乾杯 の 挨拶。 送別会の乾杯》音頭・挨拶・スピーチ・文例・例文・送る側・定年退職・結婚

乾杯》音頭・挨拶スピーチ・文例・例文・例・結婚式・披露宴・祝賀会・宴会

乾杯 の 挨拶

1)新年会の乾杯にはどんなものがあるの? 職場で行われる飲み会は、新年会よりも忘年会の方が多いようです。 忘年会には一年の労をねぎらう意味があり、ほとんどの職場で公私問わず何らかの形で行われますが、新年会の場合は飲み会が省略されることもあります。 新年早々祝賀ムードに酔うよりは一日も早く臨戦体制に入れということでしょうか。 職場以外の場合、たとえば町内会や、友人どうしの場合、あるいはゼミや研究室、同好会、サークルなどでは忘年会も新年会も行われます。 乾杯が行われる主な新年会には下記のようなものがあります。 ・大学のゼミ、研究室、サークル、部活動、同好会の新年会 ・職場の新年会(会社の新年会、団体・役場・学校など) ・友人や仲間との新年会 ・町内会、団地などの組合での新年会 2)新年会での乾杯の挨拶のポイントは? 新年会で乾杯の挨拶をする場合のポイントをご紹介します。 (乾杯に先立ち挨拶をし発声をすることを「乾杯の音頭をとる」とも言います) 新年会の乾杯の挨拶 ポイント 補足説明 1. だらだらと長くならない 出席者は乾杯が済むまで飲み物にも食べ物にも手をつけることができません。 挨拶は長くなりすぎないようにします。 会の目的(新年会であるという主旨)を盛り込む 新年会の乾杯であるという主旨を忘れずに、 新年を祝う言葉は必ず盛り込むようにします。 例)明けましておめでとうございます! 例)Happy New Year! 内容が重複しないようにする 会の進行上、乾杯の前に開会宣言が行われた場合には、内容がなるべく重ならないようにしたいものです。 「お忙しい中をお集りいただきましてありがとうございます。 」という部分は、重複しやすい言い回しです。 もしも内容が重なるようなら、この部分は省略しましょう。 乾杯のマナーを守る ワイングラスなどの足がついた薄いガラスのグラスは、近くの人とグラス同士をカチンと合わせて鳴らすことをしないのがマナーです。 しっかりしたコップ型のグラスやジョッキならOKです。 出席者は乾杯が済むまで飲み物にも食べ物にも手をつけることができません。 挨拶は長くなりすぎないようにします。 会の目的(忘年会の目的や団体の主旨)を盛り込む 短くても構いませんので 会の目的や主旨を必ず盛り込むようにします。 例)皆さん今年一年お疲れ様でした! 例)今年一年本当にお世話になりました。 例)今年は本当に大変な年でしたが、みんな本当によく頑張ってくれました。 ありがとう。 現在では職場等で比較的一般に浸透している言葉ですが、相手によっては不愉快な思いをさせることもあるので目上の人に対しては用いない方が無難です。 普段から良く用いられている職場なら問題ないでしょう。 「ご苦労様」についても同様に不快な思いにさせてしまうことがあるようです。 心配な場合には「ありがとうございました。 」「お世話になりました」が無難です。 また、ユーモアはOKですが、出席者を傷つけるような表現はNGです。 乾杯のマナーを守る ワイングラスなどの足がついた薄いガラスのグラスは、近くの人とグラス同士をカチンと合わせ鳴らしたりしないのがマナーです。 しっかりしたコップ型のグラスやジョッキならOKです。

次の

乾杯の音頭・挨拶を飲み会などで行うコツと使える例文

乾杯 の 挨拶

乾杯の挨拶は結婚披露宴の重要な役割です。 祝宴のスタートとなるシーンなので、緊張することは想像に難くありません。 新郎新婦から乾杯の挨拶を頼まれたら、快く引き受けたいと思う一方で、どのようなスピーチを行えばいいのかわからず、戸惑う人も多いのではないでしょうか?この記事では、乾杯の挨拶における例文やポイントを紹介します。 司会者から名前を呼ばれる際には、肩書も併せて紹介されることがほとんどなので「ご紹介いただきましたとおり」などの前置きを入れるといいでしょう。 新郎新婦とのエピソードは後ほど披露することとし、ここでは軽く関係性を紹介する程度で問題ありません。 自分の名前ははっきりと、会場の奥に座っている人にも届くように話しましょう。 友人だけの集まりである場合を除いて、年長者や他のゲストへ配慮する言葉を添えると印象がよくなります。 ここでは「そのようなゲストもいる中で、自分が乾杯の挨拶をすることは恐縮である」という謙虚な姿勢を見せるのがポイントです。 新郎新婦へ向けて、お祝いの言葉を述べましょう。 日本の話術は起承転結という手法がよしとされる傾向がありますが、乾杯の挨拶では「まずはおめでとうございます」という結論から述べると全体のまとまりがよくなります。 出会いなどのエピソードは次に回し、新郎新婦および両家の家族へ向けて、お祝いのメッセージを贈りましょう。 いつ、どこで出会ったのか、どのような活動を通して、どんな思い出をつくったのか、といった内容を、コンパクトに短くまとめます。 ここのボリュームが多くなりすぎると、ゲストに間延びした印象を与えてしまうので注意が必要です。 スピーチとは性質が異なるため、あくまでも次に乾杯の前置きであることを忘れずに披露しましょう。 新たなスタート地点に立った新郎新婦にエールを贈る気持ちで、ふたりの幸せを祈念する言葉を述べましょう。 式場のスタッフはエピソードからはなむけの言葉への切り替えを目安に動き出します。 その場の空気を披露宴の盛り上がりにつなげる役割もあるので、わかりやすい言葉を贈りましょう。 司会者があらかじめゲストに起立するよう指示している場合は、そのまま乾杯へ進んで問題ありません。 一方、そのような指示がなく、ゲストが座ったままの場合は、乾杯の発声を行う人が起立を促す必要があります。 グラスを持って起立するよう呼びかけましょう。 ゲストと新郎新婦の乾杯の準備が整ったら「乾杯!」の発声とともに祝宴がスタートします。 仕事上は目上の立場であったとしても、その日は新郎新婦を祝う席に花を添える役割であることを認識しましょう。 よく、当初の仕事ぶりはいまいちだったものの現在は成長したという主旨の挨拶を行う人がいますが、結婚式の場では褒め言葉になりません。 古くからの付き合いがある親族や友人が聞いて新郎新婦の印象が悪くなってしまう内容は避けたほうが無難です。 あくまでも、新郎新婦のよい点を挙げて、全員が気分よく祝宴に入れるよう配慮した挨拶を述べましょう。 【例文】 ただいま、ご紹介いただきました新郎 裕二さんの上司の佐久間重人と申します。 僣越ではございますが、乾杯の音頭をとらせて頂きます。 まずは裕二さん、美奈さん、ご結婚おめでとうございます。 ご両家、ご親族の皆様がたにおかれましても心よりおよろこび申し上げます。 裕二さんは2005年、当社に入社し、私が部長として勤める広報宣伝部にて配属当初から活躍していただいております。 学校を卒業したてだったにもかかわらず、仕事のセンスがよく、私も上司でありながら頼れる存在として尊敬し、信頼しています。 昨年には、日々の功績が認められ係長に昇進し、より一層の活躍が期待される人材として成長を遂げてきました。 今後も、当社にとって重要な役割を担ってくれると期待しております。 仕事熱心で、プライベートのことをあまり話さない裕二さんが「変わったな」と思う瞬間がありました。 それまで以上に、人を思いやり、相手の立場になって考えられるようになったと感じた時期は、先ほど紹介がありましたふたりが出会った時期に重なります。 美奈さんの存在は、裕二さんにとってそれほどまでに大きく、自身を成長させてくれるものだったに違いありません。 裕二さん、美奈さん、ふたりは私から見てもすばらしいご夫婦です。 これからも生涯を共に歩む伴侶として、互いを思いやり、ふたりらしい幸せの形をつくっていかれることと思います。 それでは、皆様ご唱和をお願いします。 ふたりの末長い幸せとお集まりの皆さまのご多幸とご発展を祈念いたしまして、乾杯! 【親族編】結婚式乾杯の挨拶例文 昨今は、親族を中心とした結婚式を行うカップルも増えてきています。 そのため「乾杯の挨拶は会社関係や友人がやるだろう」と考えていると、思いもよらず依頼されるケースもあります。 とはいっても、親族はいわば身内であり、何をどう話したらいいかわからない人も少なくありません。 親族の乾杯挨拶は「場を和ませる役割」だと考えると、話しやすくなります。 堅苦しさや仰々しさは必要なく、むしろ幼少期からの付き合いがあることを強みとした心温まるエピソードを組み入れるといいでしょう。 【例文】 ただいまご紹介いただきました、新郎 裕二の伯父、吉田重雄でございます。 ご指名により、僭越ではございますが乾杯の音頭を取らせていただきます。 裕二、美奈さん、結婚おめでとう。 30年前、弟夫婦の元に産まれた小さな裕二が、こんなに素敵な女性と出会い、すばらしい1日を迎えられたことを思うと感無量です。 裕二は幼いころから活発で、怪我をすることもしばしば、弟夫婦はさぞかし心をもんだのではないかと思います。 一人前の大人となり、立派に仕事もこなすようになった今、今度は人生の伴侶とともに新たな家庭を築こうとしています。 ふたりの幸せそうな笑顔を見て、このふたりの挑戦を、伯父として陰ながら応援しようと心に決めました。 裕二、美奈さん、後ろを振り向かず、幸せな家庭を築いてください。 そしてどうかみなさんも、ふたりを温かく見守ってやってください。 伯父である私からのお願いです。 それでは、そろそろ始めましょうか。 ご唱和をお願いします。 ふたりの幸せと皆さまのご多幸をお祈りいたしまして、乾杯! 【友人編】結婚式乾杯の挨拶例文 友人の乾杯挨拶は、ともすると友人スピーチと混同されがちです。 しかし、ここは乾杯のシーンであると認識し、内輪ネタに終始することのないよう配慮しましょう。 ポイントは、あらかじめ新郎新婦にどのような雰囲気の披露宴なのか確認しておくことです。 たとえば、上司など祝辞の後であれば、談笑している人は誰一人いない状態であり、かなりフォーマルな挨拶が求められます。 一方、入場してすぐに乾杯を行うのであれば、入場時の盛り上がりはそのままに、割とカジュアルな挨拶のほうが場に合うことも考えられます。 長くなりすぎないよう、かつくだけすぎないよう注意すれば、親しい友人からの乾杯挨拶に新郎新婦も喜んでくれるでしょう。 【例文】 ただいまご紹介いただきました、美奈さんの友人の大野美紀と申します。 諸先輩方もたくさんいらっしゃる場で僭越ではございますが、乾杯の挨拶をさせていただきます。 裕二さん、美奈さん、本日はおめでとうございます。 ご両家のご家族さまにおかれましても心よりおよろこび申し上げます。 美奈さんと私の出会いは小学校の入学式でした。 笑顔がかわいらしく、一目で「友達になりたい!」と思ったのを覚えています。 あの日から今日まで、一緒に笑ったり、泣いたりしながら、ともに成長してきました。 今日こうして、裕二さんと美奈さんのハレの日に立ち会えることは、私にとっても幸せな出来事です。 これからは、ふたりで人生を歩んでいく裕二さんと美奈さん。 私は友人として、今後も変わらないお付き合いを願いつつも、ふたりの新たな人生のスタートを心から祝福します。 どうか末永くお幸せに。 それでは皆さま、ご唱和をお願いします。 忌み言葉の定義は明確ではなく、誰しもが「これは使わないほうがいい」と感じるものから「この言葉の何がまずいのかわからない」というものまであるのが実情です。 そのため、極端に神経質になる必要はありません。 最低限、把握しておきたい忌み言葉は次のとおりです。 【ふたりの幸せを祈っていないと受け止められる言葉】 ・不幸 ・切り裂く ・短命 ・離婚 など 【明らかに縁起がよくない言葉】 ・幽霊 ・亡霊 ・滅びる ・飽きる など インターネットを調べれば、このほかにもたくさんの忌み言葉が紹介されています。 しかし、中にはこじつけともとらえられる言葉も多く、そのすべてを絶対に使ってはいけないというわけではありません。 大切なのは、その場にふさわしい言葉を使うことです。 たとえば「仏」は忌み言葉として知られていますが、昨今ではお寺で挙式を行う仏前式の人気が高くなっています。 仏前式においては、仏であるご先祖様に結婚の報告することを結婚式の主旨としているため「仏」を忌み言葉とするのは、むしろ問題です。 また、キリスト教の挙式では「死がふたりを分かつまで」「健やかなるときも病めるときも」という文言もあり、忌み言葉のオンパレードのようですが、それを指摘するのはナンセンスです。 このような例もあるため、常識の範囲内でネガティブな言葉を使わなければ問題ないと考えていいでしょう。 一方で、同じ言葉を二度繰り返す重ね言葉には注意が必要です。 「たびたび」「重々」「重ね重ね」などは、相手に対してより強く理解を求める際に使用する言葉であり、自分の主張を通す必要のない結婚式で使用するのは不自然になってしまいます。 広義では「日々」「ますます」なども重ね言葉となりますが、ネガティブな印象を持つ人は少ないため、使用しても特に問題はないでしょう。 結婚式の乾杯挨拶の成功のカギは練習にある 評判のいい乾杯挨拶には、一定の傾向があります。 それは、乾杯のタイミングがわかりやすいこと、声や話し方から明るさを感じられること、話が短いことです。 しかし、これらの要素をすべて満たした乾杯挨拶をぶっつけ本番でやろうとしても、よほど場慣れしている人でない限りは難しいでしょう。 普段からおしゃべりが得意でも、緊張のあまり、何を話したらいいのかわからなくなってしまうこともあります。 このような事態を防ぐためには、練習あるのみです。 本番では何も見ずに話す前提であっても、まずは原稿を用意しましょう。 先に紹介した流れに沿って、話したいことをまとめていきます。 一通り文章を作成したら、実際に声に出して読んでみて、トータルの時間が3分以内に収まるか確認しましょう。 続いて、家族や友人を前にして読み「聞いていてどこで乾杯がやってくるのかわかるかどうか」を確認します。 反応が悪い場合は「それでは」などの接続詞に不足がないかチェックしましょう。 マイクを通すと思いのほか声がこもることもあるので、はきはきと話すよう、心がけることも大切です。 時間については特に注意が必要です。 なぜなら、式場によっては司会者が、乾杯の挨拶を行う人の紹介と同時に、ゲストの起立を促すことがあるからです。 すると、グラスを持って立っているゲストを前にして乾杯の挨拶を行うことになります。 この状態で長い挨拶が好ましくないのは言うまでもありません。 また、乾杯前はゲストにとって決して楽しい時間ではありません。 おいしそうな料理を目の前にして「待て」と言われている状態です。 状況を考慮してコンパクトに内容をまとめ、できれば1分半ほど、長くても3分は超えないように文章を組み立てましょう。 これらのことを踏まえたうえで何度も練習を行い、最終的には原稿を見ることなく挨拶できるようにします。 練習した事実は自信にもなるので、多少緊張しても問題なく役目をまっとうできるでしょう。 新郎新婦は信頼できる人にしか乾杯の挨拶を依頼しません。 乾杯の挨拶を依頼されたということは、新郎新婦から大きな信頼を得ているということでもあります。 その事実に自信を持ち、新郎新婦のみならずゲスト全員が楽しく祝宴を始められるよう、配慮のある挨拶を心がけましょう。

次の

結婚式での乾杯挨拶・スピーチの例文とコツ

乾杯 の 挨拶

基本的には最初に「自己紹介」をおこない、続いてこの宴会、飲み会をする理由や抱負などの「一言」を述べ、そして最後に「乾杯」という流れです。 次の『一言』に関しては、宴会や飲み会などの趣旨や主催によって変わります。 一般的には最近起こった出来事や社内での抱負、そして開催してもらったお礼を述べればだいたいOKです。 また会社の飲み会であれば、成果と抱負などを重点的に加えればプラスの評価につながります。 <乾杯の音頭の例> みなさまこの度はお集まりいただきありがとうございました。 今年は事業部創設から第10期という節目の年でしたが、おかげさまで営業部も5年連続で予算を達成できました。 これもみなさまの日ごろのサポートのおかげです。 また緊張すると人は早口になってしまうので、ゆったりと話すように心がけましょう。 そして最後の「乾杯」は飲み会や食事会をスタートさせる合図です。 盛り上げるように元気を出して大きな声で乾杯の音頭をとりましょう。

次の