チケトレ。 チケトレ(音楽業界公認)は転売に効果あり?ぴあ仲介で安全?

高額転売を阻止する「チケトレ」誕生!しかし問題点もあるようで…

チケトレ

チケットストリート vs チケトレ 果たして売れたのは、、 チケットを売るきっかけ 7月上旬にROCK IN JAPAN FESTIVALことロッキンのチケットが届きました。 いざ中身を確認してみるとチケットが2枚入っている、、「あれ何でだっけ、連れの分も買ったんだっけ?」と少し困惑しながら色々思い返してみると 連れは自分で買ったと言ってたな、、 この時点で、間違って2枚買っていることに気付く! 「どうしよう、、連れ以外にチケット買ってくれる人なんかいねぇよ、、」と絶望しながらも それなら公式で宣伝しているチケトレで売ろうと思い立ちました。 チケトレで売ろうとしたら、、、 さっそくチケトレで売るために出品登録をしました。 よく考えたら当たり前の事なんですけどね。 なので新しく早期割のチケットの項目を作成してもらうようにチケトレに申請を出す必要があると。 そして一応申請はしたもののいつ登録されるかわからない。 公演日まで時間が無いので焦った自分は、代替手段としてチケットストリートで売ることにしました。 自分がチケットストリートを利用している間はこの価格がずっと最低ラインでした。 これを踏まえて試しに額面通り32,000円で設定して1週間経っても売れない、、 30,000円にして 1週間経っても売れない 、、 「もういよいよ27,000円で売るしかないのか、、それともも売れないんじゃないのか?」と焦りまくっていたそんな時にチケトレから項目の登録完了の通知が来ました。 駄目もとでチケトレでも登録してみて待ってみることに。 そんな中でチケットセンターの方で27,000円に設定してみましたが、2,3日しても売れない もう無理かと諦めそうになったまさにその時! なんとチケトレから購入成立の通知が! 額面通り32,000円で売れませんでしたが、受け取り金額が28,420円だったので結果チケットストリートで売るよりも高く売ることが出来ました。 なぜチケトレで売れたのか? これは、チケット不正転売禁止法の影響が大きいと思います。 法律の概要を何となくだけ理解して「転売に関わったらダメなんじゃないの?」という意識だけ持ち合わせて、チケットストリートなどの転売サイトと世間から見做されているサイトから買うことに躊躇する人が増えたからなのかもしれません。 チケット売買仲介サイトです。 最近では公式チケットトレードサイト「EMTGトレード」もあるので、これからはチケットが余ったりした場合は公式のサイトを利用した方が手離れがいいのかもしれませんね。

次の

公式チケット売買サービス『チケトレ』。転売問題を改善してくれるのか?

チケトレ

業界団体が作ったチケットリセールサービス「チケトレ」の手数料が話題なので比較表作ってみました。 既存システムのどれよりも手数料が高い。 新システムの利点 正規転売証明 をこの値段で買えということなのだと理解するが、そこまで善意あるひとが、一体何人いる? と思ってしまう。 この金額と、チケットキャンプでの利用手数料を比較すると、チケットキャンプの利用手数料の方が安価となるといった内容のツイートが続出。 「チケトレ」を利用するデメリットとなる「手数料の高額さ」が浮き彫りとなった。 これにより、近年増加している入場時に本人確認が必要となる公演チケットの売買が可能となる点が他の売買サイトとは大きく異なる点だ。 また、利用者登録には本人確認が必須となっており、売り手側の身分確認が済んでいるのも安心材料となる。 「チケトレ」Twitterでは賛否両論様々な声が寄せられた チケトレ譲ったチケット買い手に絶対チケキャンとかで高値で転売されて転売バレたら売り手に入金されないこともありそう。 アーティストの公式トレードが一番安心で良いね。 — パンナコッタ wkEbc4wAsf8ya3q チケトレの件。 高額転売批判に目くらましされてるけど、公権力やそれに準じるような団体が、個人間の商取引の自由に介入しようとしてるという視点でも見たらどうですか。 胡散臭い取引も含めて謳歌できるのが市民的自由だと思うが。 管理し、管理されるのが好きなのか。 — Sato leopardbox チケキャンの方が手数料が安く転売で高値でも売れる。 それに対してチケトレは手数料が高く定価でしか売れない。 つまりプレイガイドが丸儲けしようと…笑わせんな— xlosy xlosizu チケトレ仕組み酷すぎこれじゃ使えない。 売り手不利買い手有利のシステムとか最悪。 入金公演4日後とか遅すぎる。 定価で買われて高値で転売されるのは確実だな。 定価以下で出品できないとか人気ないチケット絶対売れないだろ。 — パンナコッタ wkEbc4wAsf8ya3q 期待が寄せられていただけに、手数料の高さに疑念を抱くユーザーが多く見られた。 「チケトレ」の登場で、転売抑止が期待されていたが、現行のシステムでは難しいように感じられる。 転売問題と公式側の動向に引き続き注目していきたい。 <ツイートの表示について> 本サイトではに沿ってツイートを表示させていただいております。 ツイートの非表示を希望される方はこちらのまでご連絡下さい。 <トレンドの新着記事>.

次の

チケットストリートで売れなかったチケットがチケトレで売れた話

チケトレ

2019年6月14日に施行された「チケット不正転売禁止法」に基づき、弊社では、不正転売を抑止するための取り組みとして、チケットWeb松竹(インターネット販売)・チケットホン松竹(電話予約)、劇場窓口等にてご購入頂いたチケットに、購入者様の氏名・登録の電話番号(一部非表示)を印字するなど対策を進めております。 しかしながら、弊社公演のチケットが、一部の転売サイトなどにおいて、明らかに営利を目的とした価格で不正に出品されているケースが見受けられ、個別に対応措置を取っております。 弊社では、販売価格を超える金額にて有償で譲渡する行為は禁止しております。 (ご家族や知人への販売価格以下での直接譲渡はこの限りではありません。 ) 不正転売の疑いがある場合は、本人確認や購入経路をお伺いすることがございます。 不正に転売されたチケットでのご入場は、お断りする場合もございますので、あらかじめご了承ください。 尚、弊社よりご案内している販売窓口でチケットを購入後、やむを得ない事情でご観劇いただくことが困難になったお客様は、チケット券面金額でのリセールを行っている下記サービスのご利用をご検討ください。 チケトレでご確認ください。 (取り扱い公演のうち、一部のチケット・貸切公演については、対象外となります。 購入したい人がいて初めて成立するものとなります。 出品しても必ず成立するとは限りません。 弊社では、そのご利用に伴う損害、不利益その他のトラブルについて、一切責任を負いかねます。 転売行為を行う者が価格を高騰させ不当な利益を得ること、インターネット上の取引によるトラブルなどを防止するためにも、ご利用の皆様におかれましては、チケットは必ず正規ルートにてご購入頂き、観劇を希望されるすべての方が正規の価格でチケットをご購入いただけますよう、ご理解とご協力をお願い致します。 松竹株式会社.

次の