耳鼻 科 耳 掃除 だけ。 耳鼻科 耳垢掃除【心配な方に!】伝え方や痛み・料金や方法は

スタッフブログ|じんのうち耳鼻咽喉科|福岡県那珂川市(旧 筑紫郡那珂川町)

耳鼻 科 耳 掃除 だけ

耳鼻科の耳掃除のやり方について 耳鼻科での耳掃除って具体的にどうやるの? とご存知でない方に軽く説明すると耳鼻科には耳掃除する際の専用の道具があるんです。 軽く説明すると (耳垢鉗子):じこうかんし 先端がギザギザで耳垢を挟んで出すもの。 ぎっしり詰まったものであればごっそり取れる事もあります。 (実際私もこれで取ってもらったのですが、正直ビックリするぐらい取れました(汗 ただこびりついた湿ったものなどについてはこれでは取りづらいそうです。 (耳用小鈎):じようしょうこう 耳垢をひっかけて引っ張り出す際に使用。 耳垢鉗子でつかめないものなどはこれを使用して耳掃除していきます。 ただ先が鋭利になっているのでこらえ性のない子供などには扱いが難しいみたいです。 (吸引管):きゅういんかん 湿ったものを吸い出すように使う道具です。 家で耳掃除してもこびりついたものはなかなか取れないものもあるじゃないですか? そういったものについては耳垢水という液体を入れて垢を柔らかくしてから吸い上げて取ります。 といったように耳鼻科で耳掃除する際はこういった専用の道具で耳掃除して貰えます。 耳掃除をしていると耳の中を痛めたり、かえって奥の方へ押し込んだりとなかなか取れない事って実はけっこうあったりするんです。 その際に無理に取ろうとすると余計に耳の中を痛めて血が出たりして症状が悪化するんです。 実際私が耳鼻科で取ってもらった際は耳が傷ついてかさぶたになったような感じになってました。 詰まった感じがするけどなかなか取れないのであれば無理をせず耳鼻科へ行って耳掃除をしてもらう事をおすすめします。 耳鼻科での耳掃除って痛いの? 実際耳鼻科での耳掃除をしてもらう際は痛いかどうか気になる所ですよね。 まぁ結論から言ってしまうと 基本的には痛くないですが、耳の状態によっては痛い事もあります。 単純に奥の方で詰まっているだけであれば取り出してもらうだけなので特に痛みもなくすぐ終わるかと思います。 ただ耳の掻きすぎでかさぶたとなってくっついていた場合、取る際にかさぶたも取れる事があるんですよね。 その結果血が出たりして痛む時もあります。 実際私がとってもらった際はかさぶたと一緒になっていたので取った際に痛みがあり少し血が出てしまいました。 もちろん医者の腕も多少なりともあるかもしれませんが、耳の穴に元々痛みがある上で取ってもらう際は多少痛みがあるかもしれないという事を頭に入れておきましょう。 ただ、そこまで痛いわけでもないですし、大抵は特に痛みもなく終わる事でしょう。 ちなみにですが、取ってもらった際は 5分程度で終わりました。 待っている時間の方が長かった 笑 というのも子供が耳掃除をする際にくすぐったいと感じてしまう子もいるんです。 で、実際医師に耳掃除をしてもらう際にくすぐったくて動いてしまうと外耳道を傷つけてしまう可能性があるんです。 耳の穴の中は繊細です。 耳用小鈎のような先が鋭利のものを使用している際で動かれてしまうと少し危ないんです。 子供を耳鼻科で耳掃除をしてもらう際はじっとしているようにあらかじめ話しておきましょう。 耳鼻科で耳掃除してもらう際の料金について 耳鼻科で耳掃除をしてもらう際の料金についてですが、 耳掃除って保険きかなそうだし意外とお金かかるのでは? と思われる方もいるのではないでしょうか? 実際私も適用外かなと思ったのですが、耳掃除は医療行為であり保険の適用がききます。 医療費の点数についてはどうやったかというと変わってくるそうですが、 私に関しては初診料込みで1500円程度でした。 2回目以降で行くのであれば1000円程度ではないでしょうか? ネット上で調べてもやはり同じぐらいの値段でしたし、初診料込みでも2000円いかない程度と思ってください。 まとめ.

次の

耳鼻科で耳掃除する際の料金は?痛みとかする?

耳鼻 科 耳 掃除 だけ

By: - 2歳5か月の長女が風邪で小児科にかかった時、小児科の医師から「耳の中に垢 あか がたまっているから、耳掃除してね」と言われました。 私は本当まれに、子供達3人の耳垢を綿棒を使って掃除することがあるのですが、3人の中でも特に長女の耳の中はカサカサなのに垢は取りづらいし、力を入れてしまうと耳の中を傷つけてしまいそうで怖いし、耳垢がとれているのかとれていないのかわからないことがあります。 なので小児科の医師に、自宅では子供たちの耳かきをうまくできないことを相談してみたところ、 「1回耳鼻科で掃除してもらうといいよ」と言われました。 「耳垢が溜まったくらいで、耳鼻科に行ってもいいものなんだ」と気づき、さっそく耳垢を取るために長女を連れて耳鼻科に行ってみました。 スポンサーリンク 耳掃除は必要なのか? 私は前に友人から、「耳掃除をしなくても良い」と聞いたことがありますが、そもそも耳掃除は必要なのでしょうか。 耳鼻科医の意見を調べてみると、基本的に 自分では耳掃除をしなくても良いという意見が多くありました。 そもそも耳垢は、溜まってくると自然に耳の外にポロっと出るようになっているので、濡れたタオルやガーゼなどで耳の入り口のあたりを優しく拭いてあげるだけで十分なようです。 むしろ自分で耳掃除をすると、耳垢を押し込んでしまったり、耳を傷つけてしまう原因にもなるので、自分で耳掃除をすることはせず、 耳垢は定期的もしくはトラブルが起きた時に耳鼻咽喉科でとった方が良いという意見がよく見られました。 耳掃除をしていた時に起きるトラブルは、国民生活センターのサイトで簡単な説明が記載してありました。 参考サイト: では、自分では耳掃除を一切しなくていいのでしょうか。 耳垢が溜まると自然にポロっと出てくるなら、誰も耳掃除をしなくてもよいですよね。 でも2歳の長女は私があまり耳掃除をしない状態だから、小児科の医師から指摘されるくらい耳垢がこびりついてしまっているんです。 となると、耳掃除をしないで放っておくと耳垢がたまっているなんておかしい話になってしまいますよね。 これは、さきほど耳鼻科の医師の意見は、基本的に 自分では耳掃除をしなくても良いという意見が多いと書きましたが、 基本的にという言葉がついていることと関係しています。 耳鼻科の医師は、基本的には自分で耳掃除をしなくても良いけど、耳掃除を全くしなくても良いとは言っていないのです。 そして例外的に耳垢が湿ったタイプの人や、乾燥タイプでも我が家の長女のように耳垢が溜まりやすい人などは、体質的に耳垢が耳の外に出にくかったりするので、何もせず放っておいてしまうと耳垢がつまってしまうそうです。 その為、特に耳垢が溜まるようなタイプの人は、頻繁に耳掃除をするのは良くないけど、耳掃除を一切しないでいるとトラブルになることもあるから、時々は耳鼻科にいって耳掃除をしてもらうのが良いそうです。 耳鼻科では耳掃除だけしてくれるのか 耳垢だけ取るために耳鼻科を受診していいのか疑問に感じる人もいるかもしれませんが、 耳垢だけをとってもらうために耳鼻科に行くことに問題はありません。 というより、我が家は子供達の耳掃除をする為だけに、3ヵ月に1回くらい耳鼻咽喉科に通うようになりましたが、耳の病気の一つとして、耳垢がたまって外耳道を塞いでしまう「耳垢栓塞(じこうせんそく)」があるのを知っていますか。 耳垢栓塞になると耳の聞こえが悪くなったり、ひどくなる難聴を起こす可能性があるので、そうなった状態を改善する、もしくはならないように予防するためにも、耳鼻科の先生の多くは耳垢をとることも耳鼻咽喉科の処置の一つとして考えてくれてます。 なので、堂々と「耳垢とりに来ました」と耳鼻科を受診しても良いのです。 ただし病院によっては、自分で耳垢をとれとは言わないけれども、「耳垢は放っておいても自然に取れるから大丈夫」と言ってきたり、面倒くさいからという理由からなのか、他に何か理由があるのかわかりませんが耳垢を取ってくれないという場合もまれにあるようです。 もし耳鼻科で耳垢の掃除をしてもらえるかわからない場合は、まず一度行こうと思っている耳鼻科に電話などで確認してから、受診をした方が良いと思います。 耳垢をとってくれる病院探しは口コミや病院のサイトを利用 耳垢をとってくれる病院って、わかりづらかったりするんですよね。 こういった場合は、 他のお母さん達の情報網があなどれません。 小さい子供を持っているお母さんは、誰かしら「あそこの耳鼻科で耳垢とってくれる」という情報を持っていたりします。 それも「あの先生は優しいから良い」とか、「待ち時間が長いけど、この時間がすいてる」なんて貴重な情報も一緒に教えて貰えたりするので、一度聞いてみるのも良いと思います。 「えっ?私、ママ友との交流なんて無いな」という人であれば、 直接近くの病院に問い合わせてみたり、雰囲気を確認しにいってもいいと思いますし、またはインターネットの口コミを調べてみたり、ホームページを見てみるのも一つの手です。 耳鼻咽喉科の中でもキッズスペースがある場合は、子供連れて行きやすいので、そういった情報も含めて見ておきましょう。 実際の耳掃除の様子 診察用の椅子に座って、簡単に喉や耳の中を診察をした後、さっそく診察台のベッドに移動して耳掃除が始まりました。 子供の場合はどのように耳垢をとるのか? 2歳の長女は、まずベッドに横になる前にバスタオルでグルグル巻きにされて、手足が動かないように固定されてから、ベッドで横になり耳垢の掃除を始めました。 先生は診察台の上のライトをつけて手元を明るくした後、バスタオルでぐるぐる巻きの状態の長女に、「はい。 こっち向いてみて」と言って、首を向けるようにしていました。 長女の横には体が動かないように押さえる数人の看護師さんと、長女の耳の中を顕微鏡またはルーペ?のようなもので覗いている先生がいて、診察台から少し離れた場所で立って、長女の耳の中の様子をモニターを見ていた私にはちょっと異様な雰囲気に見えました。 そして先生が耳垢を「鉗子 かんし 」と呼んでいたピンセットのようなもので掴んで取るのですが、モニターをみていると耳垢がべっとりと張り付いてるような感じで、取っても取ってもまだその先に耳垢がありました。 子供の耳の中をモニターで見ていると耳垢がごっそり見えた モニターに映った長女の耳の中を見ると、まず思うことは「汚くて、奥が見えない」です。 先生が耳の中を掃除し始めると、まず耳垢が溜まりすぎていて、耳の穴を垢が塞いでしまっている状態(耳垢栓塞)だったので、先生が長女の耳の中にライトを当てても最初は奥の方が見えませんでした。 耳垢を鉗子で取り除くと、中の様子が少しずつ見えてきて、耳の穴がわかるようになりました。 長女は左右とも耳垢が非常にたまっていたので、ごっそり取ることができました。 私と夫も以前この耳鼻科で耳掃除をしてもらったことがあるのですが、先生からは「そんな汚れていないね」なんて言われていましたので、大人の耳の中が綺麗なら、子どもたちの耳の中なんてもっと綺麗だろうと思っていました。 が実際は、子供たち(特に長女)の方が、耳の中は耳垢だらけだったのには驚きました。 耳掃除をしている時間はどのくらい? 耳掃除は、だいたい 左右あわせて5分程度で終わりました。 耳垢の溜まっていない人であればもう少し早く終わると思いますが、ほとんどの場合が数分程度で耳掃除は終わるようです。 耳掃除は痛みがあるのか? 2歳の長女は耳掃除中にまったく痛がる様子もなく、泣くことも暴れることも動くこともしなかったです。 私が長女に「耳が奇麗になって良かったね」と聞くと、「お耳すっきり。 気持ちいいね」とニコニコで言っていたので、 耳掃除を怖がるということもなく、むしろ気持ちよかったようですね。 なので 耳鼻科に行って耳掃除をする場合は、優しく行うのが基本のようなので痛みは無いようです。 耳鼻科に行って耳掃除を行うデメリット 小さい子供が耳垢を取る場合は、子供が暴れてしまって耳の中を傷つけない為にも、子供をバスタオルでグルグル巻きにして、がっちりと押さえつけられます。 それに加えて、痛くはないですが耳に鉗子が入るので、 耳の中の違和感があって、嫌がる子供は結構いるんじゃないかなと思いました。 我が家の長女は肝が据わっていて、予防接種でも赤ちゃんの頃からほとんど泣くようなことがなかった子なのですんなり耳掃除してもらえましたが、4歳の長男はたぶん診察の様子を見ただけで逃走しそうな気がします。 耳掃除が痛くて嫌だということではありませんが、やはりぐるぐる巻きにされて寝かされるということが嫌なようですので、耳掃除を嫌なものにしない為にも、耳掃除を頑張ったその日は診察後に毎回アイスクリームを食べたりして、楽しい一日で終わらせる工夫をしています。 ) 耳掃除の診察費用 今回の長女の耳掃除は 無料で行えました。 耳掃除は保険適用なので、子供の場合は医療費助成によって無料でできると思います。 年齢や症状によっても耳掃除の金額は違ってきますが、耳垢を簡単に掃除するだけであれば 大人でも1,000円前後の費用でできました。 耳鼻科で耳掃除をする頻度は? 我が家の4・2・0歳の3人の子供を耳鼻科で全員耳垢をとってきましたが、同じように耳垢を放置していても4歳の長男(耳垢:湿ったタイプ)はほとんど溜まっていないのに、2歳の長女(耳垢:乾燥タイプ)はこの前耳垢をとりに来たのに関わらず3か月後にはごっそり溜まっていました。 0歳の次女(耳垢:乾燥タイプ)も耳垢が結構取れていました。 子供によって耳鼻科に行って耳掃除を行う頻度は違ってくるのでしょうが、我が家の場合は長女がどうも耳垢が溜まりやすいようなので、だいたい 3か月くらいを目安にして行くとちょうどいいです。 とはいえ、耳垢の溜まり方には個人差がありますし、定期的に耳鼻科で耳掃除をすすめる先生もいれば、定期的に行くのではなく、何か気になることがあった時に耳鼻科で耳掃除をすれば良いという先生もいたりと、耳鼻科での耳掃除の頻度は、耳鼻科の先生によっても意見が違っています。 耳掃除はやりすぎもやらなすぎもダメ 耳掃除はやりすぎてしまうことで、逆に耳垢を奥に詰め込んでしまったり、傷つけてしまう危険性がありますのでやめた方が良いです。 でも耳掃除を一切やらないと、耳垢の溜まりやすいタイプの人は耳の聞こえが悪くなったり、溜まってしまいます。 耳掃除をしなくていい、するべきだと極端な意見ではなく、基本的には耳の入り口をタオルやガーゼで拭いて清潔に保ち、自宅では耳掃除はしなくても良いけど、たまには耳鼻科に行って耳掃除をしてもらうのが一番安全なやり方だと思います。

次の

耳鼻科で耳掃除すれば一撃できれいに!感動したので耳かきの料金とかまとめる

耳鼻 科 耳 掃除 だけ

スポンサーリンク 耳が聞こえにくい理由が「耳あかが詰まっているから」という方もいますし、 自分では取りにくく聞こえが悪いままの時もあるからです。 特に異常がなくともやってくれます。 耳鼻科のお医者さんも「やっています」と答えています。 今回、耳鼻科に来院する前に電話で問合せをしました。 「すみません。 耳鼻科で耳あかの掃除を行なってくれるのでしょうか?」 と聞いてみたところ、電話に出た女性から 「大丈夫ですよ~」 と明るい声で言われました。 珍しいことでなく、普通に定期的に耳あか取りのために来る人もいるとのことです。 僕は1年くらい忙しくて耳掃除をせずに放置して、大量に耳垢が耳鼻科で発掘されたことがあります。 羞恥心がないかもしれませんが(笑)、何とも思いません。 また歯医者が、黄色くなった歯や歯石だらけの歯、真っ黒の虫歯を 見て治療して何とも思わないのと同じく 耳鼻科医や看護師さんが、水っぽい耳垢やちょっと多めな耳垢を見ても見慣れてるでしょう。 また普段から取りに来る人もいるので、珍しくないですし、気にもしてないとのことです。 むしろ耳のプロであるお医者さんに器具を使って取ってもらった後の耳の聞こえの良さ、スッキリした爽快感があるので、ちょっと楽しみでもあります。 自分で綿棒などでやると取りにくいですし、外耳を傷めてしまう恐れもあるので プロであるお医者さんにやってもらった方がいい、と思っているのもあります。 病院では何のために来たと伝えればいいか? 僕は、「耳掃除をだいぶしていない。 耳垢が詰まって取ってほしいので来ました!」 とド直球で受付で伝えてます。 それでも普通に掃除してくれます。 もっとマイルドな伝え方としては 「自分で耳掃除をしたが、奥でゴロゴロと音がする、自分で取れないので来ました」 「聞こえにくい、耳垢が詰まっている感じがする」 「ゴソゴソして気持ち悪い」 と言ってもいいと思います。 恥ずかしいからといって、本当はなさそうな症状を伝えてしまうと、 聴力検査やら色んな検査をされてしまい、料金が高くなってしまうので、正直にありのままの症状を伝えればいいと思います。 またこの目的で行くのなら、大学病院や大手病院でなく、なるべく 個人開業医や街の病院に行った方がいいと思います。 痛みはあるか? 痛みは個人的な感じ方なので何ともいいにくいですが、僕の感想としては、ほとんど痛みはありません。 耳あかが溜まっていた時に、金具のようなもので取りだされた時は 「チクッ」としたちょっとした感じはありました。 何度もやってもらってますが、耳掃除をしていれば普通に感じる程度の感覚で、特別「うおー痛い」と思ったことはありません。 金具を耳の中に入れるのと、耳にへばりついたモノをつまんだりして 取りだすのですから、多少の「チクッとした感じ」は出ます。 鼓膜の近くで奥にへばりついた取りにくい耳かすがある人だと、ちょっと痛いと思われるケースもあります。 ちなみに今回の体験談で書いた病院ではまったく痛みはなく 耳かすを取ってもらえました。 あとは病院によって、処置の方法が違います。 ある時は空気で吸い取る機械でやった時には 痛みはまったくなく、スカっときれいに全部取れたのを覚えています。 ただ虫歯で歯医者に行くなんかよりは全然ラクだとは思います。 料金や診療はどのくらいの時間かかる? 通院は必要か?手術はあるか? 料金 症状やどんな器具を使うかによりますが ・おおよそ 千円前後 となります。 スポンサーリンク 僕が行った時の料金は初診料と治療代をあわせて ・1300円 でした。 その時のレシートは下です。 他の耳鼻科で料金を問い合わせもしまして聞きましたが ・耳垢そうじだけなら1000円前後で、他に耳の症状があれば料金が変わってくる だそうです。 病院ではどのくらいの時間かかるか どんな処置方法でするか、耳の状態がどうかで変わってきます。 僕は待ち時間を抜きにすれば、数分もかからない感じです。 カサカサした乾燥タイプの耳カスなので時間はかかりにくいです。 耳垢水(点耳薬)という、耳の穴にたらす薬でやる場合は、1回で終わらせてくれる場合、2回行く必要が出る場合もあります。 点耳薬はこれで耳くそをとり除くというより、フヤフヤにして器具や吸引器で取りやすくするための薬です。 例としては というパターンもあります。 今回の体験談で行った時は病院が空いていて、待ち時間を合わせても20分かかりませんでした。 また ・通院は特に必要ないと思われます。 カスを取るだけなので何度も通う話ではないためです。 仮に違う病気が見つかったり、耳に傷がついていたら違ってくるとは思います。 また麻酔をして手術をするといった話は聞いたことがありません。 どんな器具で 金具でできたピンセット 鉗子(かんし)といって、耳あかを取り出す器具 などで処置を行います。 僕の体験談 家の近くの耳鼻科を調べて行きました。 受付で用件を伝えました。 「初診です。 耳あかが詰まって聞こえにくいので、耳の中の掃除をお願いしたくて来ました。 」と伝えます。 問診票を渡されて記入しました。 症状を書く欄がなかったので、カッコの部分に 「耳あかが詰まっている、取ってほしい」 と書いておきました。 記入後、10分もしないうちに診察室に呼ばれました。 椅子に座り、お医者さんに症状を伝えます。 「耳あかを長らく取っていないくて、聞こえが悪いので取ってください」と言いました。 そうすると「そうなんですね。 右と左どちらが聞こえませんか?」 と質問されました。 「両方です」と伝えます。 分かりました。 とお医者さんに言われ、銀色のピンセットのような もので 「右耳からいきますね。 右耳が見えるように首を少し傾けて座ってください」 と言われたので指示の通りに。 そうすると、すごい量の耳垢が出てました。 どうやら、耳垢の量が多く、耳栓のように詰まって、聞こえを悪くしていたようです。 取り終った後には、耳栓やイヤホンを取ったかのような、音のクリアさが戻りました。 続いて左耳も同じくやってもらいました。 5分もしないうちに施術は終わりました。 帰りに会計をすませて、病院を後にしました。

次の