夏 の ボーナス 2019 いつ。 【ボーナス2019】夏冬の支給時期は?国家・公務員、一般企業(民間)はいつもらえる?

夏のボーナス2020!!支給日はいつ?平均支給額も!!

夏 の ボーナス 2019 いつ

スポンサーリンク 2020年夏のボーナスの支給日はいつ!? 2020年の夏のボーナス(夏季賞与)の支給日は・・・• 公務員…6月30日(火)!• 民間企業…6月中旬~7月上旬! です。 それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。 1.公務員の夏のボーナス支給日は… 早速ですが国家公務員の2020年の夏のボーナス支給日は 2020年6月30日(火)です! 国家公務員の夏のボーナスは「一般職の職員の給与に関する法律」という法律で定められています。 そして毎年 6月1日の基準日時点で在職している職員に対して毎年6月30日に支給されることが決められています。 ) 国家公務員の場合は毎年6月30日がボーナスの支給日と定まっているので分かりやすいというかお金の計画を立てやすいですよね。 2.民間企業の夏のボーナス支給日は… 民間企業のボーナス支給日はバラつきがあり 6月中旬~7月上旬の支給が多いです。 特に多いのは「7月上旬の金曜日」や「7月10日前後」に支給する傾向が強いです。 私が以前勤めていた会社では「7月上旬の金曜日」にボーナスが支給されていました。 日にちがはっきり決まっていなかったので、なんだかソワソワしていたのを記憶しています。 入社や転職したばかりで会社のボーナス支給日がよくわからない方は、経理担当者に聞くか総務の人に 社内規定を見せてもらうとより具体的に分かります。 大企業では社内規定に夏と冬のボーナスの支給日が明記されている会社も多いので…。 ただし、入社すぐや転職したばかりの場合は支給されても寸志だったりするので期待しない方がいいです。 次はボーナスの支給額を見ていきましょう。 スポンサーリンク 夏のボーナスの平均支給額は? 1.公務員の夏のボーナス平均支給額は… 2019年夏の国家公務員(管理職や非常勤を除く)のボーナス 平均支給額は67万9100円(平均35. 5歳)でした。 なので2020年もおおよそ67万円前後が支給されるでしょう。 国家公務員の夏のボーナスは基本給の約2. 2か月分と言うことになります。 (夏が約2. 2ヶ月分・冬が約2. 3ヶ月分…年間支給でみると約4. 5ヶ月分) 公務員のボーナスは人事院という第三者機関の勧告(人事院勧告)を受けて、民間企業のデータ(仕事の種類・仕事の階級・学歴・年齢…)に準拠した形で決定されています。 2.民間企業の夏のボーナス平均支給額は… 民間企業のボーナス支給額は本当に 企業の数だけバラつきがあります。 大企業の業績が良い所では、基本給の2. 5ヶ月分~3. 5ヶ月分もらえるところもあるようですし、逆に中小企業などで業績が思わしくない場合はボーナスが出ない、出せないところも少なくありません。 ただ… 相場としては基本給の1~2か月分と言うのが多いと思います。 1時点)でまとめた調査によると・・・2019年の 全産業の夏のボーナス平均支給額は約83万円でした。 業種別の平均支給額ベスト3は…• 1.医薬品…約113万円(平均32歳)• 2.自動車・部品関連…約94万円(平均39歳)• 3.化学関連…約94万円(平均38歳) また会社別の支給額トップ5は…• 1.ディスコ(精密加工装置製造メーカー)…約254万円(平均39歳)• 2.東京エレクトロン(電子機器専門商社)…約225万円(平均43歳)• 3.東海カーボン(カーボン材料の開発)…約181万円(平均39歳)• 4.ソニー…約169万円(年齢非公表)• 5.ジャストシステム(ソフトウェアメーカー)…約159万円(平均40歳)• 6.積水ハウス…約150万円(平均38歳) のようです。 参考URL: やはり大企業の業績の良い所では夏のボーナスだけでこのぐらいもらえるんですね。 差がスゴイですよね…。 スポンサーリンク 支給額=手取りではありません。 更に引かれます… 上記のボーナスの支給額はあくまでも 企業が個人に支給した金額になります。 ボーナスは「給与所得」という扱いになるので実際はその支給額から・・・• 厚生年金保険料• 健康保険料• 介護保険料(40歳から)• 雇用保険料• 所得税 などの社会保険料が引かれた分が口座に振り込まれる 手取りの金額になります。 昔は毎月の給与からのみ社会保険料が引かれていたんですが、2003年からは総報酬制といってボーナスが出る人と出ない人の不公平感をなくすため、年間の総報酬額で計算されるようになりボーナスからも引かれるようになりました。 支給額の例・・・ これはあくまで例えになりますが・・・人(年齢・業種・毎月の給与・賞与の額・扶養家族の有無)によって控除される社会保険料は様々なので。 1.支給額が100万円だとしても、社会保険料として20万円程度引かれ、 手取りは80万円程度• 2.支給額が50万円だとしても、社会保険料として10万円程度引かれ、 手取りは40万円程度 になったりします。 ) ボーナスの使い道は…どんな感じか調べてみた! ボーナスの使い道は各家庭で様々だと思いますがこのような使い道が多いようです。 貯金はいくらあっても困りませんよね。 家を買う場合の頭金だったり、急遽引っ越ししなければならない事態があるかもしれないし、子供の将来の学費だったり、家電が壊れた時の資金……など、いざという時に必要お金がないと困りますもんね。 2.投資する。 (株・投資信託など…) 調べるとボーナスを使って投資すると言う方も多いみたいです。 我が家は手を出せてないですが投資も勉強と考えれば使い道としては良さそうだなと思います。 増えれば嬉しいですし…増えれば…。 3.旅行・レジャーに行く。 せっかくのボーナスなので、旅行に行って気分転換をするのもいいと思います!!またホテルバイキングなどちょっと贅沢な外食をするのもよいですよね。 ボーナスで今まで欲しかった家具や家電等を買う(やっと買えるぞっ!!)っていう方も多いと思います。 5.ローン返済や保険や税金・車検費用に 車や住宅のローン返済や、年に1度の火災保険料や自動車税・固定資産税などの支払い、また2年に1回の車検費用に充てている方も多いですよね。 そして残りは今後の車検費用等、家計の必要費に充てる為にとっておくという形になっています。 今回は「2020年夏のボーナス支給日はいつ!?」について見ていきました。 公務員の支給日は6月30日(火)• 民間企業の支給日は6月中旬~7月上旬 が多いということになります。 ボーナスは年に2回頑張ってる方へのご褒美のようなもの。 私も仕事が辛くても、ボーナスがあるからなんとか次の半年間頑張ろう!!とOL時代モチベーションを保っていたように思います。

次の

【最新】公務員の夏・冬ボーナス平均支給額と支給日について

夏 の ボーナス 2019 いつ

ボーナスとは、夏季や年度末、決算期などに会社から労働者に支払われる 一時金のことです。 賞与や夏季(年末)手当などと言われる場合もあります。 そんなボーナスですが、 公務員と一般企業には支給日に違いがあるようなので、詳しく見ていきましょう。 公務員は6月30日と12月10日に支給される まず、国家公務員のボーナス支給日ですがによると、 夏は「6月30日」と冬は「12月10日」という風に、実は 法律で規定されています。 地方公務員に関しては、地域の条例になどよって多少前後する場合はありますが、ほとんどが上記の支給日に準じています。 一般企業のボーナス支給日はその企業による 次に、一般企業のボーナス支給日ですが、こちらは公務員と違って明確な規定はありません。 企業によってボーナス支給日は様々なのです。 しかし、一般的には 夏は7月初旬、冬は12月5日~25日(5日、10日、25日など、5の倍数のケースが多い)にかけてが多い傾向にあるようです。 3ヵ月分が支給されますが、物価の高さや最低賃金が考慮されていますので、 地域によって金額は変動します。 例えば、に大卒で入社した際の初任給は178,200円ですが、は約219,200円となっています。 ボーナスは月給をベースに計算されますので、地域によって金額に差が出るのは納得できます。 一般企業のボーナス支給は企業によってさまざま 一般企業のボーナスは、支給日と同様に 金額もさまざまです。 年間で1ヵ月分しか支給されない企業があれば、5ヵ月分のところもあります。 そもそも、ボーナス支給は法律などで規定されていません。 そのため、企業が独自でルールを設けているケースがほとんどです。

次の

ボーナス(賞与)の支給日はいつ?公務員と一般企業それぞれの時期【夏・冬】

夏 の ボーナス 2019 いつ

ボーナス支給日• 公務員:6月28日(金)• 一般企業:7月初旬が多い(6月や8月の企業もある)• ボーナス支給額(2018年データ)• 公務員平均:65万円 (基本給の約2. 1ヶ月分)• 一般企業平均:38万円 (基本給の約1ヶ月分)• 500人以上の企業平均:67万円 (基本給の約1. 5ヶ月分)• 基本給に対しボーナスが多い産業:電気・ガス業、金融業,保険業、教育,学習支援業、複合サービス業 では支給日・支給額について上記の詳細を解説していきます。 夏のボーナス支給日 公務員はボーナスの支給日が規定として一律に定められているのに対し、一般企業ではボーナスの形態が様々です。 公務員の場合 公務員の場合、毎年の夏のボーナス支給日は 6月30日(土曜・日曜日の場合はその前の金曜日)と以下の法律において定められています。 2019年は6月30日が日曜日なので、ボーナス支給日は前の金曜日 6月28日です。 一般企業の場合 一般企業の場合は夏のボーナス支給日は6月・7月・8月とバラバラです。 ボーナス自体がない企業もあります。 ただ、一般的には 7月初旬~中旬となる企業が多いです。 特に7月10日前後。 ボーナス支給日は 就業規則に記されていることが多いので、自分の支給日が知りたい場合は確認してみると良いでしょう。 夏のボーナス支給額 つづいて支給額について見ていきましょう。 公務員の場合 国家公務員の2018年夏のボーナス支給額平均はは 約65万円でした。 詳細: この前年は約64万円でした。 今年も平均は65万円前後になることが予想されます。 ただし、国家公務員の中でも管理職を覗いた一般職のみの平均なので、公務員全体だともう少し額が大きくなるでしょう。 一般企業の場合 一般企業の場合、2018年の夏のボーナス支給額平均は 約38万円でした。 基本給平均とほぼ同額です。 ただし、ボーナスの額は業種や企業規模によって大幅に異なります。 詳細: 5~29人規模の企業の場合平均 約26万円(基本給0. 96ヶ月分)なのに対し、500人超の規模だと平均 約67万円(基本給1. 53ヶ月分)です。 基本給に対してボーナスの比率が大きい産業は以下の通り。 複合サービス業(郵便局・協同組合など):1. 61ヶ月分• 電気・ガス業:1. 58ヶ月分• 金融業,保険業:1. 48ヶ月分• 教育,学習支援業:1. 43ヶ月分 これらの傾向やボーナスの平均額は毎年大きく変わらないので、2019年のボーナスも同様のものになると考えられます。 あとがき 以上、2019年の夏のボーナスの支給日や支給額についてでした。 ボーナスの支給額といってもそこから税金が引かれるので、手取りの平均はもう少し低くなります。 また、上限がない額の平均は上位に引き上げられてしまうため、『中央値』で見たらもう少し低くなるでしょう。

次の