レトロゲーム 実況。 レトロゲームを実況する為に必要なキャプチャーボードについて

レトロゲーム互換機のおすすめ人気ランキング12選【懐かしいゲームを楽しめる!】

レトロゲーム 実況

生放送については別ページで解説 ゲーム実況には、以下の2パターンがあります。 ライブ配信 ライブ配信(ゲーム配信)で必要な機材については、下記ページをご覧ください。 以下、 動画投稿の場合を前提に解説していきます。 最初に2つのことを決めよう PCを使うかどうか PCを使うかどうかによって、必要な機材が異なります。 基本的には、 PCを使うものと考えてください。 これが一般的な方法です。 有名なユーチューバーもPCを使っています。 もちろん、 PCなしで実況動画を作れる場合はあります。 以下は一例です。 を使う場合• iPhoneの「画面収録」を使い、スマホゲームの実況動画を作る場合• を使う場合 しかし、このページの解説は、 PCの使用を前提としています。 ゲーム画面の撮影・編集・投稿をすべてPCで行います。 費用を安く抑えたいなら、PCゲームの実況動画を作るのが合理的です。 マイクを買うだけですむ場合があるからです。 PCを用意しよう 使用するPCは、 ノートPC、デスクトップPC、どちらでもかまいません。 いずれも実況動画を作れます。 多くの人が気になるのは、 PCのスペックでしょう。 とくに、「 いま使っているPCで問題ないのか?」という疑問・不安です。 しかし、世間でいわれているほど高性能なPCは必要ありません。 もしPCスペックに問題があったとしても、 使用ソフトの設定変更で対処できる場合があります。 悩むよりも、実際にやってみたほうが話は早いでしょう。 もしPCを新しく買うのであれば、10万~20万円程度の製品をお薦めします。 性能と価格のバランスが取れているからです。 たとえば、などがこれに該当します。 TVゲームの場合は、キャプチャーボードを用意しよう キャプチャーボードは、TVゲーム機の画面をPCに映して、録画するために必要です。 キャプチャーボードを導入することで、• Switch、PS4などの ゲーム機の画面をPCに映す• ゲームを録画する• ゲームを録画中、動画に自分の声を入れる といったことができるようになります。 つまり、キャプチャーボードがあればゲーム動画を簡単に作れるということです。 マイクがあれば、声も入れることができます。 キャプチャーボードを使ったことがないと、どのようにして使うのかイメージしづらいかもしれません。 下図のように接続します。 キャプチャーボードの価格 Switch、PS4用なら約2万円 SwitchやPS4のゲームを録画する場合、HDMI端子を搭載した製品を購入する必要があります。 この場合、一般的に 2万円前後の製品を購入することになると思ってください。 GC550 PLUSや Game Capture HD60 Sが定番です。 0 USB 3. 0 USB 3. レトロゲーム機用なら約3千円 ひょっとしたら、キャプチャーボードの価格の高さに驚いた人も多いかもしれません。 しかし、 レトロゲーム機であれば数千円の出費ですみます。 GV-USB2があるからです。 たとえば、PS2、PS1、Wii、GC、N64、SFCは、これを買えばよいのです。 関連 PCゲームの場合は、キャプチャーソフトを用意しよう キャプチャーボードは不要 Steamでリリースされているようなゲーム、すなわち PCゲームを録画するために必要なのが キャプチャーソフトです。 PCに映っている画面を録画できるという認識でかまいません。 もちろん、ゲーム音、および自分の声も動画に入れられます。 よくある誤解のひとつですが、 キャプチャーボードは不要です。 なぜなら、キャプチャーボードがなくてもゲーム画面をPCに映して録画できるからです。 価格は、無料から4千円くらいまで 初心者から上級者まで使いやすいキャプチャーソフトとして、を覚えておきましょう。 定番中の定番です。 筆者もずっと使っています。 設定方法が簡単で、どんなゲームでも録画できます。 ただ、Bandicamは4,400円(税込)します。 無料でも使えますが、録画時間に制限がある点には気をつけてください。 ソフトを購入することで制限が解除されます。 完全無料にこだわりたい場合は、以下のページをご覧ください。 マイクを用意しよう 価格はピンキリ 動画に 自分の声を入れるためには、 マイクが必要です。 逆に自分の声を入れない場合は、マイクは必要ありません。 マイクの価格は大きな幅がありますが、ゲーム実況では予算として3,000~15,000円を見込んでおけばよいでしょう。 このあたりの価格帯がボリュームゾーンです。 プロが使うマイクなので、定番の製品であれば品質は折り紙つきです。 ただ、マイク自体の価格が高く、通常は オーディオインターフェイスという機器も必要です。 参考 動画編集ソフトを用意しよう 無料ソフトと、有料ソフト 動画編集ソフトは、動画を編集するためのソフトです。 不要な箇所を カットしたり、 BGM・効果音、 テロップを入れることもできます。 編集ソフトには、 無料のものと 有料のものがあります。 以下は編集ソフトの例です。 価格 説明 無料 難しいが、なんでもできる 無料 プロ仕様 有料 初心者にも使いやすい 有料 プロやYouTuberがよく使っている 有料ソフトなら1万前後 無料の AviUtlをお薦めしたいところですが、いきなり使うのはハードルが高いかもしれません。 操作性は難しい部類に入ります。 また、ソフト自体の設計も古くなっています。 もし予算が許すのであれば、 PowerDirectorなどの有料ソフトを使うべきです。 10,000円前後しますが、「やりたい編集を思ったとおりにできる」という点では精神的に楽です。 時間の節約にもなります。 おすすめの動画編集ソフトについては、下記ページをご覧ください。 その他、必要なソフトを用意しよう スマホゲームをPCに映すソフト スマホのゲーム実況をPCでやるさい、 ミラーリングソフトを使うことがあります。 スマホの画面をPCに映すソフトだと思ってください。 安いものであれば数千円以内で購入できますし、無料で使えるものもあります。 一例ですが、以下のようなソフトがあります。 (14. 99ドル)• AirServer(2,300円)• LetsView(無料)• (14. (1,200円) VTuber支援ソフト もしバーチャルYouTuberをやりたいなら、 VTuber支援ソフトを用意します。 Webカメラを使えば、自分の顔の表情をアバターに反映させることも可能です。 これは3Dモデル、または2Dモデルをゲーム画面上に表示し、 ユーザーの顔の表情や動きを反映させるソフトだと思ってください。 たとえば、よく使われているのが FaceRigというソフトです。 1,480円します。 これと Webカメラを組み合わせて使いましょう。 値段・費用は、総額どのくらいか こうして見てくると、「 ゲーム実況するのにかかる費用は?」と聞かれてパッと答えられる人は少ないかと思います。 いろいろなパターンがあるからです。 ただ、何点か押さえておくとすれば、• 完全無料でできる場合がある• マイクは購入したほうがよい• キャプチャーボードは2万円前後 という3点が重要です。 もしキャプチャーボードが必要ないなら、マイクの購入費用として数千円を確保しておけばゲーム実況はできます。 質問させてください。 任天堂スイッチのフォートナイト実況動画を作成したくキャプチャーボードGC550plusを購入しました。 今あるパソコンのスペックが低いのでパソコンを買いなおしたく思います。 パソコンにてゲームをすることはありません。 編集のみの予定になります。 低価格でおすすめのパソコンはどのあたりになるでしょうか? また、フォートナイト実況動画の際、テレビへもプレイ映像を映し、パソコンとスイッチをGC550plusを繋ぎ、自分の声、音声はもちろん、別の場所にいる複数人でのプレイ時のボイスチャットも動画へ入れたく思います。 この場合どのようにするとよろしいのでしょうか? 長く、伝わりにくいと思いますがよろしくお願いいたします。 その用途で低価格PCということであれば、一般論ですと BTOショップで10万円前後のデスクトップPCが無難です。 じゅぶんすぎるほどの性能があります。 ボイスチャットを録画時に入れる方法についてですが、 Switchの場合、多岐にわたる複数の方法があり、いずれも複雑です。 どうやってボイスチャットをするのか決めたうえで、 機材を追加するか、またはソフトウェアを追加しなくてはいけません。 ボイスチャットの入れ方ついては、ほんとうに難しい話になります。 そこでちょっとだけやり方を書くかもしれません。 追記 : 記事をアップしました。 よろしければ教えてほしいのですが、Switchwのゲーム配信をしたいのですがelgatoの Hd60sを使ってPCでプレイしようとした所PCのスペックが低すぎるのか、画面は映るんですがフリーズして殆んど動かないといった現象に見舞われてます。 ネットで対処法を探してるんですが中々これといった解消法が見付からず… OS windows10 Pro 64bit マザー型番 GA-H67A-D3H-B3 CPU Intel i5-2500K 3. 3GHz TB時3. 6GHz RAM 8GB HDD SATA 500GB グラフィックボード GTX760 です、どこを改良したらいいのか等アドバイス頂けると非常に助かります、よろしくお願いします。 ガレリア DTはCorei5-8500を積んでいるので、GC550は余裕で動きます。 どれくらい余裕かというと、オーバースペックといってもよいくらいです。 それくらいガレリア DTにとっては楽勝の作業です。 もしGC550、AVT-C875、AVT-C878以外の候補を探しているなら、 Elgato Game Capture HD60 Proもいいですよ。 これは内蔵タイプで、私はサブPC内につけっぱなしにしています。 Amazonとかのレビューを真に受けると、購入できる キャプチャーボードがなくなってしまいます。 不安だとは思いますが、そのへんは「エイヤッ!」という 覚悟を決めるしかないです…。 最近のコメント• に 管理人 より• に けんじ より• に newmomizi より• に 管理人 より• に いずく より• に 管理人 より• に 管理人 より• に goyoushine より• に オムレツ より• に 匿名 より アーカイブ•

次の

レトロゲームを実況する為に必要なキャプチャーボードについて

レトロゲーム 実況

ゲーム実況者必携のゲームキャプチャーソフト 他のゲーム実況者のように、自分もゲームをキャプチャーしてライブ配信サイトにアップロードしたいでしょう。 人気のYouTuberは普段どんなゲームキャプチャーソフトを使って、ゲーム実況しているか気になるでしょう。 ここでは、初心者のために、人気の高性能ゲームキャプチャーソフトをランキング形式でおすすめします。 キャプチャーボードに付属しているゲームキャプチャーソフトもあるが、次回キャプチャーボードの紹介文でキャプチャーボードに付属のゲームキャプチャーソフトを紹介します。 本文では、人気ソフトウェア会社が開発した、YouTuberも使っているPCゲームキャプチャーソフトおすすめします。 大体ゲームキャプチャーフリーソフトなので、お金を支払いたくない人も利用できます。 無料でパソコンのゲームをキャプチャーしたいなら、是非下記の「 無料!ゲーム実況YouTuberも使っている最強ゲームキャプチャーソフトおすすめ【2020年最新版】」をご参照ください。 VideoProcを最もおすすめする理由は、キャプチャーしたゲーム実況動画が高画質でありながら、ファイルサイズは小さいです。 他のゲームキャプチャーソフトでゲームを高画質で録画するなら、ファイルサイズは異常に膨大です。 21秒の動画はなんと164MBです。 ゲーム全体を録画するなら、数百GBの空き領域を食うでしょう。 テストしたところではh、VideoProcでキャプチャーした21秒の高画質MP4ファイルはただ3. 6MBです。 長時間のゲーム実況プレイができます。

次の

ファミコン好きの俺が見てるレトロゲーム実況4選

レトロゲーム 実況

「D端子」は「コンポーネント」を基に作られた規格の為、画質等は同じです。 しかし「S端子」の様に対応しているゲーム機やキャプチャーボードも少なく、今敢えて「D端子」と「コンポーネント」対応のキャプチャーボードをチョイスする必要はありません。 「D端子」対応のキャプチャーボードが無ければ映像をパソコン上に出力する事が出来ないゲーム機も一応存在はしておりますが、 「PSP」自体の 生産が既に 終了しており購入するにしても「S端子」に対応したの方が便利なので敢えて 「PSP-2000」を入手する必要は無いと言えるでしょう。 尚「D端子」には「D1」~「D5」までの画質のランクが存在しており、基本的には数字が高くなるにつれて画質が良くなって行く傾向があります。 D端子の画質 D1 480i D2 480p D3 1080i D4 720p D5 1080p 「i」と「p」の違いについてはをご参考にどうぞ。 ただし「キャプチャーボード」の場合「D端子」で対応しているのは「D4」画質までの商品が殆どで、又「D4」にまで対応している「キャプチャーボード」は高価で且つパソコンの蓋を開いて接続する「内蔵型」の商品ばかりとなります。 「D5」画質にまで対応している「キャプチャーボード」も存在しているとは思いますが、管理人が「D端子」時代に目にした商品は「D4」画質までが主流でした。 一方でUSB対応の「外付け型」の「キャプチャーボード」では基本的に「D2」程度の画質までしか対応しておりませんので、今の時代に無理をして「D端子」での映像出力にこだわる必要は殆ど有りません。 管理人自身は実況デビュー当時のパソコンで「内蔵型」の「D4」画質対応のキャプチャーボードを、実況用パソコンを買い替えた後は「D2」画質にまで対応した を使用して おりました。 「S端子」対応キャプチャーボードとセットで購入すべきアイテムとは それは 「S端子」対応のケーブルとなります。 レトロゲーム機には「コンポジット 黄色・白・赤 」のケーブルが予めゲーム機に付属している事と思いますが基本的に「S端子」ケーブルは付属しておりません。 いかに「S端子」に対応したキャプチャーボード「アナレコ・GV-USB2」を入手したとしても「S端子」ケーブルを使わず「コンポジット」ケーブルを使って映像を映してしまってはその画質は「コンポジット」画質となり期待出来る物には成り得ません。 又、「HDMI」ケーブルとは違い 「ゲーム機毎に使用出来るケーブルが違う」場合がありますので「S端子」ケーブル購入の際には対応ゲーム機をきちんと確認されてからご購入下さいね。

次の