17 回忌 お布施。 十七回忌とは?服装や香典のマナーについて知っておきたいこと|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

法事 香典の金額 17回忌】親族・祖父・祖母・父・母

17 回忌 お布施

17回忌は、亡くなってから満16年目の祥月命日になります。 仏教では、3回忌以降は、3と7の付く回忌の年に法要を行います。 一般に回忌法要は、命日の当日あるいはその直前にお坊さんをお招きして行います。 法要の後にお斎といわれる会食も行います。 17回忌の法要は、7回忌、13回忌に続く節目の法要です。 ただ亡くなってから年数も経ちますので、17回忌は限られた親族で行うことも多いです。 また7回忌を過ぎている法要は他のご先祖の法要と併せて行ってもよいとされています。 ですから17回忌の法事は、ご遺族で相談してできれば命日あるいはその前に行うとよいでしょう。 「終活ねっと」では、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集をご用意しております。 十七回忌について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 お布施は、お寺への寄進の意味もありますが、お坊さんに読経をお願いするときなどにお礼としてお渡しするものです。 お布施の金額については決まった基準はありません。 宗派やお寺によって違うだけでなく、お寺との関係によっても違うと言われています。 渡す側の気持ち次第と言われることもあり、かなり曖昧な面があります。 そうは言ってもある程度の相場が分からないと、困りますね。 17回忌のお布施について、 読経料の相場を御車料や御膳料の相場と合わせて見ておきましょう。 読経料 お坊さんに法要などでお経をあげていただくお礼として、お布施をお渡しします。 読経料はこのお布施のことですが、俗な言い方で正式な言葉使いではありませんので注意しましょう。 葬儀の後の法事・法要のお布施は、年数が経つと次第に低くなるのが一般的なことです。 17回忌の法要は7回忌、13回忌に続く節目の法要で、読経料は 5000円~1万円位が多いようです。 御車料 お坊さんに自宅や法要の会場に出向いていただくときは、お布施と別にお車代を包みます。 お車代の相場は、来ていただく距離にもよりますが、通常 5000円~1万円位です。 お坊さんを遠方からお招きするときは実費を払う例もありますが、普通は区切りの良い多めの金額にします。 お坊さんのおられる菩提寺で法要を行うのであれば、御車料は不要です。 御膳料 法要が終わった後は、お坊さんもお誘いし出席者で故人を偲んで会食をすることが多いです。 御膳料はこの会食の代金に相当するものです。 ただ最近は、あらかじめお坊さんから会食は辞退すると言われることも多いです。 その場合は、御膳料として相当額を包んでおき、お渡しします。 御膳料の相場は、おおよそ 5千円~1万円前後です。 お坊さんが会食に出席されるときは、御膳料は必要ありません。 最近は17回忌では会食をしないという例も増えているようです。 会食の予定がもともとない場合は、御膳料は必要ありません。 ただ引出物などを用意しておき、お帰りになる際にお渡しするのがマナーでしょう。 御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。 お布施の金額はお寺や宗派によってかなり違うこともありますので、悩まれる方も多いと思います。 お布施の金額を決めかねるときは、直接お寺に聞いてみてもよいでしょう。 ただ漠然とお布施の金額を問い合わせても「お気持ちで」と言われるだけかもしれません。 例えば「お布施はどのくらいを出される方が多いですか」などと、聞いてみるとよいでしょう。 そうすれば、お寺の方もある程度具体的な金額を言いやすいでしょう。 仮にかなりの額でしたら、率直に「そこまでは難しいのですが…」と相談されてもよいでしょう。 お寺さんにもよりますが、多くの場合、お話を聞いて頂けるものと思います。 先方の意向を確認したうえで、 ご自身の気持ちも伝えて納得できる形で決めたほうがよいです。 法要別のお布施の金額相場• 一周忌法要のお布施は、四十九日法要とほぼ同様で3万円~5万円くらいです。 御車料は5000円~1万円くらいです。 僧侶が会食を辞退されたときの御膳料は、5000円~1万円くらいです。 三回忌以降 三回忌は、亡くなってから満2年目の祥月命日です。 三回忌法要は、以前は一周忌と同様にある程度の規模で行われていましたが、 最近は親しい親族だけで行う例が多いようです。 三回忌の次は七回忌になりますが、法要に招く方はご遺族など限られた方に絞られていきます。 また、七回忌以降は会食も次第に簡略化されていきます。 最近は会食を伴う法要は三回忌までとし、その後は自宅で身内だけで故人を偲ぶという例も多いです。 下記に三回忌以降のお布施とその他の費用の目安をまとめておきます。 お布施や御膳料は、回忌を重ねるにつれて次第に低い金額に近づいていくのが実態のようです。 次に、 お布施を入れる際の注意点を簡潔にまとめておきましょう。 新札でも大丈夫? 葬儀の香典は、新札を使うのはあらかじめ葬儀を予想していたと思われ不適切とされています。 しかしお布施は、不祝儀としてお渡しするものではありませんので、 新札を使っても大丈夫です。 新札の方がよいとの意見もありますが、新札だと気になるという方は旧札でも問題ありません。 どちらを使う場合でも、しわや汚れのないものを使うのが礼儀です。 お札の向きは揃えましょう お布施のお札の向きは、きちんと同じ向きに揃えましょう。 お札は、弔事では顔が印刷されている表を袋の裏側に向けて入れるのがマナーとされています。 その考えに従えば、お布施は弔事として渡すものではありませんので、 お札の顔を袋の表に向けて入れることになります。 そうでなくても、お札の向きは揃えておいたほうが、受け取る方も気持ちよく受け取れます。 17回忌のお布施の金額についてまとめ• 17回忌は亡くなってから満16年目の命日である。 17回忌の法事は、限られた親族だけで行うことも多い。 17回忌の読経のお礼のお布施は、5000円~1万円位が相場である。 他にお車代5000円~1万円位、御膳料5千円~1万円前後が必要な費用の相場である。 お布施の金額が分からないときは、お寺に聞いてもよい。 四十九日までの忌日法要では、読経のお礼のお布施は3万円~5万円、御車料は5千円~1万円、御膳料は5000円~2万円が相場である。 一周忌法要では、お布施が3万円~5万円、御車料と御膳料は5000円~1万円が相場である。 三回忌以降の法要では、お布施が1万円~5万円、御車料と御膳料は5000円~1万円が相場である。 お布施は不祝儀ではないので新札を使ってもよいが、お札の向きは揃えたほうがよい。 17回忌の法要は、年数も経っていますが大事な法要です。 特にお布施をお渡しするときは、きちんとお礼の気持ちを伝えることが大切です。 今回の記事を参考にして頂ければ幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 お布施の書き方について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

十七回忌(十七周忌)

17 回忌 お布施

三回忌を過ぎると「平服を着用してください」と言われることがあります。 しかし 平服とは普段着ということではありません。 Tシャツやジーンズで参列するのは失礼にあたるので注意が必要です。 葬儀や法事で着用するのは正喪服、準喪服、略礼服があり、三回忌以降は略礼服が一般的です。 ごく親しい身内の集まりでない限り、平服は略礼服と覚えておけば特に問題はないでしょう。 略礼服の場合、男性はダークスーツでネクタイや靴下、靴は黒、ワイシャツは白が望ましい服装です。 女性はグレーや濃紺などダークカラーのアンサンブルやスーツ、ワンピースで、ストッキングや靴は黒が理想です。 ただし、遺族だけの十七回忌法要で互いに了解を得ていれば、男女ともに必ずしも略礼服にこだわる必要はなく、地味な服装で構わない場合もあります。 とはいえ、女性が身に付けるアクセサリーは結婚指輪やパールなどとし、あまり派手なものは避けた方が良いでしょう。 また、学生や子どもの場合も、制服や地味な服装にして派手な色は避けるようにします。 十七回忌の香典のマナー 十七回忌に限らず、法要に参列するときは必ず香典を持参します。 香典の相場は故人との関係性によって変わってきます。 一般的に故人が父母や祖父母の場合は1万~3万円程度、親しい友人などの場合は1万円程度といわれています。 夫婦で参列する場合はそれぞれ2倍になります。 中に入れるお札は、故人の不幸に備えて用意したと思われないように古札がよいとされます。 ただし、汚れやシワが目立つものは失礼です。 新しいお札を真ん中で2つ折りにすると良いでしょう。 香典を入れる袋は表に「御仏前」「御香典」などと書かれているものを使用し、表に記名、中袋に氏名、住所、金額を記載します。 香典袋を持参するときはそのままではなく、袱紗に包むのがマナーです。 お供えが必要な場合 地域や慣習によって香典の代わりに御供物料としたり、香典と供物料が必要だったりすることがあります。 お供えのみの相場は5千~1万円、香典と一緒にするときの相場は3千円が目安です。 品物をお供えするなら、後に残らず、すぐにお供えできるものがよいでしょう。 お花やお線香、果物、日持ちがするお菓子などが選ばれます。 品物には「御供」ののしをかけます。 僧侶へのお布施やお車代 法事や法要のときに読経してくれる僧侶に渡す謝礼のことをお布施と言います。 自宅に招いて法要を行う場合は、交通費としてお車代も別に包む必要があります。 一般的なお布施の相場は3万円程度とされますが、法要の予約をするときにお寺に確認すれば確実です。 僧侶自身の運転で来られた場合は5千~1万円程度をお車代として包むとよいでしょう。 送迎タクシーを手配した場合はタクシー会社に実費を支払うという方法もあります。 また、 僧侶が会食を辞退した場合、御膳料を用意します。 住んでいる地域や会場にもよりますが、5千~2万円程度が相場です。 お布施、お車代、御膳料は一緒にして手渡しするのではなく、別々の封筒に入れ、お盆に載せてお渡しするようにします。 まとめ 十七回忌法要は親族で集まることが多く、葬式や一回忌よりもマナーが緩い印象があります。 しかし、確実に失礼のないように振る舞うためには法事と同程度のマナーを守ることが大切です。 年忌法要をお願いするお坊さんに心当たりがないという場合はお気軽にご相談ください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

年忌法要早見表》浄土真宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗・真宗

17 回忌 お布施

17回忌は、亡くなってから満16年目の祥月命日になります。 仏教では、3回忌以降は、3と7の付く回忌の年に法要を行います。 一般に回忌法要は、命日の当日あるいはその直前にお坊さんをお招きして行います。 法要の後にお斎といわれる会食も行います。 17回忌の法要は、7回忌、13回忌に続く節目の法要です。 ただ亡くなってから年数も経ちますので、17回忌は限られた親族で行うことも多いです。 また7回忌を過ぎている法要は他のご先祖の法要と併せて行ってもよいとされています。 ですから17回忌の法事は、ご遺族で相談してできれば命日あるいはその前に行うとよいでしょう。 「終活ねっと」では、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集をご用意しております。 十七回忌について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 お布施は、お寺への寄進の意味もありますが、お坊さんに読経をお願いするときなどにお礼としてお渡しするものです。 お布施の金額については決まった基準はありません。 宗派やお寺によって違うだけでなく、お寺との関係によっても違うと言われています。 渡す側の気持ち次第と言われることもあり、かなり曖昧な面があります。 そうは言ってもある程度の相場が分からないと、困りますね。 17回忌のお布施について、 読経料の相場を御車料や御膳料の相場と合わせて見ておきましょう。 読経料 お坊さんに法要などでお経をあげていただくお礼として、お布施をお渡しします。 読経料はこのお布施のことですが、俗な言い方で正式な言葉使いではありませんので注意しましょう。 葬儀の後の法事・法要のお布施は、年数が経つと次第に低くなるのが一般的なことです。 17回忌の法要は7回忌、13回忌に続く節目の法要で、読経料は 5000円~1万円位が多いようです。 御車料 お坊さんに自宅や法要の会場に出向いていただくときは、お布施と別にお車代を包みます。 お車代の相場は、来ていただく距離にもよりますが、通常 5000円~1万円位です。 お坊さんを遠方からお招きするときは実費を払う例もありますが、普通は区切りの良い多めの金額にします。 お坊さんのおられる菩提寺で法要を行うのであれば、御車料は不要です。 御膳料 法要が終わった後は、お坊さんもお誘いし出席者で故人を偲んで会食をすることが多いです。 御膳料はこの会食の代金に相当するものです。 ただ最近は、あらかじめお坊さんから会食は辞退すると言われることも多いです。 その場合は、御膳料として相当額を包んでおき、お渡しします。 御膳料の相場は、おおよそ 5千円~1万円前後です。 お坊さんが会食に出席されるときは、御膳料は必要ありません。 最近は17回忌では会食をしないという例も増えているようです。 会食の予定がもともとない場合は、御膳料は必要ありません。 ただ引出物などを用意しておき、お帰りになる際にお渡しするのがマナーでしょう。 御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。 お布施の金額はお寺や宗派によってかなり違うこともありますので、悩まれる方も多いと思います。 お布施の金額を決めかねるときは、直接お寺に聞いてみてもよいでしょう。 ただ漠然とお布施の金額を問い合わせても「お気持ちで」と言われるだけかもしれません。 例えば「お布施はどのくらいを出される方が多いですか」などと、聞いてみるとよいでしょう。 そうすれば、お寺の方もある程度具体的な金額を言いやすいでしょう。 仮にかなりの額でしたら、率直に「そこまでは難しいのですが…」と相談されてもよいでしょう。 お寺さんにもよりますが、多くの場合、お話を聞いて頂けるものと思います。 先方の意向を確認したうえで、 ご自身の気持ちも伝えて納得できる形で決めたほうがよいです。 法要別のお布施の金額相場• 一周忌法要のお布施は、四十九日法要とほぼ同様で3万円~5万円くらいです。 御車料は5000円~1万円くらいです。 僧侶が会食を辞退されたときの御膳料は、5000円~1万円くらいです。 三回忌以降 三回忌は、亡くなってから満2年目の祥月命日です。 三回忌法要は、以前は一周忌と同様にある程度の規模で行われていましたが、 最近は親しい親族だけで行う例が多いようです。 三回忌の次は七回忌になりますが、法要に招く方はご遺族など限られた方に絞られていきます。 また、七回忌以降は会食も次第に簡略化されていきます。 最近は会食を伴う法要は三回忌までとし、その後は自宅で身内だけで故人を偲ぶという例も多いです。 下記に三回忌以降のお布施とその他の費用の目安をまとめておきます。 お布施や御膳料は、回忌を重ねるにつれて次第に低い金額に近づいていくのが実態のようです。 次に、 お布施を入れる際の注意点を簡潔にまとめておきましょう。 新札でも大丈夫? 葬儀の香典は、新札を使うのはあらかじめ葬儀を予想していたと思われ不適切とされています。 しかしお布施は、不祝儀としてお渡しするものではありませんので、 新札を使っても大丈夫です。 新札の方がよいとの意見もありますが、新札だと気になるという方は旧札でも問題ありません。 どちらを使う場合でも、しわや汚れのないものを使うのが礼儀です。 お札の向きは揃えましょう お布施のお札の向きは、きちんと同じ向きに揃えましょう。 お札は、弔事では顔が印刷されている表を袋の裏側に向けて入れるのがマナーとされています。 その考えに従えば、お布施は弔事として渡すものではありませんので、 お札の顔を袋の表に向けて入れることになります。 そうでなくても、お札の向きは揃えておいたほうが、受け取る方も気持ちよく受け取れます。 17回忌のお布施の金額についてまとめ• 17回忌は亡くなってから満16年目の命日である。 17回忌の法事は、限られた親族だけで行うことも多い。 17回忌の読経のお礼のお布施は、5000円~1万円位が相場である。 他にお車代5000円~1万円位、御膳料5千円~1万円前後が必要な費用の相場である。 お布施の金額が分からないときは、お寺に聞いてもよい。 四十九日までの忌日法要では、読経のお礼のお布施は3万円~5万円、御車料は5千円~1万円、御膳料は5000円~2万円が相場である。 一周忌法要では、お布施が3万円~5万円、御車料と御膳料は5000円~1万円が相場である。 三回忌以降の法要では、お布施が1万円~5万円、御車料と御膳料は5000円~1万円が相場である。 お布施は不祝儀ではないので新札を使ってもよいが、お札の向きは揃えたほうがよい。 17回忌の法要は、年数も経っていますが大事な法要です。 特にお布施をお渡しするときは、きちんとお礼の気持ちを伝えることが大切です。 今回の記事を参考にして頂ければ幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 お布施の書き方について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の