エクセル 数式 割り算。 エクセルの計算結果が0になってしまいます

エクセル 足して割る

エクセル 数式 割り算

エクセルは、(1)セルに値をセットして、セル参照で計算させる場合と(2)1つのセルで数個の数値を演算子や関数を使って計算する場合があります。 既回答者は(2)の線で回答してますが、エクセルの質問では (1)に関する質問が普通です。 割り算と掛け算の2項は優先して計算されることはご存知でしょうね。 この点が判らないのでしょうか。 これぐらいの質問になると、エクセルを使う人は皆できるので、周りにいる、そういう人に聞いてください。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。

次の

#DIV/0!エラーが表示されないように、0以外のときに割り算するには:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/論理・情報

エクセル 数式 割り算

掛け算で使用する記号は「=」と「*」。 キーボードだとこの位置にあります。 テンキーだと、「=」は入力できませんが、「*」を入力するときには、[Shift]キーを使わずに、押すだけで入力できます。 そしてExcelでは、 計算で使う記号は半角で入力する がお約束なので、にしておきます。 今回は、掛け算の結果を、りんごの「金額」のセル、つまりD2番地に表示させたいので、D2番地をします。 キーボードで「=」を入力します。 この「=」は、 これから数式を入力しますよという合図です。 ここから実際の計算内容を入力していきます。 「かける」を意味する「*」を、キーボードで入力します。 続いて、りんごの「数量」のセル、C2番地をクリックで指定します。 最後に「この計算内容でOKだよ」という意味で、確定をします。 計算内容の確定は、数式バーの[入力]ボタンをクリックするか、キーボードの[Enter]キーを押します。 りんごの「金額」のセルに、掛け算の結果を表示させることができました! この一連の操作は、セリフで覚えてしまいましょう! ココはコレかけるコレです そして、このセリフのそれぞれが、下の表のように1つ1つの操作を表します! ココ 計算結果を表示させたいセルを選択 は 「=」を入力 コレ 掛け算したいデータが入っているセルを選択 かける 「*」を入力 コレ もう一方の、掛け算したいデータが入っているセルを選択 です [入力]ボタン、または[Enter]キーで確定 そして、掛け算ではなく、足し算や引き算、割り算をしたいなら、セリフの「かける」の部分、つまり「*」を入力する部分を、それぞれの計算記号に置き換えて入力すれば、その計算ができます。 テンキーだと、いずれの計算記号も、[Shift]キーを使わずに、押すだけで入力できます。 数式の超重要ポイント さて、先ほど掛け算を設定した、りんごの「金額」のセル、D2番地をし、数式バーを見てみましょう。 Excelでは、選択したセルに入力されているものが、数式バーに映し出されます。 ということは、D2番地には、計算結果として「400」と表示されているものの、実際にこのセルに入力されているのは、数式バーに表示されている =B2*C2 という数式であることが分かります。 =B2*C2 とすることで、「 B2番地に入っているものと、 C2番地に入っているものを掛け算してください」という意味になります。 「100」と「4」を掛けてくださいという具体的な数字の指定ではなく、 そこに入っているものを掛けてください、と指定しているので、たとえB2番地の単価や、C2番地の数量を変更したとしても、そこに入っているものが掛け合わせられるため、 自動的に計算結果が変わってくれます! 試しに、C2番地の数量を「2」に変更してみます。 変更したいC2番地をし、 「2」と入力。 (セルを選択して入力すれば上書きされるので、もともとの「4」は消す必要はありません。 ) キーボードの[Enter]キーですると、 りんごの数量を変更しただけなのに、それに伴って、りんごの金額の 計算結果も、自動的に変わりました! というわけで、ここまでを知っていれば、Excelでの足し算・引き算・掛け算・割り算はバッチリ。 あとは、残りの「金額」のセルにも、同様に掛け算を設定したいわけですが、ひとつひとつ設定していくのはとても面倒なので、数式をコピーしていきます。 ただ、数式のコピーにも、Excelを操作する上で絶対に欠かせない、超重要ポイントが含まれています。 早速、下の赤いボタンを押して、先に進んで行きましょう!.

次の

同じ計算式を簡単にコピーする3つの方法|Excel(エクセル)の使い方

エクセル 数式 割り算

問題1 足し算 :年間販売数を求めなさい。 B C D E 2 商品 上半期 下半期 年間販売数 3 りんご 5,800 2,790 4 みかん 4,580 4,680 5 バナナ 7,540 7,720• 問題2 引き算 :年間販売目標がC列に入力されています。 上半期の販売実績がD列に入力されています。 下半期の販売目標はいくらになるでしょう。 B C D E 2 商品 年間販売目標 上半期販売実績 下半期販売目標 3 りんご 9,000 4,870 4 みかん 7,000 3,560 5 バナナ 8,000 4,720• 問題2-2 引き算 :半年の販売計画した金額があります E2セル。 4月〜9月の売上高と販売計画の不足額を計算しなさい。 B C D E 2 売上高 半期の販売計画 600,000 3 4月 120,000 不足額 4 5月 75,000 5 6月 80,000 6 7月 110,000 7 8月 85,000 8 9月 95,000• 問題3 掛け算 :販売数と単価から各商品の販売金額を求めなさい。 B C D E 2 商品 販売数 単価 金額 3 りんご 750 120 4 みかん 648 220 5 バナナ 877 189• 問題4 割り算 :下半期の上半期に対する増減率 パーセンテージ を求めなさい。 B C D E 2 商品 上半期 下半期 増減率 3 りんご 5,800 2,790 4 みかん 4,580 4,680 5 バナナ 7,540 7,720• 問題5 割り算 :年間販売数の各商品の比率をパーセンテージで求めなさい。 B C D E F 2 商品 上半期 下半期 年間販売数 販売比率 3 りんご 5,800 2,790 8,590 4 みかん 4,580 4,680 9,260 5 バナナ 7,540 7,720 15,260 6 合計 17,920 15,190 33,110• B C D E 2 商品 上半期 下半期 年間販売数 3 りんご 5,800 2,790 8,590 4 みかん 4,580 4,680 9,260 5 バナナ 7,540 7,720 15,260• [Enter]キーで入力を確定します。 ちょっとした、らくちん技になるかも・・・です。 をご覧ください。 セルに桁区切りが表示されないときは、ホームタブの数値グループにある「桁区切りスタイル」をクリックします。 E3セルを選択して右下のフィルハンドルをE5セルまでドラッグします。 数式と書式がコピーされます。 この場合、左側のセルが入力されているところまで数式をコピーするので、 フィルハンドルをダブルクリックしてもOKです。 数式の入力と数式のコピーを手早くする操作方法• [Enter]で確定すると、アクティブセルはE4セルに移動します。 数式を入力するセル範囲 E3:E5 を選択します。 数式を入力するセルをあらかじめ選択しておきます。 または、E3セルからE5セルをマウスでドラッグします。 (E3セルがアクティブセルになります)• セルに桁区切りが表示されないときは、ホームタブの数値グループにある「桁区切りスタイルを適用します。 数式を入力するセル範囲 E3:E5を選択します。 または、[数式]タブの[オート SUM]ボタンをクリックします。 セルに桁区切りが表示されないときは、ホームタブの数値グループにある「桁区切りスタイルを適用します。 Microsoft365ではスピル 動的配列数式 を利用することができます。 ちなみに、この動的配列数式で作成したファイルを、スピルが使えないExcelで開くと静的配列数式 CSE に変更されます。 逆にSpillが使えないExcelで作成された静的配列数式が、Spillが使えるExcelで開くと同的配列数式に変換されることはありません。 解答 B C D E 2 商品 年間販売目標 上半期販売実績 下半期販売目標 3 りんご 9,000 4,870 4,130 4 みかん 7,000 3,560 3,440 5 バナナ 8,000 4,720 3,280• 引き算 減算 は演算子 - マイナス、ハイフン を使って数式を作成します。 - ハイフン は「ほ」のキーにあります。 [Enter]キーを押して、数式の入力を確定すると、計算結果が表示されます。 左側のセルが入力されているところまで数式をコピーするので、 フィルハンドルをダブルクリックします。 E4,E5セルにE3セルの数式と書式がコピーされました。 Microsoft365での数式 スピルを使った数式• Microsoft365ではスピル 動的配列数式 を利用することができます。 解答 B C D E 2 売上高 半期の販売計画 600,000 3 4月 120,000 不足額 35,000 4 5月 75,000 5 6月 80,000 6 7月 110,000 7 8月 85,000 8 9月 95,000• 引くセルの数が多くなると面倒です。 このような計算は引く数をとりあえずまとめてから引くことができます。 数式バーの[関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数の挿入 ダイアログボックスが表示されます。 関数の分類で「すべて表示」を選択します。 関数名で「SUM」を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 数値1の入力ボックスにカーソルを表示して、シートのC3:C8セルを選択します。 数値1に C3:C8 と入力されます。 [Enter]キーを押します。 または、[OK]ボタンをクリックします。 解答 B C D E 2 商品 販売数 単価 金額 3 りんご 750 120 90,000 4 みかん 648 220 142,560 5 バナナ 877 189 165,753• PRODUCT関数を使うこともできます。 関数の引数を利用すると、下図のようになります。 ちなみに、PROPDUCT関数を使うと、空白セルを無視して計算することができます。 演算子を使うと空白セルは 0 ゼロ とみなして計算されるため、計算結果は 0 ゼロ になってしまいます。 Microsoft365での数式 スピルを使った数式• Microsoft365ではスピル 動的配列数式 を利用することができます。 操作例1• E3セルを選択します。 計算結果が表示されます。 E3セルの書式をパーセント スタイルにします。 E3セルを選択して右下のフィルハンドルをE5セルまでドラッグします。 数式と書式がコピーされます。 Microsoft365での数式 スピルを使った数式• Microsoft365ではスピル 動的配列数式 を利用することができます。 E3:E5セルを選択して、[ホーム]タブの[パーセンテージスタイル]を設定します。 操作例1• F3セルを選択します。 F3セルの書式をパーセント スタイルにします。 F3セルにパーセンテージスタイルが設定されました。 F3セルを選択して右下のフィルハンドルをF5セルまでドラッグします。 数式と書式がコピーされます。 Microsoft365での数式 スピルを使った数式• Microsoft365ではスピル 動的配列数式 を利用することができます。 F3:F5セルを選択して、[ホーム]タブの[パーセンテージスタイル]を設定します。 スポンサードリンク ||四則演算 掛け算・割り算・引き算・足し算.

次の