フェアリー テイル ナツ。 【モンスト】ナツ(獣神化)の評価と適正のわくわくの実|フェアリーテイル|ゲームエイト

【漫画】フェアリーテイルの最終回ネタバレやナツとルーシィのその後を紹介

フェアリー テイル ナツ

撃種は反射。 戦型はバランス型。 アビリティは 「滅竜魔導師」「アンチ魔法陣」「友情ブースト」 ゲージで 「超アンチワープ」「アンチブロック」を所持。 本コラボ固有アビリティ 「滅竜魔導師」の性能は、 「ドラゴンキラー」「ドラゴン耐性」が合わさったアビリティとのことです。 では みんなの反応を見てみましょう。 モンストあるある恐ろしや。 そこは実現しなくてよかった。 とは言えFAIRY TAILコラボか。 後々も使えそう。 やはり主人公のナツは実質6アビリティ所持とかなり強そうですね〜。 「ナツ強すぎん?」といった声が多く見られました! 関連記事 フェアリーテイルコラボ決定! みんなの反応.

次の

【フェアリーテイル】謎多きラスボス!?ゼレフの正体や強さについて迫ってみた

フェアリー テイル ナツ

第10位:ナツVSヒューズ 並行世界エドラスでは慢性的な魔力不足に陥っているため、アースランドからやってきたナツたちは魔法を使うことができません。 その中でナツはエドラス王国がアースランドから魔力を供給させるだけでなく、エクシードの排除や王国の魔力独占を知らされることに。 人民よりも自分たちが魔力を使用することにのみ固執していることから、私利私欲のために行動するエドラス王国に対して大きな怒りを見せるのでした。 『FAIRY TAIL』らしい真っ直ぐなシーン 『FAIRY TAIL』では王道少年漫画を象徴するシーンが多く、はっきりとした悪に対してストレートな発言が特徴的です。 エドラス編で残した「魔力があろうがなかろうが、大事なのは生きてるって事だろ!命だろーが!」というナツのセリフは典型的な例で、絶対に許さないという意識が表れています。 これこそが『FAIRY TAIL』の魅力であり、長年にわたって連載が続いて愛され続けた要因なのかもしれません。 第9位:ベルノ老師の死 評議院の一人であるベルノ老師は、数々のギルドを渡り歩いていたガジルを常に気かけていた唯一の存在でした。 彼にとって唯一の味方と言ってもいい人物ですが、ガジルはお節介としか思えず、煙たく思うばかりでした。 しかし「冥府の門」が評議院を攻撃すると、ベルノ老師は命を落としてしまうことに。 これがガジルの心を大きく変えることとなり、誰よりも命を賭け、何より大切な者を絶対に守るために戦っていくようになります。 人一倍命を賭けて戦うガジル ガジルが大きく変わった理由は、恩人でもあるベルノ老師に対して、何も恩返しができなかったという後悔の念が大きな部分となります。 「妖精の尻尾」ではレヴィに対して気を使っていましたが、ベルノ老師の死を受け止めてからは、彼女を守るために命を張って戦う姿がより強く描かれるようになるのでした。 それまで本心を見せずに振る舞っていたガジルが、少し自分の気持ちに対して正直になっていくシーンとなっているため、必見となります。 第8位:未来ルーシィとナツ エクリプスの騒動で、未来からやってきたルーシィは元いた世界が滅んでしまったことを伝えに現れます。 肝心の滅亡を阻止する方法については分からず、危険が迫っていることを告げるため、必死になってエクリプスをくぐり抜けてきました。 そんな危険が迫っているために未来からやってきたルーシィを、何一つ疑わず聞き入れたナツの姿は、どのシーンよりもたくましく感じてしまいます。 何より仲間として受け入れており、その寛大であり仲間を疑わない純真さに、未来のルーシィは涙を流してしまうのでした。 何者だろうとも仲間であることには変わらない 未来からやってきたルーシィは、戦いの中で命を落としてしまいますが、最後にナツたち「妖精の尻尾」に出会えたこと、ギルドマークをもう一度見ることができたことに喜びを感じます。 しかしナツやハッピーは彼女の死を受け入れることができず、未来からやってきた人物であっても、仲間であることには変わらないとして、懸命に生き続けるよう語りかけるのでした。 ナツたちの想いは届きませんでしたが、ナツがどれだけ仲間を愛しているのかを知ることができ、その熱い気持ちに涙を流さずにはいられません。 第7位:「妖精の尻尾」式壮行会 「妖精の尻尾」から去っていく者に対して、最後に3つの掟を伝えるのが「妖精の尻尾」式壮行会。 1つ目と2つ目はギルドと個人の利益に関する内容ですが、3つ目だけは内容が大きく変わっており、「妖精の尻尾」らしい文言が連なっています。 その言葉を語る者は涙を押し殺しながら語り、言葉を送られている者は涙を流すばかり。 最後の最後まで「妖精の尻尾」が仲間の存在を何より大切にしており、素晴らしいでは言い表すことができないほどの絆で結ばれていることが分かります。 ギルドを去っていく仲間へのエール 3つ目の文言とは、「例え道は違えど強く力の限り生きていかなければならない、決して自らの命を小さなものとして見てはならない、愛した友のことを生涯忘れてはならない」というもの。 たとえ別れたとしても、同じ空でつながっていることを示し、互いに過ごした日々のことは一生ものであると、強いメッセージが込められていることが窺えます。 力強く3つ目の掟を伝える姿は決して軽いものではなく、「妖精の尻尾」が素晴らしいギルドであると感じさせるばかりです。 第6位:カナとギルダーツ 『FAIRY TAIL』において、血のつながった親子の絆を描いた唯一のシーンが、カナがギルダーツに親子関係であることを打ち上げたシーン。 ギルダーツは女癖が悪いところがありますが、生涯愛した女は一人だけだと語り、カナもずっと伝えることができなかった言葉を伝えられて、安堵の表情で涙を流します。 以降はギルダーツの娘への溺愛ぶりが強調されていますが、再び旅に出て娘や仲間の窮地に駆けつけるなど、カッコイイ姿を披露しています。 最強魔導士が流した本気の涙 「妖精の尻尾」最強魔導士と謳われるギルダーツですが、自身よりも強い魔導士が世界中にいることを知るなど、まだまだ器の広さを感じさせる人物です。 そんな強い男が涙を流している唯一のシーンは、たった一人の娘に愛情を注ぐことができなかったバカな父親であることを恥じるシーンでもあります。 「もう一度、愛する資格をくれ」と涙ながらに語るその様子は、すっかり出来上がってしまった親子の溝を、必死に修復すようとする様子が如実に表れています。 第5位:ルーシィの星霊王との謁見 仲間を守るため、過去に契約する主人を結果的に殺してしまい、「獅子座の星霊」であるロキは星霊界に帰ることができなくなります。 そして現世にとどまる力もなくなり、消滅することで自らの罪を償おうとしますが、ルーシィはその行為は間違っていると阻止します。 星霊魔導士として未熟なルーシィでしたが、無理やりにでも星霊界の扉を開こうと必至に。 すると星霊王が現れ、自身の身を犠牲にしてまでも仲間のために命を賭ける姿に感銘を受けては、特例でロキの星霊界帰還を許可するのでした。 星霊を想う気持ちが強いルーシィ 「妖精の尻尾」が仲間を大切にしているのと同時に、ルーシィもまた、契約している星霊たち一人ひとりを大切な仲間として認識しています。 だからこそ、星霊であるロキに対して自分を犠牲にしながら行動でき、その仲間を失いたくない一心で行動するのでした。 多くの星霊魔導士が星霊を道具として認識している中、ルーシィのような存在は特別であり、そんな彼女の強い気持ちは星霊界を動かしてしまうほどのパワーが込められています。 第4位:ナツVSギルダーツ S級魔導士昇格試験において、ナツは試験官として待ち構えていたギルダーツと対峙します。 何が何でもS級魔導士になること、そして最強のギルダーツと手合わせできることに喜びや楽しみを感じていたナツでしたが、相手を数歩だけ後退させるのがやっとでした。 そんな中、ギルダーツも本気を出してナツとやり合う覚悟を決めると、ナツはギルダーツが放った威圧感だけで降参を宣言してしまいます。 しかしギルダーツは戦いに勝ったものの、敗者となったナツに「合格」の2文字を告げます。 弱さを自覚できるかを試した試験 ギルダーツがナツに試したのは、「弱さを自覚する」ことでした。 それは己れの弱さを知るという事だ。 弱さを知れば人は強くも優しくもなれる。 」という最強魔導士だからこそ語れる言葉をかけては、ナツの成長を喜ぶのでした。 その後、「悪魔の心臓」との構想では、仲間たちをそれぞれが己の弱さを自覚しながらも、互いに協力することで強敵を打ち破ろうと前向きに行動。 ギルダーツの言葉が大きく反映されている戦いぶりを披露していきます。 第3位:ラストエイジス エクリプスからやってきた竜を撃退するため、滅竜魔導士だけでなく魔導士たちも一丸になって戦いますが、その強大さゆえに全く歯が立ちません。 やがて防戦一方となり、次々と魔導士が倒れてゆく中、ウルティアは「時のアーク」で竜がやってくる前までの時間に戻そうと考えます。 そしてラストエイジスを発動させますが、時を巻き戻せた時間は1分だけとなり、自身の命ではたった1分しか価値がなかったのだと、絶望してしまうのでした。 運命を大きく左右した1分の巻き戻し 「ラストエイジス」で自分の命を捧げたウルティアでしたが、1分しか巻き戻せなかった事実に絶望することに。 しかし竜と戦う魔導士たちにとっては大きな1分間となり、未来に起こる光景が脳裏に焼き付いては、辛くも一命をとりとめた者が多くいました。 その中にグレイの姿があり、不思議な体験をしながらも、何とか窮地を脱していきます。 やがて脳裏に焼き付いた光景は未来の景色であることを悟ると、ウルティアによって救われたことを感じとります。 そしてグレイは2度もウルの親子に救われたことを、涙を流しながら感謝するのでした。 第2位:ラクサスの破門とファンタジア ラクサスが起こした「バトル・オブ・フェアリーテイル」では、「妖精の尻尾」の多くが仲間うちで傷つけあうこととなり、何も残らない結果となりました。 一連の責任を取らせるため、マスターであるマカロフは孫に対して破門を言い渡し、ラクサスもその決定を受け入れます。 そしてマグノリアを去ると同時に、街はファンタジアで賑わいが増していきますが、その中で「妖精の尻尾」たちはラクサスの旅立ちを、気持ちよく送り出していくのでした。 「妖精の尻尾」を想ってのラクサスなりの行動 「バトル・オブ・フェアリーテイル」はラクサスなりに「妖精の尻尾」を想って起こした行動であり、その気持ちは「妖精の法律」を使用したシーンに表れています。 「妖精の法律」を使用するためには、相手を敵として認識する必要があり、ラクサスは家族である「妖精の尻尾」メンバーを敵として認識することができませんでした。 結果、ラクサスのクーデターは失敗となり、世界中を旅してまわった後、再合流して仲間であり家族である「妖精の尻尾」のために行動するようになります。 第1位:敵同士で果たされた親子の再開 「冥府の門」との戦いで、グレイは実の父親であるシルバーと戦うことになります。 氷の造形魔導士と滅悪魔導士との対決はグレイが勝利することになりますが、シルバーを殺さなければ戦いに勝てないことを知りながらも、とどめを刺すことができません。 それは実の父親であることが大きく、残された唯一の肉親を殺すことは、心優しいグレイには到底できない行為でした。 葛藤するグレイの姿が胸に刺さる 17年ぶりに再会を果たしたものの、シルバーはすでに故人となっており、操られているからこそ目の前にいることを語ります。 そして自分の滅悪魔法をグレイに託すために、生き恥をさらしていました。 するとグレイは、「ギルドの敵なら関係ねえんだ!! そうやってオレたちはギルドを守ってきた!! オレは…それでもアンタを殺せねえ」と自身の胸の内をさらけ出します。 自身の手で父親を殺すという最大の葛藤に直面しているグレイの表情は、紛れもなく正しいことであるため、多くのファンがグレイと同じ心情を抱いたはずです。 直視できないほどの印象的なシーン グレイとシルバーの会話シーンは、『FAIRY TAIL』ファンの間で屈指の名場面と認識されています。 さらには直視できないシーンと言われており、どれほど多くのファンがグレイの想いに涙を流していたのか、容易に想像できるでしょう。 シルバーが自身を偽りながらグレイのために戦っていた部分もありますが、それ以上にグレイの悲痛な叫びが多くの人に突き刺さっているのは間違いありません。 まとめ 『FAIRY TAIL』の名場面トップ10をランキング形式で紹介しました。 賛否両論はあるかと思いますが、多くのファンが涙した「グレイVSシルバー」は外すことができないでしょう。 また「ラストエイジス」をはじめ、グレイ絡みの部分は名場面が多い気がしてなりません。 素っ気ない部分がありますが、それでも心優しい様子を多く見せており、グレイに注目してみると、新しい名場面が発見できるかもしれませんね。

次の

【フェアリーテイル】謎多きラスボス!?ゼレフの正体や強さについて迫ってみた

フェアリー テイル ナツ

撃種は反射。 戦型はバランス型。 アビリティは 「滅竜魔導師」「アンチ魔法陣」「友情ブースト」 ゲージで 「超アンチワープ」「アンチブロック」を所持。 本コラボ固有アビリティ 「滅竜魔導師」の性能は、 「ドラゴンキラー」「ドラゴン耐性」が合わさったアビリティとのことです。 では みんなの反応を見てみましょう。 モンストあるある恐ろしや。 そこは実現しなくてよかった。 とは言えFAIRY TAILコラボか。 後々も使えそう。 やはり主人公のナツは実質6アビリティ所持とかなり強そうですね〜。 「ナツ強すぎん?」といった声が多く見られました! 関連記事 フェアリーテイルコラボ決定! みんなの反応.

次の