扶養 内 パート 年末 調整。 確定申告必須の場合 年末調整は不要?

年末調整でパートで旦那の扶養内の書き方と生命保険料控除

扶養 内 パート 年末 調整

もくじ 読みたいところへ飛べます• 源泉徴収票の支払金額 源泉徴収票のうち 年収に該当するのが、 支払金額です。 令和元年中に給料・賞与として「勤め先があなたに支払った金額」を書くので 支払金額と呼びます。 注意が必要なのは、原則として 通勤手当が含まれない点です。 たとえば通勤手当を年間6万円もらっていたとしても支払金額には含めません。 思ったよりも支払金額が少ないなと感じた方は「通勤手当分」の可能性が高いのです。 通勤手当は通勤に必要な経費のため、税金の計算上 非課税にしていて、源泉徴収票に出てきません。 この支払金額が 103万円以下の場合には、夫(または妻)がで節税ができます。 もし103万円を超えた場合でも201万5,999円以下まではの対象です。 関連 特に産休・育休中は漏れやすいのでご注意ください。 関連 所得控除の額の合計額 3番目は 所得控除の額の合計額です。 誰でも必ず使える所得控除が 38万円の基礎控除です。 それに加えて年末調整でできる 所得控除は次のとおりです。 または• 社会保険料控除• 小規模企業共済等掛金控除 所得から控除(マイナス)されるため、その部分には税金がかかりません。 例では基礎控除に加え自分が支払った生命保険料に対する「生命保険料控除」も利用する場合を想定しています。 基礎控除38万円と生命保険料控除24,000円の合計404,000円が「所得控除の額の合計額」です。 ここでよくあるのが 「年収103万円以下でも生命保険料控除ができるの?」という質問です。 例では、給与所得控除後の金額363,440円から基礎控除38万円を引くとマイナスです。 そのため源泉徴収票に「生命保険料の控除額24,000円」とあっても、 何も控除できないのです。 ただし、年収93万円~100万円以下の場合には 住民税が課税されます。 年収100万円前後の方は、住民税で節税になる可能性があるので生命保険料控除や地震保険料控除なども年末調整でしておきたいところです。 関連 源泉徴収税額が0円以外の理由 もし 源泉徴収税額が0円以外の場合には、次のいずれかの理由が考えられます。 1 年の途中で退職した場合(年調未済) 扶養控除申告書を提出している場合、1か月の給料が月88,000円以上のときに所得税が天引きされます。 年末調整をしていれば、103万円以下なら所得税を本当は天引きする必要がなかったので還付されます。 しかし、途中で退職すると年末調整できないため、天引きされたまま=源泉徴収税額に金額が残ります。 摘要欄には 年調未済(=年末調整がまだ済んでいない)と書かれるのが一般的です。 自分で 確定申告をすれば数百円でも還付を受けることができます。 ただし、あまりに少ない場合は手間と税務署へ行く交通費や郵送代を考えて確定申告するかどうか考えましょう。 関連 2 「乙欄」で計算されている場合 源泉徴収税額が数千円ある方は、天引きされる税金が 乙欄で計算されている可能性があります。 源泉徴収票の下の「乙欄」と書かれた場所に「〇」がついています。 天引きする税金の種類には2種類あります。 扶養控除申告書を提出する場合:甲欄で計算• 扶養控除申告書を提出しない場合(2か所目以降の給料など):乙欄で計算 乙欄で計算する場合には、給料が月88,000円未満だとしても 給料に対して3. 063%相当の所得税が天引きされます。 関連 この場合は年末調整では還付を受けられないので、自分で確定申告をすることになります。 他の収入がある場合には合算して計算するため還付にならない場合もあるので、詳細は次の記事をお読みください。 関連 まとめ 源泉徴収票の見方は学校でも職場でも教えてくれませんが、大事な情報がつまっています。 この記事が参考になれば幸いです。

次の

103万以下・扶養内パート妻が書く年末調整。記入例と書き方

扶養 内 パート 年末 調整

<年末調整の対象者 目次>• 年末調整の対象者とは、年末に在職し年収が確定している人 年末調整の対象者とは、「年末」に在職している人で年収が確定している人です。 正社員はもちろんのこと、契約社員やパート、アルバイトなど雇用形態に関わらず、この条件を満たしていれば年末調整の対象者となります。 具体的には以下のような人を指します。 1年を通じて勤務している人• 年の中途で採用され、年末まで勤務している人(ただし、前職の源泉徴収票などがあり、年収が確定できる人) 反対に、年の中途で採用されたが、前職の源泉徴収票がなければ年収が確定できないので、年末調整の対象者から外れますし、同じく、年の中途で採用されたが、年初から採用まで転職期間で働いていないというような場合であれば、その勤務先だけで年収が確定できるので、年末調整の対象になります。 年末に在職している勤務先が、年収を把握できているかがポイントということです。 年末に在職していなくても対象になる場合がある さらには、次のような事情で年末まで在職できなかった人も、年末調整の対象に含まれます。 下記のような事情であれば「その時点で年収が確定した」とみることができるということです。 死亡により退職した人• 著しい心身の障害のために退職し、その退職時期からみて本年中に再就職ができないと見込まれる人• 支給日が12月中の給与を受けた後、退職した人• いわゆるパートタイマーとして働いている人が退職し、本年中の給与の総額が103万円以下の人• 居住者以外の人が「非居住者」とされています。 ただし、上記の場合に該当していても、「」(以下、扶養控除申告書)を提出していないと、年末調整の対象となりません。 なぜでしょうか。 源泉控除対象配偶者のイメージ図(出典:国税庁資料より) つまり、• 納税者の所得が900万円以下(=年収ベースで1120万円以下)• 配偶者の所得が85万円以下(=年収ベースで150万円以下) であれば、配偶者控除あるいは配偶者特別控除と名称が2種類あるにせよ、所得控除として38万円適用できるという結果に変更はないので、「源泉控除対象配偶者」として「扶養控除(異動)申告書」に記載するようになった、と押さえておくといいでしょう。 天引きされている税額が多めの可能性も 次の表は、給与所得の源泉徴収税額表の抜粋です。 毎月の給与から天引きされる源泉徴収税額は、この表をもとに計算されています()。 たとえば、健康保険や厚生年金などの社会保険料控除後の給与が33万2000円以上、33万5000円未満だった場合、独身であれば源泉所得税額が1万1120円、源泉控除対象配偶者がいれば扶養親族の数としてカウントできるので8090円であることがわかります(下記、図表赤囲みの部分)。 平成31年源泉徴収税額表 抜粋 (出典:国税庁資料より) このように、「扶養控除等(異動)申告書」にきちんと記載していれば、扶養親族等の数が考慮された上で源泉所得税額が天引きされることとなります。 しかし、記載されていないとなると、勤務先としては「控除対象配偶者となる人はいるのか」「扶養親族は何人なのか」はわかりません。 そのため、これらの事情が考慮されず源泉徴収税額が多めに徴収されているケース(扶養親族等の数が0人で徴収されているケース)が、実務上では時々みられます。 扶養控除申告書の提出先は主な勤務先、そうでない勤務先では年末調整対象外 一方、右端に 「乙」という欄がありますが、扶養親族等の数は特に考慮されていません (上記の図表で青で囲った列)。 この欄はどのような人を対象にしている表なのでしょうか。 実は、年末調整の対象とならない典型例としては、次の2つを満たす人が挙げられます。 他の給与の支払者(=勤務先)に扶養控除申告書を提出している このケースでは1社では年収が確定しないため、年末調整の対象者から外れるという見方もできるのですが、実は「扶養控除申告書を提出する」という行為そのものに、「そちらがメインの勤務先ですから、扶養親族を考慮して年末調整してください」という意思表示が含まれます。 つまり……• 扶養控除等(異動)申告書を提出した勤務先……扶養親族等が考慮された源泉所得税額を徴収• 扶養控除等(異動)申告書を提出してない勤務先……扶養親族等が考慮されず乙欄を基準に源泉所得税額を徴収 という決まりがあるのです。 したがって、上記の源泉徴収税額表では社会保険料控除後の給与が33万2千円以上、33万5千円未満と同じ条件でも、6万1100円と多額で、扶養親族等の数も考慮されません。 扶養控除等(異動)申告書を提出した会社=メインの勤務先となり、メインの勤務先でなければ、年収が確定しないので、年末調整を受けることはできません。 「扶養控除等(異動)申告書」を勤務先に提出するという行動自体に、こちらがメインの勤務先ですので扶養親族等の数を考慮して給与計算してくださいという意味合いと、こちらがメインの勤務先ですので年末調整してくださいという意味合いが含まれるのです。 パートやアルバイトなど雇用形態に関わらず、きちんと記載して勤務先に提出しましょう。 【関連記事】•

次の

扶養内のパートでも年末調整・確定申告は必要ですか?(扶養範囲内の条件)

扶養 内 パート 年末 調整

主人の扶養内でパートをしてました。 4月から2ヶ月間派遣で所得税のみ支払いました。 8月より正社員で就職し従来のパートは副業として続けています。 年末調整の書類を正社員の会社で渡されたのですが 年末調整を希望するかしないかのアンケートもありました。 私の場合 副業しているので確定申告はやらなければいけないのですが 年末調整をするかしないかの選択肢があることを初めて知り どういうことなのかを教えて頂きたく質問しました。 確定申告が必須の場合は年末調整しなくてもいいのでしょうか?またそれによって結果が変わりますか? 年末調整をして確定申告した場合 手続きが楽等のメリットがあるのですか? 宜しくお願い致します。 会社からもらった書類は 令和元年分給与所得者の扶養控除等 異動 申告書 令和元年分給与所得者の保険料控除申告書 令和元年分給与所得者の配偶者控除申告書 令和2年分給与所得者の扶養控除等 異動 申告書 の4枚です。 必要な書類のみを提出する様に言われています。 子供達は主人の扶養に入っています。 私の生命保険は主人の口座から引き落とされています。 会社での年末調整を希望しない場合は確定申告して下さいと言われています。 ですので確定申告必須の場合は希望しないものなのかと思いました。 パートや派遣の源泉徴収票は間に合わないので確定申告でやるつもりです。 また主人の年末調整には私の名前が入っています。 主人の会社には私の年収を申告すればよいだけなのでしょうか? 年末調整しなければいけない。 などという話はありません。 >4月から2ヶ月間派遣… >従来のパートは副業として続けています。 引用~~~ 前の会社などが支払った給与の金額や源泉徴収税額などは、 源泉徴収票により確認しますので、速やかにその提出を求めてください。 ~~~引用 なんでもかんでも年末調整しなければいけないというのは、 デマですから、くれぐれもお気をつけ下さい。 このあたりのルールは、現場では厳密に守れないのが実態です。 だって、 個人の職歴まで、根掘り葉掘り追究までするの? 前職で扶養控除等申告書を出しているか本人が判断ができるか? さらに、その前職から源泉徴収票を期限までにもらえるのか? なんてことを、会社の事務担当が把握し、徹底するのは、 かなり困難なことです。 ですから、このあたりの『どうすべき』は 『緩い』規則だと考えて下さい。 そして、その全ての解決策は『確定申告』です。 会社がアンケートまでとっているということは、『選択肢があるので』 なんとか、齟齬がないようにしようとしている真面目な会社なのです。 ですから、デマに惑わされず、 特に、 >派遣の源泉徴収票は間に合わない という所は上記の制限にかかりそうなので それを理由に、 年末調整をしないのが無難です!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ そのためには、 >令和元年分給与所得者の扶養控除等 異動 申告書 >令和元年分給与所得者の保険料控除申告書 >令和元年分給与所得者の配偶者控除申告書 のどれも提出しないのが、一般的なルールです。 会社によっては、まれに現住所等の確認のために 年末調整しないと明記し、 >令和元年分給与所得者の扶養控除等 異動 申告書 だけでも提出して下さいという所もあります。 但し、来年以降は、年末調整だけで済ませられる 可能性もあるので、 >令和2年分給与所得者の扶養控除等 異動 申告書 は、提出しておくことをお奨めします。 源泉徴収される毎月の所得税も減りますから。 いずれにせよ、このあたりのルールは『緩い』です。 確定申告で、全てが解決します。 いかがでしょうか? 参考 「確定申告が必須の場合は年末調整しなくてもいいのでしょうか?」 失礼ながら。 この質問自体がスタンスが違います。 年末調整はご質問者がするものではなく、勤務先がするものですから、 「確定申告が必須の場合は年末調整を受けなくても良いのか」でしょう。 1 給与支払者には年末調整をする義務があります。 2 ただし、中途採用者で前職の源泉徴収票の提出がされない者については、年末調整をしないように国税庁が指示をしてます。 これは、前職源泉徴収票提出がされない者に、確定申告義務があった場合には、申告義務の履行不履行は本人の責任に帰するという立場です。 給与支払者は年末調整をしなかった事について理由がある(本人が前職源泉徴収票を提出しない)ので、源泉徴収義務者のとしての責任は全うしてます。 確定申告することで清算されるので、年末調整を「してくれなくてもよい」という意思表示をされても、給与支払者にとっては「あなたが選択する問題ではない」が正です。 給与支払者に源泉徴収義務がある以上給与受給者には選択権はありません。 4 年末調整に必要な申告書を提出しないことで、給与支払者は「提出してくれないなら、年末調整ができません」と言うでしょう。 それならそれで「年末調整を受けてない」状態を受け入れるだけの話です。 あるいは、年末調整をして欲しくないから、あえて申告書等を提出しない選択もあります。 「年末調整をしてもらっても、確定申告するから事務を増やすだけで、申し訳ない」という気持ちがあるのかもしれませんが、確定申告するかしないかは「本人が義務を履行するかしないか」だけの問題なので、給与支払者が「知ったことではない」のです。 給与支払者にとっては「年末調整をしなくてはいけない者」か「年末調整ができない者」かのどちらかになるだけです。 「本人の希望によって年末調整をしない」というなら、本人に「書類を出さないでくれ」と言えばよいだけです。 5 年末調整を受けても、受けられなくても、他の給与収入があるので確定申告するのですか居住者としての義務は果たします。 書類提出がないことで年末調整をしない給与支払者も、咎められる事はありません。 6 結論を言えば「あなたのお好きな方を選んで」です。 7「年末調整をして確定申告した場合 手続きが楽等のメリットがあるのですか?」 も「年末調整を受けて、確定申告した場合 手続きが楽等のメリットがあるのですか?」ですね。 手続き的には、生命保険料控除額の計算をしてもらえるだけ、年末調整を受けると助かる程度でしょう。 生命保険料は旦那様が負担してるというなら、このメリットもないです。 8 「会社での年末調整を希望しない場合は確定申告して下さいと言われています。 」 会社での年末調整を希望しない人には、年末調整をしない会社なんですね。 既述ですが、本人に選択権がないものを選択させるという会社に「?」と思いますが、実務的には年末調整をしなくて良い者が多ければ、経理担当者の手間が省けますから、事務省力化のためにそのような希望を聞いてるのでしょう。 必要な書類が提出されなかったので、年末調整をしなかったと言えばお咎めされることはないので、他の回答者が言われるように「緩い」部分があるのです。 所得税法第121条にて、確定申告書の提出を要しない要件が規定されてます。 例えば「年間合計給与額が150万円以下」ならば、年末調整をうけていようがなかろうが「確定申告義務がないのです。 正確には合計給与から一定の所得控除額等を引いた額が150万円以下は申告義務なしですが、一定の所得控除額等を説明すると、述べたい要点がぼやけますので省略します。 >年末調整の書類を正社員の会社で渡されたのですが 年末調整を希望するかしないかのアンケートもありました。 アンケートをするなんて変な会社ですね。 会社は、扶養控除等申告書を提出した社員については、社員の希望には関係なく年末調整をしなければならないのですが。 【根拠法令等】所得税法第190条 >確定申告が必須の場合は年末調整しなくてもいいのでしょうか?またそれによって結果が変わりますか? あなたが確定申告をすることになっているとしても、会社はあなたの年末調整をする法的義務があります。 しないと所得税法違反になります。 【根拠法令等】所得税法第190条 かりに年末調整しないとしても、確定申告するのだから結果は同じになりますけど。 >年末調整をして確定申告した場合 手続きが楽等のメリットがあるのですか? 大きなメリットもなければ、大きなデメリットもありません。 本業の会社からもらった書類について: ・令和元年分給与所得者の扶養控除等 異動 申告書と令和2年分給与所得者の扶養控除等 異動 申告書は必ず会社に提出しなくてはならない。 給与所得者の法的義務です。 【根拠法令等】所得税法第194条(給与所得者の扶養控除等申告書)第1項柱書 ・確定申告するのだから、令和元年分給与所得者の保険料控除申告書と令和元年分給与所得者の配偶者控除申告書は会社に提出しなくても良い。 提出してもいいですが。 >主人の会社には私の年収を申告すればよいだけなのでしょうか? はい。 そのとおりです。 >会社での年末調整を希望しない場合は… くどいようですがそういう選択肢は、法律上の裏付けがありません。 まあ社員側としては、年末調整などしたもらわなくても確定申告を怠らない限り、税法に触れることはありませんけど、会社が税務署からお小言を頂戴する可能性を否定できません。 >主人の会社には私の年収を申告すれば… これも厳密には、「収入」ではなく「所得」に換算した数字です。 税の話をするとき、収入と所得は意味が違い使い分けないといけないのです。 先に示した URL のどこにも収入とか年収などという言葉は載っていなく、「合計所得金額」という表現になっているでしょう。 夫の会社には、本業も副業もすべての給与 1年分を合計し、「所得」に換算した数字を報告します。 この「合計所得金額」が 123万円を超えるなら、夫の税金には全く関係なくなりますので、夫の会社に余計な個人情報を伝える必要はありません。 >主人の扶養内でパート… 何の扶養の話ですか。 税法 2. 社保 3. 給与 家族手当 それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。 まあ税金のカテなので 1. 税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。 扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。 夫婦間は配偶者控除または配偶者特別控除です。 夫が今年分所得税で「配偶者控除」を取れるのは、妻の「合計所得金額」が 38 給与収入のみなら 103 万円以下のときです。 38万円を超え 123 同 201 万円未満なら「配偶者特別控除」です。 >年末調整をするかしないかの選択肢があることを… アンケートに何と書いてあったのか他人は知るよしもありませんが、そんな選択肢などないです。 年初または就職時に「扶養控除等異動申告書」 を会社に提出してあれば、会社は年末調整をする義務を負っているのです。 年末調整をしないという選択肢はありません。 そんな書類を出した覚えがないのなら、年末調整はしてほしくてもしてもらえません。 まあ、よほどの大企業でなければ、会社経営者が税法を熟知しているとは限らず、経営者独自の思い込みで誤った情報を社員に伝えてしまうことがあるのかもしれません。 >年末調整の書類を正社員の会社で渡された… そんなあやふやな書き方でなく、何という書類か正しくお書きください。 >私の場合 副業しているので確定申告はやらなければ… 本業に「扶養控除等異動申告書」を出してあるという前提に立てば、 ・本業の給与のみでいったん年末調整をしてもらう ・年末調整済みの源泉徴収票と、副業で年末調整していない源泉徴収票とで確定申告 の 2段階になります。 >確定申告が必須の場合は年末調整しなくてもいい… そんなルールはありません。 >年末調整をして確定申告した場合 手続きが楽等のメリットが… メリット、デメリットの問題ではありません。 税法の定めによった粛々と手続きします。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。

次の