お布施 ダメ な 金額。 香典の金額の書き方は?|十万円・三千円・五千円・一万円・二万円・三万円・五万円

お布施の書き方とは?名前や裏面や金額はどう書くのが正しい?

お布施 ダメ な 金額

この金額は一日分ではなく、お通夜〜葬儀告別式までのすべての読経料を含みます。 但し、普段のお寺との付き合い(菩提寺として毎年寄付をしている等など、事情により金額が変わります)や、地域により金額が異なります。 また、上限はありませんので、故人がお世話になったりお寺との親交が深かったりなどの理由で多くお渡しすることもあります。 一般的なお布施の金額の目安ですが、心配な場合には予約をする際にお寺に料金を確認してください。 ・ 最近は戒名料も含めた形でお布施を支払うこともあります。 お寺にお渡しする際に「おかげさまで無事に葬儀が済みました。 ありがとうございました。 これはお礼でございます。 戒名料も含みます」と申し添えるとわかりやすいと思います。 戒名料を加えてお渡しする場合には、下記のようになります。 戒名料は、名前のランクにより異なります。 また逆に、最近は費用の透明化がすすんだおかげで以前と比較すると格安で受けるところも増えてきました。 戒名も宗派によって異なります。 日蓮宗では女性には妙の字、男性には日や法の字が使われます。 また、浄土真宗では女性には釈尼、男性には釈の文字が使われ、戒名ではなく法名と呼びます。 お布施の金額は5万円程度からです。 一般的なお布施の金額の目安ですが、心配な場合には法要の予約をする際にお寺に料金を確認してください。 自宅その他の会場で法要を行う場合「お車代」の金額はどのくらい? ・車やバイクなど、僧侶自身の運転でおこしいただいた場合、5,000円〜10,000円くらいをお車代として包みます。 送迎タクシーを施主が手配し、タクシー会社へ実費を支払うこともあります。 御膳料の金額はどのくらいを包む?(御膳料の金額の相場は) ・地方によって、また、法要の会場によっても異なりますが御膳料としては5,000円〜20,000円くらいです。 この場合、お布施の封筒は、二重になっているものは使わないようにします。 (「不幸ごとが重なる」といわれます。 二重封筒は避けた方が良いでしょう。 ) 郵便番号の欄の無いものを選んでください。 ・ 表書きは「御布施」「お布施」「御経料」などです。 ・薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。 ・本来は半紙の中包みに入れて、奉書紙で包むのが最も正式な形です。 のし袋は用いません。

次の

お布施の金額を決めるときに知っておくべき5つの一般常識

お布施 ダメ な 金額

その国民性は香典の金額にも表れているんですよ。 例えば、「偶数の金額は良くない」ってご存知でしたか? すなわち、「二」とか「四」はダメなんです。 なぜかと言うと、割り切れるから。 「切れる」=故人とこの世のつながりが切れてしまうということで、忌み嫌われているんです。 同じく、「苦しむ」という意味に通じるということで「九」や「四」も避けるべしというのが一般的常識です。 普通に考えると、二万円って無難な金額なんですけどね 笑。 最近では、こうした古くからのしきたりに過度にこだわる必要はないという柔軟な考え方も出てきていますが、それでもやっぱり受け取る人によっては不快な気分になるかもしれませんし、避けておいたほうが良いような気がしますね。 では、いくら包めば良いのか? 香典の金額で、偶数はNG。 となれば、必然的に奇数の金額が良いということになりますよね。 結婚式のご祝儀だったら「三(3万円)」か「五(5万円)」ということで、「一(1万円)」はさすがに少なすぎ・・・という暗黙の了解がありますが、実は香典の場合は「一」でもOK。 相手との関係性や自分の年齢、立場によっても金額には幅がありますが、場合によっては3,000円でも良いんです。 というのも、 喜ばしい出来事ではないため、奮発して多めに包んでしまうことはかえって失礼に当たるからです。 「あまりに急なことで、用意がなくて」というニュアンスを含めて、新札ではなくて旧札にするべきというルールもあるくらい。 参考までに、香典の金額の相場をまとめておきますのでぜひ参考にしてみてください。 (関係性によって金額を判断する必要があります。 ) 家族葬だった場合はいくら包む? 最近は、「葬儀は家族葬で行います」というケースも増えています。 家族葬とは、身内(親族)とごく親しい人だけを呼んで執り行う小規模なお葬式のこと。 故人がそれを望んでいた、というケースも多いですね。 一般的な葬儀だと、「偶数は禁止ルール」も考慮して3,000円、5,000円、1万円が相場ですよね。 同じ部署でそれなりに付き合いが深いのであれば、やはり5,000円は包むのが礼儀です。 家族葬の場合も同様で、 葬儀の規模にはよらず5,000円もしくは1万円にしましょう。 「家族葬なら規模も小さいし、香典を辞退する家もあるくらいだから3,000円でいいのではないか」というご意見もありますが、出席するのであればやはり5,000円は用意したほうが良いですね。 一方、もし先方が香典を辞退するということであれば、その気持ちを汲んで、お渡しするのは控えましょう。 無理に渡すと、そのお返しの準備などでかえって気を使わせてしまいます。 香典は、あえて渡さないことが思いやりになることもあるのです。 ちなみに、職場の同僚に渡す香典についてはこちらの記事でも解説しています。 迷った場合はぜひ参考にしてみてくださいね。 「お札の枚数が奇数なら問題ない」は正解? 「金額が2万円でも、お札の枚数が奇数になるなら問題ない」という話を耳にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。 例えば、1万札が1枚と5千円札が2枚で合計2万円とか。 これについては、 原則的にはNGです。 自分がその香典をいただく立場だったとしたらどう思うのでしょうか? また、種類がバラバラのお札を入れられると管理するのも大変です。 原則的なルールとして、 「お札の種類はそろえる」「札の数は最小限で」というポイントを押さえておきましょう。 香典の奇数・偶数問題についてはこちらの記事でも紹介していますので是非ご覧になってみてください。 連名だったらどうするの? しかし、例えば職場関係のお付き合いで香典を出す場合などは、複数人がお金を出し合って一つの袋に入れて持って行くというケースも多いですよね。 結果的に偶数になってしまったらどうすれば良いのか。 これについては、「連名の場合は偶数や端数(12000円など)になってもそのまま包んでOK」とのこと。 葬儀に関するプロの方がそのように回答しているサイトがありましたので、間違いない情報でしょう。 ただ、気になるのであれば、 「あらかじめ金額を決めて(奇数の金額になるように)、それを人数で割る」という方法が賢明です。 香典を募る時に、例えば「1万円包もうと思っているので、人数で割った金額を請求します」という風にアナウンスしておくと賛同するほうもわかりやすいですね。 夫婦で一緒に出席する場合は? 職場の人と、何名かで連名で香典を包む。 そんな状況と並んで迷ってしまうのが、夫婦で法事に出席する場合です。 我が家でも何度かそういったシチュエーションがありましたが、夫婦でそれぞれ香典を包むべきか、それとも連名で包むべきなのか・・・、20代の頃は知識がなく、今思えば恥ずかしい間違いをしてしまったこともありました。 さて、夫婦の場合の香典ですが、 一般的には「夫婦で一つ」。 金額は、故人との付き合いの深さにもよりますが「1万円」と考えておけば間違いないでしょう。 一万円分の香典を夫の名前で包み、その他にお花(供花)を贈るというパターンもあります。 ただ、問題は法事の後に会食がある場合です。 「お斎」といって、これも法事の一部ですから基本的には最後まで同席するのが礼儀というもの。 「会食の分だけ、香典に上乗せして包む」というのが一般的で、金額としては1万円くらいみておけば良いと言われていますので、 夫婦で出席するのであれば香典は「3万円」が一つの目安となるでしょう。 正解はあってないようなものと心得よ! ただ、香典の金額目安はあくまでも「相場」。 相手との関係性(つきあいの深さ)によっても変わりますし、地域によっても違います。 また、家族葬の場合は香典を受け取ってもらえないケースもあります。 正解はあってないようなものなので、迷ったら親族や友人に確認してみるのが賢明です。 とはいえ、「偶数は避けたほうが良い」というのは全国的に通用する一般常識のようなので、ここは押さえておきたいところです。 ちなみに、永代供養かどうかということについては、参列する側としては特に気にする必要はないようです。 いずれにしても、 一番大事なのは「故人への感謝の気持ちと、親族へのいたわり」。 真摯に手を合わせることができれば、香典の金額は自分の身の丈にあった金額で十分なのです。 3,000円~ 23%• 5,000円~ 34%• 10,000円~ 39%• 30,000円~ 3%• 50,000円~ 1% という結果だったそうです。 この結果だけ見れば、• 親族の葬儀でも、香典は3,000円で良い場合もある• たいていの人は10,000円~30,000円包んでいる ということがわかります。 このアンケートだと年齢や関係性はわからないので、ざっくりし過ぎていてあまり参考にならないようにも思われますが、世の中の傾向をつかむには使える資料だと思います。 2万円は偶数でNGなので、1万円か3万円を包むのがスタンタードだということが見て取れるでしょう。 個人的には、 回答者の半数以上が1万円未満だというのがちょっと意外な感じがしました。 友人や知人であればわかるのですが、親族だと自分が20代であっても1万円包むのが礼儀だと書かれているサイトもありますよね。 しかし、世の中の大半の人は親戚の葬式であっても1万円も包んでいない。 昔と今とでは時代も変わって人々の懐事情も物価も変わっていますので、香典の金額も時代と共も変わっていくのかもしれません。 案外、 香典の金額というのはその時代の経済状況を良く表している数字なのかもしれませんよ。 また、こちらの記事でも書いたように、「親戚」といっても付き合いの程度は様々。 香典の金額を決める場合は、自分の年齢や立場、故人との血縁上の関係性に加えて「お付き合い深さ」も考慮する必要がありそうです。 香典の新解釈!実は「二万円」はダメじゃないかも 「香典で偶数の金額を包むのは縁起が悪い、だから二万円包むのも避けたほうが良い」 このサイトでもそのような方向性で話を進めてきましたが、実は最近、「二万円はOK」という新しい解釈もあるんです。 例えば、香典としては一万円包み、その他に「食事代」を上乗せしてお金を入れたいという場合。 いくらなんでも三万円は多過ぎるけど、かといって一万五千円はちょっと中途半端だ・・・という場面もあるでしょう。 そんな時は、二万円包むのは問題ありません。 余分に三万円包んで気を遣わせるよりは、潔く二万円のほうが良いでしょう。 ただ、「夫婦連名で香典として一万円包んでさらに食事代を上乗せして包みたい」という場合は三万円が妥当な金額です。 「食事代は二人で一万円でいいんじゃないの?」という考え方もありますが、法事の食事はこだわる人はこだわるので、実は@1万円くらいかかっているケースがほとんど。 食事代を上乗せする場合はその辺のことも考慮する必要がありますね。 ちなみに、同じ偶数でも、 「死」を連想させる「四」は絶対にダメですが、「二」ならば問題ないという説が有力です。 どうしても気になるようであれば「一万円札と五千円札を二枚」で札の枚数を「三」という奇数にするという方法もあります。 が、あまり一般的ではないようなのでお勧めできません。 相手がその意味を解ってくれると良いのですが、もしわからないと「常識がない人」というレッテルを貼られてしまうかもしれませんので気をつけましょう.。

次の

お布施の金額相場はいくら?宗派・年忌法要別にご紹介します|終活ねっとのお坊さん

お布施 ダメ な 金額

四十九日法要のお布施の相場 四十九日法要のお布施の相場は3万~5万くらいです。 ただし、お寺の格式やお付き合いの関係により20万ほど包む場合もあります。 いくら包めばいいか分からない場合は直接お寺の方に相談するのがいいですが、「お気持ちで」と言われたら3万~5万くらいのお布施を目安にしてください。 3万~5万というお布施は四十九日の「法要」に対する料金となり、納骨や開眼供養、僧侶が食事や移動をする・しないでお渡しする金額も違ってきます。 では、ケース別にもお布施の相場を書きましたのでご覧ください。 四十九日法要と納骨を一緒にするお布施の相場 四十九日の法要と同時に納骨もする場合だと、5万~10万くらいがお布施の相場です。 納骨とは故人の遺骨をお墓におさめることです。 お墓に入れる前に僧侶が納骨法要を行ってから遺骨をおさめます。 一般的には四十九日の法要と一緒に行うことが多いですが、時期をずらしても構いません。 納骨の法要だけだと3万~5万くらいが相場なので、四十九日法要と同時にする場合は5万~が目安となります。 ただし、お寺によっては決まったお布施の金額があるかもしれないので、できればお寺に確認した方がいいでしょう。 「お気持ちで」と言われたら、5万円~10万円くらいを目安にしてみてください。 四十九日法要と開眼供養も一緒にする場合 「四十九日の法要」と一緒に「仏壇やお墓の開眼供養」をする場合、お布施の相場は5万円~10万円くらいです。 開眼供養(開眼法要)とは、新しく購入した仏壇やお墓をたてた場合に行う法要のことです。 別名で入魂式・魂入れ・仏壇開きとも呼ばれます。 ただし、お寺によっては必要な金額が決まっている場合もあるので、事前にお布施の金額を確認しておいた方がいいでしょう。 僧侶の方に「お気持ちで構いません」と言われたら、紹介した相場を目安にしてみてください。 お布施とは別にお車代やご膳料が必要な場合もある 僧侶を自宅や別の場所にお呼びした場合に「お車代」を、僧侶がお斎(食事)をされない場合は「ご膳料」をお布施とは別にお渡しします。 お車代:5000円~1万円• ご膳料:5000円~2万円 もし遠方から僧侶をお呼びする場合は、その交通費と宿泊費が必要です。 施主が僧侶をお迎えに行けばお車代は必要ありません。 お寺で法要を行う場合も必要ないです。 また、僧侶と一緒に食事をする場合も「ご膳料」は必要ありません。 お車代とご膳料をお渡しする場合は、お布施とは別にそれぞれの封筒に包んでお渡しします。 表書きは白無地の封筒に「御膳料」「お車代」とそれぞれ書いてください。 宗派によって四十九日のお布施は変わるのか? 代表的な宗派だと「真言宗、曹洞宗、浄土真宗、日蓮宗、浄土宗、臨済宗、天台宗」がありますが、 四十九日法要のお布施金額はどの宗派も同じくらいです。 ただ、浄土真宗では開眼供養というものはなく、宗派によっては「卒塔婆」のお金が必要になったりします。 卒塔婆の費用は3000円くらいが目安です。 宗派によってお布施に若干の差はありますが、特に大きな差はないので紹介したお布施の相場を参考にしてください。 地域によって四十九日のお布施は変わるのか? 大きな違いはありませんが、地域によって四十九日のお布施も変わるようです。 地域別にお布施の金額を調査したデータがなく、地域別の相場は分かりませんでした。 住んでる地域のお布施がいくらなのか調べるには、1つは葬儀社に相談する、もう1つはお寺に直接確認することです。 お寺によっては「お気持ちで結構です」と言われるかもしれませんが、その場合は「皆さんはどれくらいお包みしていますか?」と尋ねれば大体教えてくれます。 それでも「お気持ちで」と言われたら、紹介したお布施の相場を参考にすれば大丈夫です。 紹介したお布施の相場が高いなら、家計の負担にならない程度をお包みしてください。 菩提寺がない場合、四十九日の僧侶の手配はどうすればいいのか? 菩提寺がなくお付き合いしてるお坊さんもいない場合、以下3つの方法でお坊さんをお呼びする事ができます。 お寺に直接依頼する• 葬儀社に紹介してもらう• 僧侶手配サービスを利用する お寺に直接依頼する 菩提寺ではないが特定のお寺に法要をしてもらいたい場合は、直接お坊さんに依頼してください。 お寺によっては檀家になる事が条件という場合もありますが、檀家にならず四十九日の法要を行ってくれる場合もあります。 葬儀社に紹介してもらう お葬式をした葬儀社にお坊さんを紹介してもらうこともできます。 (葬儀社によっては紹介していない場合もあり) 葬儀後のアフターケアを行ってる葬儀社も多いので、一度確認してみてください。 僧侶手配サービスを利用する 檀家離れがすすみ最近だと「僧侶手配サービス」を利用する方が増えてきました。 「僧侶手配サービス」を利用するメリットは、お布施が明確となっているのでいくら包めばいいか迷うことがない点です。 また、お布施の金額も相場より安いので、菩提寺がないなら検討してみてください。 基本的にお布施の封筒に水引は使いませんが、地域によって異なります。 水引を使用する場合は双銀 そうぎん や白黒が一般的ですが、関西では黄色と白の水引を使用することがあります。 特に風習などなければ無地の封筒を使用しましょう。 ただし、2重になった封筒は不幸が重なるという意味があるので避けてください。 お布施を入れる封筒はコンビニなどで購入できます。 お布施の表書きはどう書けばいい? 表書きは薄墨は使わず筆や筆ペンなどで「御布施」「お布施」と縦書きします。 その下に「〇〇家」と施主の姓を書くか、施主の氏名を書いてください。 表書きに「お布施」と書かれた封筒も売っているので、そちらを使っても構いません。 封筒の裏には基本的に何も書かず、中袋がある場合は中袋に金額を書きます。 金額を書く文字は旧字体を使ってください。 お布施のお札の入れ方 1万円札を例にすると福沢諭吉が書かれている面を表にし入れてください。 お布施は新札?それとも旧札? お布施のお金は新札(ピン札)またはキレイなお札を用意するのがマナーとされています。 お葬式の時は新札は使いませんが、お布施は新札orキレイなお札を入れてください。 四十九日法要のお布施を渡すタイミング 法要が終わった後にお布施をお渡しします。 僧侶が会食(お斎)に出席された場合は、会食後にお渡ししてください。 僧侶が帰り支度を始めたあたりでお布施はお渡しすると覚えておきましょう。 お布施の渡し方 自宅で法要した場合は、切手盆(長方形の黒塗りのお盆)にお布施を載せお渡しします。 渡す向きはお布施と書かれている文字が僧侶から見て正面になるよう渡してください。 切手盆は1000円ほどで購入できます。 自宅以外(お寺など)でお布施を渡す場合は、袱紗(ふくさ)の上に載せてお渡しします。 1000円ほどで購入できます。 四十九日法要と納骨を一緒にした場合、別々の封筒にお布施は入れるのか? 法要と納骨のお布施はまとめて1つの封筒で構いません。 開眼供養も一緒に行う場合も同じ1つのお布施だけで大丈夫です。 お布施を渡すときに何て挨拶すればいいのか? 「本日は有難うございました」と言うのが一般的です。 「ご本尊にお供えください」というのが正式な言い方ですが、「ありがとうございました」で問題ありません。 まとめ 四十九日法要のお布施とは別にお車代やご膳料などケースによってお布施を用意しなければなりませんが、紹介した相場を参考にしてもらえば問題ありません。 四十九日の法要だけなら3万~5万円が相場、納骨も一緒にするなら5万~10万、開眼法要も同時なら7万~15万くらいを目安にしてください。 あくまで目安なので葬儀社や地元の方に相談したり、分からなければお坊さんに直接確認してみましょう。 菩提寺がなくお坊さんの手配をどうするか考えている方へ お付き合いしてるお寺やお坊さんがいない場合は、葬儀社や僧侶派遣サービスからお坊さんの手配ができます。 僧侶派遣サービスならお布施の額が明確になっているので、いくら包めばいいか迷うこともありません。 僧侶派遣サービスの四十九日法要と納骨を行う場合のお布施は大体5万円くらいで、お車代やご膳料なども込みなので相場より安く法要ができます。

次の