画面 キャプチャ。 Windowsタブレットで画面キャプチャを取る:Tech TIPS

スマホで画面キャプチャ/スクリーンショットを撮る方法(Android・iPhone) │ andropp(あんどろっぷ)

画面 キャプチャ

このサイトでも利用しているようなスクリーンショットを取る(キャプチャーする)のに便利なソフトです。 ソフトの紹介や操作手順の説明など、文字だけじゃ伝えづらい場合に画面をキャプチャーしてわかりやすい伝えることがです。 ゲーム動画やデスクトップの動作をマイク音声付きでキャプチャーできる、予約録画機能付きのビデオキャプチャーソフト DirectX で画面出力するゲームや動画のキャプチャー、指定した枠内の動作をキャプチャーできるビデオキャプチャーソフトです。 操作方法の解説用など、資料用にデスクトップの操作を撮影している場合は、マウスカーソルを表示させたり、クリックしたときのマウス効果を加えたりすることで、よりわかりやすい動画を作成することができます。 ウェブカメラをオーバーレイさせることができ、クロマキー合成などを適用させることも可能です。 ビデオ用コーデックは、H. 動画撮影中に静止画キャプチャーも保存でき、カメラアイコンをクリックするか、ホットキー F11 で取得できます。 指定時間の指定した範囲を自動で動画キャプチャーする、予約録画機能も搭載しています。 マウスカーソルを含めたデスクトップ画面を取り込んで画像ファイルとして保存することができるソフト Windows のデフォルトで利用できる「PrintScreen(プリントスクリーン)」では、マウスカーソルごと画面をキャプチャーすることはできませんが、本ソフトならマウスカーソルごと画面を取り込むことができます。 キャプチャーした画像に対して、「リサイズ」、「減色」、「ネガポジ反転」、「白と黒を入れ替える」、「グレースケール変換」、「セピア」、「回転」、「画像」などの処理ができ、ホットキーを使ってマウスカーソルでまさに操作中の画面をキャプチャーすることが容易にできます。 キャプチャー範囲にはライブドロー機能(ペン、蛍光ペン、図形、スタンプの追加)や、ウェブカメラの追加などの追加も可能。 キャプチャーした静止画/動画は、ホーム画面にサムネイル/リスト形式で一覧表示され、タグを登録することで画像や動画を探しやすくすることができます。 リサイズ、切り抜き、シェイプツール、ドローツール、テキスト挿入などの編集ツールを利用した画像編集もできます。 ビデオキャプチャーは指定範囲のデスクトップ操作を記録でき、マウス移動やアプリケーション操作をMP4ファイルに保存できます。 便利なのが「プロファイル機能」で、一定の操作を一つのまとまりとして保存できます。 例えば取得したキャプチャーにグレースケール加工を行い、パワーポイントで開くと言った一連の流れをプロファイルとして保存できるので、このプロファイルを使用することで、キャプチャーを取得するだけで「グレースケール加工+パワーポイントで開く」といったことが可能になります。 PCだけでなくスマートフォン表示での Web サイト全体のキャプチャーを取得できるストアアプリ Web ページの表示している範囲、または Web ページ全体のスクリーンショットを取得できるソフトです。 Microsoft Edge で閲覧中のウェブサイトを共有機能から、本アプリに転送してキャプチャーを取得することができます。 キャプチャーはPNG形式で保存され、共有ボタンから Microsoft Store アプリを経由したメール送信、Skype 投稿などが可能です。 Web ページのスマートフォン表示に対応しており、スマートフォンでの表示している範囲、ページ全体のキャプチャーができるのも特徴です。 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト… オフィスソフト、ウェブブラウザー、メールソフト、圧縮・解凍ソフト、付箋紙ソフト、PDF作成ソフト、イラスト作成ソフト、画像・動画管理ソフト、テキストエディター、ファイル復元ソフト… 辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト… フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ… USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト… フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事….

次の

無料画面キャプチャーソフト一覧

画面 キャプチャ

画面スケッチとはどのような機能? 今回のWindows 10 Anniversary Upgrade で新たに追加された新機能「画面スケッチ」は、現在表示されている画面をキャプチャ(スクリーンショット)して、そのキャプチャに対して、直接手書きを挿入することができる機能です。 使い方によっては非常に便利な機能です。 では次項からその画面スケッチの簡単な使い方と使用例を紹介していきます。 画像スケッチの使い方 まずは、Windows 10 Anniversary Upgrade より新たに追加されたタスクバーアイコン「ペンのアイコン」を選択します。 「Windows Ink」メニューがせり上がってくるので、その中の「画面スケッチ」を選びます。 すると、今ディスプレイに表示されている画面がそのままキャプチャされた状態で画面スケッチが開きます。 あとは、右上にあるツールバーから動作を選んで書くだけです。 アイコンは、左から・・・• ペンツール(ペンの色や太さは設定できます)• 鉛筆ツール(ペンに比べて細身で、薄く実際の鉛筆風です、色・太さ変更OK)• マーカーツール(透明のカラーマーカーが引けます。 色・太さ変更OK)• 消しゴムツール(部分消し、全消しを選べます)• 定規(表示される定規にあわせて線をひっぱると真っ直ぐな線が書ける)• タッチによる手書き(タブレットや画面タッチがあるPCで役立ちそう)• 戻る&進む(作業をひとつ前に戻したり、進めたりする)• トリミング(キャプチャ画像を好きなサイズに切り取れます)• すべてクリア(これを選択すれば全て消えて作業の最初へ戻ります)• 名前をつけて保存(作業したキャプチャ画像をPCへ保存します)• コピー(保存せずに、別の画像ソフトなどへ直接貼り付けられて便利です)• 共有(直接SNSやクラウドへ送信できます。 要Windowsアプリ)• 閉じる(画面スケッチを終了します) 「画面スケッチ」を使うとこんな感じ。 画像スケッチの保存は「PNG」形式の画像で保存されます。 画面スケッチ使用例 文章やデザインなどの添削やコメント こんな風に、こうしたほうが良い、こうしてほしいなどのコメントを直接記入したりと便利に使えます。 保存した画像キャプチャは、SNSやメールなどで送れば仕事から日常の様々な場面で重宝します。 地図へのコメント こんな使い方も便利ですよね。 まとめ Windows 10 へ追加された新機能「画面スケッチ」はいかかでしょうか?地味に役に立つことまちがいなしです!! 注意点として、キーボードによるテキスト入力はできません。 全て手書きです。 したがって、マウスで書くのはちょっと大変です。 利用する場合には、タブレットまたはタッチ画面対応のPC、ペンタブレットなどの直接手書きができる環境が必要になります。 というわけで、ちゃんと進化しているWindows10です!!こういった便利な機能がちょこちょこ追加されていますから、うまく利用して生活を豊かにしていきたいものです。 今回は、Windows 10 に新たに追加された新機能「Windows Ink ワークスペース の 画面スケッチ機能」を紹介いたしました。 2018年10月の Windows 10 アップデートにて「画面スケッチ」機能は拡張されました。

次の

スマホで画面キャプチャ/スクリーンショットを撮る方法(Android・iPhone) │ andropp(あんどろっぷ)

画面 キャプチャ

ほとんどのキーボードの右上に、 PrintScreenとかかれたキーがあります。 PriScrと略されていることもあります。 特に色がついていない場合は、PrintScreenを押すだけです。 青色や緑色など色が付いていることがあります。 キーボードの左下や右下にある Fnキー(エフエヌキー)。 PrintScreenキーとFnキーは 同じ色をしています。 つまりこの2つのキーは対応しています。 Fnキーを押しながら PrintScreenキーを押します。 1回押せば それでキャプチャは出来ています。 ここでWindowsの付属ソフト Paintを起動します。 キャプチャした画面が貼り付けされます。 適当に名前を付けて、JPGで保存してみましょう。 画像ファイルとして保存されます ファイルを開いたら、キャプチャした画面を見ることができます。 開いているウィンドウのキャプチャ 開いているウィンドウをキャプチャする方法は、 Altキーを使用します。 Fnキーの近くやキーボード左下にあります。 何かのウィンドウをパソコン画面上で開きます。 そして、 Altキーを押しながら PrintScreenキーを押します。 Fnキーを使う場合は、Altキーを押しながら FnキーとPrintScreenキー。 Paintで貼り付けて、保存します。 下記のように開いているウィンドウだけキャプチャ出来ていたら成功です。 ウィンドウがキャプチャできず、画面全体がキャプチャされるという場合は、ウィンドウが選択されていません。 マウスなどで一度ウィンドウをクリックすると、選択された状態になります。 このような選択されているウィンドウ、操作の対象となっているウィンドウを アクティブウィンドウといいます。 Snipping Tool スニッピングツール Windows 7以降のOSには、Snipping Tool スニッピングツールという画面キャプチャのソフトウェアが標準で搭載されています。 Snipping Toolが起動します。 どのようにキャプチャするか、何をキャプチャするかを選びます。 自由形式の領域切り取りでは、ハサミのアイコンが出てきてマウスを動かして切り取った部分がキャプチャされます。 四角形の領域切り取りでは、マウスを動かして切り取った部分がキャプチャされます。 ウィンドウの領域切り取りでは、表示されているウィンドウのキャプチャがとれます。 事前にキャプチャしたいウィンドウを表示させ、Snipping Toolを起動させるという方法です。 ウィンドウのキャプチャがとれます。 全画面の領域切り取りでは、デスクトップ全体のキャプチャがとれます。 ファイル形式は PNGやJPGなどを選べます。 保存されたキャプチャ画像です。 ペイントもSnipping Toolもよく使う場合は、デスクトップなどにショートカットを作成しておくと便利です。 サイドバー.

次の