不動 明王 真言。 不動明王のご利益とは?真言の効果とお不動さんが祀られているお寺は?

不动明王(不动尊菩萨)_百度百科

不動 明王 真言

三密加持(さんみつかじ)とは、数千年前に弘法大師空海が見つけた究極の方法論です!! 仏様を呼ぶ時の密教の三密加持とは 心に仏を思い 口で真言を唱える 手は印を組む 天から仏様がおりてくるのです!パワーを発揮する。 能力開発のコンセプトとして世界でもっともすぐれ、論理的にこれを超えるものはないとまで言われる。 三つの密(みつ)で加持(かじ)する。 三つの密とは、「身密」「意密」「口密」を指し、「身」とは「身体感覚」、「意」とは「イメージ」、「口」とは「言葉」のことです。 ・本尊を現す「印(いん)」を手で結ぶことを、「身密」。 ・ご本尊の姿を心(意)に思い描くことが、「意密」です。 ・真言を、口で唱えることを「口密」。 「我入」=行者がご本尊の中に入ること。 つまり、自己と仏の境目も区別もなくなり、完全に一体化することを指します。 こうすることで、「即身成仏」が達成されると説いているのが、真言密教です。 真言の効果を出す唱え方を実践しよう! 1. 最初に・・不動明王をイメージします 2・印を組みます(根本印) 3. 真言を唱える [慈救呪(じくのしゅ)] のうまく・さーまんだー ばーざらだん・せんだん・まーからしゃーな そわたや・うんたら・たかんまん 真言の意味とは? 遍満する金剛部諸尊に礼したてまつる。 暴悪なる大忿怒尊よ。 砕破したまえ。 忿怒したまえ。 害障を破摧したまえ。 この世界隅々にまでおられて守護・救済の手を差し伸べておられる 明王の皆さんにお願い申し上げます。 暴虐なるほどの力を持っておられる怒りの姿の守護尊よ、 私の障害を打ち砕いてください、 さらにお力を振り絞って、一切の邪魔者を打ち砕いてください!!! スポンサーリンク 不動明王の真言を唱えると体中に力強さを感じます。 不動明王は、仏像からもうかがえるように怖い形相が印象的です。 このことに象徴されるように悪をこらしめるイメ-ジがあります。 この悪とは、自分の心の中にある弱さをこらしめていることも含まれるといわれています。 悠然と難事に立ち向かう勇気や、決断力をもって迷いを断ち切る力が授かるといわれています。 特に、この真言によって、出世など仕事についての願いを成就させる時に功徳を得ることができます。 また、この真言の波動は第一、第二チャクラを活性化します。 7つあるチャクラは下にあるチャクラほど、『現実を生きる活力』に強い影響を与えますので強い心と健全な体を維持する上でも効果的なようですよ。 因みに・・ 不動明王の「明」の字は、 真言という意味なんです! 不明とは魂が寝ぼけて、覚醒していない状態なんですね 明とは覚醒という意味もあるようです! よってメンタルが格段に安定するようです。

次の

不動明王の真言で願いを成就する方法!毎日、1万回で願いは叶う!

不動 明王 真言

不動明王とは• 不動明王の真言とは• 仏様の種類とは• 五大明王について• 不動明王のお参りの仕方、場所• 不動明王の人気の理由• まとめ 1. 不動明王とは 不動明王とはサンスクリット語ではアチャラナータと言います。 インドのシヴァ神の別名で「動かざる守護者」と言う意味になります。 不動明王は仏教の流派のひとつである密教「大日如来 だいにちにょらい 」の化身だとされています。 その大日如来の化身である5体の五大明王の中心的役割をはたすのが「不動明王」となっているのです。 「明王」という仏様のグループのリーダー的存在と解釈すればわかりやすいでしょうか。 ところで、不動明王と言えば怒ったような怖い顔をしています。 これは実際に怒った顔を表しています。 敵を威嚇する為でもあり、人々を叱咤する為でもあります。 人を良い方向へ導くには、甘い顔ばかりでは駄目で時には厳しい言葉、態度も必要です。 不動明王とは大日如来のそのような思いを実現させた姿なのです。 ですから、怒った顔をしていても、実はどのような人でも必ず救おうという気持ちがある慈悲深い仏様なのです。 2-3. 真言の効果とは 不動明王の真言を唱えることでどのようなご利益をいただけるのでしょうか。 以下のようなことが得られるとされています。 立身出世• 商売繁盛• 厄払い• 正しい道へと導いてくれる こうして見ますと、人が生きていく上で起こる問題、健康、お金、仕事、正しい生き方といったものを全て正しく良い方向へ導いてくれる仏様なのだとわかるかと思います。 真言を唱えることで色々なことが良い方向へ向かうということになりますから、パワーが絶大であると言われるのも納得できるのではないでしょうか。 真言を暗記しておき、ここぞと言う時に唱えることで心のお守りのような役目も果たしてくれることでしょう。 3-2. 菩薩 ぼさつ 菩薩とは、悟りを開いて如来様になる前の存在のことを言います。 観世音菩薩 かんぜおんぼさつ 観音様と呼ばれる菩薩様です。 人間を苦しみから救うという役割があります。 虚空蔵菩薩 こくうぞうぼさつ 無限の知恵で人々を導いてくれる菩薩様です。 弥勒菩薩 みろくぼさつ お釈迦様が入滅して56億7千万年後に、この世に現れ人々を救う未来仏です。 文殊菩薩 もんじゅぼさつ ・普賢菩薩 ふげんぼさつ 釈迦如来の左右を固める菩薩様たちです。 文殊菩薩は「智慧 ちえ 」、普賢菩薩は「慈悲」をつかさどります。 地蔵菩薩 じぞうぼさつ お釈迦様が入滅、弥勒菩薩が現れるまでの間に人々を見守って救うのが「地蔵菩薩」です。 安産や長寿のご利益があるとされています。 4-1. 不動明王 ふどうみょうおう 不動明王とは、サンスクリット語でアチャラナータと言います。 意味は動かない守護者といったものになります。 見た目の特徴は弁髪 べんぱつ と呼ばれる左耳の前に髪を垂らした髪型をしています。 他の明王は腕が3本以上あるのですが、不動明王は人と同じ2本で、それぞれの腕で道具を持っています。 恐ろしい顔で見下ろしているように見えますので、穏やかな顔をした「仏様」のイメージとはちょっと違うものがあります。 しかし、この怖い顔というのは、悪いものを威嚇する為、人々を叱咤する為ということで決して恐ろしく思わせることが目的ではないのです。 むしろ逆で、どんな人でも救おうとしてくれるとても慈悲深い仏様なのです。 ご利益としては商売繁盛、立身出世、厄除け、病気治癒などがあります。 4-2. 降三世明王 こうざんぜみょうおう 降三世明王はサンスクリット語でトライローキャヴィジャヤと言います。 これは「3つの世界を見降ろす者」という意味を持っています。 降三世明王は、2本の手を正面でクロスさせており「降三世印」と言われる左右の小指を絡ませた手の組み方をしているのが特徴です。 また足元には大日如来の教えに従わなかったシヴァ神とその妻を踏みつけており、ヒンドゥー教徒を説き伏せるといったことを意味しているのです。 意味がわからなかったら、まるで人々を傷めつけているように見えるかもしれません。 誤解を受けやすいかもしれませんが仏様であり、ご利益もあるのです。 降三世明王は煩悩滅却の効果があると言われます。 つまりそれは何かと言えば「貪欲 どんよく 、瞋恚 しんに 、愚痴 ぐち 」のことです。 瞋恚とは難しい用語ですが、簡単に言えば怒ること、憤ることといった意味です。 確かにこの3つは人を苦しめたり、悩ませたりするものです。 そのような煩悩に囚われそうな時は、降三世明王の真言「オン、ソンバ、ニソンバ、ウン、バザラ、ウン、ハッタ」を唱えるといいでしょう。 4-3. 軍荼利明王 ぐんだりみょうおう 軍荼利明王とは、サンスクリット語でクンダリーと言い「とぐろを巻く者」といった意味を持ちます。 軍荼利明王は全身にヘビを何匹も巻きつけている姿をしています。 これはヘビの毒により、煩悩を取り除くといった意味と、ヘビは煩悩の象徴という意味と、2つの意味が込められているのです。 軍荼利印と言われる、8本ある腕のうち2本を正面で交差させ、親指と小指を曲げている見た目が特徴です。 軍荼利明王の真言は「オン、アミリテイ、ウン、ハッタ」となっています。 さて軍荼利明王のご利益なのですが、自分自身の煩悩を排除したり、自分自身の誤った考えを排除するとされています。 煩悩や誤った考えというのは、人生において失敗する原因となりやすいものです。 誘惑を断ち切りたいと思う時は軍荼利明王の真言を唱えて自分を戒めるようにしましょう。 4-4. 大威徳明王 だいいとくみょうおう 大威徳明王とはサンスクリット語でヤマーンタカと言います。 意味は「怨霊を破滅する」といったものになります。 大威徳明王はインド神話において、水牛の姿をしていましたので、水牛に乗っている姿をしていることが多いのです。 顔、腕、足がそれぞれ6本ずつあることから、別名で六足尊 ろくそくそん とも呼ばれています。 6本ある腕のうちの2本を、中指を立て檀茶印 だんだいん と呼ばれる結び方をしているのが特徴です。 大威徳明王はインド神話で、ドゥルガー女神に勝利しましたところから、勝負事にご利益があるとされています。 人生において、ここは頑張らなくてはならないという勝負どころがありますが、そのような時は大威徳明王の真言「オン、シュチリ、キャラ、ロハ、ウン、ケン、ソワカ」を唱え、力におすがりしましょう。 4-5. 金剛夜叉明王 こんごうやしゃみょうおう 金剛夜叉明王はサンスクリット語でヴァジュラヤクシャと言い、金剛杵を持つ神霊といった意味を持ちます。 金剛夜叉明王は、顔が3つあり、中央の顔には目が5つあります。 その5つの目で見張りをしているのです。 左右の顔の目は3つで中央に比べて少ないのが特徴です。 6本の手には強力な武器 金剛杵 を持っていて、その武器で煩悩の象徴である鬼を倒したとされています。 金剛夜叉明王の持つ武器が、煩悩、病魔を倒してくれるのです。 そこから、病気が治る、息災健康の効果、ご利益があるのです。 もしも病気やケガで心が弱っていたり、誰かの健康を祈る時は、金剛夜叉明王の真言「オン、バザラ、ヤキシャ、ウン」を唱えて真剣に祈りを込めましょう。 5-2. 全国各地の「お不動さん」 全国各地にある不動尊ですが、一部を紹介しましょう。 高幡不動尊 東京 関東三大不動の一つとされています。 重要文化財の建物、仏像が多いお不動さんとして知られています。 目黒不動尊 東京 江戸の守護寺とされていた、五色不動の一つです。 目黒不動尊は江戸時代、徳川家光の帰依を受けて江戸の不動信仰の中心となりました。 ご本尊は12年に1度しか観ることができません。 成田山 千葉県 真言宗の開祖、空海が自ら彫ったとされる不動明王のご本尊を拝むことができます。 不動信仰の総本山です。 現代においても、2月節分会には多くの芸能人、力士が参加します。 ちなみに成田山の節分祭においては、不動明王は鬼のことも改心させる力がありますので「鬼は外」とは言わないのが特徴でもあります。 米子不動尊 長野県 秘境にある二本の滝が古来より修行の場となっていました。 ここに不動明王は祀られているのです。 二本の滝は大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像に使われています。 狸谷山不動院 京都 崖に舞台を組んで作る懸造 けり の本殿を建て、不動明王を祀っています。 節分、火渡り、秋祭りなどイベントが盛りだくさんです。 不動尊一心寺 大分県 不動尊信仰をベースとした無宗派で建てられたお寺です。 1月に寒行の修行体験コースもあります。 新しい感覚で運営されているお寺となっています。 不動明王の人気の理由 古くより、人々に不動明王は親しまれている仏様です。 その人気の理由は人々にとって切り離せない問題について、救済してもらえるということではないでしょうか。 不動明王のご利益とは、立身出世、商売繁盛、厄払い、正しい道へと導いてくれるとあります。 どのような立場の人でも、何かしらありがたいご利益をいただける仏様です。 また恐ろしい顔であることの意味は、敵を威嚇する為であり悪いものから守ってくれるということに解釈できます。 そして叱咤の意味もありますので「しっかりがんばりなさい」と見守ってくれてもいるのです。 つい弱気になりがちな時、不動明王の顔を思い出し勇気が持てるのではないでしょうか。 また他の明王と違って見た目が人間に近いというのも親しまれるところなのかもしれません。 他の明王は腕や顔がいくつもあり、人間っぽくない見た目なのです あまり仏教に興味がないという人も、お不動さんを観に行ってみてはいかがでしょうか。 怒った顔を見て自分のやる気を奮い立たせてみてください。 不動明王とは 不動明王とはサンスクリット語ではアチャラナータと言います。 インドのシヴァ神の別名で「動かざる守護者」と言う意味になります。 不動明王は仏教の流派のひとつである密教「大日如来 だいにちにょらい 」の化身だとされています。 その大日如来の化身である5体の五大明王の中心的役割をはたすのが「不動明王」となっているのです。 「明王」という仏様のグループのリーダー的存在と解釈すればわかりやすいでしょうか。 ところで、不動明王と言えば怒ったような怖い顔をしています。 これは実際に怒った顔を表しています。 敵を威嚇する為でもあり、人々を叱咤する為でもあります。 人を良い方向へ導くには、甘い顔ばかりでは駄目で時には厳しい言葉、態度も必要です。 不動明王とは大日如来のそのような思いを実現させた姿なのです。 ですから、怒った顔をしていても、実はどのような人でも必ず救おうという気持ちがある慈悲深い仏様なのです。

次の

不動明王の真言で願いを成就する方法!毎日、1万回で願いは叶う!

不動 明王 真言

まずは不動明王について説明します。 不動明王は五大明王の一人 お不動様と呼ばれて親しまれている不動明王ですが、インド名は「アチャラナータ」と言います。 密教の 五大明王のうちの一人で中心に配置されています。 五大明王には不動明王の他に、金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)、大威徳明王(だいいとくみょうおう)、降三世明王(ごうざんえみょうおう)、軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)がいます。 いずれも怒りの形相をしており、 五忿怒とも称されます。 日本には空海によって持ち込まれ、大如来の化身とされています。 不動明王の像容 不道明は、 怒っているような怖い表情をしています。 そして、片方の目は上を、もう片方の目は下を向いています。 これは 天地眼と呼ばれ、天から地上まですべて見ることができるということです。 また不動明王は炎を背にし、手には剣と羂索(けんじゃく)を持っています。 剣は煩悩や邪悪な心を断ち切ることを表し、羂索は悪い心を縛り改心させ善行に導くとされています。 炎は煩悩を燃やし、天界に煩悩が立ち昇らないようにしているとされています。 お寺などで見かけるとその像容から怖いイメージを持たれるかもしれませんが、このように不動明王は憤怒して武器を使ってでも、煩悩を取り払い悪心を改心させ、人々を救おうとしていることが分かります。 不動明王の梵字とは? 梵字とは、古代インドで発展した サンスクリット語の一種です。 その一文字に強力なパワーがあるとされており、不動明王は梵字で表すと カーンという文字になります。 そもそもご真言の意味は? 不動明王のご真言について解説する前に、そもそもご真言が何なのかについて触れておきます。 ご真言は、 いつわりのない真なる言葉です。 もう少し具体的に言うとインドで仏陀や菩薩が説かれた聖なる呪文のことです。 説かれたと言うと分かりづらいかもしれませんが、仏陀様方が、瞑想をして天上界からお聞きした言葉です。 本来は、サンスクリット語で唱えるのですが、空海や最澄がこれを日本語化しています。 本場の真言じゃなくても効果はあるの? 日本で親しまれているすべてのご真言も 十分効果があるようです。 決して半減することはありません。 何故なら、空海たちも天上界の人たちに導かれて日本に密教を持ち込んだのです。 言葉には、魂が宿るから効果を引き寄せる お不動様に参拝した時だけでなく、自宅でも声を出してご真言を唱えれば効果があるとされています。 言葉は、魂が宿っていて、声のエネルギーに乗って宇宙に届く(天界)と言われているからなのです。 お導きは、決してその環境を消し去ってくれるのではありません。 あなたがそこから立ち直るための道案内をしてくださり、そこからは自らの力で脱出しなければなりません。 それが生きる苦行でもあります。 不動明王の真言のご利益 ノウマク・サンマンダバザラダン・センダ・マカロシャダ・ソワタヤ・ウンタラタ・カンマン 不動明王真言は上のように唱えます。 日本語に訳すと「忿怒の形相をされている不動明王様 私の迷いを打ち砕いてください 目の前の障害を取り除いてください 私の胸にある願いをかなえてください」 という意味になります。 印を結ぶべき? 密教の基本に 三密というものがあります。 三密とは「身」「口」「意」のことで、手で印を結びながら口で仏の言葉である真言を唱え、心を仏と一体化させることを意味します。 本格的なものは「三密」を行いますが、 一般の人には全てを行うことは難しいでしょう。 印を結ばずとも、不動明王真言は唱えるだけでも効果があるとされています。 光明真言とは?• ご真言とはいつわりのない真の言葉という意味で、具体的にはインドで仏陀や菩薩が説かれた聖なる呪文のことである。 本来は、サンスクリット語で唱えるが本場の真言でなくても効果はあるといわれている。 不動明王の真言は、立身出世や商売繁盛など現世で得ることのできる利益が大きい。 僧侶は真言を唱えるときに密教の基本である「三密」を行うが、一般人には全てを行うことは難しいため、印を結ぶ必要はない。 真言宗で最も知られている真言は、大日如来の光明真言である。 不動明王は怒ったような怖い形相をしており、恐ろしい武器を持っていますが、それはどんな悪人も救おうという覚悟のあらわれなのです。 お不動様にお見守りいただける真言の唱え方を参考にしてみてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の