ユニクロ 転売。 ユニクロ・エアリズムマスクがメルカリで大量に転売!運営が一斉削除に乗り出す事態に!

『ユニクロ』のルール変更 転売ヤーにとって「痛恨の一撃」に

ユニクロ 転売

騒動の発端となったKAWS(カウズ)とは?• アーティスト:ブライアン・ドネリー(1974年11月4日生まれ)• 出身:アメリカ• 拠点:ニューヨーク• 公式サイト:• 表現形式:絵画、彫刻、グラフィックデザイン、ストリート・アート、トイ グラフィティアーティストとして活動を始め、その際にサインしたKAWSという名前を現在まで使用しています。 企業やファッションとのコラボを意欲的に行っており、現代美術だけでなく一般層からの支持も非常に高いアーティストです。 問題の中国人の行動 中国で騒動が起きたのは6月3日のことでした。 ユニクロとKAWS(カウズ)がコラボした「カウズ:サマー(KAWS:SUMMER 」の発売日です。 日付が変わったばかりの3日深夜、アリババのECサイトにて販売が開始されましたが、一瞬で完売。 その朝にはユニクロの開店を待つ長蛇の列ができていました。 開店を待てない多くの中国人たちは、シャッターが開き始めるとすぐに突入し、店内に走ります。 店内にたどり着いた人々は、一斉にKAWS(カウズ)の商品に群がり始めました。 メンズのTシャツやトートバッグ、キッズTシャツが並んでいましたが、マネキンが着ているものも剥ぎとるようにして持っていきました。 後に残ったのは、荒らされた陳列台、バラバラにされたマネキン、人々の勢いに負けてゆがんだシャッターでした。 では一体どうしてこんな騒動になってしまったのでしょうか? 発端になったのはKAWS(カウズ)のInstagram KAWS(カウズ)とユニクロのコラボは今回が3度目になります。 なぜ今回、こんな爆買い騒動が発生したかというと、それはKAWSのInstagramに答えがありました。 和訳すると UTとのコレクションはこれで最後にすると決めたので、楽しんで欲しいなということです。 ユニクロ側はこれに対して明確な回答をしていませんが、アーティスト側からの発信なので本当に最後なんだと思いますよね。 日本の店舗でも対応をしたが防げず 中国から1週間遅れた6月7日に日本でも販売が開始されました。 日本では、中国の勢いに学んで入場制限や購入制限を設けるなどして混乱を回避しました。 購入制限は 1つの柄につき1着まで。 警備員が配置され、争うことなく静かに入場がされていました。 しかし、中には何店舗かの買い回りをしたであろう中国人の姿も。 ネットには、数十人を雇って日本で大量購入したという動画が流れていました。 日本でも中国人の姿が多く見られる 中国人旅行者はもちろんですが、在日の中国人も多く来店していたようです。 店内は多くの中国語が飛び交い、注意書きも日本語・英語・中国語で記載されていました。 みなさん基本的にルールを守って購入していたみたいですが、店内は荒れていたようです。 また、中にはスーツケースを持った転売目的の非とも見受けられました。 武蔵小杉です。 現地よりお知らせします。 首都圏の店舗もヤバイのかな。 中国語も飛び交っております。 1人では同じ種類の物は1着までと教えてあげました。 現在では日本で比較的簡単に購入できたということもあり、金額自体下がってはいますが、それでも2~3倍で取引されています。 中国人の爆買いや買い占め行為に悩まされている日本ですが、今後企業だけでなく国としても対策を必要とする日が来るかもしれませんね。

次の

ユニクロマスク転売でメルカリに大量出品?価格や怒りの声まとめ!

ユニクロ 転売

スポンサーリンク ユニクロマスク転売の価格は?高値で売買? おかげでユニクロのマスクを早速メルカリで転売してるのを見つけてイラッとしたのが少し軽減しました。 この一連の流れどうにかならんの?そもそもマスクは出品禁止なはずだし、買う人・・。 すぐ普通に買えるようになると思うけど。 — may sow 星屑(仮) colin721 メルカリで転売されているユニクロマスクは、なんと 大体3000〜4000円前後で販売されている様子。 本体価格が990円なのに、 3倍以上もの高値で売買されているとは驚きです。 しかも、大変残念なことにそれを知ってでも購入している人も中にはいる様子。 これでは、せっかく発売されたユニクロマスクも何の意味も無いですよね…。 スポンサーリンク ユニクロマスク転売は違法?メルカリで売買していいの? 本心から警告したいのですが、 をまさかと思ってメルカリでエアリズムと検索したら出品してしまってますね!即削除してください。 無知は身を滅ぼしますよ。 1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金です。 法で決められたの知らないんですか? — さやぽん UIbBIWKLh6qE6tG ユニクロマスクのみならず、マスクの販売や転売は法律違反です。 もちろん、 刑罰の対象になりますのでもしこの記事を読んでいる出品者の方がいましたら 即刻削除をしてほしいと思います。 転売で身を滅ぼすなんて、あまりにも愚かです。 既にメルカリ側でも、 大量に出品されたユニクロマスクの転売商品ページの削除が行われています。 ユニクロのマスクがメルカリで転売されてたけど商品ページ消されていってるみたいですね🤣 最悪、捕まる可能性もあるのにリスキーすぎるだろ🙄 もっと真っ当に稼ぎましょ😇 — つと アパらー LeoPeri3 メルカリの疑問・質問ページでも、きちんとルールを守っているユーザーからの怒りのコメントで溢れており、 ユーザー同士で通報を開始しています。 メルカリ公式サイト自身も削除をしているようですが、追いついていない様子。 もうメルカリでてる😨 — nako nakooooooo3 オットにUNIQLOのマスク購入を仰せつかったが、近くのUNIQLOに電話したら完売。 メルカリ見たらまた商売してる😱 — Holly Holly19680509 メルカリで高額転売されまくってる。 メルカリで出品する時、マスクの転売は違法だとか警告メッセージは出ないわけ? 出品者、知らなかったじゃ済まないよ。 どんどん取り締まって欲しい。 中には、エアリズムの素材で手作りしたマスクも含まれています。 おそらく、ユニクロ自体も生産数はかなりの数を用意しているはずですので、もう少し待てば店頭やオンラインで買えるようになるでしょう。 メルカリなどの転売で、破格の価格でユニクロマスクを購入しないように気を付けて下さいね!.

次の

中国人転売ヤーが殺到!ユニクロとコラボしたKAWS(カウズ)で爆買い騒動!

ユニクロ 転売

騒動の発端となったKAWS(カウズ)とは?• アーティスト:ブライアン・ドネリー(1974年11月4日生まれ)• 出身:アメリカ• 拠点:ニューヨーク• 公式サイト:• 表現形式:絵画、彫刻、グラフィックデザイン、ストリート・アート、トイ グラフィティアーティストとして活動を始め、その際にサインしたKAWSという名前を現在まで使用しています。 企業やファッションとのコラボを意欲的に行っており、現代美術だけでなく一般層からの支持も非常に高いアーティストです。 問題の中国人の行動 中国で騒動が起きたのは6月3日のことでした。 ユニクロとKAWS(カウズ)がコラボした「カウズ:サマー(KAWS:SUMMER 」の発売日です。 日付が変わったばかりの3日深夜、アリババのECサイトにて販売が開始されましたが、一瞬で完売。 その朝にはユニクロの開店を待つ長蛇の列ができていました。 開店を待てない多くの中国人たちは、シャッターが開き始めるとすぐに突入し、店内に走ります。 店内にたどり着いた人々は、一斉にKAWS(カウズ)の商品に群がり始めました。 メンズのTシャツやトートバッグ、キッズTシャツが並んでいましたが、マネキンが着ているものも剥ぎとるようにして持っていきました。 後に残ったのは、荒らされた陳列台、バラバラにされたマネキン、人々の勢いに負けてゆがんだシャッターでした。 では一体どうしてこんな騒動になってしまったのでしょうか? 発端になったのはKAWS(カウズ)のInstagram KAWS(カウズ)とユニクロのコラボは今回が3度目になります。 なぜ今回、こんな爆買い騒動が発生したかというと、それはKAWSのInstagramに答えがありました。 和訳すると UTとのコレクションはこれで最後にすると決めたので、楽しんで欲しいなということです。 ユニクロ側はこれに対して明確な回答をしていませんが、アーティスト側からの発信なので本当に最後なんだと思いますよね。 日本の店舗でも対応をしたが防げず 中国から1週間遅れた6月7日に日本でも販売が開始されました。 日本では、中国の勢いに学んで入場制限や購入制限を設けるなどして混乱を回避しました。 購入制限は 1つの柄につき1着まで。 警備員が配置され、争うことなく静かに入場がされていました。 しかし、中には何店舗かの買い回りをしたであろう中国人の姿も。 ネットには、数十人を雇って日本で大量購入したという動画が流れていました。 日本でも中国人の姿が多く見られる 中国人旅行者はもちろんですが、在日の中国人も多く来店していたようです。 店内は多くの中国語が飛び交い、注意書きも日本語・英語・中国語で記載されていました。 みなさん基本的にルールを守って購入していたみたいですが、店内は荒れていたようです。 また、中にはスーツケースを持った転売目的の非とも見受けられました。 武蔵小杉です。 現地よりお知らせします。 首都圏の店舗もヤバイのかな。 中国語も飛び交っております。 1人では同じ種類の物は1着までと教えてあげました。 現在では日本で比較的簡単に購入できたということもあり、金額自体下がってはいますが、それでも2~3倍で取引されています。 中国人の爆買いや買い占め行為に悩まされている日本ですが、今後企業だけでなく国としても対策を必要とする日が来るかもしれませんね。

次の