ゼノンザード おすすめ デッキ。 【ゼノンザード】コードマン(AI)はだれがおすすめ?

コントラクト(Contract)で作るデッキ・カード評価「ゼノンザード」

ゼノンザード おすすめ デッキ

使用フォース• ケイローン• キマイラ カード名 枚数 タナトスの守護者 3枚 マキナスの守護者 3枚 スノーラット 3枚 盾持ちゴブリン 3枚 アッシュブリンガー 2枚 ツインテールキャット 2枚 リターニング 3枚 怨念の生霊 2枚 トレーリードーベル 3枚 リングラプター 2枚 リプレイス 2枚 リアニメート 2枚 リファイン 2枚 グレイブローバー 3枚 キルジャガード 2枚 「憂鬱の魔王」ベールフェゴル 2枚 ありがとうございます! 自分も今オープンで回してるデッキ貼っときますねー — 豆と狐と今は亡き餅 ゼノンザード@ヒナたんお世話係 Hinatannsaikou 紫と白を組み合わせたミッドレンジタイプのデッキですね。 序盤は「奪命」効果のあるミニオンで敵ミニオンを捌きつつ、「スノーラット」や「リファイン」で延命して凌いでいきます。 中盤に上手く「グレイブローバー」をトラッシュに送れれば、一気にユニットを展開して盤面を制圧していけますね。 万が一「グレイブローバー」をトラッシュに送れなかったとしても、「ベルフェゴール」まで繋げることで盤面を取っていくデッキです。 ドローソースも大量に採用されているので、事故りにくく安定してデッキを回していけますよ。 ゼノンザード無課金初心者向けデッキ「赤単」 使用フォース• フェニックス• ケイローン カード名 枚数 アグマの鉱夫 4枚 スパイクリザード 3枚 荒野の旅人 3枚 ファイアービートル 3枚 グラビティ 3枚 ゴレイム:ドリル 3枚 ゴレイム:ハンマー 2枚 グレイグ・スマッシャー 1枚 ゴレイム:ソーサー 2枚 「導きの竜姫」ダイアナ 1枚 ファイアーバット 3枚 メガトンハンマー 3枚 ゴレイム部隊招集 3枚 リボルバーコンドル 2枚 ゴレイム:キャノン 3枚 「オリジンズ02」アロンダイ 1枚 7連勝でシルバーランクにランクアップできました。 使用し続けたのはノノちゃんと私で手持ちのカードで作ったデッキです。 相手ミニオンのBPを下げたり、自分のミニオンのBPを上げるミニオンが豊富なので、相手にブロックさせる機会を与えないように立ち回っていけます。 さらに、「アロンダイ」は自分の他ミニオンがブロックされる度に、相手プレイヤーに1ダメージを与える効果持ち。 そのため、「アロンダイ」が出てからは非常に強力で、ミニオンを投げつけてダメージを与えていくことが可能ですよ。 相手にブロックされても、敵のBPを下げるマジックが豊富に採用されているので、有利トレードしつつ相手プレイヤーにダメージを与えていけますね。 フォースに「フェニックス」と「ケイローン」を採用しているので、コストを踏み倒してマジックをどんどん使用していくことができますよ。 ゼノンザード無課金初心者向けデッキ「超格安紫軸アグロ」 使用フォース• フェニックス• キマイラ カード名 枚数 1カラットラット 3枚 スパイクリザード 3枚 ジャックナイフスワロウ 2枚 マッドール 3枚 ファイアービートル 3枚 ラスカル・インプ 3枚 ツインテールキャット 3枚 斥候パルパンサー 3枚 シャドウハンド 3枚 クリムゾンメイル 3枚 リアニメート 3枚 ハーミットホルンクラブ 3枚 デストラクション 2枚 「大公爵」アシュテロト 3枚 超安価デッキも考えてみました デッキ内の全カードがレア以下で構成されており、巷で使われているどのデッキよりも安く作られています 一応五連勝までは取れました — りりぃず NekonoyumeDuel デッキ内のカードが全てレア以下で構築されている、超格安の紫軸アグロデッキです。 無課金初心者プレイヤーには、非常にありがたいデッキレシピですね。 優秀な低コストミニオンを多く採用しており、序盤からミニオンを展開してダメージを与えていくデッキになります。 フォースに「キマイラ」を採用しているので、マナを気にせず多色なミニオンを序盤から展開していけるのが強みですね。 中盤以降に「リアニメート」や「デストラクション」という強力なマジックで、盤面を維持しつつダメージを押し込んで勝つデッキですね。 スポンサードリンク ゼノンザード無課金初心者向けデッキ「紫軸アグロ」 使用フォース• サイクロプス• キマイラ カード名 枚数 アグマの鉱夫 1枚 タナトスの亡者 2枚 1カラットラット 3枚 マッドール 3枚 マッドピッド 2枚 荒野の旅人 3枚 エオラプトル 3枚 ツインテールキャット 3枚 斥候パルパンサー 3枚 クリムゾンメイル 3枚 シャドウハンド 3枚 「導きの女王」キャサリン 3枚 「大公爵」アシュテロト 2枚 災厄竜ダスカース 3枚 「黄金の果樹」ユグドラウォーカー 3枚 序盤から低コストミニオンを大量展開し、相手フォースを攻撃していくアグロタイプの紫軸デッキです。 序盤からミニオンを大量展開して、ガシガシ殴っていくアグロタイプのデッキなので、「災厄竜ダスカース」や「「黄金の果樹」ユグドラウォーカー」のコストを踏み倒し、低コストで召喚しやすいですね。 ゼノンザード無課金初心者向けデッキ「白単ミッドレンジ」 使用フォース• ウロボロス• フェニックス カード名 枚数 マキナスの住人 3枚 マキナスの守護者 3枚 スノーラット 3枚 荒野の旅人 3枚 トレーサードーベル 2枚 リングラプター 3枚 リアクティブシールド 3枚 R-B7 クラビオン 3枚 ビームスマッシャー 3枚 「導きの機婦人」オードリー 2枚 D-13 ホーリークエイド 3枚 雷龍ライトニングフォール 2枚 戦闘型ロイド・ベルダ Mk4 双剣装備Ver. 3枚 ガルガンチュア・イーグル 2枚 「反射の巨人」クリスタル・ベイル 2枚 BPの高いミニオンを採用したミッドレンジタイプの白単デッキです。 「ビームスマッシャー」や「リアクティブシールド」等で相手ミニオンを戦闘破壊や除去しつつ、盤面を支配して戦っていきます。 ゼノンザード無課金初心者向けデッキ「赤軸アグロ」 使用フォース• サイクロプス• スフィンクス カード名 枚数 アグマの鉱夫 5枚 スパイクリザード 3枚 緊急採掘命令 2枚 荒野の旅人 3枚 エオラプトル 3枚 コウモリの攪乱 2枚 ファイヤービートル 3枚 斥候パルパンサー 3枚 ゴレイム「タイプ:ソーサー」 3枚 「鉄腕の大君」グレイグ・スマッシャー 3枚 ゴレイム「タイプ:アイアンハンマー」 2枚 「導きの竜姫」ダイアナ 3枚 ゴレイム「タイプ:ピッケル」 2枚 災厄竜ダスカース 3枚 序盤からミニオンを展開し、攻めていく赤軸のアグロデッキです。 中盤以降に出される大型ユニットに対しても、ミニオンの数で押しきってリーサルを狙って行きます。

次の

【ゼノンザード】白単グッドスタッフの最新デッキレシピと立ち回り【ZENONZARD】

ゼノンザード おすすめ デッキ

-ゼノンザード関連記事- ・ レジェンドカード最強ランキング 1位:「双龍頭領」アオバ キャラ性能&個別評価 召喚時に、公開してミニオンカード2枚を手札に加えられる。 その為、手札の回転率を早めたい場合にも使える。 尚且つ 他のミニオンがフィールドに出る度にアクティブ状態になる為、連続してアタックを行う事も可能。 コストが高い点はネックではあるが、組み合わせ次第では非常に幅広く運用が出来るのでオススメ。 2位:「オリジンズ02」アロンダイ キャラ性能&個別評価 召喚時にS・ゴレイム・トークンを2体出す事が出来、アタック時にミニオンがブロックされるたびに相手のプレイヤーに1ダメージを与えられる。 コストは高いものの、アタック時の効果により相手のライフを削りやすく非常に優秀な1枚。 ただ、 効果はプレイヤーにアタックした時のみなので注意。 召喚する際は相手プレイヤーにアタックし易い環境を整えておくことが肝心。 3位:「深海の主」アレシャンド キャラ性能&個別評価 召喚時には自分のミニオンであるマナを3つまでアクティブ状態でフィールドに移動可能。 尚且つ、 アタック時には相手のミニオン1体をレスト状態でベースに移動出来る。 その為、召喚したターンから速攻を仕掛けられる。 ただ、 ベースからミニオンを移動させ過ぎてマナが枯渇してしまわないように注意が必要。 一気に攻めてもカードをプレイ出来ないようになれば本末転倒になる。 4位:「百獣」ヴァイスレーベ キャラ性能&個別評価 自分のターン時、自分のミニオンがアタックする度に必ず相手がブロックする効果を持つ。 その為、アクティブ状態となっている相手のミニオンを破壊し易いのが特徴。 尚且つ バトル勝利時に相手プレイヤーとフォース全てに1ダメージを与えられる為、ダメージソースにもなる強力な1枚。 他のカードと併用する事で更に大きな効果を得られる為、編成しておきたい。 あらゆるデッキで使える為、非常に汎用性が高いカード。 特にDPアップの効果が優秀で、相手のライフを大きく削りたい場合には重宝する。 自身のステータスも高く使いやすい1枚となっているのでオススメ。 6位:「神樹の守り手」ミリュイ キャラ性能&個別評価 自分がレストする能力によって対象を選ぶ場合、その対象の数を+1する効果を持つ。 この効果は常時発揮される事になるので、レスト時の効果に重きをおくデッキでは高い効果を発揮出来る。 尚且つ、 コストが低いわりにステータスも高く単体性能も高い。 他のカードと組み合わせても組み合わせなくても使い易いのは大きなメリット。 7位:「千年杉」ヤクーツォーク キャラ性能&個別評価 貫通効果を持っており、DPが高い為相手のライフを削りやすいのが特徴。 尚且つ、 自プレイヤーに与えられるダメージを1軽減する事も出来る為攻守において使い易いカード。 ただ、 コストが重いので速攻で除去されると手痛い。 魅力的な性能ではあるものの、コストが高いミニオン程除去された時のダメージが大きい。 飛来効果を持つミニオンなら条件問わず強化出来る為、 低コストでも大きな効果を発揮出来る。 ただ、 強化効果はそのターンのみとなっているので飛来効果を持つミニオンを出すタイミングが重要。 9位:「偽神の探索者」ジヌティーヌ キャラ性能&個別評価 アタック時に自分のミニオンを1体破壊出来し、その場合このミニオンをアクティブに出来る。 ミニオンが破壊された時に効果を発揮するカードと相性が良い。 単体で使ってもデメリットにしかならないので、そうしたカードを編成しておくことが必須条件。 破壊時に効果を発揮するカードは強力な者が多い為、組み合わせ次第では非常に優秀。 10位:「双星に謳う者」ティルト&ウェルト キャラ性能&個別評価 自分のターンのみとなるが、ミニオンが持つ召喚時の効果が2回発動する。 召喚時の効果を持つミニオンは特に珍しい訳でもないので、幅広く組み合わせることが出来る。 尚且つ、対象を選択する効果を2回発揮させた場合には 別々の対象を選択する事が可能となる為非常に魅力的と言える。 11位:「憂鬱の魔王」ベールフェゴル キャラ性能&個別評価 相手のミニオンのコストを増やす事が出来る為、召喚ターンを遅らせる事が可能になる。 勿論、完全に遅らせられる訳ではないがコスト1の負担はジワジワ効いてくる。 確実に有利になる保証は無いものの、流れをひきよせるきっかけにはなる。 それ以外にも トラッシュから紫フィールド・ユニオンをアタック時に出す事も出来る為、単体でも大きな効果を持っている。 12位:九神龍「闘」アラバスター キャラ性能&個別評価 襲撃持ち、尚且つアタック時に相手プレイヤーに3ダメージを与えられる。 ただ、 相手フォース1つにつき1ダメージが軽減されてしまうので使うのならフォースを全て破壊した上で使いたいところ。 強力なダメージソース且つ、速攻を仕掛けられる点は非常に優秀。 ただ、 コストが大きく使いどころが若干難しい。 どんなデッキにも採用できる無属性ではあるものの、逆に組み合わせが少なく編成パターンが少ないデメリットも。 13位:「運命の図柄を描く者」ラケシス キャラ性能&個別評価 召喚時に相手のプレイヤーライフと自分のフォース1つのライフを交換出来る。 自身のフォースのライフが1の時にこの効果を発揮すれば勝利は射程圏内。 ただ、 全てのフォースを破壊されていては効果を発揮する事が出来ないのでフォースは確実に死守しておきたい。 コストも高く、召喚までの時間を考えると速攻デッキ等とは相性が悪い。 14位:三ヵ国連合司令官バンクガイズ キャラ性能&個別評価 自分のコスト3以下のミニオン全てに襲撃を付与出来る。 襲撃はフィールドに出したターンからでも相手プレイヤーに攻撃が出来る。 ただ、 コスト3以下が対象と条件があり、尚且つ 自身のコストも5と速攻しにくいのがネック。 性能だけを見れば速攻デッキと非常に相性が良いが、コストに難有り。 15位:「マエストロ」ジェイドカラヤン キャラ性能&個別評価 自分がマジックを使う度に「マーフォーク・トークン」を1体召喚出来る。 マジック主体のデッキを組むことで効果を発揮するカード。 マジックを使う度に召喚は出来るが、 召喚する「マーフォーク・トークン」自体はそこまで強力ではないので複数体召喚しないと優位にはなれない。 また、 効果を発揮出来るのは自分のターンだけとなっているので注意。 16位:三ヵ国連合参謀長ダイスラー キャラ性能&個別評価 相手コスト5以下のミニオンは自分のフォースにアタック出来ない効果を付与出来る。 フォースを破壊されにくくなるので、ライフの低いフォースを使う「運命の図柄を描く者」ラケシスなどと相性が良い。 ただコスト5以上のミニオンは普通にアタックしてくる為、 中盤を超えてくると効果にそこまで期待が出来なくなる。 なるべく早めにフォースの使いどころを見付けたい。 17位:「箱を抱く者」パンドリア キャラ性能&個別評価 召喚時にデッキの中からベース・ミニオンカードを1枚公開して手札に加えられる。 特殊なベースミニオンを使用する際には便利なカード。 ただ、そうでない場合には他に優秀なカードが存在するのであえてこのカードを選ぶ必要は薄い。 組み合わせによっては強力だが、汎用性が高いとは言えない。 18位:「針を進める者」クロノリオンヌ キャラ性能&個別評価 常時、自分の手札にある有色カードのフリーコストをお互いの破壊されたフォース1つ毎に1つ減らせる。 ミニオンのコストを下げられる点は非常に有難いが、 お互いの立ち回りに依存してしまうのがネック。 安定した効果を生みづらい上に 最大効果を得る為には自分のフォースも破壊しなければならない。 汎用性が低く、 リスクが大きい為他のカードを優先的に編成した方が良い。 19位:「時を一巡させる者」エンリコ キャラ性能&個別評価 召喚時にお互いの手札を全て破棄し、5枚カードを引く効果。 一度手札を入れ替えるといった意味ではそこまで悪い効果とは言えない。 しかし、 コストが7と重くそこまで高いコストを払ってまで得られるのがメリットだけではない事を考えると正直使い道に悩む場合も。 確実にメリットだけを得られるカードは他にもあるので、そちらを優先したい。 20位:魔竜騎士ダストライド キャラ性能&個別評価 召喚時と自分のターン開始時に自分の移動権を1つ増やす事が出来る。 コストが5と初手で出すのは厳しく、効果も移動権を増やすのみ。 その為、このミニオンを召喚したとしても高い効果を得られないのがネック。 それならもっと汎用性の高いカードを編成したい。 総合評価 基本的にはカードゲームなので、組み合わせによってカードの価値が変わります。 しかし、上位ランクのカードはその中でも単体でも十分な効果を発揮出来る優秀さを持ち合わせています。 自分が組みたいデッキに合わせて、上位ランクのカードを選出すると役立ってくれるでしょう。 下位ランクのカードは特殊な状況下でなければ効果を発揮し辛い為、オススメは出来ません。

次の

コントラクト(Contract)で作るデッキ・カード評価「ゼノンザード」

ゼノンザード おすすめ デッキ

ついにリリースされました、『 EVOLVE』! 正直言ってSAO環境は私の大好きな紫が活躍できなかったので、モチベーションも下がりつつありましたが、EVOLVE環境の紫は非常に面白いです。 いつもは新弾がリリースされたら真っ先にコントロールデッキを作成するのですが、今回はどちらかと言うとミッドレンジ系のデッキが仕上がりました。 と言うか、現環境はコントロールデッキはフォース回復型の白が一番強い気がしますので、流石に紫でやることではないんじゃね?という事に気づき。 EVOLVEの紫には、比較的DPの高いミニオンが多数収録されているので、それを活かしたミッドレンジ系のデッキを作ってみました。 と言うか、 《「ヤミの召喚獣」アンドロス》が鬼強いんですよね・・・ と言うわけで、早速デッキ紹介です。 という下書きを保存して漬けていたら時代遅れのデッキとなってしまいました・・・ 公開しないのも勿体ないので一応公開しておきます。。。 デッキ紹介 デッキレシピ 《「ヤミの召喚獣」アンドロス》を軸に中盤からガシガシ攻撃していくデッキ。 《「タナトスの屍司祭」プリースト》や 《「ラスの召喚獣・人」サムライ》等、高DPでブロックし辛いミニオン等を駆使して相手のフォースやライフにプレッシャーを与え続ける感じです。 と言うか、序盤に限っては 《「ラスの召喚獣・人」サムライ》の除去体制が強すぎてやばいです。 こいつDP2あるのおかしくないか・・・ 自身のフォースは 《ウロボロス》《フェニックス》のいわゆるウロフェニ構成。 どちらも守りたいフォースですが、最悪どちらかが残っていれば何とかなったりします。 使い方 立ち回り方としては、とにかく序盤はベースに紫色のマナを2つ用意するように動きます。 フラッシュタイミングで使用できるマジック 《デストラクション》《紫炎》は紫マナを2つ必要とするので、早めに構えておきたいところです。 また、最終的には 《「ヤミの召喚獣」アンドロス》による高打点での殴り切りが勝ちパターンなので、序盤から積極的に育成したいところでもあります。 が、育てる前に破壊されては元子もないので、場の状況や相手のフラッシュ等を読んで適切に攻撃していきましょう。 そういう意味では序中盤は 《「ラスの召喚獣・人」サムライ》をメインに場を組み立てていくと楽かもしれません。 中盤~終盤は 《「ヤミの召喚獣」アンドロス》を一気に進化させて盤面を制圧していきます。 特に強力なのが 《タナトスの海賊》や 《「タナトスの屍司祭」プリースト》等のラストワード持ちのスケルトンを餌にして相手のミニオンを破壊する行為。 特に 《「タナトスの屍司祭」プリースト》はコストにした後も自身の場のミニオンを減らさずに展開できるため、非常に相性の良いミニオンだと言えます。 マリガンは 《デストラクション》《紫炎》のどちらかはキープしたいところ。 とにかく殴り合いを制する必要があるため、フラッシュタイミングで使用できる上記2枚のマジックは常に手札に置いておきたいところです。 あとは青や緑への対策として、余裕があるのであれば 《棍棒スケルトン》も持っておきたいですね。 めんどくさい3コストが増えたので、3コスト以下除去もばかになりません。 ピックアップカード紹介 タナトスの海賊 《「大召喚士」ラス》から出てくるカードですが、どれも効果が優秀です。 特に 《「ラスの召喚獣・人」サムライ》は安定して相手のフォースを2点削ってくれるため、序盤のダメージレースでかなり優位に立つことができます。 《「ラスの召喚獣・地」リュウジン》も、白相手だと育っているフォースを破壊することができるので、 《「サラの召喚獣」メタリック・スティード》対策にもなります。 《「ラスの召喚獣・天」シンリュウ》はめったに出ることはありませんが、最終的にこのカードに助けられることも多々あるので無視はできない存在でしょう。 種族アルカナでもあるので、 《紫炎》とも相性が良く、初手にあるのであればぜひキープしておきたい1枚ですね。 紫炎 6コスト以下と微妙に狭い範囲の除去マジックですが、4コストと軽いので非常に使いやすいです。 また、アルカナが場にあるとトラッシュ回収能力もあるため、トラッシュにミニオンが溜まりやすい紫と非常に相性が良い効果です。 《「ヤミの召喚獣」アンドロス》や 《「タナトスの屍司祭」プリースト》を使いまわすことができると相手もかなり嫌な顔をするでしょう。 あとがき 白の台頭が非常につらいですが、まだ一応戦えると思われるデッキです。 《データ解析》により《「タナトスの屍司祭」プリースト》がまとめて除外されてしまったり、《紫炎》等の除去マジックを《「マキナスの機人侍」シュナイデン》により躱されてしまったりと正直あまり相性が良くありません。 とはいえ、先に相手のフォースを削ることができれば戦えない相手ではありません。 非常にトリッキーで爽快な戦い方ができるデッキなので、白を握るのに飽きたらこのデッキを使ってみてはいかがでしょうか。

次の