和泉式部日記 薫る香に 現代語訳。 和泉式部「和泉式部日記/夢よりもはかなき」

高等学校古典B/和泉式部日記

和泉式部日記 薫る香に 現代語訳

和泉式部日記「夢よりもはかなき世の中を」の解説 和泉式部日記でも有名な、「夢よりもはかなき世の中を」について解説していきます。 「夢よりもはかなき世の中を」の原文 夢よりもはかなき世の中を、嘆きわびつつ明かし暮らすほどに、四月十余日 うづきじふよひ にもなりぬれば、木の下暗がりもてゆく *。 築地 ついひぢ の上の草青やかなるも、人はことに目もとどめぬを、あはれと眺むるほどに、近き透垣 すいがひ のもとに人のけはひすれば、誰ならむと思ふほどに、故宮 こみや に候 さぶら ひし小舎人童 こどねりわらは なりけり。 あはれにもののおぼゆるほどに来たれば、 「などか久しう見えざりつる。 遠ざかる昔の名残にも思ふを。 」 など言はすれば、 「そのことと候はでは、なれなれしきさまにやと、つつましう候ふうちに、日ごろは山寺にまかり歩 あり きてなむ。 いと頼りなく、つれづれに思ひ給うらるれば、御代 おんか はりにも見奉らむとてなむ、帥宮 そちのみや に参りて候ふ。 」 と語る。 「いとよきことにこそあなれ。 その宮は、いとあてにけけしうおはしますなるは。 昔のやうにはえしもあらじ。 」 など言へば、 「しかおはしませど、いとけぢかくおはしまして、『常に参るや。 』と問はせおはしまして、『参り侍り。 』と申し候ひつれば、『これ持て参りて、いかが見給ふとて奉らせよ。 』とのたまはせつる。 」 とて、橘 たちばな の花をとり出でたれば、「昔の人の」と言はれて、 「さらば参りなむ。 いかが聞こえさすべき。 」 と言へば、言葉にて聞こえさせむもかたはらいたくて、なにかは、あだあだしくもまだ聞こえ給はぬを、はかなきことをもと思ひて、 [今日のまの心にかへて思ひやれ 長めつつのみ過ぐす心を] 「夢よりもはかなき世の中を」の現代語訳 夢よりもはかない故宮との恋を、悲嘆に暮れながら日々を過ごすうちに、四月十日過ぎにもなったので、木陰がしだいに暗くなっていく。 土を固めて作った塀の上の草が青々と鮮やかなのも、人はとりわけ目にもとめないけれど、しみじみともの思いにふけって見ているうちに、近くの垣根の辺りで人の気配がするので、誰だろうと思っているうちに、 姿を現したのは 故宮にお仕えしていた小舎人童であった。 しみじみともの思いのされる時に来たので、 女は 「どうして長い間姿を見せなかったのか。 遠ざかっていく昔の面影 =故宮との思い出 とも あなたのことを 思っているのに。 」 などと 取り次ぎの侍女に 言わせたところ、 童は 「これといった用事がございませんでは、 伺うのは なれなれしいようで あろうか と、遠慮しておりますうちに、近頃は山寺 詣で に出歩いておりました。 宮様が亡くなられた後は 全く頼るものがなく、やるせなく寂しく思われますので、 故宮の 御代わりとしてお世話申しあげようと 思いまして 、 弟宮である 帥宮様の所にお仕えしております。 」 と語る。 「とてもよいことである。 その宮様は、たいそう高貴で親しみにくくていらっしゃるそうですね。 昔の 亡き宮様の ようには必ずしもできないでしょう。 」 などと言うと、 小舎人童は 「 評判では そのようでいらっしゃいますけれど、 実際は たいそう親しみやすくていらっしゃって、『いつも あなた様のもとへ 伺うのか。 』とお尋ねなさいまして、 私が 『お伺いいたします。 』と申しあげましたところ、 帥宮様は 『これを持って参って、どうご覧になりますかと言って差しあげなさい。 』とおっしゃいました。 」 と言って、橘の花を取り出したので、 女は 「昔の人の」と いう古歌の一節が 自然と口をついて出て、 童は 「それでは 帥宮様の所には どのように申しあげられたらよいですか。 」 と言うので、文章でご返事申しあげるようなのもきまりが悪くて、なんの構わない、 帥宮様が 浮気っぽいともまだ評判になっていらっしゃらないので、とりとめのない和歌でも お返ししておけばよい と思って、 [眺むるほどに] もの思いにふけって見ているうちに。 [故宮に候ひし] 故宮にお仕えしていた。 [そのことと候はでは] これといった用事がございませんでは。 [まかり歩きて] 出歩いておりまして。 [つれづれに] やるせなく寂しく。 [見奉らむ] お世話申しあげよう。 [えしもあらじ] 必ずしもできないでしょう。 [参り侍り] お伺いいたします。 [奉らせよ] 差し上げなさい。 [かたはらいたくて] きまりが悪くて。 [あだあだしくも] 浮気っぽいとも。 [聞こえ給はぬを] 評判になっていらっしゃらないので。 [気色ばみけるけはひ] それとなく知らせる様子。 [御覧じつけて] お見つけなさって。 [ゆめ人に言ふな] 決して人に言うな。 [好きがましきやうなり] 色好みであるように見られる。 [賜はせそめて] 歌を初めてお贈りになって。 [うち出ででも] 詠み表さないでも。 [なかなかに] なまじっか。 [ならはぬ] 慣れない。 [わりなくおぼゆるに] つらいと思っていたので。 [眺めつつのみ] もの思いにふけってばかりで。 答え:木の葉がうっそうと茂り、木陰が徐々に暗くなっていくということ。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は和泉式部日記でも有名な、「夢よりもはかなき世の中を」についてご紹介しました。 (教科書によっては「薫る香に」という題名のものもあり。 ) その他については下記の関連記事をご覧下さい。

次の

和泉式部日記『夢よりもはかなき世の中・薫る香に』解説・品詞分解(1)

和泉式部日記 薫る香に 現代語訳

概要 [ ] の一人、にもその歌が収められている、を代表するである和泉式部にふさわしく、日記のなかにの贈答の場面が頻出し、この作品を大きく特徴付けている。 作者は和泉式部の本人自筆の作品とされることもあるものの、かつては『和泉式部物語』とも呼ばれたこともあり、また主人公であり筆者であるはずの和泉式部本人を「女」という三人称的呼称で扱っていることから別に作者がいるのではないか、との意見もある この説に従うなら和泉式部の恋愛に仮託した日記風、ということになる。 が亡くなった後の、喪に服している一年の間(5年、)に書かれたといわれている。 内容構成 [ ] 5年()4月〜元年()1月までの数ヶ月間の出来事をつづる。 恋人第三皇子弾正宮が前年4年に薨じ、また為尊親王との恋のため父親にも勘当され、さらに夫との関係も冷めたものとなって嘆きつつ追憶の日々を過ごしていた和泉式部のもとに、為尊親王の弟第四皇子帥宮の消息の便りが届く。 その後帥宮と和歌や手紙などを取り交わし、また数度の訪問を受けるうちにお互いを深く愛する関係となり、最終的に和泉式部は帥宮邸に迎えられる。 この間の和歌の取り交わしと、この恋愛に関する和泉式部のありのままの心情描写が本作品の大きな特色である。 参考文献 [ ]• 和泉式部日記 角川ソフィア文庫 85 ビギナーズ・クラシックス• 『和泉式部日記 現代語訳付き』訳注(角川ソフィア文庫) その他関連文献 [ ]• 『恋のバイブルいづみ式部日記』(飛鳥新社、1990年5月) 元・予備校教師による『和泉式部日記』にみる恋愛のテクニック解説本。 『マンガ日本の古典6 和泉式部日記』 中公文庫 関連項目 [ ] ウィキソースに の原文があります。 ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

和泉式部日記『夢よりもはかなき世の中・薫る香に』現代語訳

和泉式部日記 薫る香に 現代語訳

和泉式部の素晴らしさは才媛であること、それも紫式部のような自己顕示欲のない柔らかな人間味。 純粋な人の魅力を見抜く見識なのである。 心のひだを繊細に見抜く素直さと、それに伴う情の深さの見事さ。 いうなれば、何一つ「欲しいもののない」突き詰めた境地でもある。 それは良寛が貞室孝心尼に見出したような美しさでもあった。 彼女の歌の中にそれを感性としてわからないということは現代の恋愛事情(つまらない世間の感覚) に縛られているということである。 自由奔放な愛なのではない、そもそも、肉体的な愛以外の価値観のない時代を生きた佳人。 現代に至るまで世の男に愛され続けた最高の女を知る一冊である。 まさに、女のなかの女、人間のなかの人間、和泉式部日記、和泉式部集正続を読み返すたびに、その人生の見事さを思い返すのである。 蛇足になるだろうが、彼女は終いに菩薩になり、一遍上人を導いいたとされたほど世に愛された存在である。 この日記(和泉式部の自作であろう)の見事さには紫式部日記のなんと色あせてみえることだろう。 和泉式部には、二人の夫(橘道貞、藤原保昌)と 二人の愛人(為尊親王、敦道親王)がいましたが、こ の日記は3人目の敦道親王との愛の日記です。 和泉式部は敦道親王が死んだ後、藤原道長の誘いで、 中宮彰子に出仕します。 一条天皇の時代は、古代日本文化が頂点に辿り着いた時期で、 赤染衛門、伊勢大輔、紫式部、清少納言と才媛に事欠きません。 「蜻蛉日記」の藤原道綱母もそうでしたが、 和泉式部も自立した精神の持ち主ですね。 自分の目で見て、自分の心で感じ、自分の頭で考える。 歌を送れば、返歌の切り口の面白いこと・・・こちらの脳髄に快感物質が放出されます。 敦道親王もそこのところで和泉式部にのめり込んでしまったのでしょうね。 日本の紀元千年はまさに女性の時代ですが、紀元二千年の今もまさに女性の時代です。 女性万歳です! 次は紫式部日記に挑戦します。 女子大での教科書として使わせていただきました。 和泉式部日記の作品としてのすばらしさはもちろんなのですが、特にこの注釈書は、注釈者の新しい解釈が前面に出ていると思います。 またそれが、作品解釈上大きな説得力を持っています。 たとえば和泉が最初に敦道親王に贈った「薫る香によそふるよりは不如帰」の歌、従来は「死んだお兄様なんてもういい」と弟親王を誘う歌で彼女の「魔性の女」ぶりが読まれてきたのですが、著者は「生前と変わらぬ声をしているか、死んだ宮様の声をもう一度聞きたい」と、故兄宮への愛執を詠むと解釈します。 男性があてがった(と思われる)小悪魔趣味から和泉を解放してくれる、新しい読みの可能性を示していると思います。 女子大生達には共感の嵐でした。 そのほかも魅力ある新釈や資料が盛られ、利用価値大。

次の