土浦 市 給付 金。 特別定額給付金室/倉敷市

茨城県土浦市の給付金(補助金・助成金)情報│暮らしデータ 【goo 住宅・不動産】

土浦 市 給付 金

お名前、生年月日、住所をお伺いの上、振込予定日もしくは受付日をお調べします。 なお、審査の詳細、申請書に記載の内容などに対するご質問には一切お答えいたしかねます。 〇オンライン申請(5,880件) 5月31日申請終了 振込はすべて完了しました。 銀行口座(ぎんこうこうざ)をお持(も)ちでない人(ひと)の給付金(きゅうふきん)の受(う)け取(と)り方法(ほうほう)について 申請書(しんせいしょ)の振込口座欄(ふりこみこうざらん)に口座(こうざ)をお持(も)ちでないことを書(か)いて、申請書(しんせいしょ)を送(おく)ってください。 後日(ごじつ)、普通為替(ふつうかわせ)を書留郵便(かきとめゆうびん)でお送(おく)りします。 受付日 発送予定日 6月9日(火曜日)〜 6月16日(火曜日) 7月6日(月曜日) 6月1日(月曜日)〜 6月8日(月曜日) 6月29日(月曜日) 〜5月30日(土曜日) 6月24日(水曜日) 給付金10万円(きゅうふきん10まんえん)を受(う)け取(と)るには• お金(かね)を受(う)け取(と)る 普通為替(ふつうかわせ)の有効期限(ゆうこうきげん)は発行(はっこう)から6か月(げつ)です 申請スケジュール 5月20日(水曜日)全世帯に向けた申請書類を郵便局に持ち込みました。 5月22日(金曜日)以降、順次配達されます。 オンライン申請分については、確認・審査、口座振込の処理を進めていますので、 郵送による申請の必要はありません。 封筒のみほん 感染拡大防止のため、窓口での受け付けは行いません。 オンライン申請は終了しました。 オンライン申請• 5月1日(金曜日) 受け付けを開始しました• オンライン申請は終了しました オンライン申請は、世帯主以外の方からの申請や世帯情報の入力ミスなど申請内容に誤りが多く、 申請内容の確認・審査に時間がかかり、口座振込が遅れている状況にあります。 市民の皆様に少しでも早く給付金を給付するため、 郵便申請方式のみでの取扱いに変更し、オンライン申請は終了しました。 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。 マイナンバーカードの発行には1ヶ月以上の時間がかかりますので、現在カードをお持ちでない方は郵送による申請の方が早く手続きいただけます。 マイナンバーカードのパスワードなどの再設定等の手続きのため、窓口が混雑する状況が続いています。 感染拡大防止のため、郵送による申請にご協力をお願い致します。 郵送による申請• 5月11日(月曜日) ひとり親世帯などへ先行して申請書類を発送しました• 5月20日(水曜日) 申請書類を郵便局に持ち込みました。 5月22日以降、順次配達されます。 国や岡山県・倉敷市などがATM 銀行・コンビニ等の現金自動預払機 の操作をお願いすることは、絶対にありません!• 国や岡山県・倉敷市などが、「特別定額給付金」の給付のために手数料などの振込みを求めることは絶対にありません!• 国や岡山県・倉敷市などから市民の皆様の氏名や銀行口座の番号などの個人情報を電話で照会することは、絶対にありません!• 倉敷市職員の身分証明書なしにご自宅に訪問することは、絶対にありません! ご自宅や職場などに国や岡山県・倉敷市 の職員 などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず下記にご連絡ください。 最寄りの警察署(または警察相談電話)• 倉敷市消費生活センター(電話:).

次の

持続化給付金申請サポート会場が土浦市に開設されます

土浦 市 給付 金

【AD】 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府が国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」に関し、給付を行う茨城県内の市町村の現場で混乱が続いている。 「給付が遅い」と全国的な批判もあり、同市は「正確な給付のため確実に作業を行いたい」と理解を求めている。 同市社会福祉課によると、5月末までに、対象6万7千世帯のうち5万3千世帯から定額給付金の申請があった。 1割に当たる数千件で書類の不備が見つかった。 主な不備は、申請書に添付する預金口座や本人確認書類のコピーが添付されていなかったり、申請人と口座の名前が一致していなかったりする例が多い。 オンライン申請後に郵送の申請書も送り、二重申請した例も目立つという。 不備を見つけた場合、市は添付書類を送るよう連絡するなどの対応を取っている。 給付作業は、市民から送られた申請書の内容から振り込みデータを作成する。 人材派遣や他部署の職員を集め連日作業に当たるが、平日の処理は3千件程度が限界。 土日に1万数千件を入力したところ、システムに負荷がかかるトラブルが重なり、遅れにつながった。 安藤真理子市長は「二重給付のミスを防ぐため時間をかけざるを得ない面がある。 早期給付に全力投球したい」と強調した。

次の

新型コロナ給付金作業で自治体混乱 記入漏れ、書類添付漏れ 土浦市で1割見つかる(茨城新聞クロスアイ)

土浦 市 給付 金

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府が国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」に関し、給付を行う茨城県内の市町村の現場で混乱が続いている。 「給付が遅い」と全国的な批判もあり、同市は「正確な給付のため確実に作業を行いたい」と理解を求めている。 同市社会福祉課によると、5月末までに、対象6万7千世帯のうち5万3千世帯から定額給付金の申請があった。 1割に当たる数千件で書類の不備が見つかった。 主な不備は、申請書に添付する預金口座や本人確認書類のコピーが添付されていなかったり、申請人と口座の名前が一致していなかったりする例が多い。 オンライン申請後に郵送の申請書も送り、二重申請した例も目立つという。 不備を見つけた場合、市は添付書類を送るよう連絡するなどの対応を取っている。 給付作業は、市民から送られた申請書の内容から振り込みデータを作成する。 人材派遣や他部署の職員を集め連日作業に当たるが、平日の処理は3千件程度が限界。 土日に1万数千件を入力したところ、システムに負荷がかかるトラブルが重なり、遅れにつながった。 安藤真理子市長は「二重給付のミスを防ぐため時間をかけざるを得ない面がある。 早期給付に全力投球したい」と強調した。 茨城新聞社.

次の