サンライズ 遅延。 出雲 (列車)

サンライズゆめ

サンライズ 遅延

サンライズ出雲・瀬戸が遅延したのは東京からの帰り道ですが、せっかくなので東京行きの様子もアップしようと思います。 今回の切符じゃないけど参考までに。 これの範囲はどこまで? と疑問に思ったので調べた結果がこちら。 この「東京都区内」って正式な呼び方は何だろうと思って調べたら、JRのホームページによると 「特定の都市区内ゾーン」というのだそうです。 ただしサンライズで東京駅に到着したらそのまま乗り継がないとダメです。 (改札を出てしまうと終わり) 今回の渋谷駅はこの範囲内なので、東京渋谷間の料金は支払うことなく行けました。 サンライズ出雲が米子に到着!と思ったけど写真を撮ったらブレブレになったのでここでは省略。 サンライズ出雲の車内に乗り込む! いざサンライズ出雲の車内へ! 今回はというか、いつも通りサンライズシングルです。 でもこの一杯がまた格別にウマい!なんでこんなに列車内で飲むビールってウマいのかなぁ。 とくに魚介類が新鮮で量も多いので、もし出張などで米子に来られたら帰りのサンライズ用に丸合へ寄ってみると新鮮な刺身とかが売ってるのでおすすめ。 これで580円の刺身盛りで、さらに夜だったので2割引きのワンコイン以下で買えました。 どうですか、めっちゃウマそうでしょ!こんな厚切りの刺身が普通に売られているのが米子。 さらにドアップ。 刺身5種盛りで、とくにハマチとブリがドーンッという感じ。 そしてたまにこれをつつくのも楽しい! この丸合の茶わん蒸しって子供のころから大好きで、いまだにしょっちゅう買って食べます。 そしてこれも合間につまむのにピッタリなグリーンサラダ!やっぱりコンビニのサラダとは違ってしっかりとシャキシャキで、米子の土壌の良さを感じるようなしっかりとした味。 たかが野菜サラダと思うと、米子のやつは田舎の味でぜんぜん違うからびっくりしますよ。 350mlの小さい缶しか売ってませんが、これがめっちゃウマいのであえて毎回これを選んでます。 とくに濃い味系のオレンジは大好きなやつで、ここまで自然な味がするのか!?とビックリして気に入りました。 ちなみにサンライズのコンセントは1個だけです。 ハンチングめがねはスマホとアイコスをもっているので、こんなふうにいつも延長コードを持ってきて2台をつなげています。 あらかじめ持って行く機材によってコンセントタップを考えておくといいですよ。 そんなこんなで眠くなってきたので就寝&起床。 さていよいよ横浜なので、そろそろ降りる支度を。 という感じで東京にやって来て、昼からあるセミナーまでブラブラと時間つぶし。 のんびりと渋谷の街を歩くっていうのもいいですね。 ここまでほとんど晩酌ブログになりましたが、問題はココから。 東京から米子へ!ここでサンライズ遅延発生! ではでは、東京を定刻の22時に出発! 乗り込む直前まで渋谷でみなさんと飲んでいたので、帰りは缶ビール1つだけ購入してサンライズに乗車しました。 腹いっぱいなのでとくにツマミはなし。 それにしても東京って金の動きが違いますよね。 どこを見てもビル建設中の工事現場が多くて、米子では100年に1度あるかどうか?っていう大規模な工事が行われている街です。 (いやガチで) そしてサンライズ出雲・瀬戸が東京駅を出発して、約2時間後に問題が起こりました。 このときなんと! 新大阪駅にサンライズ出雲・瀬戸が停車。 これってめっちゃレアじゃないですか!?新幹線へ振り替え輸送を行うために緊急停車。 鉄道マニアからすればめっちゃレアな写真が撮れるんだろうな~なんて思っていたら、新大阪駅のホームを走り回って写真を撮っている鉄オタが見えました。 振り替え輸送のために新幹線へ乗り換えのために新大阪駅に緊急停車をしたのですが、その時点で朝の6時くらいだったのでけっこうお客さんがホームに。 ビックリした様子でこちらを眺めていらっしゃったのが印象的です。 調整のためか何度も駅や野っぱらで停車をしながら、ほとんど進まずますます遅延は増大するばかりの特急らしからぬ走り方になりました。 その後もノロノロ運転を続けながら岡山駅に到着。 この時点で岡山駅を出発したのがなんと朝の9時! 本来であれば米子駅に9時6分に到着予定なので遅れ方がハンパないじゃないの!?って感じでビックリ。 サンライズ出雲・瀬戸3時間の遅延ですが、まあでも滅多に起こらないので貴重な体験ですね。 サンライズ瀬戸と切り離し作業を行って、やっと伯備線へ。 サンライズ出雲だけの編成になって伯備線に入ると、いつも見慣れた中国山脈の中をのんびりと。 やはり静岡県の熱海付近で落雷の影響によって止まってしまったようです。 気動車なら問題なく走れるけど、電車は電気系統がやられたら止まってしまうので繊細ですよね。 そして米子に到着をしたのが昼の12時。 この日のサンライズ出雲は約3時間遅延をして米子駅に到着。 ピッタリ3時間ほど遅延をしています。 米子駅でもこの光景はかなりレアですよね。 まあ3時間も遅延をしたサンライズ出雲の経験が出来たのでこうしてブログを書けたわけで、べつにな~んとも思っていないというよりも逆に貴重な体験ができたと思います。

次の

サンライズ 瀬戸・出雲について

サンライズ 遅延

サンライズ 瀬戸・出雲について こんにちは、今月末に坂出駅から東京駅までサンライズ瀬戸号に乗車してディズニーリゾートへいく大学生です。 寝台特急サンライズ号に初めて乗るのにワクワクしてます!しかし、気になることがあります。 サンライズの運行状況をネットでみてもよく遅延している情報を目にします。 私はディズニーに開園と同時に行きたいと思っているので2時間、3時間の遅延が出てしますとたまったものではありません。 本題に入ります。 サンライズ号は長距離運行になるのでやはり遅延は頻繁にあるものなのでしょうか?よく乗車される方いらっしゃいましたら回答お願いします。 また、別質問にはなりますが、サンライズ号に乗ったらすべきこと、乗る前に準備することなど等ございましたら合わせて回答お願いします。 私もサンライズ瀬戸はよく利用します。 サンライズ瀬戸出雲号はよくチェックしますが確率的には1週間に一度くらいの頻度で30分以上遅延してますね。 障害の理由は夜行の貨物列車が動物接触して遅れるのが一番多いです。 次に大雨大雪、サンライズ出雲号が遅れて岡山で待機、あとは首都圏の人身事故は全線に波及しやすいのでモロに影響されたりとか、特に東京行きは列車が遅れるとラッシュ時間真っ只中でさらに列車が遅れて品川で打ち切りになります。 台風や線路故障は前もって運休になります。 遅れたら割とすぐに新幹線振替を奨めてくるので新幹線自腹は無いと思います。 でもせっかくの寝台列車なので「惜しいなあ、眠いし、ディズニーの開園はもういいかな」と心が揺れるはずです。 乗車前の支度としては食べ物飲み物は計画的に購入しましょう。 私は高松から乗りますが、お寿司とか焼き鳥とか折角の旅行ですからちょっと良いものを買います。 自分が思ってるより多めに買って下さい。 意外にも車内では食事はすすみます。 使い捨てのクーラーバックにお酒を冷やして…乗車したら真っ先に売り切れ早いシャワーカード購入して。 あとはミニサロンで仲間とわいわいお酒を飲む。 酔ってシャワーして寝る。 ですね。 遅れた時はたいていは60分以内です。 シャワーカードは使った後にもって帰れるんで、余分に買ったらあかんで。 車内でシャワーを使うんなら、タオルを忘れたらあかんで。 飲みもんは車内でも買えるが、すきなもんがあるかは分からへんで。 四国のどっから乗るんかしらんが、乗車券は初めに乗る駅から目的の駅まで買えるで。 乗車券は、普通列車しか乗られへんで。 新幹線と在来線の特急に乗るんなら、特急料金も払うんやで。 その距離なら乗車券を往復割り引きで買えば、運賃だけ1割り引きになるで。 新幹線と寝台特急を片道ずつでも、往復割り引きで買った乗車券が使えるで。 大学生なら101キロ以上なら学割を使えば、運賃だけ2割り引きになるで。 学割は、学校に学割証をだしてもらうんやで。 学割は担任の先生か事務に行って、きいたらええで。 駅に行くと切符を申し込む紙があるんで、それに書いて窓口の係員にわたせばええで。 間違っとったら、係員が教えてくれるで。 切符は旅行会社でも買えるとこがあるで。 その距離の乗車券なら、途中下車できるで。 新幹線の特急券は、途中出場をしたら前途が無効になって回収されるで。 寝台料金とグリーン料金なんかは、ついかするんやで。 値段なんかの正式な答えがほしいなら、東日本のサイトからきいたらええで。 東京での乗り換えも知りたいって書いとけば、おしえてくれるで。 東京駅で乗り換えがわからへんなら、東京駅で制服を着て帽子をかぶっとるもんにきいたらええで。 看板なんかもあるで。 乗り換えがわからへんなら、時間に余裕をもったほうがええで。 >サンライズ号は長距離運行になるのでやはり遅延は頻繁にあるものなのでしょうか? 頻繁かどうかは別にして、距離が長いほど、どこかしらでの事故その他諸々のことに出くわしやすくなり、結果として、遅延ということになってしまう。 ちなみに、当方も対向列車が人と接触してしまったせいで、兵庫県内の駅で1時間以上停まってしまい、東京には、ほぼその遅れのまま到着したことがあった。 なお、大きな遅れが発生すると、新幹線による振替輸送が行われることがあるが、指定された駅で指定された新幹線に乗らないといけない。 この紙があれば、自由席にタダで乗れる この場合、サンライズの特急券の払い戻しはない。 なので、勝手に好きな新幹線に乗ってはいけない。 自腹で乗るなら別だが。 >サンライズ号に乗ったらすべきこと、乗る前に準備することなど等ございましたら合わせて回答お願いします。 シャワーを使うなら、シャワー券の購入。 お腹が空いたとき用に、お菓子など買っておけば便利かも。 車内は乾燥していて喉が乾くので、飲み物の持参は必要。 のびのび座席なら、コンセントが少ないため、タップがあると、平和的解決がしやすくなる。 毎年数回使ってます。 今までだと五回位遅れたことがあります。 十回乗って一〜二回という印象。 二十分の遅れから二時間くらいの遅れまで。 場合によっては車内放送でお急ぎのかたは振替で新幹線・・なんて時もありました。 その時は急いでなかったからそのままサンライズ号に乗ってましたが。 サンライズ号、座席は何ですか? のびのびシートだと近くの席にイビキひどい人いたりする可能性あるので耳栓要かなです。 また、枕になる様なもの、まあなければ着替えの服なんかを枕がわりにするのもありかもです。 のびのびシート以外はスリッパや寝間着も用意されてます。 歯ブラシやタオルは持参です。 瀬戸号だと確か三号車にミニサロンがあって椅子があるので。 そこで持ち込んだ飲み物や食べ物頂くのも楽しいです。 車内販売ないので。 飲みものやつまむものや朝お腹すく人は朝ごはんも買い込んで、車内に持ち込みましょう。 途中岡山駅で、出雲号と連結するので鉄道ファンの方は駅でその様子をよく撮影してます。 連結終わったら。 後でそこ通れるようになるので。 通ってみてもいいかも。 朝は晴れてれば進行方向向かい右側が東側寄りで、日の出が見れたり、左側に富士山見れたり。 ディズニーランドともどもサンライズ号も楽しんできてください。 長距離だとどうしても遅延が発生しやすくなります。 だからと言って毎日起きる物でもないのでそこまで心配する必要もないと思います。 (今は無き特急しなのの大阪発着(長野ー大阪)は普通に3~5分程度の遅れを出してたけど) ただ、早い段階で遅延がラッシュ時に掛かるのが分かった場合、途中で運行経路の変更(東海道線から東海道貨物線・横須賀線経由)と品川での運転打ち切りということがあります。 この場合、横浜は通らず小田原に臨時停車となり先に書いた通り品川で運転終了となります。 新幹線での振り替え輸送に関しては出来る場合は車内案内があるはずです) 利用時に気をつけること サンライズには車内販売は無いので乗る前に飲食物を用意しておく。 シングルDX以外はアメニティが無いので持っていくこと。 (シングルDXはバスタオル以外は一通り用意されている。 浴衣や室内用スリッパもある。 ) シャワーを使う場合はシャワーカードを買う必要があるけど直ぐに売り切れるので早く買う(シングルDXはシャワーカードが用意されているので買う必要はなし。 また4号車と10号車にシングルDX利用者専用のシャワールームがある).

次の

サンライズが急きょ運休した時の駅での対応について質問します。

サンライズ 遅延

三連休はあっと言う間に終わった。 やろうと思っていた事の半分もできなかったが、子供達と遊ぶことは出来たので、これで良しとするしかない。 帰京の手段にも、あれこれ迷いがあったのだが、この時期、飛行機運賃は篦棒に高いため、相対的に鉄道が有利になってくる。 となると、これしかない。 今宵の宿は、サンライズ瀬戸、ノビノビシートである。 1ヶ月前の10時きっかりに5489サービスに電話を掛けてなんとか取れたが、3連休ということもあって、恐らく、早い段階で満席になったものと思われる。 最近では、なぜかサイバーステーションで、サンライズ瀬戸・出雲の空き状況の確認が不可能になったため、知る術はないのだが、今時、これだけ人気の高い列車は珍しいのではないか。 現に、先日、8月15日分を予約しようとしたが、瞬殺で負けてしまった。 さて、当日、山陰地方では豪雨とのニュースがあり、サンライズ瀬戸・出雲の運行状況が気にはなった。 実を言うと、休み明けの火曜日は、朝9時から会議が予定されていたため、もし、怪しそうな場合には、最終のぞみ、場合によっては、銀河で戻ることも視野に入れていたのである。 しかし、20時時点、21時時点でのJR西日本の列車運行状況では、山陰線や伯備線で遅れが発生したことが報じられていたものの、具体的には遅れ状況が示されてはいなかったため、まぁ、遅れても10分~20分程度かな。 これなら、9時には間に合うだろうと想像していたのである。 列車到着まで今しばらくお待ち願います。 三ノ宮駅入場時に、チェックした案内表示には何も特別なことは表示されていなかったし、また、概ね30分以上の遅れが発生した場合には、列車運行状況にその旨を知らせることになっているのだから、相変わらず、異常時の情報伝達体制は脆弱であると言わざるを得ない。 24時をまわると、流石に、ホームの人影も激減する。 そして、24時35分発の最終大阪行が出発した後は、サンライズ瀬戸・出雲を待つ乗客約10名だけが、ホームに取り残されてしまった。 ベンチで待つ我々に対して、駅員がお詫びと説明にやってくるが、そんなことを聞いても今更どうしようもない。 そんなことよりも、いつも言うように、せっかく列車運行状況のホームページがあるのだから、遅れが判明した時点で速やかに正確な情報を伝えるようにしてもらいたいものだ。 せっかくシステムはあるのに、使いこなせていない。 という悪い例である。 天候が原因の列車遅延なのだから、仕方が無いと言ってしまえばそれまでであるが、情報提供という観点で、サービス改善の余地はいくらでもあると思う。 さて、上りサンライズ瀬戸・出雲は、銀河と違って元々運転停車時間がきわめて短い。 JR東海、JR東日本区間の運行に係わる話なので、ハッキリとしたことは言えないのだろうが、それにしても、余りにも乗客の存在が忘れ去られているような気がしてならない。 さて、24時45分頃、ようやくサンライズ瀬戸・出雲が到着。 三ノ宮まで逆行したのは、早めに床について、少しでも長く眠るためだったのだが、こんなに遅れてしまっては逆行した甲斐が無い。 ともかく、速やかに乗り込んで、自分の区画に潜り込む。 意外と空席が目立つ。 恐らく、大阪駅10番ホームで、ベンチが無いので立ったまま、列車到着を待ちわびている乗客達が居るということだろう。 それを考えると、三ノ宮まで逆行した小生はまだ、マシだったとも言える。 慣れた手つきで、鞄から取り出したクッションと空気枕ををセットする。 検札を済ませて、耳栓とアイマスクで武装して、睡眠体制に入る。 間もなく25時ということもあって、直ぐに眠たくなってくる。 その後、淀川を渡り、大阪駅に到着して、隣の区画に乗客がやってきたのはなんとなく覚えているが、そこから記憶が無くなる。 翌朝、4時30分頃、喉の渇きで目が覚める。 列車は結構なスピードで走行しているようである。 運行状況も気になるが、遅れていたからといって、現段階では、どうしようも無いので、枕元のポカリスエットを飲んで再び眠る。 そして、今度は、6時10分頃、、例の3点チャイムに始まるおはよう放送で起こされる。 寝ぼけ眼で聞いていたが、列車は18分の遅れで運行されているらしい。 昨夜の時点で32分の遅れだったので、14分も切りつめたことになる。 18分の遅れなら、終点の東京まで行かずに、横浜線経由で八王子まで行けば、なんとか8時40分頃には出社できそうである。 カーテンを開けて外を見ると、大船駅を通過中であった。 およそ、後15分で横浜到着である。 急いで、朝食、洗面を済ませ、荷物をまとめて下車準備をする。 しかし、18分も遅れながら、混雑する朝の東海道線を、かくもスムーズに走行できるのは、どう考えてもおかしい。 大昔と違って、普通列車を待避させて先に寝台特急を通すなんてあり得ないはず。 いったいどういう仕掛けなのだろう。 7時2分に横浜に到着。 朝の会議が無ければ、このまま、終点東京まで行った方が楽なのだが、致し方ない。 ホームに降り立りたつ。 ここで、ふと、列車案内に目をやったとき、ピンとくるものがあった。 18分遅れのサンライズは、あさかぜのスジに乗って、混雑する朝の東海道線を比較的スムーズに走ってきたのだ。 あさかぜが廃止されても、そのスジは、まだ残っているのだろう。 横浜から、京浜東北線で東神奈川まで出て、東神奈川で横浜線に乗り換える。 チマチマと乗換が発生して、なんとも面倒である。 それでも、始発駅の強みで、横浜線では余裕で着席でき、睡眠補充(二度寝)も出来て気分は爽快である。 もちろん、9時の会議には余裕で間に合った。 30分程度の遅れならなんとか吸収できることが分かった。 後で調べると、廃止直前の上りあさかぜのダイヤは、横浜着7時2分、東京着7時33分で、横浜着はぴったり一致している。 今朝のサンライズの東京着はどうだったか知る由もないのだが、直ぐ前を走る730Mという普通列車を追い抜くことはあり得ないので、7時30分頃になったはず。 となると、9時までに出社するのは、もはや絶望的になる。 やはり、横浜で降りて正解だったようである。 持ち物リストを見る• 旅スケジュールを見る•

次の