透水 性 アスファルト 舗装。 アスファルト舗装の種類による特性の違いとよく使われている場所

透水性舗装

透水 性 アスファルト 舗装

概要 [ ] 通常、舗装材料に用いられるやはその耐久性の観点からが小さく密実な材料ほど良質とされていることもあり、基本的にはほとんど水を通さない。 しかし、敢えて空隙を与え、水を通しやすい構造とすることでを舗装面にためず、地下に浸透させることでをなくすことを目的としたものが 透水性舗装である。 アスファルト舗装の場合、粗の割合を高めると共に、粒度にギャップを持たせることで空隙率を高くした開粒度アスファルト混合物を使う。 これによりアスファルト舗装が状の多孔質構造となり、透水性を持たせることができる。 この時、通常のアスファルト混合物の様にストレートアスファルトを用いることもあるが、高い空隙率のために低下した耐久性を補うため、粘度の高い改質アスファルトを使用することも多い。 アスファルト舗装以外では、舗装も透水性を持つ。 透水性舗装は雨水を地下に浸透させることを目的とするが、この場合は路床や路盤も透水性を持つことが前提となるため、路盤に透水性の高い材料を用い、場合によっては路床と路盤の間に透水性を高めるためのフィルター層(砂など)を挟む必要がある。 しかし透水性の高さと支持力が相反することから、一般的には車道には不向きである。 このため、車道では透水性舗装を表層のみに使い、基層を通常の透水性のない舗装材料として舗装内で雨水を舗装内に仕込んだ排水溝、またはへ処理する構造としていることが一般的である。 これが 排水性舗装である。 舗装表面が多孔質 porus であることが前提となるため、排水性舗装と透水性舗装を統合して「 ポーラス舗装」(ポーラスアスファルト舗装、舗装)と表現することもある。 では、高速道路に用いた排水性舗装を 高機能舗装I型と称している。 利点 [ ]• 歩行者への水跳ねを抑制する。 路面に雨水が滞留しないため、やを防ぐことができる。 荒い路面が維持され、すべり抵抗性が高い。 雨水による光の乱反射が軽減され、夜間照明や前照灯による車線区分線等の視認性低下が緩和される。 地下水として直下の地中に浸透させることで、排水路などの負荷を軽減することができる。 空隙が大きく蓄熱性が小さく、夏場は一般のアスファルト舗装よりも表面温度が低くなる特徴から 、都心部のの緩和に効果がある。 空隙により走行音が分散されるため、騒音の軽減につながる。 このため、排水性舗装は 低騒音舗装でもある。 欠点 [ ]• 空隙内に、が詰まることから数年で機能低下が起こる(このような機能低下の対策として、高圧洗浄とバキューム装置を備えた専用車両が開発されている)。 が走行をする道路では空隙がつぶれ、機能低下が生じる。 このような現象は、走行車両の速度が遅いほど生じやすい。 通常の舗装補修で用いられるパッチング(破損部分だけを補修する手法)では、空隙をつぶしてしまうため、補修時には全面的な舗装の打ち換えが必須となる。 車両の走行時のロードノイズの増大。 特に、アルミホイール。 脚注 [ ].

次の

透水性舗装用の合材の種類について質問です。改質1型とストレートが...

透水 性 アスファルト 舗装

施主=施工者。 生コンポータルでも初めての実績。 普段は高校の先生をなさっていて、「エクステリアを自分でやってみたい」。 実際土工事から目地レンガ設置までご自身で施工も、「土間コンは自信ない」とあれこれ探しているところに透水性コンクリート「ドライテック 」を見つけて採用。 透水性コンクリートなら自分でできそう いるんだ、こういう人。 仕事の醍醐味の中に「感動」がある。 今回の実績はまさに「感動」だ。 DIYが流行っているとはいえ、 さすがに土間コンをDIYしようという人は相当の手練れ。 というか、プロか経験者じゃなければ自宅の駐車場土間コンを自分で施工しようなんて考え付かないだろう。 普段は高校の先生でエクステリア工事業の経験もない。 それでもDIYやってみよう。 あれこれ探していたら透水性コンクリート「ドライテック 」が見つかった。 もちろん、施工指導には立ち会わさせていただきました そういえば施工指導しているのも素人「生コン工場」 考えてみれば施工指導している僕たちも、 「施工の素人」 ただ、15年の経験があるだけで中身は「生コン工場」 コテなんか普段持たないししきならしなんかやらない。 そんな僕たちが見学会や施工指導をやっているのだ。 つまり、 素人でも施工ができる土間コン これってスーパーすごいことのように思える。 「透水性コンクリートの本当の価値」 事業を始めた当初は、 「水を透すこと」 だと思っていた。 でも、違った。 水を透すことそのものはどうでもいいことで、 ・簡単に施工できる(30分とか) ・水はけを考えなくてもいい(その要因として水を透す) ・クレームが起きづらい(ひび割れや色むらが目立たない) その機能が持つ結果(経験)が本当の価値だった。 本当に土間コンの常識を変えられる気がしている 今回の実績でも改めて実感した。 この土間コン、凄い。 知れば知るほど、本当の価値がわかってくる。 言葉は悪いが、 「素人さんでも綺麗に施工できる」 ってことはその普及力のすごさを物語っている。 プロが施工したらさらにすばらしいものになる ということの証左だからだ。 生コンでいいこと。 本来はお施主さんではなくて、 普段生コンに接しているなまこんユーザーにお届けしたい。 そのためには、まず自分たちがその価値を理解すること。 見極めること。 その意味で、今回DIYで施工された透水性コンクリートの実績は意義深い。 生コンでいいこと。 宮本充也 気になるキーワードをクリックしてください•

次の

アスファルト舗装工事

透水 性 アスファルト 舗装

水はけの悪いアスファルトは危険? あなたの近所には、雨が降るとすぐに水たまりができてしまうアスファルトはありませんか?この水たまりは、アスファルトの水はけが悪いためにできてしまいます。 アスファルトの水はけが悪いと、水たまりができるだけでなくさまざまな問題があります。 水はねがおきる 車道を走っている車が水たまりの上を通ると水はねがおき、場合によっては歩行者に水がかかるおそれがあります。 運転している人も故意ではありませんし、すべての水たまりに気をつかいながら運転するのは難しいでしょう。 すべりやすくなる アスファルトは車などが滑らないよう、表面が粗い舗装になっています。 しかし水はけが悪いと表面に水の膜が張られてしまい、すべりやすくなってしまいます。 水たまりになっていないところでも水の膜ができていることが多いため、雨の日の運転には十分注意しなければなりません。 冠水 水はけがよくないと、ゲリラ豪雨や長期的な降雨で冠水してしまうことがあります。 土地の傾斜などが原因の場合もありますが、水はけがよければ冠水の度合いも抑えることができます。 冠水すると交通に大きな影響がでるため、都市としての機能が低下してしまいます。 ハイドロプレーニング 自動車運転免許を持っている人は聞いたことがある言葉だと思います。 ハイドロプレーニングとは、車が水たまりの上を通ったときにタイヤと地面の間に水が入り込んでブレーキがきかなくなる現象のことです。 高速道路など速度を出す場所で起きやすく、こういった場所では水はけのよいアスファルトが求められています。 透水性アスファルトとは アスファルトの水はけが悪いとさまざまな危険があることがわかりましたが、水はけがよいアスファルトはないのでしょうか。 それが透水性アスファルトになります。 アスファルトは通常耐久性が求められるため、内部はすきまをできるだけつくらない密着した構造になっています。 しかしこれにより水の逃げ道がなくなり、水はけが悪くなっています。 対して透水性アスファルトは、あえてすきまをつくるような混合物で作られています。 こうすることで透水性アスファルト表面の水は、すきまを通って地面に浸透していくのです。 透水性アスファルトと似た舗装に排水性アスファルトというものもあります。 排水性アスファルトは地下に水を流すのではなく、排水溝に水を誘導する構造になっています。 排水を誘導するためにゴム樹脂を使っているため、透水性アスファルトより走行音が静かになるという特徴があります。 ほかにも石材をかみ合わせた舗装であるインターロッキングブロックにも透水性があります。 インターロッキングブロックは車が頻繁に走る道路には採用されにくいため、どちらかといえば歩行者などにありがたい舗装です。 透水性アスファルトのメリット・デメリット メリット ・水はけがよくなる 一番のメリットは、透水性アスファルトの目的でもある水はけです。 水はけがよくなることで歩行者への水はねや冠水、ハイドロプレーニング現象の発生をおさえることができます。 水はけが原因で事故が発生しやすい高速道路などは積極的に透水性アスファルトを採用しています。 ・走行音の低減 透水性アスファルトは水はけをよくするために、内部にすきまを多く持った構造になっています。 このすきまには、走行音を小さくする効果もあります。 通常のアスファルトはすきまが少なく密着した構造になっているため、アスファルトにぶつかった音をそのまま反射してしまいます。 しかしすきまがある透水性アスファルトだと、ぶつかってきた音をすきまが吸収し音の反射が小さくなるのです。 ・ヒートアイランド現象の緩和 透水性アスファルトのすきまは、ヒートアイランド現象を緩和する効果もあります。 ヒートアイランド現象とは、郊外より都市部の方が高い温度になる現象です。 日中都市部にあるアスファルトなどの道路が、たくわえた熱を夜間に放出することも原因の1つになっています。 透水性アスファルトはすきまが多くあるおかげで、蓄えられる熱量が少なくなっています。 すなわち通常のアスファルトにくらべ、ヒートアイランド現象に寄与する熱を出さないということです。 デメリット ・すきまに砂や泥がつまる すきまがあると、そこに詰まるものがでてきます。 砂や泥が詰まることが多く、数年で透水性アスファルトの機能は低下してしまうのです。 そのため定期的なメンテナンスが必要となります。 最近では高圧洗浄とバキュームの機能を合わせた、透水性アスファルト専用の車両が開発されているそうです。 ・大型の車両にすきまがつぶされる 砂や泥が詰まるだけでなく、すきまが潰されてなくなってしまっても機能は低下します。 大型車両がよく通る道路はすきまが潰されやすく、定期的なメンテナンスが必要になります。 また、大型車両でなくとも走行速度が遅い車両などは一カ所にかかる圧力が長くなるため、すきまが潰れやすくなります。 ・補修に手間がかかる 透水性アスファルトは一部分だけ補修することができず、補修する場合は大部分を施工しなおすことになります。 理由は補修作業により、すきまが潰れてしまうためです。 一部だけ補修するとその周辺の透水性アスファルトが機能しなくなり、結局全体を補修しなければならなくなります。 まとめ 近所でいつも水たまりができているところと、できていないところには透水性の違いがあるかもしれません。 水はけが悪いと冠水やハイドロプレーニング現象など、車を運転する人にとって危険なことばかりです。 歩行者も水をかけられるおそれがあるため、水はけがよいに越したことはありません。 透水性アスファルトは水はけをよくするだけでなく、さまざまなメリットを持つ優れたアスファルトです。 ある日突然道路の水はけがよくなっていたら、透水性アスファルトに替わったのかもしれません。 アスファルト工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくはのをご覧ください。

次の