顔文字 ポチポチ。 10月

Yahoo! JAPAN

顔文字 ポチポチ

オススメしている感じ、伝わりますか? 1. 「笑」カテゴリ 嬉しい気持ち・楽しい気持ちを表現した顔文字のカテゴリです。 このカテゴリの顔文字は、使いやすいものが多いと思います。 ハッピーな気持ちを表す時なら、大体どれをチョイスしても大丈夫でしょう。 多少自虐的な笑い顔も含まれるので、そこの使用に注意ですね。 「キャラ」カテゴリ 動物やキャラクターなどの顔文字が多いカテゴリです。 特定の動物を顔文字に使いたい、などの時に最適です。 「かわいい」カテゴリ 「キャラ」カテゴリと似た顔文字の分類ではありますが、中でも「かわいい」に特化した顔文字のカテゴリです。 かわいさ演出にはもってこい!? ギスギスした内容の文も、この顔文字を添えることでちょっとは雰囲気が和らぐかもしれないですよ。 せめて文字だけでもかわいくしたい!そう思ってるあなた。 人のかわいさって、そんなところから始まるんです。 「挨拶」カテゴリ 「挨拶」にはなっていますが、おはようやおやすみに使える顔文字だけではありません。 相手にひとこと言いたい時や、ちょっと自分の気持を表現したい時にも使える顔文字を含むカテゴリです。 A:仕事忙しくて、 待ち合わせ30分くらい遅れそう。 ごめん m. 「照れ」カテゴリ ちょっと照れてる時にも、すごい照れてる時にも、照れてるように見せたい時にも使える顔文字のカテゴリです。 照れてる時だけじゃなく、喜んでいる時にも使える顔文字も多くあります。 照れたら顔文字で気持ちをぶつけよう。 「激しい」カテゴリ 感情が振り切れた時に使いたくなるような顔文字はもちろんですが、いつもよりちょっとだけ強めに感情を表したい時に使える顔文字もあるカテゴリです。 たまには激しい顔文字だって使いたくなる時もあります。 「キモい」カテゴリ 生理的に受け付けない、という気持ちを表したい時の顔文字もあるし、キモい顔文字もあるカテゴリです。 でも、ほぼ「かわいい顔文字」のようなものもあるし、意外と普通の会話に使える顔文字多し、です。 他人の笑い声が私のエネルギー。 「ラブ」カテゴリ 「愛」この一言に尽きるカテゴリです。 恋人同士、夫婦間はもちろん、友達同士、親子間などなど、愛がある関係はたくさんあります。 文章にちょっと顔文字を添えるだけで、グッと愛情が伝わりやすくなりますよ。 ハートがたくさん使われていて、赤やピンクが入るので、カラフルな見た目になるのも特徴の1つです。 「特殊」カテゴリ 「特殊」となってはいますが、滅多に使うことのない変わった顔文字ばかり、ということではありません。 何の動物に見えるかは見る人次第、というような顔文字が所属するカテゴリです。 実は、使いやすい表情など多いですよ。 「うごき」カテゴリ 何かを投げる、走るなどの動作を含む顔文字のカテゴリです。 他のカテゴリにも動作を含む顔文字はありますが、他よりも動作が激しめのものが多いです。 遅刻確定。 ゚ 動きの多い顔文字は、文章に勢いが出ます。 「焦り」カテゴリ ちょっとのドキドキからかなりの動揺まで、焦った時に使える顔文字が集まっているカテゴリです。 そんな時こそ、顔文字を打ち込んで冷静を取り戻すのです。 「しょぼん」カテゴリ 自分が落ち込んでる時にも、誰かが落ち込んでるのを慰める時にも使える顔文字のカテゴリです。 楽しい顔文字も大事だけど、こういう顔文字も大事です。 そんな時にはSimejiをダウンロードして顔文字で表現してみましょう。 たくさん落ち込んだら後は浮上するだけ! 13. 「くそねみ」カテゴリ とにかく眠い時に使いたい顔文字のカテゴリです。 人間生きていれば眠くなるものです。 仕方ない。 「悲」カテゴリ 辛い気持ちを表現した顔文字のカテゴリです。 泣き顔がほとんどです。 「しょぼん」カテゴリよりもさらに滅入ってる気持ち、泣いている状態などを表す時に使うカテゴリです。 そんな時にはSimejiをダウンロード! 15. 「怒」カテゴリ 怒った顔文字のカテゴリです。 ちょっとイラッとした時から、怒髪天を突くレベルの怒りにまで対応。 ゴルァ!!! ゴルァ!!! ふつふつと湧き上がる怒りに、 自分を抑えきれなくなったら、顔文字で気持ちを表現してみて。 あなたの心の平穏のためにも、Simejiをダウンロード! 16. 「驚き」カテゴリ ぽかんと口を開けて見ちゃうような驚きから、思わず声を張り上げて驚いちゃうような時まで使える、驚いた顔文字のカテゴリです。 単純にびっくりした顔文字もあれば、相手を煽るような顔文字もありますよ。 煽りのご使用は計画的に。 ゲッ! 「ライン」カテゴリ 名前の通り、いろいろな線があるカテゴリです。 模様だけで構成された線から、顔文字が入った線までいろいろ。 単純な装飾、区切り線、顔文字の1つなど。 用途色々です。 使い方はアナタ次第。 まずはSimejiをダウンロード!.

次の

顔文字 仲良し

顔文字 ポチポチ

凛「顔文字?」 ありす「メールとかLINEとかでです。 少なくとも、私とやり取りしているときは使っていた記憶がありません」 凛「うーん……まあ、積極的に使うことはそんなにないかな」 凛「でもどうして急に? 顔文字使わないのはありすも同じでしょ」 ありす「はい。 ですから、たまには使ってみようかなと思ったんですけど……使いどころがわからなくて、誰かを参考にしようかと」 凛「ふーん。 それで私に聞いたんだ」 ありす「そういうことです。 ネットで調べてもいまいち要領がつかめなくて」 凛「確かに、ひとつのページにいろんなことが載りすぎていてわかりにくいかも」 ありす「凛さん、調べたことがあるんですか?」 凛「ちょっとだけ。 未央や卯月に『使ってみたら?』って言われて」 凛「結局使い方をマスターできなかったから、今も使ってないんだけどね」 ありす「そんなことが……」 凛「………」 凛「せっかくだから、ふたりで練習してみる?」 ありす「いいんですか?」 凛「暇だし、できないままなのもすっきりしない気がしてきたから」 ありす「じゃあ、お願いします」 凛「じゃあ、LINEのトークで」 凛「ところでありす、LINEでの文章がすごく硬いというか真面目というか、そんな気がするんだけど」 ありす「そうですか?」 凛「なんだか業務連絡みたい」 ありす「そこまで硬いでしょうか……」 凛「うん、まるでプロデューサーが上司の人にメールで送るような……あ」 凛「だからか」 ありす「え?」 凛「プロデューサーがそうしてるから、ありすもそうしてるのかなって」 ありす「べ、べつにそういうわけでは……ちょっと待ってください。 私もありすも慣れてないから、練習してみようってことになったんだ」 ありす「泉さんは……泉さんも、使わなさそうですね」 泉「使うよ?」 ありす・凛「えっ」 泉「そんなに驚くようなことでもないような……頻繁にってわけじゃないけど、流れでスタンプとかそのあたりを入力するときはあるし」 泉「さくらとかには負けますけどね」 凛「さくらは確かにいっぱい使いそうだよね」 泉「そういうイメージの話だったら、私はそれこそ、凛さんはメールとかLINEとかすごく慣れていそうな人だと思ってましたよ」 凛「え?」 泉「あ、今じゃなくて出会った当初の話ですけど。 携帯で文字を打つのがすごく速そうな人だなと」 ありす「それはなんとなくわかります」 凛「どうして」 泉「………見た目?」 ありす「見た目ですね。 おはようございます」 さくら「いきなり声かけたからびっくりさせちゃった? ごめんね」 ありす「いえ、少し驚いただけなので」 亜子「それよりありすちゃん、顔文字の使い方で悩んでるんやって? いずみから聞いたけど」 ありす「あ、はい」 さくら「よかったらわたしたちがれくちゃーしてあげようか?」 ありす「でも、この前泉さんに相談したばかりですし」 亜子「ええってええって! 今日はいずみも撮影で一日おらんし、今度はアタシとさくらが手取り足取り教えてあげる!」 さくら「うんうん! わたし、こう見えてもスマホで文字を打つのはイズミンより速いんだからぁ」 ありす「えっ、そうなんですか?」 さくら「ふっふっふ」 亜子「いずみはどっちかというとパソコン派やからね。 まあスマホも普通に使えるけど、さくらが早すぎなのよ」 ありす「初耳です。 お願いしてもいいですか」 亜子「もちろん!」 さくら「任せてくださぁい!」 さくら「あ、そうだアコちゃん。 アイドルになる前から、気にするほうではありました」 さくら「へぇ、そうなんだ」 ありす「でも、アイドルになってから演技の仕事もするようになって……現場の役者さんの大変さとか苦労とかがわかって。 ただ文句を言うだけじゃなくて、その過程にあるものも考えるようになりました」 ありす「だから、まあ。 ちょっとは建設的な意見が言えるようになったのかもしれませんね」 さくら「なんだかオトナだねぇ」 亜子「アタシら年上よ、さくら……ま、ありすちゃんがしっかり者なのは事実やけどね」 ありす「それほどでもないです」フフ ありす(顔文字やスタンプの使い方とは関係ない話も多い気がするけど、ふたりとも話していて落ち着けるな……) ありす(泉さんがいない時にはあまり話したことなかったけど………うん、楽しい) その後 ありす「なんとなくですけど、顔文字の基本がわかった気がします」 ありす「ありがとうございました」 さくら「どういたしまして」 亜子「時間も時間やし、そろそろ出よっか」 ありす「ええと、伝票は」 亜子「あ、ええよええよ。 アタシがおごるから」 ありす「えっ?」 亜子「これでも人生の先輩やからね。 たまには年上らしいことさせてって」 ありす「あ、ありがとうございます……?」 亜子「なんかえらい驚いた顔してるね」 さくら「アコちゃん、守銭奴? のイメージがあるからじゃない?」 ありす「………」コクン 亜子「あー、なるほどね!それはアタシもわかるわ、うん。 自覚あるし」 亜子「確かにお金は大事よ、大事。 でも、アタシがお金を貯めるのは幸せのためやし」 亜子「だから、みんなで仲良くわいわいできるなら、後輩の食事代くらいはおごるよ〜」 ありす「………」 ありす「亜子さん、優しい人なんですね」 亜子「まーね! ていうか奢るっていってもファミレスやし!」 さくら「ゴチになりまぁす!」 亜子「あ、さくらはワリカンよ?」 さくら「なんで!?」 亜子「おーなーいーどーし」 さくら「今日のアコちゃんきびしい〜」 亜子「今日はありすちゃんを愛でる日かもねー」 さくら「わたしのポジションが!」 ありす「ぷっ………あははっ」.

次の

かわいい文字を書く方法を大公開!プリクラや手紙、ミクチャで大活躍!【高校生なう】|【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信

顔文字 ポチポチ

凛「顔文字?」 ありす「メールとかLINEとかでです。 少なくとも、私とやり取りしているときは使っていた記憶がありません」 凛「うーん……まあ、積極的に使うことはそんなにないかな」 凛「でもどうして急に? 顔文字使わないのはありすも同じでしょ」 ありす「はい。 ですから、たまには使ってみようかなと思ったんですけど……使いどころがわからなくて、誰かを参考にしようかと」 凛「ふーん。 それで私に聞いたんだ」 ありす「そういうことです。 ネットで調べてもいまいち要領がつかめなくて」 凛「確かに、ひとつのページにいろんなことが載りすぎていてわかりにくいかも」 ありす「凛さん、調べたことがあるんですか?」 凛「ちょっとだけ。 未央や卯月に『使ってみたら?』って言われて」 凛「結局使い方をマスターできなかったから、今も使ってないんだけどね」 ありす「そんなことが……」 凛「………」 凛「せっかくだから、ふたりで練習してみる?」 ありす「いいんですか?」 凛「暇だし、できないままなのもすっきりしない気がしてきたから」 ありす「じゃあ、お願いします」 凛「じゃあ、LINEのトークで」 凛「ところでありす、LINEでの文章がすごく硬いというか真面目というか、そんな気がするんだけど」 ありす「そうですか?」 凛「なんだか業務連絡みたい」 ありす「そこまで硬いでしょうか……」 凛「うん、まるでプロデューサーが上司の人にメールで送るような……あ」 凛「だからか」 ありす「え?」 凛「プロデューサーがそうしてるから、ありすもそうしてるのかなって」 ありす「べ、べつにそういうわけでは……ちょっと待ってください。 私もありすも慣れてないから、練習してみようってことになったんだ」 ありす「泉さんは……泉さんも、使わなさそうですね」 泉「使うよ?」 ありす・凛「えっ」 泉「そんなに驚くようなことでもないような……頻繁にってわけじゃないけど、流れでスタンプとかそのあたりを入力するときはあるし」 泉「さくらとかには負けますけどね」 凛「さくらは確かにいっぱい使いそうだよね」 泉「そういうイメージの話だったら、私はそれこそ、凛さんはメールとかLINEとかすごく慣れていそうな人だと思ってましたよ」 凛「え?」 泉「あ、今じゃなくて出会った当初の話ですけど。 携帯で文字を打つのがすごく速そうな人だなと」 ありす「それはなんとなくわかります」 凛「どうして」 泉「………見た目?」 ありす「見た目ですね。 おはようございます」 さくら「いきなり声かけたからびっくりさせちゃった? ごめんね」 ありす「いえ、少し驚いただけなので」 亜子「それよりありすちゃん、顔文字の使い方で悩んでるんやって? いずみから聞いたけど」 ありす「あ、はい」 さくら「よかったらわたしたちがれくちゃーしてあげようか?」 ありす「でも、この前泉さんに相談したばかりですし」 亜子「ええってええって! 今日はいずみも撮影で一日おらんし、今度はアタシとさくらが手取り足取り教えてあげる!」 さくら「うんうん! わたし、こう見えてもスマホで文字を打つのはイズミンより速いんだからぁ」 ありす「えっ、そうなんですか?」 さくら「ふっふっふ」 亜子「いずみはどっちかというとパソコン派やからね。 まあスマホも普通に使えるけど、さくらが早すぎなのよ」 ありす「初耳です。 お願いしてもいいですか」 亜子「もちろん!」 さくら「任せてくださぁい!」 さくら「あ、そうだアコちゃん。 アイドルになる前から、気にするほうではありました」 さくら「へぇ、そうなんだ」 ありす「でも、アイドルになってから演技の仕事もするようになって……現場の役者さんの大変さとか苦労とかがわかって。 ただ文句を言うだけじゃなくて、その過程にあるものも考えるようになりました」 ありす「だから、まあ。 ちょっとは建設的な意見が言えるようになったのかもしれませんね」 さくら「なんだかオトナだねぇ」 亜子「アタシら年上よ、さくら……ま、ありすちゃんがしっかり者なのは事実やけどね」 ありす「それほどでもないです」フフ ありす(顔文字やスタンプの使い方とは関係ない話も多い気がするけど、ふたりとも話していて落ち着けるな……) ありす(泉さんがいない時にはあまり話したことなかったけど………うん、楽しい) その後 ありす「なんとなくですけど、顔文字の基本がわかった気がします」 ありす「ありがとうございました」 さくら「どういたしまして」 亜子「時間も時間やし、そろそろ出よっか」 ありす「ええと、伝票は」 亜子「あ、ええよええよ。 アタシがおごるから」 ありす「えっ?」 亜子「これでも人生の先輩やからね。 たまには年上らしいことさせてって」 ありす「あ、ありがとうございます……?」 亜子「なんかえらい驚いた顔してるね」 さくら「アコちゃん、守銭奴? のイメージがあるからじゃない?」 ありす「………」コクン 亜子「あー、なるほどね!それはアタシもわかるわ、うん。 自覚あるし」 亜子「確かにお金は大事よ、大事。 でも、アタシがお金を貯めるのは幸せのためやし」 亜子「だから、みんなで仲良くわいわいできるなら、後輩の食事代くらいはおごるよ〜」 ありす「………」 ありす「亜子さん、優しい人なんですね」 亜子「まーね! ていうか奢るっていってもファミレスやし!」 さくら「ゴチになりまぁす!」 亜子「あ、さくらはワリカンよ?」 さくら「なんで!?」 亜子「おーなーいーどーし」 さくら「今日のアコちゃんきびしい〜」 亜子「今日はありすちゃんを愛でる日かもねー」 さくら「わたしのポジションが!」 ありす「ぷっ………あははっ」.

次の