東日本 大震災 死者。 東日本大震災における死者・行方不明者の推移

lg.ripley.cl(朝日新聞社):会いたい、聞きたい イタコ訪れる被災者たち

東日本 大震災 死者

86億円 市道、橋梁等施設 100. 07億円 下水道施設 74. 48億円 教育施設 92. 64億円 福祉施設 12. 23億円 保健施設 0. 21億円 農林水産業施設 363. 61億円 観光施設 3. 57億円 情報施設 3. 90億円 防災施設 8. 14億円 合計 668. 71億円 避難所 市内の避難所は平成23年8月31日すべて閉鎖しました。

次の

東日本大震災・被災者数(2020年4月10日更新。2020年3月10日現在:亡くなられた方(直接死) 15899人、行方不明の方 2529人。2020年3月11日現在:避難者4万6678人)/復興支援リンク集

東日本 大震災 死者

避難所となった山形市桜田小体育館でストーブを囲む市民=11日午後10時26分 東日本大震災に関連し、県災害対策連絡会議(議長・高橋節副知事)が12日午前まとめた状況によると、山形市の女性が死亡するなど、県内の人的被害は15人に拡大した。 重傷者は4人。 県内31市町村が災害対策本部を設置。 26市町村が避難所を開設し、816人が避難した。 亡くなったのは山形市山寺、無職村形まさ子さん(84)。 大震災発生直後の11日午後3時ごろ自宅で転倒、12日早朝に同市の県立中央病院に運ばれたが午前7時、骨盤骨折で死亡が確認された。 山形県警によると、同震災で県内初の犠牲者。 村形さんは家族と一緒に自宅から屋外に逃げようとした際、1階台所で前のめりに倒れ、腰を強打したとみられる。 12日朝になって容体が急変したため、息子の妻が携帯電話で119番通報。 県消防防災ヘリ「もがみ」が収容し、同病院に搬送した。 東北電力山形支店によると、県内は地震の発生直後から広範囲で停電が続いているが、山形市と酒田市の中心部で12日午前、一部復旧した。 県庁舎は午前2時半ごろに復旧した。 県内では午前9時現在、依然として約46万戸が停電中。 復旧の見通しは立っていない。 県によると、12日午前8時現在、尾花沢、大石田、朝日の各市町などで断水、近隣市町に給水車を要請している。 県立病院は鶴岡病院を除き非常用電源に切り替えて対応中だったが、中央病院が復旧した。 非常用電源は午前7時半現在、新庄病院が3日間、河北病院が80時間の使用が可能という。 山形地方気象台によると、県内では12日午前6時までに93回の余震が観測された。 震度4の余震が6回あった。 山形市蔵王温泉で地震の発生直後、ロープウエーが緊急停止、乗客51人が取り残されたが、11日午後8時55分に救出が終了した。 尾花沢市の尾花沢鉱山の接続道路で発生した雪崩は除雪作業が完了し、一時孤立していた作業員数人は無事帰宅した。 県は暖房を取る際に一酸化炭素中毒になるケースがあるとして、換気に十分注意するよう注意を促している。 県警によると、県内では12日午前9時現在、建物被害が全壊34件、半壊63件。 このうち中山町では住宅1棟が全壊、3棟が半壊した。 亀裂が入るなど、道路の被害は計8件。 中山町長崎の国道112号や南陽市赤湯の同13号で陥没、米沢市万世町、尾花沢市野黒沢、南陽市赤湯などで亀裂が確認されている。 また、酒田市入船町の製油所から重油が流出したとの情報があり、県警などが地震との関連を調べている。 東日本大震災 記事一覧• 【2020年8大事業】 山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。 詳しくは、• 山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。 公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。 アドレスは、• 読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。 詳しくは、から。 検索機能も備えています。 アクセス方法は• 他社DB横断検索が便利な、、•

次の

身元の判明した死亡者/宮城県

東日本 大震災 死者

2020年6月現在の最新統計と復興支援リンク集を掲載しています。 震災直後からの統計は「被災者数」のバックナンバーを御覧下さい。 東日本大震災から9年3ヶ月を迎えるに当たり、亡くなられた方々のご冥福を慎んでお祈りいたします。 行方不明者は届出のあった方々。 新設の常磐双葉IC(双葉町)も追加されます。 南三陸町では、2021年秋に供用開始を予定する「震災伝承施設」の名称を募集しています。 中学生以上の人(法人・団体も可)ならお一人で何件でも応募できます。 町外の方も応募できるようになりました。 応募期間は2020年6月30日(火)まで。 サポーターになっていただいた皆さまには、一口につき年に2回、季節の『松島湾 旬の恵みセット』をお届けします。 お寄せいただいた資金は「アマモ再生」をはじめとした海の環境改善と、新しく漁業をはじめたいと願う新たな担い手への「漁業着業・育成支援」に使われます。 「天然アカモク」「わかめ」「海苔」「藻塩・香り塩」は一年中扱っておられます。 パエリアなど、ご家庭ですぐに調理できる商品が揃っています。 2019年3月9日夜9時放送のNHKスペシャル「崖っぷちでがんばっぺ」で紹介されていた 「三陸産わかめ唐揚げ」は、岩手県大槌町のナカショクさんの商品です。 贈答用にもご利用いただけます。 以前でもご紹介させていただきました。 当記事には掲載していない情報(震災の記録(アーカイブ・データベース)、自治体の公式情報(岩手・宮城・福島))なども収録しています。 サイト更新のお知らせは、2011年より個人アカウント()で行ってきましたが、今後は当アカウントで行うことにしました。 災害時のリツイートは個人アカウントの「いいね」に入れていましたが、随時こちらでリツイートし直します。 — 東日本大震災・避難情報&支援情報サイト hinansyameibo 今まで個人アカウントで発信してきましたが、2011年のツイートが外部から遡れなくなっているため、2019年10月にサイト名でアカウントを作り直しました。 2011年4月以降、避難者名簿や避難所情報が順次出てくる流れがお分かりいただけると思います。 NEW 編集後記:ご訪問いただいている皆様へ ・当サイトについて 当サイトは、東日本大震災後の避難者名簿の情報を共有するために、管理人の個人ブログから独立させて立ち上げたサイトです。 その後も、東北の生産者さんを支援する「一口オーナー制度」の情報や、全国に広がった避難者の会の情報、アーカイブ(保存)されないまま消えていく現状にある避難統計を随時掲載してきました。 私は研究者ではありませんが、人文系でデータを残せるとしたら、やはり避難統計の網羅的なアーカイブは必要だと、常々思ってきました。 こんなにたくさんの方が避難したのに、統計が残らない状態はおかしいのではないかと思ったからです。 被災地の外で暮らす人間のできることは限られておりますが、避難統計の保存を考えることは、未来を担う若い人たちや研究者の皆さんに対して残せる一つの方法ではないかと考えています。 避難統計のアーカイブについては、国立国会図書館に当サイトをさらにアーカイブ(保存)していただく形で、震災直後からの情報を公式に保存・公開できるように努めてきました。 ハーバード大学ライシャワー日本研究所の「Japan Disasters Archive」、Yahoo! JAPANの「Yahoo! カテゴリ」などにリンクを貼っていただいています。 これはあくまでも管理人個人の取り組みで、至らぬ点は多々あると思いますが、国立国会図書館保存の他の情報などど照らし合わせてご利用いただければ幸いです。 null null null Yahoo! カテゴリは、2018年3月29日をもってサービスを終了しました。 当サイトのアーカイブはこちらです。 「都道府県災害ボランティアセンター」「Yahoo! ニュース — 災害ボランティア」など、Yahoo! JAPANのスタッフが厳選したサイトを掲載。 「東北」「関東」などのカテゴリに分類しています。 現在 JavaScriptが無効 になっています。 JavaScriptの設定を有効 にすると、サムネイルが表示されます。 当サイトのカテゴリー• 386• 146• 278• 301• 168• 141• 1 アーカイブ•

次の