持続化給付金 入力ミス。 持続化給付金6月1日入金された人は?審査落ちや不備があった場合の対応についても

【持続化給付金】申請/エラー回避方法をくわしく解説!

持続化給付金 入力ミス

持続化給付金は申請後に変更できる? まずは、「持続化給付金は申請後に不備を変更できる?」から解説していきましょう。 持続化給付金は申請後に訂正・修正できない仕様になっている 必要事項を入力し、添付書類をアップロード。 最後に申請を完了して、後は振り込まれるのを待つだけ。 しかし、「申請後に入力ミスに気付いた!」なんてこともあるかと思います。 すぐにちょちょっと直したいなと、誰しも思うはずでしょう。 しかし、マイページのどこを調べても訂正・修正できそうにありません。 不備メールを待ちたくない。 分かります、その気持ち。 「持続化給付金は申請後に不備を変更できる?」、残念ながら答えはNOです。 持続化給付金は申請後に訂正・修正できない仕様になっています。 一度申請を完了してしまった後は、変更はできません。 申請後に入力ミスに気付いた場合でも、不備を知らせるメールが届くのを待つしかありません。 不備メールはいつ来るの? では、不備メールはいつ頃届くのでしょうか。 こちらはすでに入力ミスに気付いているのですから、すぐにでも不備メールをもらって、訂正・修正に取り掛かりたいですよね。 しかし、 ツイッターの報告を見ていると、不備メールが届くまでには約2週間程度を要するようです。 というのも、 持続化給付金の審査では、スムーズに給付OKとなっても振り込まれるまでに早くて8日~14日間程度かかります。 そのため、通常の審査であっても2週間程度の待ち時間は見込まなくてはなりません。 不備ある可能性が認められると、より審査に時間がかかります。 これに、 特例などを利用した場合も加わると、さらに不備メールが届くまでの時間もかかってしまうのです。 なんとも不便とは思われますが、こればかりは気長に待つ他にはないようです。 不備メールを開き、記載されているURLをクリック• そのURLからマイページにログインする• ログインすると不備の具体的内容が赤字で書かれたページになる• そのまま訂正・修正を行う• 修正内容に間違いがないか慎重に確認する• 修正内容の確認後に再申請• 一定期間後に指定口座に持続化給付金が振り込まれる 不備メールが届いたら、そのままメールに記載されているURLのリンクから持続化給付金のマイページにログインして下さい。 マイページにログインすると、赤枠の中に赤字で具体的な不備内容が記載されています。 そして、訂正・修正もそのままマイページに行っていくという形です。 訂正・修正が完了したら、慎重に修正内容を確認しましょう。 再び不備通知が来るもの嫌ですし、ただでさえ長い給付までの時間をできるだけ早くしたいものです。 ダブルチェックは当然、トリプルチェックしてもやり過ぎということはないでしょう。 修正内容に間違いがないことが確認できれば、再申請を行います。 通常の申請から給付までの期間は、今のところ8日~21日間が多いようです。 詳しいことはこちらの記事もどうぞ。 不備による再申請の場合、いつ持続化給付金が振り込まれるのかも気になりますよね。 再申請の場合も、初めからやり直しといったように、2週間程度かそれ以上かかるとは限りません。 SNSで散見されるのは、不備による再申請から1週間ほどで入金されたといったケースが目立ちます。 売上台帳• 添付書類(画像)• 確定申告書第1表の控え• 口座情報• 最も頻発している不備が、「売上台帳」です。 売上表であるということを示さなければならない• 「いつ」の売上であるのかが明記されていること(対象期間)• 記入されている金額が「何の金額」なのかが分かるようにすること• 給与明細• 請求書• レシート• 通帳のコピー 次に気を付けたいのは、添付書類全般の画像です。 画像がぼやけてよく見えない• 重要な情報が画像に入っていない(角度や見切れているなど)• 申請者や法人とは異なる画像が添付されとぃる• 画像にパスワードがかかっていて開くことができない 添付書類の画像については、こういった不備が多いようです。 持続化給付金の申請は、色々と気を取られることが多いですから、意外と見落としてしまうのかもしれませんよね。 以上、今回は「持続化給付金は申請後に不備を変更できる?」、そして「不備を訂正したい場合の対処方法」という疑問について解説しました。

次の

持続化給付金できた!実際の入力の流れと注意事項を簡単に説明!

持続化給付金 入力ミス

4月27日に速報で持続化給付金についての新たな発表があり、多くの情報が追加で公表されました。 中でも重要な追加情報が「申請要項」です。 そこで、 新たに公表された申請要項をもとに、持続化給付金の申請方法について解説します。 また、申請のタイミングや提出する書類についての重要な注意点もあわせてお伝えします。 申請期間 法人・個人ともに、2020(令和2)年補正予算の成立翌日から2021年1月15日、電子申請は同日24時までです。 申請方法 法人・個人ともに、補正予算成立後に立ち上がる持続化給付金の申請用ホームページでの電子申請となります。 また、完全予約制による全国の窓口での申請サポートも予定しています。 必要な事項を入力 6.5に必要書類を添付して申請を行う 以上がざっとした申請の流れです。 法人の場合 ・ 法人番号 ・ 法人名 ・ 本店所在地 ・ 業種 ・ 設立年月日 ・ 資本金額または出資総額 ・ 常時使用する従業員数 ・ 代表者や担当者情報 ・ 代表者や担当者連絡先 ・ 前年度の事業収入 ・ 決算月 ・ 対象月の月間事業入(売上) ・ 法人または代表者名義の振込先口座情報 以上の必須事項を申請フォームに入力します。 個人の場合 ・屋号 ・雅号 ・申請者住所氏名 ・業種 ・生年月日 ・連絡先 ・2019年の事業収入 ・対象月と前年同月の月間事業収入 ・申請者本人名義の振込先口座情報 以上の必須事項を申請フォームに入力します。 ここでは、その中から、極めて重要な注意点を2つお伝えします。 1.1度給付を受けると再度申請できない 1度給付を受けてしまうと、その後さらに事業収入が下がっても再度給付を申請することはできません。 申請を検討している場合は、 慎重に売上高の推移を観察し、底になったタイミングで申請しましょう。 2.収受日付印の押印が必要 申請書類を用意するにあたって注意すべき点もあります。 確定申告書第一表の控えに、下記のような 「収受日付印」が押されてないと申請できません。 「 収受日付印」とは、 確定申告書類を提出した際に税務署が押すハンコのことです。 確定申告書類の提出の際に自分で税務署に控えを持参、または郵送時に返信用封筒付きで控えを同封しないと、収受日付印つきの控えは受け取れません。 収受日印がない場合は税務署に開示請求を行う もし、個人事業者などで手元に 収受日印つきの確定申告書第一表がない場合は、税務署の窓口または郵便で確定申告書の開示請求を行うという方法があります。 そして、収受日付印確定申告書類の控えを入手します。 これについては、国税局に直接問い合わせてみました。 nta. pdf]」からダウンロードできます。 身分証明書 身分証明書については、 ・ マイナンバーカード ・ 運転免許証 ・ パスポート ・ 健康保険証 ・ 住民基本台帳カード のほか、開示請求の3か月前に役所で取り寄せた住民票や外国人登録証明書の写しなども可です。 税務署に直接行く場合は、すべて実物を持参する必要があります。 郵送の場合には、住民票と外国人登録証明書の写し(開示請求の30日以内に作成され、マイナンバーが記載されていないもの)は、実物を送る必要があります。 それ以外の身分証明書の郵送についてはコピーを添付する形となりますが、 マイナンバーカードは、マイナンバーが記されていない面だけをコピーします。 支払は、現金払いと開示請求書に収入印紙を貼って提出する方法の2つです。 開示までの期間 直接国税局に尋ねたところ、 通常は請求から2~3週間で開示されるそうです。 ただ、 特例給付金の申請がらみで開示請求が殺到する可能性もあるため、 余裕をもって開示請求を行う方がいいでしょう。 「活用できる持続化給付金」を慎重に申請しよう この記事では4月27日発表の特例給付金についての追加情報(速報)に基づき、新たに公表された申請方法や注意点について解説しました。 特に注意すべき点は、現時点においては 申請にあたって「収受日付印つきの確定申告書第一表」を用意するのが必須となっていることです。 今後、変わる可能性もありますので注意して情報収集してください。 また、 1度申請すると再申請できないことも重要なポイントです。 その2点に留意しながら、慎重に申請時期を見極め、入念に準備を行いましょう。 (執筆者:大岩 楓).

次の

【持続化給付金】仕事を休んで売上を下げても不正受給には該当しないって話

持続化給付金 入力ミス

というわけで私も申請が始まってから1週間後の5月8日に申請し、その9日後くらいに無事給付金が振り込まれているのを確認しました。 朝起きたら持続化給付金入ってた。 これでしばらくは生活出来る。 — Hikaru@UberEats配達員 Hikaru65234309 これでなんとか来月までは生きていけそうです。 私の場合は不可抗力で売上が下がってしまいまいたが、世の中には「 経営が厳しいけどそこまで売上は下がってないから給付金がもらえない」という個人事業主もたくさんいるはずです。 そういう方々に提案したいのが「仕事を休んで売上を下げるのはどうか」ということ。 ただし中には「 そんなことをして給付金を受け取るのは不正受給だ」と思われる方もいるかもしれません。 そこでこの記事では• 仕事を休んで売上を減らしてもいいのか• 不正受給とは何か• 不給付要件とは何か などについて詳しく解説していきます。 (1) 2019 年以前から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する 意思があること。 (2) 2020 年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月が存在すること。 () ここで大切なのは2です。 この部分だけを読むとコロナの影響を一切受けていない人は申請要件を満たしていないことになります。 しかし持続化給付金の申請書類には「 コロナの影響で売上が下がったことを証明する書類」は必要ありません。 給付金を申請する時に必要な書類は• 確定申告書• 通帳の写し• 本人確認書の写し のみです。 ここには「 コロナの影響で売上が下がったことを証明する書類」は入っていません。 そもそも売上が減少したのがコロナの影響かどうか決めるのかは簡単ではありません。 コロナの影響を受けなくても時期によっては売上が下がる業種はあるだろうし、売上の一部はコロナの影響で下がって、他は別の事情で下がるというケースも無数に考えられますし、それを厳密に分けることは現実的ではありません。 要するに「本人がコロナの影響で売上が下がったと思ってればいい(つまり主観)」ということです。 これは申請要件の1を見れば明らかなことです。 申請要件の1には「 今後も事業を継続する意思があること」とあります。 「 意思(自分がそう思う)」を書類で証明することは出来ませんよね。 要するに申請要件というのはそこまで厳密な裏付けが必要なのではなく、あくまで 自分が対象だと思えば申請要件を満たすことになる、ということです。 不給付要件に該当する可能性はある しかしだからと言って全てが安心というわけではありません。 今回の持続化給付金を管轄する中小企業庁が「 今後も事業を継続する意思がない」「 コロナの影響を受けてない」と判断した場合には 不給付要件(不正受給とは違う)に該当すると見なされ、給付金を没収される可能性はあります。 には不給付要件に関する対応が書かれています。 申請者の申請が給付要件を満たさないこと又は不給付要件に該当することが疑われる場合、長官は、 事務局を通じ、次の対応を行う。 申請者等の関係者に対する、 関係書類の提出指導、事情聴取、立入検査等の調査については、 事務局及び長官が委任した者において行うことを原則とし、これらの調査を行った後、当該関係者 に対する対処を決定する。 なお、既に給付した給付金について調査を行う場合も同様とする。 長官は、当該申請者との間の贈与契約を解除し、事務局は、長官の指示に従い、当該申請者に対し、給付金に係る長官との間の贈与契約 を解除し、 給付金の返還に係る通知を行う。 この場合は受け取った給付金を 全額返還することになります。 全額を返還するのみでペナルティーはありません。 ただし上でも言いましたが申請要件はあくまで本人がどう思うか(本人の意思)なので、書類で証明することは出来ません。 持続化給付金の申請ページにも自分が申請要件を満たすかどうか チェックを入れるだけなので、この部分で不審かどうか見極めるのかは不可能です。 書類で証明できないことをわざわざ突っ込んでくるとはとても思えないので、可能性は限りなく0に近いと思ってもいいでしょう。 不給付要件よりも気にするべきなのは次に解説する不正受給です。 不正受給にはならない 「本当はコロナの影響を受けていないのに給付金を受け取ったら不正受給になるんじゃないか」と思われる人もいるかと思われます。 しかし結論から言って 申請要件はあくまで申請要件であり、不正受給とは別です。 持続化給付金申請規定第6章には不正受給の定義が書かれています。 不正受給等((偽りその他不正の行為(詐欺、脅迫、贈賄その他の刑法各本条に規定するものを いう。 )に触れる行為のほか、刑法上の犯罪を構成するに至らない場合であっても、 故意に基本情報 等に虚偽の記入を行い、又は偽りの証明を行うことより、本来受けることができない給付金を受け、又は 受けようとすることをいう。 ただし、基本情報等に事実に反する内容の記入があった場合であっても、これ が故意によらないものと認められるときは不正受給には該当しないものとする。 以下同じ。 )が判明した 場合には、第8章の規定に従い給付金の返還等を行うこと 不正受給とは要するに 提出書類を故意に偽って給付金を受け取った場合のことを指します。 具体的には「提出した書類は売上0円なのに実は働いていてちゃんと売上があるケース」など。 要するに「 事実と異なる虚偽の申告をした場合」に不正受給となります。 「 事実と異なる」というのがミソです。 不給付要件は「 自分の意思」が問題ですが、不正受給は「 事実」が問題なのです。 入力ミスは見逃される しかし書類の入力ミスは十分あり得るので、故意では無い入力ミスで給付金を受け取った場合は不正受給に当たらず、上で紹介した 不給付要件とされて全額返還を要求されます。 不正受給のペナルティー 仮に不正受給が認められたとすれば「 給付金の全額に年3%の割合で算定した延滞金を加え、これらの合計額にその2割に相当する額を加えた額を支払う」らしいので絶対に不正受給はやめましょう。 しかも屋号まで公表されてしまうので事業継続が厳しくなってしまいます。 売上を誤魔化して給付金を受け取るのは絶対にやめましょう。 まとめ 今回は持続化給付金に関して• 仕事を休んで売上を減らしてもいいのか• 不正受給とは何か• 不給付要件とは何か について解説しました。 結論として仕事を休んで売上を下げて給付金を受け取っても不正受給には該当しません。 仕事を休んで売上を0にするのは不正受給には該当しませんが、場合によっては 不給付要件に該当します。 ただし不給付要件で目をつけられるのはかなりのレアケースだと思われますし、その場合は全額返金だけでペナルティーはありません。 倫理的な問題に悩む人は高潔な生き方で大変結構ですが 違法じゃないし誰にも迷惑かけないならもらっとけ というのが私の考え方です。 コロナで影響は受けなくても別の理由で事業がダメージを受けるのはありえることですし、将来のためにも受け取っておく方がいいと私は思います。 第一号補正予算で2兆3千億円が持続化給付金に充てられましたが、第2号も検討中ということなので財源の確保は出来ているのでしょう。 今後は給付対象も「雑収入」「給与収入」へと広がっていくそうなので、自分が給付の対象になるのかどうかは最低限調べておきましょう。

次の