マジ 牛 タン。 焼肉専科牛力 山形牛に拘る焼肉店のタンを使ったハンバーグランチ

厚切り!たたき!しゃぶしゃぶ!仙台に行ったら絶対に食べておきたい牛タンの名店

マジ 牛 タン

先日のを掲載した際にロシア人街・ブライトンビーチに行ってきたとちらりと言及しましたが、ブライトンビーチに行ったらやっぱり牛タンも買わなきゃならんよね。 おそらくアメリカでは日本よりは牛タンは手に入りやすいと思いますが、それでも普通のスーパーや肉屋で売っているものはパウチにシッカリ包装されていたりします。 たぶん流通量が少ないからなんだろうね。 ところがブライトンビーチでは生のものがこれでもかと豊富に売っています。 やはりロシアや旧ソ連諸国では牛タン料理がアメリカよりも好まれるらしいです。 いやーーん、まるで鶏胸肉くらいに当たり前な顔で売ってるぅ!しかも種類豊富とかもう全部欲しいですぅ!とかキャラが変わるレベル。 ということで、でもすでに載せていますが三種類買って食べ比べてしまいました。 左からベビー、仔牛、成牛のタンです。 食べ比べた結果、若いほど肉質がやわらかく、成長したものほど歯ごたえと味が強かったですね。 牛タンは煮込んでシチューにするのもとってもおいしいのですが、厚めの薄切りにして焼肉にするのもおいしいですよね!皮付きの生タンを買ってしまったら、皮を剥いでスライスすると言う課題が立ちはだかるのですが心配はありません。 なんていったって私は一度経験していますから。 以下、はじめての皮むきに挑戦した際の思い出を旧ブログより振り返ってみましょう。 2010年の秋のことですね。 あまりにフツーな感じに生牛タンがいろいろ売ってる様子につい買い込んでしまい、軽-い気持ちで自分で皮をむいてスライスすることにしたんでしたっけね。 『「なーに、グーグルさんは何でも知っているさー」とタカをくくっていたアタシに、タイムマシンに乗って忠告しに行きたい』とは当時の私の言ですが、この牛タンの件に限らずタイムマシンに乗って制止したり忠告したりしてやりたい時点はいくつかあるんですけど、そんなこと考えてたらちゃんとした大人になれませんよ。 「もし私にスタンド能力があったらやっぱり近距離パワー型、名前はウルトラソウル・・・いややっぱりラブファントム・・・」とかいう恥ずかしい白昼夢ももうやめましょうね。 (当時の記事からの抜粋)しかし見れば見るほどコレの皮をナイフでむくなんてことが現実としてできる気がしないわ。。。 23でアメリカに嫁にきてからなんでもおもしろがってやってきたけど、かつてないチャレンジレベルにくじけそう。 まあ気持ちはわかります。 どこから刃をいれていいのやら、みたいな。 3年ほど前の私は検索能力もイマイチで、牛タンの皮のむき方に関する充分な情報をみつけられなかったのですね。 その中でもかろうじて情報の断片を繋ぎ合わせて「台や床に叩きつけて柔らかくしてからよく研いだ包丁で付け根のほうから皮をそぐ」のではないかとおぼろげにみえてきましたんですよ。 おぼろげにですよ。 流し台を消毒して(複線はコレでした)おっかなびっくり振りかぶってみました。 ウオラァァーーーーー!!! そして飛び散る鮮血にマジで悲鳴を上げたんでしたよ。 思い出しました。 「またまた大げさな」「鮮血ってほどのことでもないでしょ」との声をいただきましたが、実際やってみると予想外すぎたことと、こんな明るい色の血が飛び散ってくるとか普通見る機会ないことが理由でわりと本気でビックリしました。 また、おっかなびっくりのわりに振りかぶりが大胆ですがという記事を拝見していた影響が過剰に現れています。 キャーとかヒィーとか言ってもどうにもならないのでもうこの辺から無表情になって振りかぶっては叩きつける動作を続けました。 バシーン、バシーン、バシーン。。。 繰り返される異音にドテラが「何やってんの?」と見に来たが説明も難しく、まして「ホントにそれ、そういうふうにやるものなの?」などと聴かれでもしたら壊れてしまいそうだったので「今ドテラにおいしいもの作ってるのョ」と頑張って微笑んでしまった。 つくり笑いにかくされたSOS、誰かに届いて! 叩きつけ続けると確かに柔らかくなって来ました。 勃起時と射精後くらいの違いと言えば言いすぎかな?くらいに。 個人差とかもあるんだろうけど・・・とか親も見てるブログなのでこのくらいの表現がギリギリでしょうか。 ドイツで買ってきた怖いほどよく切れるのでめったに使わないナイフでぐんにゃり君の根元のほうから皮をそいでいきます。 こんな感じでいいのかしら?いいも悪いもこれ以上のことはできないんだけど。 どうにかこうにか丸裸にしてやりましたよ、と。 ここまでが3年前の未熟な私の初挑戦の様子です。 いやー、今見てもその臨場感すごい。 そして今回、いくつかyoutubeの動画もみて勉強した上で再挑戦してみましたよ。 この動画がわかりやすいと思います。 必要なのはよく切れる刃物ですね。 こちらの動画もいいですね。 やっぱり引っ張ったり叩いたりして筋を伸ばすのは有効な方法みたいですね。 なので今回も台に叩きつけてみましたよ! ええ、やりたかったのです。 今回は自信をもって作業できました。 タンを振る手も軽やかにリズムに乗せてビシッ!ビシッ!!!くらいの余裕を見せつつ。 厚めの薄切り、焼肉にするにはちょうどいいですね! せっかくなのでゴマ、ごま油、おろしにんにく、粗引き唐辛子、塩こしょうで和えたネギのナムルを作りましょうか。 タンだけだと寂しいので、カルビも一緒に焼肉だ。 いただきまーす! アメリカに住んでいて、自宅で牛タンを食べてみたいと思ったらご参考にしてください。 なんとかおいしく食べられるはずです。 このレシピいいな!と思ったらクリックしてね。

次の

顧客管理システム「マジタン」~機能説明

マジ 牛 タン

「VP」は真空パックのことですね。 お値段は100gで389円(税込)。 購入したものは0. 84kgで2,368円(税込)です。 ちなみに近所のスーパーでは、アメリカ牛のタンスライスは100gで通常時734円(税込)、特売時441円(税込)でした。 それに比べて、コストコのものはコスパが高いと言えますね。 こちらが開封した状態。 きれいに皮むき処理がされており、全部食べられます。 調理の手間が軽く済むのはありがたいですね。 ちなみに、タンの先端部分(歯ごたえがあって、煮込みなどに使われる)もカットされています。 気になる方は、最初に血抜きをしておきましょう。 塊のまま、水につけて30分を3~4回繰り返します。 とはいえ、本品はそこまでやらなくても大丈夫っぽい。 それでは、この牛タンを「焼肉」としておいしくいただくために、切り分け方から紹介していきましょう。 牛タンの切り分けかた まず、裏側にあるスジ(青色の四角で囲った部分)を、包丁で切り分けましょう。 この部分だけ特に硬いので、取り除いたほうが食感がよくなります。 スジを切ったところです。 このスジは、あとでスープの具にしますよ。 本体の方は、ラップで固く巻いて冷凍庫へ。 3時間ほど待って半冷凍状態にすることで、包丁で切りやすくなります。 ちょっと凍った状態になったので、ラップを外して準備OK。 いよいよ切っていきます! 大まかに3分割してみましたが、脂の入り具合がぜんぜん違いますね。 右側がタン元側、左側がタン先側です。 脂がたっぷりのったタン元は、厚めに切りましょう。 その際、断面の表と裏に、網目状に切り込みを入れておくと、火の通りがよくなり、うまく焼き上がるようになります。 タン先のほうは、薄切りにしましょう。 一切れを大きく取りたい場合は、上の写真のように、1枚めは切り離さず、2枚めを切り落とすことで、観音開き状態にします。 というわけで、1本の牛タン塊から、これだけのスライスが取れました。 右がタン元側、左がタン先側になっています。 最後に、30cmくらいの高さから塩をふりかけます。 裏返して、同様に塩を振ります。 あとは焼くだけ! 焼くだけでうまい! 部位ごとの食感の違いも楽しめる! 熱したフライパンに、油は引かず牛タンを並べていきます。 タン元は特に脂が出るので、キッチンペーパーなどで吸い取りながら調理していきましょう。 表裏とも、1~2分ずつ焼けばできあがり。 焼き上がったタン元を、包丁で食べやすい大きさに切ってみると…中はほんのりピンク色で、完璧な仕上がり! みずからの脂によって揚げ焼きされた状態になっていて、外はカリカリとこうばしい食感。 しかし、中はふんわりやわらかく、簡単に噛み切れます。 そして肉のうまみが口の中にひろがってきて、味付けは塩だけなのに極上のおいしさ! こちらはタン先側の焼き上がり。 歯ごたえがシャキシャキとしていて、これぞ牛タンという感じですね~。 脂が少ない分、肉々しさを楽しめます。 今回、付け合せに白菜の浅漬けを添えたのですが、このチョイスは正解ですね。 濃厚な肉の脂をさっぱりとリセットしてくれました。 これはとことんご飯が進む組み合わせですよ! スジはコマ切れにしてスープに 先ほど取り除いたスジは、スープにしていきます。 なにしろ噛みごたえがあるので、食べやすい大きさに切っておくのが肝心です。 お湯を沸かしたら、中華スープの素、生姜を入れ、コマ切れにしたスジを投入。 煮立たせるとアクが出るので取りましょう。 仕上げに刻んだネギ、ごま、こしょうを入れてできあがり。 いただいてみますと、やはりけっこう歯ごたえがありますね~。 ただ、噛みしめると肉の味わいが出てきて、満足感は高め。 ネギのさわやかさがアクセントとしていい感じです。 食べきれない分はラップを使って冷凍保存 一度に食べきれない場合は、冷凍保存するとよいでしょう。 あとで使いやすい包み方として、以下の方法があります。 ラップを台の上に長めに敷いて、スライスした牛タンを3切れほど並べます。 ラップを手前にくるっと返して、その上にさらに牛タンを並べていきます。 どんどん重ねていくと、写真のようにコンパクトにまとまりました。 これをフリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。 使うときは、ラップをペリペリと剥がしていけば、必要な分だけ取り出せます。 ちなみに、解凍は「前日から冷蔵庫でゆっくりと」がおすすめです。 凍ったまま焼いてしまうとおいしく仕上がらないのでご注意を!•

次の

顧客管理システム「マジタン」~機能説明

マジ 牛 タン

マジタンとは? イベントやホームページでせっかく集めたお客様名簿。 ところが、営業マンがクロージングをした後の 「長期客フォロー」は、ほとんどの工務店が出来ていません。 マジタンは、そんな工務店さんのために開発された 「長期客フォローを自動で行なう」画期的な顧客管理ソフト。 地場工務店が苦手としている 1. 会社での一括顧客管理(見込み客、契約客、OB客まで) 2. 長期客のフォロー の2つを、「今日入ったばかりのパートの女性」でもカンタンに解決できます。 パソコン上の操作はラクラク。 サーバー管理型なので、データのセキュリティーと保全は万全。 ・顧客名簿の管理が出来てない。 ・営業マンが長期フォローをしない。 ・集客はあるけど、受注が伸びない。 とお悩みの工務店さんはぜひお試しください。

次の