イタチですよ。 イタチの駆除をするなら注意して!イタチ駆除はオス(雄)しかダメ!?

イタチの生態と被害|東海・北陸・近畿・中部でのイタチ駆除ならイタチ駆除ザウルス東海版

イタチですよ

ニホンイタチ 昭和の人気アニメ「ガンバの冒険」で、主人公のネズミたちが恐ろしいイタチへと挑む模様が描かれているように、イタチはネズミの天敵であり、もともとはネズミ駆除などのために導入された益獣でした。 今や国内のほぼ全域に分布するイタチは主に平野部に生息し、土穴などを巣としていますが、家屋に侵入したり農作物を荒らしたりすることから、害獣として被害が報告されています。 日本で被害をもたらすイタチは、主に在来種のニホンイタチと外来種のチョウセンイタチです。 両種とも似ており、見た目は可愛らしい中型動物ですが、肉食系の雑食。 木登りや泳ぎも得意で、本来は夜行性でありながら都市部では昼夜ともに活動しています。 ニワトリ、絶滅危惧種までも襲われる!? チョウセンイタチ イタチは、ネズミやカエル、鳥類などを好む肉食系の雑食であるため、家畜のニワトリへの被害も深刻。 小屋の中のニワトリにも襲いかかって捕食します。 また、果実類なども好物で、果樹園の農地などへの被害も見られます。 作物や家畜への食害のみならず、建物の屋根裏や床下に住みついたイタチのおしっこやフンによる悪臭といった二次的被害も深刻です。 生態系を脅かす危険も見逃せません。 イタチは明るく光るものを嫌います。 そこで、点滅ランプ(クリスマスツリーの飾りなどで発熱しないもの)の設置などで威嚇する方法が低コストで効果的です。 追い払った後も戻ってくる可能性があるため、侵入口になりそうな場所を金網などで塞ぎ、イタチをシャットアウトしましょう。 なお、捕獲器を使ってイタチを捕獲する場合は、捕獲許可の手続きが必要ですので、ご注意ください。 可愛らしいルックスとは裏腹にその凶暴な性格から、「かまいたち」「イタチごっこ」など、昔からあまりよくないイメージの言葉にもその名が登場するイタチ。 手塩にかけて育てた農作物や家畜をイタチから守るには、弱点をついた十分な対策が必要です。 対策の際は、「イタチの最後っ屁」をくらわぬようご注意ください。 次回も農家にとっての憎らしい天敵、意外な害獣をご紹介します。 参考 上記の情報は2018年9月18日現在のものです。

次の

イタチ

イタチですよ

イタチである。 トマコとは徳島県の方言でイタチのこと。 このトマコという言葉は愛媛を除く四国地方で広く使われている言葉らしい。 によるとイタチとトマコが別の動物だと思っている人もいたりしてなかなか面白い。 このイタチ、そのかわいい顔に似合わず、かなり獰猛な肉食獣である。 敏しょう性を生かして小さな昆虫類から鳥類、小型の哺乳類まで捕らえて食べる。 私が子供の頃は、今のような大規模な専業の鶏卵農家はまだ無く、多くの農家では自家用のニワトリを飼っていた。 卵は物価の優等生と言われることから分かるように当時、卵は貴重品であった。 僅かな卵を買い集めるために仲買人が各農家を回ったりしていたのを覚えている。 その卵を狙って大きなアオダイショウがやって来ることもあった。 ニワトリ小屋の中で、産みたての卵を丸呑みにし胴体の一部分を異様に膨らませた姿を何度か見たような記憶がある。 さらに厄介なのが卵だけでなくニワトリをも狙ってやって来るトマコ イタチ であった。 スマートでスリムな体は当時の粗末な造りの小屋の隙間をいとも簡単に潜り抜けてしまう。 そのため農家では、チャンとよば れる罠 トラバサミ を仕掛けて駆除することもあった。 現在ではトラバサミは禁止猟具とされ使用することは出来ない。 更にイタチのメスを捕獲することも禁止されている。 当時の法律などは判らないが、あの頃には チャンなどはみんな自由に 使っていた。 なにしろ空気銃でさえ何故か無登録のモノ もちろん違法である が見られたような、そんな のどかな時代の話である。 イタチは非常にすばしこく、出会 ってからカメラを構えたのでは間に合わないことが多く なかなか撮影は出来なかった。 そこでその場所の手前からカメラを構えてゆっくりと歩いて行ったところ10メートル位先で道端の草むらがガサガサと動いているのを発見した。 揺れる草の隙間から黒い背中が見えた。 イノシシだった。 雨上がりで湿った山道沿いの土を 掘り起こしてはミミズなどを探しているようで、まだこちらの存在には気付いていなかった。 背中をそっと 2カット撮影したところでこちらの存在に気付いたらしく、ブフィと一声あげて側の草むらへ入って行った。 静かにはなったものの遠くまで逃げた気配は無い。 どうやら近くでじっと潜んで私が立ち去るのを待つつもりらしい。 それならばと、こちらもその場でじっとして再びイノシシが出てくるのを待つことにした。 山道の真ん中でカメラを構えたままおよそ数分が経過した時、目の前に現れたのがこのイタチであった。 私が あまりにも動かずに立っていたので気付かずにどんどんと近づいて来た。 シャッターを切るたびにその音を気にしているようにも見えたがイタチの低い視線にはカメラの存在は映らなかったようだ。 およそ4〜5メートルの 距離まで近づいた時、ふと見上げたイタチと目が合った。 驚いたイタチはここでやっとこちらの存在に気付いたらしく、すばやく草むらへと姿を消してしまった。

次の

イタチについて

イタチですよ

イタチの生態・特徴 イタチとは イタチとは 当社への駆除依頼の大半が、チョウセンイタチによる被害です。 イタチは日本全国に生息していますが、特に大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取などの関西エリアが駆除依頼の多い地域です。 イタチは、ハクビシンなどに比べとても獰猛で肉食性が強い動物です。 愛くるしい姿をしていますが、むやみに手を出すのは大変危険です。 蛇やネズミ・モグラなどの小動物、また時には池の鯉やニワトリなど自分よりも大きなものまで襲って食べることも多々あります。 そのため排泄物は、ハクビシン等の糞よりも強い悪臭を放ちます。 ただ肉食のみというわけでもないので、農作物を荒らすという被害も報告されています。 水辺を好み、木登りや泳ぎが得意です。 体重は2kgを超えるものは少なく、ネコ目の中でも最も小型です。 イタチ類は、オスに比るとメスが特別小さいのが特徴です。 体格は小柄ですが、小動物や自分より大きなニワトリや鳩なども単独で捕食する非常に凶暴な肉食獣です。 天敵は猛禽類とキツネ等。 習性・行動 屋根裏で食べた鳥 昼間にイタチを見かけることもありますが、基本的に夜行性です。 夜に獲物を捕えることが多く、木登りなどを得意としています。 敵に追い詰められると臭腺と言う肛門付近の肛門腺から強い臭気のある液を分泌します。 これが付着すると悪臭は何日もとれませんので、注意が必要です。 近年、人里に降りてきたイタチが、家畜小屋や養殖用の池または畑などを荒らす被害が大変多くなっています。 イタチによる被害 騒音被害 屋根裏で活動するハクビシン イタチは気が付かないうちに家の天井裏に侵入しているケースが大変多く、気が付くと天井の方から騒音がするなんてこともよくあります。 住み心地の良い屋根裏で営巣・繁殖活動をするイタチは、夜活動する動物ですので、人間が寝静まる頃に活動は活発になり、その騒音で住人が睡眠不足になってしまったと言う声もよく聞きます。 また、ハクビシンが屋根裏を走り回ることで、天井が歪んでしまったり、ひどい場合は天井が抜け落ちる等の被害も発生しています。 臭い 天井裏、イタチののフン・尿被害 イタチの住み着いた屋根裏は強烈な悪臭を放ちます。 排尿、排便による臭いや、イタチ自身の臭い、マーキングのために臭腺から分泌される臭いなどで家屋に異臭が立ち込めます。 また、イタチは一定の場所にまとめて排泄(ため糞)するため、糞の量や被害期間が長いと天井板が腐り、抜け落ちてしまう場合もあります。 また、排尿・排便は様々な食中毒や感染症の原因にもなります。 ダニ・ノミ ダニ・ノミの二次被害がおこることも。 イタチの体には多くのダニやノミが寄生しています。 屋根裏などに営巣されるとそこから家庭内に飛び散り住人がその被害に遭うことが多々あります。 特に女性や小さなお子様など、肌が弱い方、柔らかい方は刺されやすく、刺されると1週間以上激しい痒みに襲われる為、肉体的・精神的被害は甚大です。 また、ダニの死骸はぜんそくやアトピー等を引き起こすアレルゲンになりますので注意が必要です。

次の