高校nhk講座。 [B! NHK] NHK高校講座

書道 NHK高校講座書道 おすすめ動画&人気YouTubeランキングまとめ!

高校nhk講座

NHK学園高校は12日、全国の高校生を対象に、英語と数学の学習コンテンツの無償提供を開始したと発表した。 今回の無償提供では、英語と数学から各1科目を選んでリポート課題の提出・添削を受けられる。 英語と数学いずれかだけの受講もできるが、受講するには、「NHK高校講座」を視聴することが必要条件。 無料受講するには、まず、専用サイトで「受講の際の注意点」を確認したうえ、「無料受講申込みはこちら」ボタンをクリックして、申込みフォームに必要事項を記載。 同高の学習サイトへのログインIDとパスワードが届くから、それまで同講座の視聴を始めてみる。 同講座は、サイトからいつでも好きなコンテンツを視聴することができる。 同講座の視聴後、同高の学習サイトでレポート課題に挑戦。 取り組んだ課題には、ネット上で添削を受けることができる。 同高は、1962年にNHKが設立した日本発の広域通信制高校。 「NHK高校講座」を視聴することで登校回数を抑えながら、しっかりと学習することができるのが最大の特徴。 無償提供の概要 応募締切:6月15日(月) 応募条件:高校生であること 対象科目:英語と数学から各1科目を選んでリポート課題の提出・添削を受けられる。 英語と数学いずれかだけの受講も可能 注意事項:受講には、「NHK高校講座」を視聴することが条件 関連URL.

次の

NHK高校講座/NHKラジオ講座をスマホにダウンロードする方法

高校nhk講座

1回の放送が20分で年間40回ですから、「高校講座」とは言っても実際に高校のときに受けていた授業の分量にはとても追いつきません。 40回の各テーマに合わせてトピックがあり、エピソードが紹介されたり、出来事の整理がされたりという感じです。 また 写真、 映像がたくさん提供されるので、 ビジュアル的に理解が進みます。 それらをきっかけに 興味を持ったところについて詳しく調べたり、 本を読んだりするのはどうでしょうか? 社会の 政治経済などは、忘れかけている 基本的な知識の総点検に使えそうです。 国語の表現をメインにとりあげる「 ベーシック国語」はタイトルだけを見ていても気になるものがあります。 古典は勉強のつもりではなく、 教養を高めるつもりで聞いていると気軽に聞けます。 そう、「勉強」と思うと硬い感じになりますが、 教養のつもりで聞くと新たな発見に満ちています。 高校までの学習内容は、大人として、社会人として一通り身につけておきたいことが詰まっています。 テキストは買わなくても、 PDFでまとめが配信されていますので、プリントアウトしたり、あるいは手元のパソコンやタブレットの画面で表示しながら見るので十分です。 テストのための勉強じゃなくて、 自分が興味があるから勉強する。 気になったところは さらに深めていくためのきっかけを探す、ということでもいいでしょう。

次の

ラジオ英会話で英検準一級は少し難しい。おすすめ講座は「高校生から始める現代英語」

高校nhk講座

NHK高校講座ホームページは、番組の視聴とあわせて、より深い学習ができる「自学自習のパートナー」です。 科目は英語、数学、物理、国語、歴史、化学などに関わります。 講座のスタイルは軽くて説明が分かりやすいですので、愛用者が多いです。 そのうち、一部の人は必要な講座をダウンロードして携帯電話に入れて聞きたいです。 そのようにすれば、いつでもどこでも勉強できます。 では、この記事には、NHK高校講座・ラジオ講座のダウンロード方法及びダウンロードした講座をiPhoneやAndroidスマホに入れる方法について説明いたします。 NHK高校講座・NHKラジオ講座をダウンロードする方法 NHK高校講座は通常複数の部分に分けて再生します。 そのため、殆どのダウンロードソフトは最初の部分しかダウンロードできません。 を使えば、必要に応じて、好きな部分を選択してダウンロードできます。 もちろん、全てダウンロードすることも可能です。 使い方は以下のとおりです。 以下の無料ダウンロードボタンをクリックして、動画ダウンロード無双をダウンロードし、インストールします。 その後、ソフトを立ち上げます。 ダウンロードしたい講座のリンクをコピーして、ソフト画面の左上の「URLを貼り付ける」をクリックします。 それで、ポップアップした画面で講座の全ての部分が表示されます。 必要な内容にチェックを入れて、「ダウンロードリストに追加」を押します。 選択した動画は自動的にダウンロードリストに追加されてダウンロードされます。 上記の3つのステップでNHK高校講座・NHKラジオ講座をダウンロードした後、次はダウンロードしたNHK講座をiPhoneやAndroid又はiPadなどのポータルデバイスに入れることになります。 そのようにすれば通学中などの時にも見られます。 パソコンに保存している講座動画を携帯電話などに転送するには、初心者でも簡単に使えるApowerManagerがオススメです。 このソフトはiOSとAndroidの両方にも対応できますので、非常に便利です。 では、使用方法を見ていきましょう。 講座動画をパソコンから携帯電話に転送する の最も注目する機能はパソコンと携帯デバイスとの間のデータ転送機能であると思います。 その他に、最近追加したばかりのも高い人気を集めて、愛用者が多いようです。 PCにダウンロードしたNHK講座を携帯デバイスに入れるには、以下の数ステップだけでできます。 ご注意:iOSデバイスの場合、パソコンにiTunesがインストールされていることをご確保ください。 Androidの場合、デバイスのUSBデバッグを有効にしておいてください。 以下のダウンロードボタンを押し、ApowerManagerをダウンロードしパソコンにインストールします。 ソフトを立ち上げて、USBケーブル経由で携帯電話をパソコンに接続します。 少々待てば、携帯電話はApowerManagerに認識されて、接続を確立します。 ソフト画面上の「動画」タグをクリックし、動画ファイル管理画面に進みます。 「インポート」ボタンを押し、パソコンから講座を選択し、携帯電話に転送します。 転送が終わるまで待てばいいです。 上記の3ステップでNHK講座をiPhoneやAndroidスマホに入れることができます。 このスマホマネージャーでは、パソコンとスマホとの間で動画や音楽などのデータの転送ができるだけでなく、iPhone間のデータ転送及びも可能です。 そのソフトのもっと多くの機能を体験したければ、速くダウンロード・インストールしてください。

次の