水槽 黒い コケ。 水槽に生える黒ヒゲ状のコケの原因と対策!除去や食べる生物など

水槽に生えるコケ一覧とその除去・対策方法【総集編】

水槽 黒い コケ

原因 黒ヒゲ状のコケは「 リン」と「 ある程度の硝酸塩濃度」、「 ある程度の光」があれば繁茂します。 リンは魚のフン・エサの食べ残し、水草の枯葉から生成され、 硝酸塩は魚の排泄物から生成されます。 端的によって水が汚れているから繁茂するワケなんですが、少しの汚れでも生えてしまうのが厄介たらしめるポイント。 その他、よくコケ取りとして入れられるエビ類やオトシンクルス類がほぼ食べないのも非常に厄介です。 木酢液による除去リスク 除去する手段として最も有効なのは木酢液を黒ヒゲ状のコケに塗ること。 木酢液はかなり強い酸性でコケにダメージを与えて滅殺することができます。 しかし強力な分リスクも多く、少しでも水に溶けたら水草の調子が悪くなり、また 水槽内のバクテリアが死滅して魚や水草が育たない環境になってしまうことも。 石や流木など取り出せるモノであれば効果的ですが、それらだけにコケが生えるってことは無く、原因を解決しない限りはまた生えてくるので その場しのぎにしかなりません。 個人的には局所的に対処せず、根本を解決して 生えにくい環境にしてから行うほうがオススメです。 フィルターの掃除を行う リンの発生源になっているのは主にフィルターです。 特に外部式フィルターは大きい分、汚れが蓄積しやすくリン酸生成器と化している場合があります。 一旦フィルターを 清掃して溜まった汚れを吐き出し、ウールマットも取り替えましょう。 併せて水換え 清掃を行ったら換水を行って水中のリン酸濃度を下げるのもポイント。 流木や石、水草でレイアウトしているなら汚れが溜まる箇所が少なからずできているので、 入り組んだ場所にある汚れも吸い出しておくと効果的です。 外掛式フィルターと併用すると良い 水槽内に放り込むだけでも使用できますが美観を損ねます。 外部式フィルターを使用している場合は濾材として組み込めば良いのですが、正直交換が面倒。 そういう場合は 外掛け式フィルターに入れて使うのがオススメです。 美観を損ねず、平置きした場合と比べて水が回るので 除去効果も上がります。 水草を増やして魚の数を減らす 黒ヒゲ状のコケは「リン」と「硝酸塩」ですが、それらは それぞれ魚の排泄から生成されます。 あまりに魚の数が多すぎる場合はどれだけ対策しても無駄になってしまいます。 一度入れ過ぎでないかを見直してみましょう。 関連 またリン、硝酸塩は水草が栄養として取り込むので、水草を繁茂させることで吸着させることができます。 水草が多く成長していて魚が控えめな環境は黒ヒゲ含む他のコケも出にくくなります。 ただ枯葉は水草が吸収したリン酸の塊あり、放置すると分解されて吸収したリン酸が溶け出すので水換えやトリミングの際は枯葉や水草の破片できるだけ取り除くようにしましょう。 二酸化炭素添加も効果的 二酸化炭素の添加を行うと植物の成長が促進されるのでリン酸、硝酸塩の吸収能力を底上げすることができます。 成長スピードは何倍にもなり、つまり 吸収量も何倍にもなるので「水草が多く植わっているもののコケが酷い」という場合は二酸化炭素を添加すると効果的です。 関連 黒ヒゲゴケを食べる生物 黒ヒゲ状のコケを食べる生物は「 サイアミーズフライングフォックス」です。 エビもほんの少し食べてくれますが、黒ヒゲ状のコケはマズいらしくお腹が空いている状態で他のコケが無い場合に限るのでほぼ期待できません。 サイアミーズフライングフォックスを入れる際はある程度大きいサイズ、 できれば7cm以上の個体がオススメ。 小さいものは食べる能力が弱く減りを実感しづらいのですが、ある程度のサイズであれば食べる量と削ぎ落とす力も強いため少しずつコケが無くなっていくのを実感できると思います。 ただしコケの生成量を抑えた上でサイアミーズフライングフォックスを入れないと「増える量>食べる量」となってしまうので、先述した方法を行って 生成量を抑えた上で入れるのも重要です。 関連 ひどい場合は遮光も行う すぐに黒ヒゲ状のコケの生成を止めたい場合は遮光が効果的。 真っ暗にするとコケは成長できなくなるため、サイアミーズフライングフォックスが食べた分だけ減っていきます。 僅かでも光が入るとコケが成長するのでできるだけ遮光を心がけるのがポイントです。 まとめ、個人的な所感 黒ヒゲ状のコケは他のコケと比べて、 少ない汚れでも生育し、除去する手段が限られているのが非常に厄介。 木酢液や全清掃などを行いがちですが、原因を解決しないとまた生えるので根本改善を行うことが重要です。 綺麗に掃除するのはコケの勢いが落ちてから。 発生した場合は まずフィルターを清掃してリン酸の生成を抑え、サイアミーズフライングフォックスを入れます。 サイアミはある程度大きいのが効果的。 小さいと除去能力は低めです。 また、多めのほうが少なくなってくるのが実感できると思います。 それでも落ちない場合は魚の数を見直すか、リン酸吸着剤を使用してみると良いでしょう。 サイアミーズフライングフォックスを見てみる: 関連記事: 関連カテゴリー:.

次の

画像で判別!水槽や池のコケ対策 コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件

水槽 黒い コケ

コケ対策には種類の見極めが大切 水草水槽やビオトープ 池 などでアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題のひとつ。 それがコケ 藻 の発生による原因探しと対策でしょう。 水槽のガラス面に生えるコケ 藻 や水草に生えるコケなどコケの種類も様々ですが、一概に言えることはコケ 藻 が水槽や池に蔓延してしまうとせっかくの綺麗な水槽が台無しになってしまうということです。 そんな嫌われ者のコケ 藻 にもいろいろな種類があり、全てのコケ 藻 に対してこれが原因で、こう対策すれば絶対大丈夫という対策はありません。 だからこそコケ対策にはコケの種類を見極め、発生する原因や生える条件を除去し発生を最小限に抑える対策をとる事が重要なのです。 コケ 藻 の発生原因は完全には防げない コケの対策や掃除は大変なものなので、できればコケ 藻 の発生原因を根本から解決して、コケ 藻 を水槽内に全く生えないようにしたいと思うのがアクアリストの心情でしょう。 しかし、コケ 藻 は新品の設備を用意しても、水草投入の際に細心の注意を払ってもいつの間にか発生してしまうもので、いくらコケ 藻 の発生原因を水槽内に持ちこまないように気をつけてもコケ 藻 の進入は防げません。 よって、コケ 藻 の生えない水槽はありえないのです。 その理由はコケ 藻 が空気中に漂っているからです。 というとちょっと言いすぎかもしれませんが、コケの発生原因となる胞子はバクテリアやカビの菌などと同様に空気中を浮遊し水槽内に進入してきます。 よって進入を防ぐ事は不可能ですので、水槽内ではどれだけコケの繁殖を抑える条件を整えられるかが対策の鍵となります。 コケ 藻 の発生する原因 ウィローモスに付着する茶コケ コケ 藻 の発生する原因には大きく分けて外部からの持ち込み、水質悪化、光量過剰があげられます。 外部からの持ち込みとは新規に水草を購入した際にその水草に付着している種類のコケ 藻 を水槽内に持ち込んでしまう事です。 この原因で発生するコケの対策には、新しい水草の投入の際にしっかり濯ぎ洗いをしたり、古い葉をトリミングしたり、目視により確認できるコケの除去などを行っておくことが大切です。 またどうしても心配な方は、購入した水草で一度水上育成を行い、水上葉を伸ばしてから水上葉を水槽内に投入する方法もあります。 水上葉育成という方法は時間のかかる作業ですが、購入した水草が以前育っていた環境からのコケの持ち込みを防ぐには最適な方法です。 ただ水草の種類によっては、水上化しないものや水上化が難しいものもありますで水草の品種に対する多少の知識を必要とします。 水質悪化による富栄養化が原因 水質悪化による富栄養化の原因には、生物ろ過の立ち上げ不足や魚の入れすぎ、エサの与えすぎなどがあります。 熱帯魚は数が多ければそれだけ華やかに見えるので初心者の方は水槽に対し、どうしても過剰に熱帯魚をいれてしまうことがあります。 どのくらいの量を過剰と考えるかは人それぞれですが、熱帯魚が酸欠になるレベルの数を入れてしまったときには水槽内の酸素量に対して過剰と考えますが、コケ 藻 の発生に対する過剰とは熱帯魚の排出する排泄物が水槽内でろ過しきれなくなり、コケ 藻 の栄養過多となってしまうことを指します。 適度な生態の数は水槽内の生物濾過を促進させるため必要なのですが、過剰になると生物濾過が追いつかず、水質が悪化してコケの大発生に繋がってしまうのです。 魚やエビなどの排泄物以外にもエサの食べ残しなども沈殿して腐敗し、水質を悪化させる原因となりますので、エサの与えすぎにも注意しましょう。 Advertisement 関連する記事• 2019. 2020. 29 コケまみれの水草水槽を綺麗にする方法 コケの取り方・減らし方 見るも無残なコケまみれの水槽。 意図して作り上げたわけではないのに気がつけばコケだらけ。 そ[…]• 2019. 10 明るい緑色の糸状コケ対策 水槽内に発生する厄介なコケ。 その中でも糸状コケに対する発生原因や対処方法についてご紹介いたします。 また糸状コケに効果のあるコ[…]• 2019. 19 苔ブーム到来!嫌われるコケ 藻 と好かれる苔 「苔とは?」と尋ねられたらどのようなイメージを連想されるでしょうか?小さい・かわいい・癒されるなどの好印[…]• 2019. 18 水槽の硝子や水草に付く茶色いコケの対策方法 最近水槽を立ち上げてネオンテトラとアフリカンランプアイを飼いはじめました。 水草はカモンバとアマゾンソードと[…].

次の

糸状コケ

水槽 黒い コケ

オトシンはどんな熱帯魚? オトシンという熱帯魚には多くの種類がいますが、アクアリウムで最も有名な種類はオトシン・クルスです。 熱帯魚ショップで単にオトシンと呼ばれるのは、このオトシン・クルスになります。 オトシン・クルス 他にもコケ取りとして有名なのがオトシン・ネグロという種類のオトシンもいますが、こちらは、オトシンよりも一回り体が小さくなります。 オトシンは口が吸盤状になっており、水槽の内壁や流木、水草などに吸い付いて暮らしています。 そして吸盤状の口で、水槽の内壁や流木に生えるコケを削ぎ取って食べてくれるので、水槽内のお掃除屋さんとして人気を不動のものにしています。 淡水のアクアリウムでは、ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビと並んでコケを取ってくれる三大巨頭の生体となります。 スポンサーリンク オトシンがコケを食べてくれない理由 さて、ここからは本題である「オトシンがコケを食べない理由」について、私の飼育経験から原因をお伝えしたいと思います。 せっかくオトシンを水槽に入れたのに、全然コケを食べてくれなかったら…以下の点を注意してみてください。 水槽に生えているコケの種類や状態が原因の場合 オトシンには好きなコケと嫌いなコケがあります。 最も人気のオトシン・クルスについては、色が茶色の茶ゴケを食べてくれません。 また、黒髭苔と呼ばれる黒いコケも食べない傾向が強いです。 オトシン・クルスが好んで食べるのは、基本的に緑色をした糸状藻と呼ばれるコケです。 水槽の内壁や流木にも生えますが、非常に細いコケのためオトシンも食べやすい種類の藻になります。 下の写真に緑色の糸状藻が発生した石の例を載せておきますが、このように緑色をしたコケであればオトシンが好んで食べてくれます。 オトシン・クルスの好きな糸状藻 もし、皆さんの水槽の中に巨大に成長した藻や苔がある場合、基本的にオトシンでは対処ができません。 例えば、上でも述べましたが、水草にこびりついた黒髭苔については、オトシンは食べもしませんし見向きもしてくれません。 つついているように見えますが、ほとんどコケの量が減っていないことがわかるかと思います。 ミクロソリウムに発生した黒髭苔 人口飼料を与え過ぎが原因の場合 これも大きな原因の一つです。 オトシンは基本的にコケを掃除してくれるメンテナンスフィッシュとしてしいくされるため、他の魚と混泳させる状態が多いです。 その混泳させる魚に与える餌をオトシンが食べてしまうと、オトシンのお腹が一杯になってコケを食べるのを止めてしまうのです。 人間に例えるなら、目の前にセロリとステーキがあったら、多くの方はステーキを食べますよね。 それと同じです。 もちろん、オトシンの成長や健康状態を整えるのに、人口飼料は欠かせないこともありますが、あまりお腹が一杯になる状態まで与えてしまうのは良くないと思います。 オトシンは基本的に水槽の底に落ちた人口飼料を食べるので、他の魚が水中で大半を食べてしまうような速度で餌を投入すると良いかと思います。 言い換えると、あまり水槽の底に人口飼料が落ち過ぎないようにするということですね。 水槽の底に落ちた人口飼料を食べるオトシン 水槽が明るすぎることが原因の場合 これは全てのオトシンに当てはまることではないのですが、10匹のオトシンを飼育すると何匹かは水槽用ライトが点灯しているときには動かずにじっとしている場合があります。 オトシンはナマズの仲間なので、基本的に臆病です。 そのため、暗い場所が好きで夜行性の一面を持ち、水槽のライトが明るすぎる場合には、物陰にひそんだりして動かないことがあります。 そのようなオトシンは、多くの場合、水槽用ライトを消した夜の間に活動してコケを食べていることが多いです。 夜に薄明かりを付けてみて、オトシンが元気に動き回ってコケを食べていたら、問題はない事かと思います。 私の60cm水槽にも6匹のオトシン・クルスがいますが、2匹は昼間に全く動かないです…。 夜になると活発に動き出します。 一緒に混泳させている魚の種類が問題の場合 一つ上の見出しで、オトシンは臆病であると記載しました。 それに関連して、大きな体の魚と混泳させていると、怖がって動かなくなる場合があります。 私の水槽では、過去にエンゼルフィッシュを飼育していましたが、エンゼルフィッシュが動き回っていると、オトシンはじっとして動かない状態でした。 夜の時間帯になると、エンゼルフィッシュが活発に動かなくなるので、オトシンも安心して水槽のコケを食べてくれていました。 正直なところ、混泳魚が問題という場合にはなかなか打つ手がありません。 オトシンには悪いのですが、動ける時に動いてもらいコケを取ってもらうしかないかと思います。 病気や水質が原因の場合もある 病気の時には、コケだけではなく人口飼料も食べなくなります。 外見上で分かる病気であれば、白点病や尾ぐされ病などがあるので薬浴させて回復をさせてあげて下さい。 ただし、ウイルスや細菌が原因で内臓系の病気に罹っている場合は、見つけることも難しいので、治療が困難になることが多いです。 実はオトシンは水質の変化に弱い面もあります。 水槽の水を入れ替える時に、ほぼすべての水を入れ替えるような事になると、動きが悪くなることもありました。 オトシンがコケを食べてるのにコケが減らない理由 オトシンが頑張って水草や流木に生えるコケを食べてくれているのに、全然コケの量が減らないという場合があります。 多くの場合、コケの生えるスピードの方が早く、オトシンによるコケ取りが間に合わない状態です。 そのような場合には、水槽に入れるオトシンの量を増やすことも一つの手です。 少し数が多い気もしますが、水槽内のコケを確実に防ぎたいのであれば、このくらいの量を入れることをお勧めします。 また、コケの成長が早すぎて、オトシンが食べられない大きさに育ってしまっているコケもあります。 それらは、オトシンでは太刀打ちできないコケになるので、手で取り除いて除去してあげて下さい。 オトシンを水槽に導入するタイミングに注意 オトシンを水槽に入れるタイミングは、いつが良いのでしょうか? 答えは、水槽を立ち上げてフィルターが立ち上がったらなるべく早い段階で水槽に導入することです。 コケは生え始めの初期に対処をすることが一番大切です。 水槽内でコケが大きく育つと、手に負えません。 オトシンを入れようが、ヤマトヌマエビを入れようが、コケの成長速度の方が早くなり、コケ取りの生体ではどうしようもなくなります。 そのため、そうなる前に、水槽立ち上げの初期でオトシンは水槽に入れてあげましょう。 この記事の最後に この記事では、淡水水槽内のコケ取りとして有名なオトシンがコケを食べてくれない理由について、私の経験から理由を記載させていただきました。 オトシン・クルスが食べてくれるのは、発生初期の糸状藻 緑色の細い藻 です。 また、オトシンはコケが大好きでコケを食べているのではなく、人口飼料の方が好きです。 そのため、人口飼料でお腹いっぱいになるとコケを食べてくれないくなります。 オトシンを水槽に入れる時は、餌の与えすぎにも注意しましょう。 また、オトシンをコケ取りとして水槽に入れる場合には、水槽とフィルターを立ち上げた後になるべく早めに入れるようにしましょう。 コケが大きく成長した状態になると、オトシンは食べてくれません。 コケ取りの生体の習性を知り、水槽内のコケを綺麗にしてくれる飼育環境を考えてオトシンの飼育をしてみて下さいね。 こんにちは!管理人のtoruです。 アクアリウムに復帰して、毎日子供と楽しんでいます。 普段は電子工学の研究をしているため、アクアリウムは心を休める意味もあったのですが、その趣味も勉強になってしまいました。 私の経験と実際のデータなどを使って、皆様に共感いただける記事の作成を進めていきます。 詳しい自己紹介は管理者情報に記載します。 コメント・メッセージ、お待ちしております。 関連する記事• 2020. 31 水槽の中で魚を飼育していると、常に物陰に隠れてしまい、なかなか表に出てこない魚がいませんか? 私の管理している水槽でも、なかなか表に出てこない魚がいま[…]• 2020. 05 飼育しているネオンテトラのお腹が割れて、お腹の中身が飛び出している状態のものを発見しました。 毎日の観察をしているのですが、特にいつもと変わらない状態[…]• 2020. 02 熱帯魚には多くの魅力がありますが、その魅力の中でも鮮やかな色を楽しめることは、誰もが感じる最も大きな魅力ではないでしょうか? ネオンテトラの様に鮮やか[…].

次の