2019年7月にコラボ第2弾イベントが開催。 2018年12月にコラボイベントが開催。 2019年1月にコラボ第2弾イベントが開催。 2019年2月にコラボイベントが開催。 2019年3月にコラボイベントが開催。 のアニメシリーズ。 2019年6月にコラボイベントが開催。 2019年6月にコラボイベントが開催。 のシリーズ。 2019年8月にコラボイベントが開催。 運営とパブリッシングがXFLAGへ移管したことを記念して、2019年11月にコラボイベントが開催。 2020年5月にコラボ第2弾イベントが開催。 2020年1月にコラボイベントが開催。 2020年2月にコラボイベントが開催。 「」「」「」「」の4作品が実装された。 2020年2月にコラボイベントが開催。 2020年3月にコラボイベントが開催。 2020年3月にコラボイベントが開催。 2020年4月にコラボイベントが開催。 2020年6月にコラボイベントが開催。 反響 [ ] 本作は配信から10日目にあたる2018年4月26日の時点でダウンロード数が300万件に達し 、配信から1か月後には500万件を突破した。 プロデューサーの中村は、ファミ通Appとのインタビューの中で、ユーザーからも見た目に反して意外と面白かったという意見が寄せられたことを明らかにしている。 特に、とのコラボレーションは大きな反響を呼び、本作のマーケティングにも影響を及ぼした。 プロデューサーの中村は、サービス開始初期は男性のユーザーが多いとしつつも、『』等のセガの他作品と比較すると女性のユーザーも多いと2019年5月のインタビューの中で話しており、セガ社内でも社員である夫の勧めで始めた妻が気に入って遊び続けているケースがあったことを明らかにしている。 また、中村はコラボイベントによって復帰したユーザーが増えたことも明らかにしている。 事業および開発チームの移籍後も、本作のテレビCMや大型キャンペーン等の展開は継続され、サービスの成長は続いている。 その一方、配信から1年の間に、マルチプレイ時の遅滞について指摘する意見が寄せられることもあった。 また、2019年の下旬には不具合が相次いだものの、2020年1月のコラボで持ち直すことができたと中村は2020年4月のリモートインタビューの中で話している。 出典 [ ] []• 2020年3月15日閲覧。 2018年4月16日. 2019年2月8日閲覧。 CREATIVE VILLAGE. 2020年3月14日閲覧。 電撃オンライン 2019年5月21日. 2020年3月21日閲覧。 AppMedia 2018年2月6日. 2020年3月15日閲覧。 ファミ通App. 2020年3月14日閲覧。 4Gamer. net 2017年11月21日. 2019年2月8日閲覧。 ファミ通App 2017年12月15日. 2020年3月21日閲覧。 Social Game Info 2019年8月9日. 2019年8月13日閲覧。 ファミ通App 2019年9月5日. 2020年3月14日閲覧。 インタビュー. 2020年6月13日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の