タムロン 70 180。 タムロン180mmF3.5Macroは究極の花撮り用マクロレンズ。

Tamron 70

タムロン 70 180

SONY FE 70-200mm F2. 8 Di III VXD (Model A056) レンズマウント ソニー Eマウント ソニー Eマウント 焦点距離 70-200mm 70-180mm レンズ構成 18郡23枚 14郡19枚 開放絞り(F値) 2. 8 2. 8 最小絞り(F値) 22 22 絞り羽根 11枚 9枚 最短撮影距離 0. 96m AF時 0. 85m MF時 広角端 0. 85m フィルター径 77mm 67mm 手振れ補正 レンズ内手ブレ補正方式 非搭載 テレコンバーター 使用可能 (1. タムロンなら同じレンズ2本買ってもお釣りが出ます。 SONY 70-200mm f2. 8 と TAMRON 70-180mm f2. 8 の選び方 SEL70200GMの方が良い場合• プロフェッショナルな現場• 妥協したくない場合 仕事メインで考えているなら 純正の方が信頼できますし、別途費用がかかりますが 保証もしっかりしています。 趣味であっても 良い写りを追求したい場合は純正が一番良いです。 レンズ内に手振れ補正があるのも嬉しいポイント! もちろん テレコンも使えるのでフルサイズ機で最大400mm相当の焦点距離をカバーできます。 8 Di III VXD Model A056 の方が良い場合• 費用を抑えたい場合• コンパクトさを優先したい場合 なるべく 費用を抑えて揃えたい方はかなりおすすめです。 タムロンから出ているEマウントレンズのフィルター径は全て 67mmに統一されていて、 フィルターが共有できる為そこの出費も抑えられます。 スペックも 全ズーム域でF2. 8とかなり優れています。 コンパクトなので持ち運びも楽々です。 まとめ 純正のレンズは フォーカスホールドボタンや 三脚座などがありますが、 タムロンのレンズにはついていません。 また テレコンも使えないので、フルサイズ機では180mmより望遠はできなくなります。 もし 野鳥撮影などを考えていると大きく撮影するのは難しくなる。 純正のレンズは 大事に使っていれば高値で売ることもできるので、 金銭面で余裕があればSEL70200GMを買った方がいいかもしれません。 望遠を使ってみたいという方なら試しにタムロンのレンズを買ってみるのもありだと思います。 一般の方は価格差を考えるとタムロンのレンズを買い、他のレンズをもう一本買った方が撮影が楽しくなるかもしれませんね! 今回はこの辺で終わりたいと思います。

次の

TAMRON(タムロン) 70

タムロン 70 180

夢中になる。 望遠の世界。 8大口径望遠ズームレンズ この軽さと機敏な反応が、望遠撮影を面白くする。 8 Di III VXD(Model A056)は、ミラーレス専用設計のソニーEマウント用大口径望遠ズームレンズ。 特殊硝材を贅沢に使用することで、高い描写性能を実現しました。 また、0. 85mという短い最短撮影距離が表現の幅を広げます。 AF駆動には静粛性・俊敏性に優れたリニアモーターフォーカス機構「VXD Voice-coil eXtreme-torque Drive 」を新開発。 タムロン史上最高レベルの高速・高精度AFを可能としました。 2つのVXDを電子制御で同時に動かすフローティングシステムを採用することで、至近から遠景までクリアで美しい描写性能を発揮します。 さらに、屋外での撮影を考慮した簡易防滴構造や防汚コートを搭載するとともに、ソニー製カメラに搭載されている「ファストハイブリッドAF」などの各種機能にも対応。 このレンズの登場で、フルサイズミラーレス対応のタムロン大口径ズームレンズ3機種のラインアップが、ついに揃いました。 望遠撮影をアクティブにする小型・軽量ボディ 本レンズでこだわったのは、フルサイズミラーレス一眼カメラとの組み合わせに最適な小型・軽量サイズの実現です。 8通しという高い性能を維持しながら、このサイズを実現するため、望遠側の焦点距離を180mmに設定するとともに、全長可変式ズーム機構を採用。 さらに、カメラボディ内の防振機能を活用しています。 これにより、気軽に手持ち撮影ができるコンパクトな望遠ズームレンズとなりました。 先行するレンズと組み合わせて使用する時でも、フィルターワークが容易となり、レンズ交換時に径の異なるフロントキャップを探す手間もありません。 携行性抜群のこの一本が、あなたの撮影フィールドを広げます。 タムロン史上最高レベルの高速・高精度AF AFの駆動には、タムロン初のリニアモーターフォーカス機構「VXD Voice-coil eXtreme-torque Drive 」を新開発しました。 005mm単位で位置精度を確保。 かつてない高速・高精度AFを実現しました。 また、本レンズでは2つのVXDを高度に電子制御するフローティングシステムを採用。 至近から遠景までクリアで美しい描写性能を発揮するとともに、小型・軽量化にも寄与しています。 望遠ズームレンズで狙うことの多い、スポーツや乗り物などに対するフォーカス追従性も大幅に向上しており、静止画はもとより動画撮影でも迫力の一瞬を逃すこと無く捉えます。 静粛性についても、リニアモーターは従来の駆動方式と比べてAF駆動時の振動が発生しにくく、モーター音が静かなため、静かな環境下での撮影にも最適です。 一瞬の空気感まで描き出す、緻密な描写力 Model A056が挑んだのは、小型・軽量化と、高画質の両立です。 そのレンズ構成は14群19枚。 XLD(eXtra Low Dispersion)レンズやLD(Low Dispersion:異常低分散)レンズ、GM(ガラスモールド非球面)レンズ、複合非球面レンズなどの特殊硝材を贅沢に配置することで画面中心から隅々に至るまで、非常に高い解像力を達成。 色収差を抑制した写りを実現しました。 また、ゴーストやフレアの発生を抑え、逆光条件でも被写体のディテールを緻密に描き出すためBBAR-G2 Broad-Band Anti-Reflection Generation 2 コーティングを採用。 圧倒的なヌケ感とクリアな表現が可能となっています。 ズーム全域において一切の妥協を排した本レンズが、その空気感まで描き出します。 複数のレンズを同時に持ち歩いても携帯性が高いことに加え、PLフィルターをはじめとした各種フィルターも共用できる他、レンズ交換時に径の異なるキャップを探す手間が省けるなど、ラインアップ全体で高い利便性を発揮します。 85m ズーム全域 MF時 0. MTF曲線図の10本/mm 低周波 のカーブが1に近いほどコントラストの再現性がよく、ヌケの良いレンズとなり、30本/mm 高周波 のカーブが1に近いほど解像性のよいシャープなレンズとなります。 また、画面の放射方向 サジタル・実線 と円周方向 メリジオナル・破線 によっても、カーブが異なります。 シャープで抜けがよく、画面全体で均質な性能を得るには、それぞれのカーブのバランスが取れていることが大切です。 なお、レンズ性能は、ボケ味や各種収差の状況など、MTF曲線図だけでは表せない側面もあります。 MTF曲線図は、レンズ性能を表す尺度のひとつとしてご利用いただけます。

次の

タムロンが70

タムロン 70 180

こんにちは、別所です。 今回の記事は、ついに世界中が待ち望んでいた ソニーEマウント用大口径望遠ズームレンズ TAMRON 70-180mm F2. 8 Di III VXD(Model A056 についてのお話です。 そして最初に結論を書いておくと、再びタムロンは「新定番」を更新しました。 すなわち、• ミラーレスにふさわしい小型・軽量性• それにも関わらず光学性能やメカ性能が優れている• 加えて接写性能による表現の多様性 これまで「大口径レンズは重たく、大きく、値段も高い」というのが暗黙の了解でした。 そして、ミラーレスがデジタルカメラのスタンダードになり、標準や広角は比較的軽くなって以後も、望遠ズームだけは頑なにガラスの凶器であることを辞めずに来ましたが、ついにタムロンがこの最後の牙城を突き崩しました。 いわゆる「大三元」と呼ばれるF2. 8通しの望遠ズームレンズで1キロを切ったことは、端的に驚異です。 これにより、望遠ズームの世界にも、今後「軽量化」のトレンドがやってくることになるでしょう。 それほどに、この「軽さ」は大きなメリットを撮影者にもたらします。 広角レンズならば多少AFが遅くても、そもそも被写体が広いのでそれほど問題にならない場合も多いのですが、望遠レンズは被写体にぐっと寄る性質上、少しの動きも大きな「変動」になってしまう。 だからこそ俊敏なAF動作が必要ですが、70-180 F2. 8なら、この0. 5秒でフレームアウトする鉄の塊にも食らいつきます。 解像、ボケ、AF。 全てが高次元! 小型軽量だと「画質が犠牲にされているはず」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、心配ご無用。 高画素時代にふさわしい解像の明瞭さととろけるようなボケ味は、単焦点の出番を少なくするほどの表現力。 そして信頼できるオートフォーカスの俊敏さ、さらには強烈な接写性能による多様な表現の可能性と、70-180 F2. 8 の魅力は、望遠ズームのあり方を更新する可能性に満ちています。 後ろがボケていることがわかるためには、ピントがキリッとしていなくてはいけないのです。 そして、その相互作用が画面に立体感を与え、主人公が浮き出して引き立つわけです。 この場所で撮影するためには屈んで撮る必要があるのですが、これまでの望遠ズームだと本当に辛くてしんどかった撮影が、この70-180 F2. 8だとさっと撮れてしまう。 AFは中央のやや暗いところでも驚くほど軽快に合焦し、F2. 8で描かれる柔らかい桜吹雪のボケが、この春たった一枚だけ撮ることのできた桜吹雪のノスタルジーを十全に表現してくれます。 このレンズの機動力と表現力、そしてメカ的な強さが合わさって収めることのできた一枚です。 MF限定ですが、広角端での最短撮影距離はなんと0. 27m!そしてその時の撮影倍率はなんと0. 5倍!ハーフマクロのような表現が可能になります。 6秒 ISO感度:100 他にもこのレンズ、例えば解像感が強烈だったり 、逆光に対して強かったり、色乗りやグラデーションが素直に出たりと、普通のレンズに求めたい性能を全て兼ね備えた驚異的なレンズなんです。 TAMRON 70-180mm F2. 8 Di III VXD(Model A056 を使用してみて 何よりもやはり強調しなくてはならないのは、そのずば抜けた小型&軽量という特徴。 このことはすでに僕がこのTAMRON MAGでこれまで書かせていただいた大三元の他の二本とも共通している、タムロンの新しいレンズが持つ最大の魅力です。 僕は夏の花火を撮影するために頻繁に山に登りますが、1キロでも機材が軽ければ、単純に楽に登れるというのにとどまらず、背中側の重量が減ることによって、例えばバランスを崩して転倒するというリスクも軽減できます。 さらには、重たいものを持ち続けることによるメンタル的な部分での「しんどさ」も軽減されます。 実際70-180mm F2. 8 を片手に持って撮影していると、これまで大口径望遠ズームで一日撮影していた時に起こるような腱鞘炎的な腕の引きつりや肩こりを感じないことに驚きました。 人間は、重たいものを長く持っていられるほどに強くはないのですが、その「弱さ」に対して寄り添ってくれるのが、タムロンのレンズなんですね。 そしてその長所は、まさに「大三元」が三本揃った時に、まるでガチャで引き当てた高レベル武器3つ揃ったときのセット効果のように、我々に強烈な恩恵をもたらします。 一般的な大三元ズームレンズを三本揃えたときの重量は、大体3500g前後の重量になります。 ですが、このタムロンの大三元、セットになった時の重さは、なんと1780g。 ほぼ半分の重量。 これは効きます。 あなたの手に、あなたの肩に、あなたの腰に!セットで持ったときのこの軽量感こそが、写真家のメンタルを守り、いわばあなたの「表現」に最後の粘りを与えてくれるんです。 そう、それこそがタムロンの提示する「新定番」の方向性だと思っています。 つまり、光学性能やメカ性能に一切の妥協がないままに、ミラーレス時代にふさわしい、軽快な撮影の「あり方」や「スタイル」を提示していくレンズ。 なんともエモい方向性で戦ってくれるじゃないですか、タムロンさん。

次の