ライン 削除 の 取り消し。 LINEのタイムライン投稿を削除したい!簡単な2つの方法

LINEに「友達削除機能」が追加。 「ブロック」との違いを検証してみた|タブロイド|オトコをアゲるグッズニュース

ライン 削除 の 取り消し

LINEでメッセージの取り消しと間違えて削除をしてしまった LINEの調査によれば、LINEユーザーの8割もの人が、誤ったメッセージを送ってしまったことがあるそうです。 所謂、誤爆を取り消すことのできる「送信取消」に助けられたユーザーも多いかもしれません。 しかし、 LINEには「送信取消」と「削除」の2種類が存在します。 誤って削除をしてしまうと、相手側のメッセージは消えません。 しかも、自分の側のメッセージは消えているので、メッセージの取消操作もできません。 こんな時にどうすれば、相手側のメッセージを取り消せるのか、徹底解説していきます。 LINEのメッセージの送信取消とは LINEのメッセージの送信取消とは、自分側と相手側のメッセージを消す操作です。 メッセージ送信から24時間限定ですが、既読か未読かも関係なく送信したメッセージを取り消すことができます。 メッセージを取消するためには、メッセージを長押しして上の画像のような操作一覧を出す必要があります。 LINEのメッセージの削除とは LINEのメッセージの削除とは、自身の端末の表示でのみメッセージを消す操作です。 相手側のメッセージは残ったままです。 LINEのメッセージを削除すると送信取消できない 上述の通り、メッセージを削除してしまうと自身の端末からメッセージが消えてしまいます。 そして、メッセージを長押ししないと「送信取消」のボタンが出てこない為、相手側のメッセージを消すことができなくなってしまいます。 この「削除」自体を取り消す方法はありません。 また、削除したメッセージを同じ端末の上に復活させようと思っても、削除の前のメッセージのバックアップを取っていないといけません。 けれど、 間違えてメッセージを削除してしまっても、簡単に相手側のメッセージを取り消す方法があるのです。 PC等の別端末には削除前のメッセージが残っている LINEのメッセージの削除とは、端末上からメッセージを削除するだけです。 つまり、 PCやスマホの2台持ちなどをしている人は、PCやもう1台のスマホからLINEのアプリを開くと、削除したメッセージがそのまま残っているのです。 別端末から取り消しを行えば、相手のメッセージも取り消しできる PCなどの別端末にはメッセージが残っている為、「送信取消」のボタンを出すことができます。 ここから送信取消の操作をすると、相手側のメッセージは無事に削除されます。 実際の手順を紹介 以下では、実際に端末を使ってメッセージを削除してみます。 メッセージを長押しして、メニュー一覧を出します。 一覧の中から、削除を選択します。 削除すると、端末上のメッセージは消えます。 しかし、送られた方のメッセージは消えていません。 メッセージを消した端末で送信取消をしようにも、メッセージがないのでメニューの一覧を出せません。 PC版のLINEを確認すると、削除した筈のメッセージが残っています。 メッセージを右クリックすると、操作の一覧が出てきます。 ここから送信取消を行えます。 確認をタップして送信取消を実行します。 メッセージを取り消した旨が表示されます。 相手側のトークを確認すると、メッセージが消えているのが分かります。 メッセージ復元の復元は最終手段 メッセージの復元を使えば、別端末が無くても削除したメッセージの送信取消ができます。 しかし、androidもiOSも注意点があるので、以下に記述します。 androidの注意点 androidのメッセージの復元は、バックアップを取った時点まで復元されます。 仮にメッセージ削除直前にバックアップを取っておらず、バックアップを取ったのが1年前なら、1年前のトーク履歴に復元されてしまいます。 赤で囲んだ部分にバックアップ日時が書かれますので、復元する前によく確かめましょう。 iOSの場合 iOSの場合は、上述の通り1度アプリを削除しなければメッセージの復元ができません。 LINEのパスワードを確認しておくなど、アカウントを引き継げる準備をしっかりしましょう。 また、LINEアプリを入れ直した時にicloudが有効でないと、メッセージの復元ができません。 androidと同じく、いつバックアップを取ったのかの確認も必須です。 別端末を持っていない方向けの削除したメッセージの取消方法 下記では、PCやタブレットなどの別端末を持っていない方向けの方法を紹介していきます。 別端末を持っていない方の場合は、メッセージを削除する前にバックアップを取っておかないといけません。 ホーム画面の右上の設定一覧を開きます。 設定一覧の中からトークを選択します。 トークの一覧の上にある「トーク履歴のバックアップ」を選択します。 androidはGoogleドライブにバックアップされ、iOSはicloudに保存されます。 バックアップはすぐに取れますので、その後に「送信取消」をします。 ただ、今回は間違えて「削除」をしたとします。 メッセージが消えました。 削除なので、相手のメッセージは消えていません。 設定一覧からトークを開きます。 トークの一覧の下にある「復元」を押します。 これでトークが復元されました。 iOSの場合は、1度アプリを削除して入れ直すとバックアップされたところまでメッセージが復活します。 メッセージが復活したら、メッセージを長押しして「送信取消」を行いましょう。 これで送信取り消し完了です。

次の

LINEで送ったメッセージを「削除」「送信取り消し」するには?

ライン 削除 の 取り消し

LINEで送信済みのメッセージを削除する事は出来る? LINEでは、一度送ってしまったメッセージでも削除する事が出来ます。 対象のメッセージを長押しする• 削除したいメッセージを複数選択出来る画面になるので、選択する。 削除を選択する という3ステップによってメッセージは簡単に削除出来ます。 ですが、これは「自分の端末から削除しただけ」なのです。 実際に削除する時、そういったメッセージが警告の様に現れます。 つまり相手の端末からメッセージは消えません。 この機能に意味を感じる方は少ないと思います。 私も不思議に思います。 無理やり意味を見付けるとしたら、「浮気をしているので妻に自分のスマホを見られた時に大丈夫な様に」という事くらいでしょうか。 これに意味を感じる人には必要な機能なのだと思います。 ですがたいていの人が求める「メッセージの削除」とは違っていますね。 裏技は・・・ 残念ながら裏技は存在せず、一度送ったLINEメッセージを相手のスマホから削除する事は出来ません。 もしもあるとすれば、相手のスマホをこっそりいじって削除する、という超ブラックな行為だけです。 これはいけない行為なので思いとどまりましょう。 大切な事なので繰り返しますが、 一度送信したLINEメッセージを消せるのは自分の端末からだけで、相手の端末からそれを削除する方法は、正攻法も裏技も今のところ存在しません。 相手が未読だった場合は削除出来る? それでは「相手が未読だった場合は削除できるのか?」という様に思うかも知れません。 既読じゃないなら取り返しが効くのではないか、と考えるのは分からなくはないですね。 ですが、それでもやはり削除出来るのは自分の端末のメッセージだけです。 メッセージは相手のスマホには残り、相手が既読にするのをじっと待ったままです。 自分の目から消えるだけで、LINEのサーバー上には「既読」という文字が付くでしょう。 どんな条件を付けても、LINEのメッセージを削除する事は出来ないのです。

次の

LINE誤送信を削除・取り消しするには?恥ずかしい誤送信の防止も | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

ライン 削除 の 取り消し

LINEの「送信取り消し」機能とは LINEの送信取り消しは、文字通り送ったメッセージを取り消す機能です。 メッセージの送信を取り消すと、相手に送ったメッセージが取り消されて見れなくなります。 たとえば、チャットしているとメッセージを送る相手を間違えたり、送る内容そのものを間違えたりしたときに、送信取り消しを使えば相手に内容を見られる前にメッセージを消すことができます。 LINEを使ってコミュニケーションを取っていくうえで、重宝する機能なので使いこなせるようになりましょう。 ただ、 送信取り消ししたメッセージは相手だけでなく自分も見れなくなるので、使う際には注意が必要です。 「送信取り消し」できるもの LINEで送信取り消しできるものはメッセージだけではありません。 ほかにも以下のようなものを送信取り消しすることができます。 スタンプ• 写真や画像• ファイル• コミックメーカー• URL• 通話履歴• ボイスメッセージ• 連絡先• 位置情報• LINE MUSIC これらの送信取り消しはメッセージのときと同じ操作になります。 LINEの「送信取り消し」方法 LINEの送信取り消し機能がどのようなものかわかったところで、実際に送信取り消しする方法を解説していきます。 まずはトークルーム画面を開きましょう。 つぎに 取り消したいメッセージを長押しします。 そうするとメッセージに対するメニューが表示されるので、 「送信取消」をタップ。 「送信を取り消しますか?」と確認画面がでてきます。 問題なければ 「送信取消」をタップしましょう。 これでメッセージの送信取り消し完了です。 取り消されたメッセージのところには「メッセージの送信を取り消しました」が表示されます。 送信取り消しの操作は簡単なのですぐできます。 間違ってメッセージを送ってしまったときは速やかに取り消しましょう。 「送信取り消し」された側はどうなっているか ここでは送信取り消ししたときに相手のトークルームにはどのように表示されるかを解説していきます。 トークルームにはどのように表示される? メッセージを取り消すと相手のトークルームには、 「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と表示されます。 そのため 送信取り消しをしたことが相手に伝わってしまいます。 メッセージが見えなくてもどんな内容を送ってきてたのか相手に聞かれるかもしれないので、送信取り消しするときはなにか理由を考えておいたほうがいいでしょう。 トーク画面にはどのように表示される? トーク画面では本来、メッセージのやり取りが新しい順に上からアイコンが並びますよね。 メッセージを送信した瞬間は、通常通りトーク画面の一番上に自分のアイコンがきます。 しかし、 送信取り消しすれば以前送ったメッセージの日時が並び順に基準なので、メッセージを送る前の順番に戻ります。 ですから、相手の画面で「メッセージがきてないのになんで一番上にきてるの?」みたいになることはありません。 どのように通知される? ここではiPhone(iOS端末)を使用したときの通知状況を解説します。 iPhoneを使っている人にLINEでメッセージを送ると、画面上にメッセージの内容が数秒間通知されます。 送ったメッセージを取り消しすると 「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と通知されます。 ここでは画面を開いているときの通知状況を解説しましたが、ロック画面は少し違ってきます。 ロック画面では、 メッセージを送った瞬間は同じように通知が表示されますが、送信取り消しをすると通知が消えてなくなります。 「送信取り消し」は送信から24時間まで メッセージの送信取り消し機能は、 送信してから24時間以内まで有効です。 24時間以上たってからメッセージを長押ししてメニューを開いても「送信取消」ボタンがなくなっています。 メッセージを取り消したいときは後回しにせず早めにやるようにしましょう。 「送信取り消し」されたメッセージは復元できる? 送信取り消ししたメッセージは復元できません。 なにか重要な内容を含むメッセージを取り消すときは、メモ帳にテキストをコピーしておくなどバックアップをとっておくといいでしょう。 LINEで「送信取り消し」したら相手にバレる? 送信取り消しする方法を解説してきましたが、取り消したメッセージは相手にバレるのか気になるところ。 結論からいっていまうと、 バレる可能性ありです。 メッセージを送ってから送信取り消しするまで少なからず時間がかかりますよね。 相手がメッセージを取り消すまでの間に通知を見てしまったり、トークルームを開いていると取り消す内容はバレてしまいます。 ですから間違ってメッセージを送信してしまったときは、できる限り早く取り消すとバレるリスクを減らせるでしょう。 またメッセージを取り消しても 「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と表示されるので100%バレずに取り消すことはできないといえます。 「送信取り消し」されたメッセージを見る方法 LINEで送信取り消しされたメッセージを見ることはできません。 しかし、 Androidユーザーに関しては見る方法があるようです。 AndroidのアプリにはLINEで送られてきたメッセージの内容を記録しておくアプリがあります。 ただこれは公式のアプリではないので使用は推奨しません。 iPhoneユーザーに関しては、LINEのメッセージを記録しておくようなアプリはないので現状では取り消されたメッセージを見る方法はありません。 LINEの「送信取り消し」と「削除」の違い LINEには送信取り消しと間違いやすいメッセージの削除機能があります。 画面上からメッセージを消す意味では同じような機能に思われがちですが明確に違いがあるのです。 送信取り消しと削除の違い4つご紹介します。 【違い1:消せる範囲】 送信取り消しで消したメッセージは、自分と相手のトークルーム両方からメッセージがなくなります。 そして、消せるのは自分のメッセージだけです。 対して削除で消したメッセージは、 相手のトークルームはそのままで自分のトークルームからだけメッセージがなくなります。 また、 削除に関しては自分だけでなく相手のメッセージも消すことができます。 一見「どこで使うの?」と思ってしまうかもしれませんが、 削除の主な用途はトーク履歴の整理です。 不要なメッセージなどを消して整理したいときは、削除を使うとトーク履歴をスッキリさせられるでしょう。 【違い2:ほか端末への影響】 送信取り消しでメッセージを消すとアカウント全体に影響します。 たとえば、 スマホのLINEアプリでメッセージを消したら、同じアカウントでLINEを使っているタブレットやパソコンなどのトークルームからも全て消えてしまいます。 削除でメッセージを消した場合は、 お使いの端末からだけメッセージが消えます。 そのためスマホのLINEアプリでメッセージを消しても、ほか端末で使っているLINEのメッセージは消えません。 ですから、もし削除で消したメッセージをあとから見たくなったときは、ほか端末でログインしてみるといいでしょう。 【違い3:消せる期限】 送信取り消しは送ってから24時間までのメッセージしか消せませんでしたが、 削除には期限がありません。 削除はいつでも使えるので、とくに急いで消す必要がないので安心ですね。 【違い4:消える対象】 冒頭でも説明しましたが、送信取り消しの対象は以下のとおりです。 スタンプ• 写真や画像• ファイル• コミックメーカー• URL• 通話履歴• ボイスメッセージ• 連絡先• 位置情報• LINE MUSIC これだけ消せれば十分ですが、送信取り消しは消せる対象が限定されていることがわかります。 対して 削除はトークルームに表示されているものすべて消すことができます。 【違い5:通知の有無】 送信取り消しをするとトークルームには「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と履歴が残り、画面には「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と通知されます。 削除に関してはトークルームに履歴が残ったり通知されたりすることはありません。 ですから気軽に削除することができます。 以上が送信取り消しと削除の違いです。 それぞれの目的をまとめると以下のとおりです。 送信取り消し:送ったメッセージを取り消すこと 削除:トーク履歴を整理すること 目的をしっかり理解し、使い分けるようにしましょう。 メッセージを「削除」する方法 送信取り消しと削除の違いがわかりました。 つづいて、実際に削除する方法を解説していきます。 やり方は送信取り消しとほとんど同じです。 まずはトークルームを開き、消したいメッセージを長押ししましょう。 メニューが表示されるので 「削除」をタップ。 そうすると画面左側にチェックボックスが表示されます。 削除はチェックボックスにチェックの入ったものを対象に実行されるので、消したいメッセージにチェックを入れましょう。 チェックを入れ終わったら画面右下にある 「削除(削除するメッセージの数)」をタップ。 削除するかどうかの確認画面がでてきます。 問題なければ 「削除」をタップしましょう。 これでメッセージの削除完了です。 削除したメッセージはトークルームから消えて、完全に見えなくなります。 削除と送信取消ボタンは隣り合っています。 押し間違いのないように注意しましょう。 「送信取り消し」と「削除」を間違った時の対処法 送信取り消しと削除のボタンは隣にあるので、押し間違うこともありますよね。 しかし、メッセージを削除すればトークルームから消えてしまい元に戻せないので、送信取り消しできません。 一度削除してしまうとどうしようもなさそうに思えますが、まだ大丈夫です。 メッセージを削除しても、削除したその端末でのみメッセージが表示されなくなるので、タブレットやパソコンなどのほかの端末であれば削除したメッセージが見れます。 この削除の特徴を活かして、 削除を行った端末とは別の端末でLINEにログインすればメッセージの送信取り消しが可能になるのです。 ですから送信取り消ししたいメッセージを間違って削除してしまったときは、慌てずにほかのタブレットやパソコンでLINEにログインしましょう。 LINEの「送信取り消し」使えないときの原因 LINEを使っていると送信取り消しするときに「送信取消ボタンがない!」と困ってしまうこともあるかもしれません。 そういうときに 考えられる原因は以下3つです。 メッセージを送ってから24時間以上たっている• LINEアプリのバージョンが古い• 取り消しできないものを送っている それぞれ細かく解説していきます。 原因1:メッセージを送ってから24時間以上たっている これまでも何度か書いてきましたが、 メッセージを送ってから24時間以上たってしまうと送信取り消しできません。 「送信取消」ボタンがでてこないときは、まずメッセージの送信時間から24時間以内なのかどうかをチェックしてみましょう。 原因2:LINEアプリのバージョンが古い LINEアプリに 送信取り消し機能が追加されたのはバージョン「7. 1」からです。 もし送信取り消しできないときは、お使いのLINEアプリのバージョンが「7. 1」以上になっているかチェックしましょう。 アプリのバージョンが古ければアップデートすれば送信取り消しできるようになります。 原因3:取り消しできないものを送っている 送信取り消しは、 取り消せる対象が決まっているので、対象外のものはできません。 たとえば、以下のようなものは送信取り消し不可です。 LINE Payの送金・送付• 日程調整• あみだくじ• まとめ 今回は、LINEの送信取り消しと削除機能について解説してきました。 送信取り消しをしても100%バレないわけではないので、メッセージはよく確認してから送るようにしましょう。 また、送信取り消しと削除は、機能・目的が違います。 2つの違いをよく理解したうえで、使い分けるようにしましょう。

次の