眼瞼 けいれん。 眼瞼けいれんとは

眼瞼けいれん・片側顔面けいれん

眼瞼 けいれん

【 眼瞼けいれんの症状】 眼瞼けいれんはいくつかの考えられる疾患によってもたらされる症状の一つであるといえます。 心身症において観察される現象の一つである場合もありますし、それ以外には、例えば自律神経失調症などの、神経が関連する疾患に伴うものである場合もあります。 いずれにせよ、これらは比較的長期間観察されることが多いとされており、改善には時間がかかる可能性があります。 【 眼瞼けいれんの原因】 最近問題となっている眼瞼けいれんの原因について書いていきます。 これはどのようなことが元で起こるのかというと、大脳の機能障害が問題となって引き起こされたり、抗鬱薬などの薬を使用したために引き起こされたなど、また眼瞼炎などや結膜炎などの病気が引き起こすなどのことが囁かれていますが、まだちゃんとした根本的なことがわかっておらず対症療法が主流となっています。 【 眼瞼けいれんの検査と診断】 眼瞼けいれんの検査方法としては、診察時にけいれいんが生じていれば容易ですが、生じていない時は誘発するために「瞬目負荷試験」を行います。 瞬目負荷試験では、強くまぶたを閉じたり、強い光を目にあてる、口をすぼめたり、唇を横に伸ばしたりを何度も繰り返します。 そのようにして、けいれんの重症度を判定し、似た症状を示す他の疾患がないか見極めます。 【 眼瞼けいれんの治療方法】 眼瞼けいれんは、自分の意思ではコントロール出来ないまぶたの持続性のけいれんで、軽度なものは寝不足や疲れで起こるのですが、強度のものでは目が開けられない状態となります。 両方の眼瞼に起こることが多いため、中々治りにくい病気です。 この病気の治療法は、ボツリヌス菌毒素 タンパク質 を注射し、麻痺させる方法や神経ブロックや手術が行われます。

次の

まぶたのけいれん:医師が考える原因と対処法|症状辞典

眼瞼 けいれん

「けいれん」という病名がついているので、何となく「ピクピクする病気」と思われるでしょうが、片方の目の周りや、頬や口の周囲がぴくぴくと動く病気が「顔面けいれん」です。 一方、眼瞼けいれんのほうは必ずしもぴくぴくはしません。 不要な瞬目が増える、自由に目を開けることができないことが「けいれん」の正体です。 「眼瞼けいれん」は、自由に目が開けにくくなったり、瞬きが増えたりする、いわば目の開け閉めのスイッチが故障した状態です。 そして、「まぶしい」、「目が乾いた感じがする」、「目をつぶっているほうが楽」あるいは「自然と両目あるいは片目が閉じてしまう」といった自覚症状で受診します。 この病気の大半は「ドライアイ」と間違えられていますが、ドライアイの治療をしても一向に良くならないのが特徴です。 顔面けいれんは、片側の目の周囲や顔の筋肉が無意識のうちに勝手に動くもので、うっとおしいばかりでなく、顔がゆがみ、ひどい場合は片眼が閉じてしまうため生活にも不都合が生じます。 まばたきや、瞼(まぶた)の開閉を制御しているのは脳の神経回路ですから、症状は目のあたりにありますが、故障部位は脳のコンピュータということになります。 ただし、磁気共鳴画像(MRI)などでは故障部位は映りません。 瞼のこうした運動障害に加えて、まぶしい、目の周辺が不快、痛い、目が乾く感じなど感覚過敏があるのも特徴です(表参照)。 さらに抑うつ、不安、不眠など精神症状を持つ人も半数近くあり、うつ病などと間違えられることもあります。 治りにくい病気で、40〜50歳以上に多く、女性は男性の2. 5倍もかかりやすいものです。 目がまったく開けられないほど重症な例は少ないですが、一見しただけでは分からないような軽症例を含めると、日本には少なくとも30〜50万人以上の患者さんがいると推定されます。 多いのは軽症、中等症例で、表にみられるさまざまな自覚症状があり、それが常時気になって集中できない、などの不快な症状が強く、頑固に続きます。 また目が乾くと訴える例も多く、その他の訴えも眼表面障害のものに類似しているため、しばしばドライアイと診断され、治療されています。 ほかには眼精疲労、自律神経失調症、更年期障害、神経症などと診断されたり、診断もつかぬまま引きこもっている例もかなりあると推定されます。 通常のドライアイ患者ではみられない日常生活上の特徴は、自身の移動に関することを考えてみると分かります。 歩行中に人や物にぶつかったりぶつかりそうになる経験をしたり、車や自転車で走行中の事故も少なくなく、運転を諦めている人も多くいます(図)。 根治的に治す方法はありません。 最も用いられる対症治療(病気自体を治すことはできないですが、症状を改善する治療)は、眼周囲の皮膚にボツリヌス毒素Aを製剤にしたものを少量注射して、目をつぶる力を弱める方法です。 効果は2〜4か月持続します。 ほかには、クラッチ眼鏡、眼瞼の手術(いろいろな方法があります)、薬物療法がありますが、いずれも補助的な治療です。 難治ですが、5%前後の例で改善傾向を示すとのデータもあります。 なお、抑うつ感があると症状が悪化するので、心の安定が必要な病気でもあり、自分自身でのメンタルケアは必要です。 そのためにも、病気に対する理解が非常に重要で、治そう治そうと焦るのは禁物です。 40歳以上に多く、男女比はほぼ1:2です。 初期の頃は、目の周囲だけが気になりますが、だんだん片側の顔全体の筋肉の勝手な運動が出没するようになります。 このピクピクは話したり、笑ったり、食べたり、目や口を動かしているときに出やすく、また緊張すると出る人もあります。 なかには、耳鳴りを伴う例もあります。 片側の顔面神経が脳幹から出てくるところで、正常な血管(動脈)とぶつかって、勝手に興奮させられている場合が、原因として最も多いものです。 顔面神経は、上に示したような筋肉の運動を起こしている運動神経で、痛みの神経とは無関係ですので、痛みは伴いません。 なかには血管でなく腫瘍や血管瘤が神経にぶつかっていることもあるので、一度は画像診断しておくほうがよいとされます。 また、顔面神経麻痺の治りかけに出現する症例もあります。 両側に起こることは非常にまれです。 また、健常な人に、過労や睡眠不足を契機に、眼周囲の筋肉のごく一部だけに虫の這うような勝手な動きの出る「眼瞼ミオキミア」という状態があり、ときどきこの病気と間違われます。 しかし、これは顔面けいれんとは無関係のもので、生活の改善で自然に治ります。 最近は勝手に動く筋肉にボツリヌス毒素A製剤を少量注射して、いわば麻酔によってけいれんを止める方法が主流になりつつあります。 効果は3〜4か月です。

次の

【眼瞼けいれん】はストレスが原因? 症状や治療法について

眼瞼 けいれん

まばたきが多い• 外に出ると、または屋内でもとてもまぶしい• 目を開いていられない(目をつぶっていたい)• 目が乾く、しょぼしょぼする、痛いなど、いつも目のことが気になる• 人ごみで人やものにぶつかる、またはぶつかりそうになる• 電柱や立木、停車中の車などにぶつかったことがある• 太陽や風、階段の昇降が苦手で外出を控えるほどである• 危険を感じるので、車や自転車の運転をしなくなった• 手を使って目を開けなければならない時がある• 片目をつぶってしまう *1~2項目は「眼瞼けいれんの疑いあり」、3項目以上は「眼瞼痙攣の可能性が高い」 表2:随意瞬目テスト• 軽瞬:まゆげのところ(前頭筋といいます)を動かさずに軽い歯切れのよいまばたきができるかどうか• 速瞬:早くて軽い瞬きを10秒間で30回以上できるかどうか• 強瞬:目を強く閉じた後に、すばやく眼を開ける動作を10回できるかどうか 軽瞬、速瞬、強瞬のテストを患者さんと医師それぞれが評価した結果をもとに、眼瞼けいれんの重症度を決定します。 出典:出典:神経眼科2017;34:411-420 「目がしょぼしょぼしたら…眼瞼けいれん? 片側顔面けいれん?正しい理解と最新の治療法」、メディカルアプリケーションズ、2009 ドライアイにしては自覚症状が強すぎる方、ものにぶつかりやすい方、転倒しやすい方など日常生活で困ることがあるような方は、この病気の存在を疑ってください。 まぶたの開きにくさやまばたきのしづらさ、まぶしい、ドライアイのような症状以外に、抑うつ感などもあります。 目の症状と精神症状に対して治療を受けることが重要です。 眼瞼けいれんは、体内では目のまわりにある眼輪筋の異常興奮が原因なので、眼輪筋にボツリヌストキシンを注射して、眼輪筋に軽度の麻痺(まひ)を起こさせることで症状を和らげることが期待できます。 保険適用が認められている唯一の治療法です。 ただし、症状の軽減が目的の治療法なので、根本的に治す方法ではありません。 1回の注射で効果が出始めるのに1週間程度、効果の持続は3~4ヵ月ですので、2ヵ月以上の間隔で繰り返し受けるケースが多いとのことです。 前述のセルフチェックテストと随意瞬目テストによる患者さんの症状に応じてボツリヌストキシン注射を打ちながら、ドライアイ対策(症状が強い場合に涙点プラグを目に挿入する治療法があります)や、薬の治療、遮光眼鏡などをあわせて対策を講じます。 また、精神症状が強い場合はカウンセリングなどを受けるようにします。 以上から、医療機関で治療を受ける患者さんは、ボツリヌストキシン注射の治療法のことをよく理解すること、自分の症状について観察できるようにすることが重要です。 眼瞼・顔面けいれん友の会.

次の