コカイン 末端 価格。 コカイン

神戸新聞NEXT|神戸港でコカイン400キロ押収 押収量は過去最多、末端価格80億円相当

コカイン 末端 価格

コカの葉が原料。 映画を観ると、鏡の上の白い粉を鼻で吸うシーンを よく見かけるがあれがコカインです。 効果が短く高くつくため、位置的にはリッチな人のためのドラッグ。 03~0. 気分がシャキッとして陽気になる。 大胆でおしゃべりになる。 食欲は減退。 効果消失後の気落ち、痙攣等。 精神依存度も高く、効果が短いので連用しがち。 多量の使用による心臓発作や呼吸困難による死亡例もある。 1930年代、アメリカを皮切りに世界的に規制される。 それ以降は研究が進み、世論の解放への賛成もあり 各国で非犯罪化へ向かいつつある。 映画「スモーキング・ハイ」 ドラマ「Weeds~ママの秘密」の鑑賞をお勧めする。 最近ではガン細胞の成長抑制効果が発見された。 覚醒効果は無い インディカ系はダウナー系で、リラックスし非活動的になる。 共通する効果は、多幸感。 味覚や聴覚の鋭敏化。 食欲の増加。 感情豊かになり、より映画や音楽が楽しめるようになる。 燃焼吸引の場合、発ガンリスクはタバコの6倍。 とはいえ、使用頻度からするとタバコの3分の1程度。 「大麻精神病」は正式な病名ではなく、大麻との因果関係は関係なく 精神病患者が大麻喫煙者だった場合、この名前で呼ばれているだけである。 研究機関では、大麻が統合失調症のリスクを上げるか研究途中です。 若年での喫煙は、統合失調症のリスクを高める事がわかっています。 女性の喫煙により、血漿LHとプロラクチンが抑制され、 黄体期が短くなり月経周期が短くなる場合がある。 日本で流通しているメタンフェタミンはこれより高い。

次の

ピエール瀧もハマった「コカイン」を吸い続けた人の末路

コカイン 末端 価格

初歩的な質問ですみません。。。 麻薬・覚醒剤関連のニュースで、よく「末端価格」という言葉が 使われます。 「末端価格にして、総額10億円」 この「末端価格」の意味ですが、私はずっと、 卸売りから仲介者を経由して最終的に消費者(?)にわたった 時の価格(の総額)という意味なのかなあと思っていました。 しかしそうではなく、「末端価格」は最低ラインの金額という意味、 すなわち市場に出回った時、それ以上、価格が上がる可能性がある ということだという人がいて、いったいどっちが正しい意味なのか (消費者にわたった時の金額という意味なのか、最低ラインの 金額という意味なのか)分からずにいます。 「末端価格」の正しい意味を教えて下さい。 Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。 これを捜査と言います。 被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。 それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。 ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。 入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。 この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。 「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。 具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。 この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。 しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。 これが「勾留」です。 勾留は最大10日間身柄を拘束できます。 なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。 ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。 ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。 そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。 これを「検察官送致、略して送検」と言います。 無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。 検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。 このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。 これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。 ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。 さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。 全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。 身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。 と言うか、身柄を拘束していないのでできません。 たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。 しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。 これを「書類送検」と呼んでいます。 書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。 正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。 つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。 と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。 というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。 まとめれば、 1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。 2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。 3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。 4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。 5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。 ということです。 そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。 身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。 しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。 既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。 なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。 例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。 ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。 そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。 もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。 ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。 ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。 しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。 その後どうなるかはその後の話です。 無論、逮捕だけでも前科は付きません。 逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。 ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機... A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...

次の

渋谷の街にあふれている新麻薬「合成コカイン」の製造法

コカイン 末端 価格

コカ・コーラ仏工場でコンテナに大量コカイン、末端価格58億円 米飲料大手コカ・コーラのフランス南部にある工場で、コスタリカから配送されてきたジュースのコンテナから大量のコカインが発見された。 現地紙バール・マタンによると、見つかったコカインは計370キロで、末端価格は推計約5000万ユーロ(約58億円)という。 これらの数字についてコカ・コーラからの確認は取れていない。 地元の検察当局からのコメントも得られていない。 コカ・コーラの広報担当者は、発見した従業員が警察に通報したことを明らかにした。 従業員は容疑者になっていないという。 ロイター通信が報道した 「驚きの報道」が世界で話題になっているようだ。 この記事によると、 フランス国内のコカ・コーラの工場で、コスタリカから送られてきたジュースのコンテナ内から370キロもの大量のコカインが見つかったらしく、 末端価格は約58億円にも上るとのこと。 従業員が警察に連絡したみたいだけど、 これに関してコカコーラ側は特にコメントも出しておらず、特に誰も容疑者になっていないとのこと。 これが本当であれば結構恐ろしい事態だけど、果たしてどうなのだろうか。 そんな自然療法家の一人に、ジョージア州アトランタを拠点に活動するジョン・S・ペンバートン John S. Pemberton がいた。 南北戦争で負傷したペンバートンはモルヒネ中毒になっており、中毒を治すものとして当初注目され始めたコカインを使った薬用酒の開発を思いついた。 この種の薬用酒には既に類似品が多く出回っていたので、ペンバートンは、ワインにコカインとコーラのエキスを調合したフレンチ・ワイン・コカを精力増強や頭痛の緩和に効果のある薬用酒として1885年から売り出した [6]。 フレンチ・ワイン・コカは「ドープ(dope=麻薬)」と言う渾名で人気を博したが、やがてコカインの中毒が問題となるとともに、禁酒運動の席巻によりフレンチ・ワイン・コカが売れなくなる恐れが出てきた。 そこでワインに代えて炭酸水の風味付けのシロップとして売り出すことにして、ペンバートンのビジネスに参加した印刷業者のフランク・M・ロビンソンによって コカ・コーラと名づけられた。 このコーラは1886年5月8日に発売されている [7]。 えええ!? 冗談じゃなく、本当にコカ・コーラにはコカインが入っていたんだ!! ・・・てことは、今回コカインが見つかったのも、まさか、コーラの中に入れるためだったってこと!? 材料 コカ・コーラの風味はトップシークレットの香料 7xと柑橘系およびスパイス系のフレーバー7 — 8種類程度の配合によるものと言われる。 このうち7xの成分はコカ・コーラ社のトップシークレットであり、成分を知っているのは最高幹部のみである。 7xはレモン・オレンジ・ナツメグ・シナモン・ネロリ・コリアンダー、そして脱コカイン処理されたコカの葉の7種(またはコカの葉がない6種)をアルコールで抽出したものだと言われている。 この7xとその他のフレーバーの配合レシピのことを「フォーミュラ」と呼ぶ(後述)。 コカ・コーラだけでなく、巷に出回っている清涼飲料水の中には危ないものも… どちらにしても、糖分が非常に多いことや発がん性の添加物が入っているなど、 現在のコカ・コーラは非常に身体に良くない清涼飲料と言われている。 どういう製法でどんな成分が入っているのかもはっきりと分かっていないみたいだし、たまに飲むくらいならまだしも、 毎日飲んだりするのは結構危険かもしれないね。

次の