後頭部 コリ。 後頭部に何か感じる違和感・・このふわふわの原因や解消法とは?

【首こりのツボ3点】自分でもセルフケアしやすいツボを徹底解説!

後頭部 コリ

【目次】• 後頭部に頭痛が起こる3つの原因 「後頭部の頭痛」と一言で言っても痛み方はさまざまなものがあります。 ズキズキと痛くなったり、重苦しい痛みであったり、ピリピリと痛くなったり・・・。 これは後頭部の頭痛を起こす原因がそれぞれ異なっているからなのです。 まずは後頭部の頭痛の中でも、原因として頻度の高いものを3つ挙げて解説します。 緊張型頭痛 後頭部の頭痛の原因として最も多いのが「 緊張型頭痛」です。 緊張型頭痛の患者さんは日本全国で 約800万人もいると推定されています。 同じ姿勢での長時間にわたるデスクワークや、手先の細かい作業が原因となって、肩や首の筋肉が過度に緊張して硬くなります。 その結果、 肩こりや 首のコリがひどくなり、緊張型頭痛を起こしてしまうのです。 後頭神経痛 後頭部の頭皮の中には「 後頭神経」と呼ばれる神経が走行しています。 後頭神経は頭皮の感覚を伝える「感覚神経」ですが、 この神経に負担がかかったり炎症を起こしたりすると「後頭神経痛」と呼ばれる神経痛を起こします。 後頭神経痛を起こす原因を挙げてみます。 ・ 後頭部を強打する ・長時間にわたって 無理な姿勢を続ける ・ 首の骨に変形などがある ・ ヘルペスウイルスに感染する(体力が低下している時) また「後頭神経痛」の痛みの特徴を3つ挙げてみます。 ・後頭部に 触れると痛みが走る ・ 電気が走るようなピリっとした痛みが走る ・ 後頭部から頭頂部に向けて痛みが走る 患者さんの中には 「髪の毛に触れるだけでも電気が走るような痛みがある!」と言われる方もいます。 あくまでも頭皮の神経の痛みなので、 頭の中に病気があるわけではありません。 片頭痛 「 片頭痛」と言えばこめかみのところが脈を打つように、ズキンズキンと激しく痛くなる頭痛です。 しかしこの片頭痛の中には、 こめかみのところの痛みが後頭部に放散し、後頭部の強い頭痛からはじまるタイプのものもあります。 後頭部に頭痛を感じた後で、 頭全体やこめかみに脈を打つようなズキンズキンとした頭痛へと変化していくタイプの頭痛は、 片頭痛の可能性が高いです。 後頭部に頭痛が起きた時の対処法4つ 後頭部の頭痛が続いて治らない時の対処法を4つ紹介します。 マッサージ・ストレッチ 後頭部の頭痛の原因として最も多いものが「 緊張型頭痛」です。 緊張型頭痛は肩こりがや首のコリが原因となるので、筋肉の緊張をほぐすために マッサージや ストレッチをお勧めします。 肩を大きく回す運動や、 首を前後左右にゆっくり深く傾けるようなストレッチを行ってみましょう。 温める 首や肩まわりの筋肉を ホットタオルで温めたり、ゆっくりと時間をかけて 入浴してみてください。 筋肉を温めることで血行が改善し、 疲労物質「 乳酸」の排出が十分に行われるようになります。 血行がよくなれば、緊張型頭痛による後頭部の頭痛の悪化を予防することができます。 ツボ 後頭部や首の後ろには、後頭部頭痛を和らげる効果のある ツボがあります。 後頭部の頭痛で悩まされている方は、ぜひ一度試してみてください。 薬・湿布 どうしても頭痛がよくならない場合は、痛み止めの薬を飲むしかありません。 市販されている痛み止めの薬でもよいですが、病院を受診すれば 緊張型頭痛用の薬や、 片頭痛用の薬があるので処方してもらうことができます。 スポンサーリンク 放っておけない!3つの危険な後頭部頭痛 「後頭部の頭痛って肩こりからくるんだ」 「それなら放っておいても大丈夫だろう」 「仕事も忙しいし、肩こりなんて職業病だから仕方ないかな・・・」 って思われた方、 安心しないでください! 後頭部の頭痛の中にも、 重篤な脳や首の病気が原因となっている場合があります。 それでは放っておけない!3つの危険な後頭部頭痛を紹介していきます。 脳腫瘍 脳の後ろの方に「 脳腫瘍(のうしゅよう)」ができると、後頭部の頭痛を起こすことがあります。 特に脳腫瘍の特徴的な症状として「 明け方の頭痛」と「 吐き気」にご注意ください。 脳腫瘍は 1年間で1万人に1人の割合でしか発症しない 非常にマレな病気ですが、気がついた時には手遅れになってしまわないように、早期発見・早期治療を行う必要があります。 脳動脈解離(のうどうみゃくかいり) 脳の血管の壁が突然裂けて頭の中に 出血したり、逆に血管がつまって 脳梗塞を起こすことのある病気が「 脳動脈解離」です。 後頭部の頭痛を起こす脳の血管は次の2つがあります。 脳動脈解離は 再出血をする確率が非常に高く、 緊急で治療を行う必要があります。 頚椎症(けいついしょう) 「 頚椎症」は首の骨の変形によって、神経を圧迫して 手足のシビレや 脱力感などを起こす病気です。 この頚椎症を起こすと、 後頭部の頭痛や 首の後ろに痛みを起こすことがあります。 頚椎症がひどくなった場合は要注意です。 転倒して軽いケガをしただけなのに、 手足が全く動かなくなってしまう可能性があります。 これは変形した首の骨によって、背骨の中を通る太い神経が損傷する「 頚髄損傷(けいずいそんしょう)」を起こすためです。 歳をとるとともに首の骨の変形は強くなってくるので、 高齢者の方は特に注意が必要です。 後頭部頭痛のまとめ【医師からのアドバイス】 後頭部の頭痛はほとんどの場合が「 緊張型頭痛」によるものなので、原因となる肩こりや首のコリをマッサージなどで解消することが、後頭部頭痛の軽減にもつながります。 しかし後頭部痛の中でも「 突然」起きた頭痛や「 吐き気」を伴うような頭痛に関しては、危険な脳の病気が原因となっている場合があるので、必ず病院を受診するようにしましょう。 それではまた!.

次の

肩に触れないのに絶大な威力が!肩こり解消「頭蓋骨マッサージ」4ステップ

後頭部 コリ

頭がいつも重いという人、頭皮を触るとカチカチではありませんか? そんな人は「顔を引き上げる力」が落ちぎみです。 頭のこりを解消すれば、顔も自然とリフトアップされるんです。 今回は頭のこりの要因から自分でできるマッサージのポイントを紹介します。 顔の筋肉を引っ張る「頭皮」をほぐしてリフトアップ! 「頭が重いな~」と感じたら、頭皮がこっているかもしれません。 自分では気づかないうちに、こったていたり、むくんでいたりしているのが頭皮。 頭皮がカチコチにこり固まっていると顔のたるみの要因に。 頭の筋肉には顔の筋肉を引っ張り上げる役割があり、頭皮に弾力があれば、顔の筋肉を引き上げる力も強く、たるみを防いでくれます。 でも、日々の生活でストレスがたまり、疲れが出てくると筋肉が収縮し、頭皮の血流やリンパの流れが滞り弾力も低下。 そうなると、顔を引き上げる力も弱まるため、たるんできてしまいます。 そこで、おすすめなのが頭ほぐし(頭皮マッサージ)。 なんとなく頭を触ってほぐすだけでもほぐれはしますが、どうせやるなら、リフトアップに効果的なコツを抑えてやりましょう! こりやすい場所、リフトアップが効果的に狙える場所、以下に4つのポイントをご紹介していきます。 1)ザビエルゾーン(頭頂部) 頭頂部はおでこを引き上げる役割があるので、こりやむくみがあるとおでこがたるんでシワをつくりやすくなります。 頭頂部にある百会のツボを気持ちいと感じる程度に刺激しながらほぐします。 2)カチューシャゾーン(前頭部から側頭部) 名前の通りカチューシャをつける際の頭のラインです。 耳の上から頭頂部より少し手前のを通るゾーン。 また、前頭部は感情や思考を司る脳の前頭葉がある場所。 ここが硬くなるとおでこやまぶたのたるみにつながります。 側頭部は奥歯の噛み締めやストレスが多い人がとくにこりやすく、フェイスラインやアゴのたるみ、ほうれい線などの要因にも…。 とくに耳上を触って膨らんでいる人はしっかりほぐして、上に引き上げるイメージでマッサージしてください。 小顔をつくるポイントです。 3)こめかみゾーン(こめかみ) 頭皮ケアとセットでほぐしておきたいのが、こめかみ。 目の横、押すと少しへこんだ部分を指の腹を使ってゆっくり押しながら小さな円を書くようにくるくるほぐします。 疲れ目解消にも効果的。 4)サイドバックゾーン(後頭部) 頭の後ろ、後頭部はセルフケアではほぐしにくいのですが、後頭部がこっていると首や背中の疲れにも影響してきます。 逆に首こり、肩こり、背中のこりが辛いときは後頭部もカチコチになっていることも。 猫背などの姿勢の影響も受けやすい場所なので姿勢にも気をつけて! デスクワークや目を使う仕事をしている人は後頭部の筋肉が緊張してこりやすくなります。 ほぐす時はこの4つのエリアを念入りに。 シャンプーする際などに取り入れるなど 「ながらほぐし」で行えます。 次のページではマッサージのやり方をご紹介します。

次の

側頭筋をほぐす!顔たるみを解消してリフトアップ!専門家に聞く方法3つ

後頭部 コリ

原因の多くは筋肉コリやストレス!ふわふわと後頭部に違和感を感じたら 筋肉のコリからくるもの まずはじめに疑われる原因は、 筋肉のコリ。 それによる首筋や後頭部への血流が悪くなっていることが考えられます。 30代から50代くらいまでの、わりと若い年代の人がなりやすく、肩こりなどの筋肉の緊張が原因だと考えられています。 肩こりがひどくなると、首筋や後頭部、頭の筋肉なども緊張してしまいます。 筋肉が緊張すると、血流が悪くなり、血流障害を招きます。 この時に、ふわふわとした感じや後頭部が重たく感じたりするのです。 筋肉の血流障害は、脳とは関係ないので、脳梗塞などの原因になるという心配はありません。 引用元- ストレスや睡眠不足、更年期障害などから ストレスや睡眠不足があったり、更年期障害の年齢(40代後半から50代あたり)になると、自律神経のバランスが崩れやすくなります。 自立神経のバランス(交感神経と副交感神経のバランス)が崩れたときに起こる「ふわふわとした感じ」は船酔いに似た感じになります。 体のバランスがくずれいているというイメージです。 男性にも起こりますが、女性の方が多くみられます。 引用元- 後頭部の違和感は血液の循環が悪いことが原因かもしれない 血液は体の隅々に栄養や酸素を送っていますが、筋肉のコリにによってその流れが悪くなることがあるようです。 筋肉のコリは、こっている肩の部位を入浴で温めたり、マッサージやストレッチすることで改善できるかもしれませんよ。 後頭部のふわふわした違和感は自律神経のバランスが崩れてしまったから? ふわふわした違和感は年齢により原因が違う? ふらふらとしためまい感や頭重感は同時に生じることが多く、広い範囲の年齢層にわたってみられます。 その原因をなかなか明確にすることはできませんが、年齢層によって原因を分けることができそうです。 引用元- ふわふわまたはふらふらとしためまいは、雲の上を歩くような感じや船酔い(車酔い)したような感じで、まっすぐに歩きにくく、どちらかに寄ってしまうような歩き方になります。 首筋や後頭部の重い感じを伴うために、脳梗塞や脳出血を起こしはしないかと不安感が強くなり受診されます。 引用元- 自律神経のバランスがくずれている? さらに更年期前後(50歳前後)になると、自律神経のバランスのくずれから生じるふらふら・頭重感が多くなるようです。 自律神経のバランスのくずれは、ストレスや睡眠不足、更年期障害などから生じることが多く、このめまいはちょうど船酔いに似たふわふわ感を生じてきます。 男性にもみられますが、やはり女性に多い印象があります。 引用元- 実際には肩こりによるめまいと自律神経のバランスのくずれからくるめまいが、さまざまな程度に組み合わさって、「ふわふわ感・頭重感」が起こってくることが多いと思われます。 引用元- リラックスする時間を作る 頭に感じる頭痛や違和感には自律神経が関係していることが多いようです。 自律神経の緊張には精神的な要素やホルモンバランスなど様々なことが影響しています。 まず、リラックスできる時間を作ることが大切かもしれませんね。 神経疾患の可能性も視野に・・後頭部に感じるふわふわした違和感は小脳が?! 視覚の異常? 後頭部は視覚の役割を持ち小脳の近くにあります。 何かしらのトラブルが起きたとき視覚に異常が起きると浮動性めまいといわれるふわふわと常に船酔い状態になることがあるのです。 これは近くにある小脳も多少のトラブルが起きているからです。 小脳の働きは主に真っ直ぐ転ばないように歩く事が含まれています。 このような場所を大脳といいます。 何科を受診すべき? 脳の違和感は良く聞くのは頭痛が多いものです。 ところが大脳の中には多くの脳の役割を持っている部位があるのです。 後頭部をどこかにぶつけた記憶がある時は直ぐに脳外科には行き検査と治療を受けられます、違和感やふわふわというふうな曖昧な症状が主な時は神経内科の範囲となるのです。 原因がわからないけど不快な症状がある場合は脳外科ではなく神経の疾患を検査しておく必要があるのです。 浮動性めまいがあることから脳の疾患であるのです。 後頭部の違和感やふわふわとする感じが起きる時は神経の病気を疑う必要があるのです。 神経内科という診療科は聞きなれないことがあるのでどのような症状の時に受診をすると良いのか知っている人が少ないものです。 引用元- 後頭部の打撲時には必ず受診しよう 後頭部を打撲した場合は脳内で出血などが起きている危険性があります。 痛みや違和感を感じる場合にはすぐに受診する必要がありますし、打撲の程度によっては痛みを感じなかったとしても受診する必要があります。 脳梗塞の症状かも?しびれや脱力があり後頭部に違和感もあった場合はすぐ受診を! そのしびれ!もしかして脳梗塞? 後頭部がふわふわとした感じがしてり、重い感じがする場合で、しびれなどの神経麻痺が、顔面神経麻痺や手足の運動麻痺として起こってきている場合は、脳梗塞の可能性があります。 脳の小動脈に動脈硬化が起こり、細くなった血管が教則したり、閉塞したりすることによって起こります。 気をつけなければいけない症状としては、一過性の脱力や片麻痺、身体の半身の感覚障害が起こったが、数分から数時間で改善するといったことがあったり、そういったことがときに繰り返し起こったりする「一過性脳虚血発作(TIC)」が脳梗塞の前ぶれとして起こることがあります。 こうした症状があった場合は、脳に動脈硬化が起こっている可能性があり、脳梗塞をはじめ、脳出血などが起こる可能性があるので注意が必要です。 引用元- 麻痺が出現したら受診が必要? 後頭部の違和感やしびれは、単なる肩こりや首筋の張りが原因で起こっている緊張型頭痛や後頭神経痛の間欠期であるのか、脳の動脈硬化による小動脈の閉塞や脳内出血によって起こっているかを見分けることが大切です。 後頭部の違和感やしびれは、緊張型頭痛や後頭神経痛の間欠期の症状である場合が大半ですが、突然起こった場合や半身に麻痺がある場合は、すぐに医療機関を受診することが重要です。 引用元- 疑わしい症状がある場合には、すぐに受診する 麻痺症状や見ているものと実際の距離感が違ったりといった、違和感を感じたら脳に何らかの異常が起こっている可能性があります。 すぐに受診して、治療を開始すれば、心配いりません。 疑わしい場合には、すぐに受診しましょう。 体を動かして血行改善しよう!後頭部のふわふわした違和感への対策法 肩こり頭痛の対策 緊張性頭痛は肩こりなどによる血流の悪化から来るものが多いので、自分でできる対策をまとめてみました。 まず、「体を動かす」ことです。 正しい姿勢をとって、長時間同じ姿勢とならないよう、休憩を適宜入れましょう。 肩を回す体操やストレッチが効果的です。 姿勢を入れ替えることも重要です。 精神的にもストレスをためると良くないので、ストレス解消をしましょう。 また、意外にも歯のかみ合わせが悪い人も多く、歯科でかみ合わせを調整してもらうと肩こりが解消したりします。 メガネの度をあわせるのも重要です。 就寝時には、高さの合った枕にすることで、首への負担を減らし、コリがよくなります。 偏頭痛の対策 偏頭痛は痛みの原因の脳幹や三叉神経が首元にあるので、運動をしては逆効果です。 とにかく安静にすることが重要です。 副鼻腔炎の対策 まず、耳鼻科を受診しましょう。 これしかないです。 副鼻腔炎の場合の違和感は、副鼻腔に膿がたまり、三叉神経を刺激するために起こっています。 これらの症状以外に、バッドで殴られたような激しい痛みがする、上手く話せないなどの症状がある場合は、危険な病気の可能性がありますので、症状が治まってもすぐに病院にかかることをおすすめします。 引用元-.

次の