カット トマト 缶。 『トマト缶』ホール・カットの違い、特徴、使い分け方

業務スーパートマト缶の簡単レシピ!低価格で使い勝手抜群

カット トマト 缶

ホールトマトは、 細長い品種のトマトがまるごと、缶に入っています。 トマト缶をよく見ると、確かに細長いトマトの絵が描かれていることが多いですね。 その特徴として、 一般的には旨味が強く、果肉部分が柔らかい、というのが挙げられるそう。 たしかにホールトマトは、フライパンの上で木べらで押しつぶすのも簡単で、柔らかいという印象があります。 旨味が強いという点に関しては、はるるの味覚では、カットトマトと違って旨味が強いなぁ!というほどの違いは感じません…。 しかし、カットトマトよりはトマトを食べている感がある、と言いましょうか、濃厚?な印象は確かにありますね。 そしてこのホールトマト、 その旨味の強さから、煮込み料理に最適とのこと。 トマトを使った煮込み料理というと、ミートソースやトマトソース、肉を使った煮込み料理などでしょうか。 他にはトマトを使ったカレーやシチューなどのレシピも見たことがありますが、そういったものに最適、ということのようですね。 またトマトがまるまる入っていますから、そのままでは食べづらいです。 そのためホールトマトを調理する際は、木べらで押しつぶしたり、缶を開けた直後にキッチンばさみを突っ込んで、ジョキジョキと切ってから使うことが多いでしょう。 カットトマトは 丸い品種のトマトがカットされた状態で、缶に入っています。 こちらは、トマト缶に丸い品種のトマトの絵が描かれていることが多いですね。 その特徴としては、 ホールトマトに比べて果肉がしっかりとしている。 そのためサラダなどの、 トマトの食感を生かした料理に使用するのが最適、とのこと。 ちなみに以前はるるが購入していたカットトマトは、大きめのサイコロ状にカットされていましたが、サイズやカットの形は製品によってさまざまです。 味の違いはほとんどない!…気がします はるる個人の感想としては、 ホールトマトとカットトマトに大きな味の違いを感じません。 ただ、はるるは味覚に自信があるわけではないので、あくまではるる個人の感想ということで、ご理解を…。 またメーカーや製品によって、使っているトマトの品種やトマト缶を作る際の製法が違うと思います。 もしかしたら、その部分では味の違いが出るのかもしれませんね。 カットトマトは酸味が強いことも これは、はるるが使用しているメーカーのトマト缶特有の味なのかもしれませんが、 カットトマトはホールトマトに比べて、酸味 すっぱさ が強い気がします。 先に書いた、カットトマトを使用したミートソース作りに失敗した、というのはこれが原因です。 というのも、できあがったミートソースがとてもすっぱかったから。 子供の頃に給食でよく出ていた、甘いミートソースが好きなはるるとしては、すっぱいミートソースというのはちょっと…。 というわけで、それ以来ミートソースには、ホールトマトを使っています。 トマト缶以外の材料が全て同じ分量の場合、ホールトマトだと甘いミートソースに仕上がることが多いですね。 そのため甘いミートソースが好き!という方には、ホールトマトがおすすめでーす!.

次の

トマトピューレとトマト缶の違いとは?重量や作り方についてもご紹介!

カット トマト 缶

さあ、トマトソースを作ろうと思って缶を開けようとしたら、プルトップがパキッと外れてしまった。 みなさんの中にはそんな経験をした人はいないだろうか。 缶切りもない!という場合でも、自宅にあるもので開ける方法を紹介する。 用意するもの:マイナスドライバーと金づち。 トマト缶など、プルトップを引いて開けることのできるタイプの缶は、フタの厚みが薄く、簡単に開けられるよう衝撃に弱い作りになっている。 薄くて見づらいかもしれないが、本来開くべき個所に線が入っているので、そこにドライバーを当て、その上から金づちで軽く叩いてみよう。 あまり力を入れなくても、数回やれば大抵の缶は開けることができる。 あまり勢いよくやると、中身が飛び出してくるので気を付けよう。 多少汚れてもいいよう、キッチンでやるのが無難だ。 少し隙間が空いたら、そこからドライバーでこじ開けるようにフタを持ち上げると、さらに大きく開くことができる。 フタは薄いので危険を伴う。 手などを切らないよう注意しながら行おう。 トマト缶には、カットタイプとホールタイプがあることはご存知の人が多いと思う。 各メーカーからも大抵両タイプが出ている。 価格もほぼ同じだ。 どちらを買うべきか悩んだことはないだろうか? 味が濃いような気がするからホール派。 切るのが面倒だからカット派。 その時の気分で選ぶ派など、好みで選んでいる人もいるだろう。 どちらも同じトマトの水煮缶なので、味はほぼ変わらないものの、料理によって向いているタイプがある。 ここでは、おすすめのタイプとその理由を伝えよう。 まず材料のトマトだが、ホールタイプの場合、加熱することによって美味しくなるトマトの種類を使っている。 味が濃く、煮崩れしやすいため、トマトソースなどに最適だ。 種が入っている分、酸味は強い。 カットタイプの場合、より果肉がしっかりしていて、煮崩れしにくいものを使用しているのが特長である。 煮込み料理にしても、ソースのようにどろどろになってしまわず、果肉がちゃんと残るようにしてあるものが多い。 種は取り除かれているので、穏やかでやさしい味。 メーカーによっては、必ずしも別のトマトを使っているわけではないが、缶に書かれているトマトの種類が、ホールとトマトで異なるものも多いので、売り場に行った時にぜひ見比べてみてもらいたい。 ではそれぞれどのような料理に向いているのか教えよう。 カットトマト缶.

次の

ホールトマト缶とカットトマト缶は、結局なにが違うの?

カット トマト 缶

ホールとカットの違いは、 調理するときにつぶすかつぶさないか? ホールの場合、たいてい手でつぶして入れます。 カットの場合はその必要がありません。 ただ、知人曰く、カットで調理すると、 料理自体が乾燥しやすいとのこと。 私は気にならないのでたいていカットです。 ホールの時はつぶして加えてます。 生のトマトでも構いませんが、皮が気になる場合、 缶詰だと皮を取る必要がありません。 生のトマトの場合、煮詰めた後に皮が残るので取り出すが口当たりに障ります。 ケチャップだと味が異なります。 ピューレも、トマトピューレなら問題ありませんが、 料理によって、トマトの質感を残したい場合、ピューレだとまったく質感がないので料理によっては全く別物になる可能性があります。 お答えになったでしょうか?.

次の