二階堂 コム。 水曜日のカンパネラ

『lg.ripley.cl』の怪しい正体は元公安調査庁職員に暴かれていた【ESPIO! 】 匿名取締役

二階堂 コム

女優二階堂ふみ(23)と音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイ(25)が14日、都内で、写真集「月刊コムアイ・嘘 写真 二階堂ふみ」(小学館)発売記念会見に出席した。 二階堂が全編撮影、コムアイ初の写真集となった。 バストトップも見せたヌード写真もある芸術性の高い一冊で、コムアイは「ふみちゃんじゃなければ脱いでいない。 ふみちゃんの前で隠すのは格好悪いから、さらけ出してしまいました」。 出来栄えは「(世界的科学誌の)『ナショナルジオグラフィック』的。 生き物としての生命力には自信はあるけど、セクシーとは思わない」と笑った。 二階堂は「コムアイちゃんは個性的でポップだけど私はもっとシンプルで、潔くて、ピュアで、真っすぐな、素のコムアイちゃんを撮りたかった」と満足げだった。 photo• 芸能 宮迫博之「緊張した」無観客ライブの前説で熱唱 []• 音楽 [6月14日 19:33]• ハリウッド [6月14日 19:26]• シネマ [6月14日 19:24]• 芸能 [6月14日 19:02]• お笑い [6月14日 18:50]• お笑い [6月14日 18:35]• 芸能 [6月14日 18:33]• シネマ [6月14日 15:09]• 音楽 [6月14日 15:00]• コラム [6月14日 13:01]• AKB48 NGT藤崎未夢、アウトドア情報メディアで連載開始 []• AKB48 [6月13日 22:21]• AKB48 [6月13日 22:06]• AKB48 [6月13日 10:18]• AKB48 [6月11日 22:30]• AKB48 [6月11日 21:06]• AKB48 [6月8日 20:27]• AKB48 [6月8日 16:20]• AKB48 [6月8日 10:00]• AKB48 [6月5日 15:27]• AKB48 [6月5日 15:00]• ジャニーズ 渡部レギュラー「相葉マナブ」オープニング登場せず []• 芸能 [6月14日 18:33]• 芸能 [6月14日 10:02]• ドラマ [6月14日 5:00]• 芸能 [6月11日 21:03]• ジャニーズ [6月10日 6:00]• 芸能 [6月9日 20:30]• ジャニーズ [6月9日 5:00]• 結婚・熱愛 [6月7日 6:19]• ジャニーズ [6月6日 17:03]• 結婚・熱愛 [6月6日 7:07]• ハリウッド 小栗旬のハリウッドデビュー作、来年5月に公開決定 []• ハリウッド [6月14日 19:26]• シネマ [6月14日 19:24]• ハリウッド [6月12日 9:42]• ハリウッド [6月11日 9:24]• ハリウッド [6月11日 6:15]• コラム [6月9日 14:35]• ハリウッド [6月9日 9:30]• ハリウッド [6月9日 9:30]• ハリウッド [6月8日 14:42]• ハリウッド [6月7日 12:56]• 映画 小栗旬のハリウッドデビュー作、来年5月に公開決定 []• シネマ [6月14日 19:24]• シネマ [6月14日 15:09]• シネマ [6月14日 8:00]• コラム [6月13日 13:00]• シネマ [6月12日 4:01]• シネマ [6月12日 0:38]• シネマ [6月11日 11:28]• シネマ [6月9日 17:45]• シネマ [6月9日 5:00]• 坂道 [6月8日 20:07]• ドラマ 木村拓哉BG、いよいよ初回「心から良かった」 []• ドラマ [6月14日 5:00]• ドラマ [6月13日 12:01]• 芸能 [6月13日 8:00]• ドラマ [6月13日 5:27]• ドラマ [6月13日 5:02]• ドラマ [6月13日 5:01]• ドラマ [6月12日 17:45]• ドラマ [6月12日 10:10]• ドラマ [6月12日 5:00]• ドラマ [6月11日 16:42]•

次の

二階堂小学校(奈良県天理市)

二階堂 コム

『月刊 井川遥』『月刊 真木よう子』など、かつて一世を風靡した伝説の写真集『月刊シリーズ』が2018年4月から小学館で復活。 その第1弾は、女優の二階堂ふみが写真家として人気ファッションモデルを撮影した『月刊モトーラ世理奈』であった。 そして復活第2弾でも二階堂ふみが、水曜日のカンパネラのコムアイの一糸まとわぬ姿を撮り下ろした衝撃的な内容となっている。 二階堂ふみがなぜ写真家デビューに至ったのか? 雑誌『スピリッツ』の企画で撮影中の二階堂ふみを直撃。 伝説の写真集『月刊シリーズ』への想い 「コムアイという作品を作る女の子を撮りたかった」• もともと「月刊」シリーズに対して二階堂さんは思い入れがあったのでしょうか? 二階堂ふみやっぱりありましたね。 私自身、19から20歳になるときに熊谷直子さんに『月刊二階堂ふみ』を撮っていただきました。 女性の知られざる一面であったり、裏の顔であったり、逆に裏だと思ったのが表だったみたいな、そんな風に被写体の一面を見られるシリーズだと思っていました。 コムアイさんはどのような経緯で撮られることに? 二階堂ふみはい。 コムちゃんもNYLON JAPANで撮らせて頂いたことがありました。 その企画の後に話に上がったんです。 大学の先輩でもあるんですけれど、実は、あんまり大学での関連性はなくて。 全然違うところで仲良くなって、って感じだったんです。 全部さらけ出してるというか、かなり話題になるのではないかと思うのですが。 コムちゃんが私に全てを任せてくれていたので、最初から壁もなかったからグッっと近づけたような気がします。 撮影の時に二階堂さんが「これが全部嘘だったら」とおっしゃっていたそうですが、「嘘」っていうタイトルに込めた思いは? 二階堂ふみなんというか…コムアイちゃんも「個性的な人だ」っていうパブリックなイメージが出る方だと思うんです。 そういったアーティストとしての面としてもすごく好きなんですけれど、1人の女の子として生きている彼女がすごくかわいくて素敵だなと思っていたんです。 そうしたピュアな部分が実は核になっています。 二階堂ふみホテルでの撮影とスタジオでの撮影で差をつけられたらと思いました。 一緒に入って撮っていたのでしょうか? 二階堂ふみ 楽しかったです(笑)。 撮影期間は、一緒のお風呂に入りましたし、一緒に寝て、起きて、メイク落とさないで寝てしまったり…。 朝は、メイク落とすところから2人とも始めて、泊まっていろいろな話をしていました。 東京の都心にいるんだけれど、ちょっと地上から離れたところにいるというか、日々の喧騒からエスケープしたような時間を共有しましたね。 1作目のモトちゃんも、コムアイちゃんもきっと10年後はもっと違う人になっているかもしれない。 二階堂ふみそういう不満めいたことからのスタートではなかったです。 この人だとこういう表情が自然と出てくる、こういうことができる、それは自分が勝手に出しているものじゃなくて相手の方がいてできることだと思います。 そういう関係性を切り取れればいいなと思いながら撮影していました。 二階堂ふみ流のコミュニケーション 言葉より感覚で繋がりたい• きっと、二階堂さんはコミュニケーション能力が高いんだろうなとも感じました。 二階堂ふみ本当ですか?ありがとうございます。 グラビア界のルパン三世ですね。 「心を、盗んでいったな」って。 二階堂ふみ嬉しいですね。 そんなこと言っていただけて。 でも、例えば、別にそれが嫌とかじゃないんですが、以前「もっと普通に歩いて」って言われたときに、普通って何だろう?と思って。 だから、私はどちらかと言えば自分が逆に撮る側の方の気持ちが少しだけわかるようになったのは、言葉よりもその時の空気感の共有というか…「今日暑いな」「寒いな」「冷たいな」とか、「おいしい」とか、苔、花…。 そういうのでつながっていった方が私は結構コミュニケーションがとれるのかもしれないです。 すごく相手が緊張しているのもわかります。 でも、緊張している瞬間も撮れるのが写真の良さですよね。 多彩な関係性の写真が詰まってるのが、いい写真集の1つの形なのかもしれませんね。 二階堂ふみ今回の写真集もそうなっているといいです。 カメラを教えて頂いている師匠から感度下げてくださいとか、上げてくださいみたいな指示を未だにいただきながらやってる状態なんです。 自分の写真だけでなく、誰かにカメラを預けて撮ってもらったりとか、そういう写真が結構いいなって思います。 長い時間かけて撮ったアルバムとかもそうだし、だからこれからも撮り続けていきたいなと思いますけどね。 今後もぜひ写真を撮り続けてほしいです! 二階堂ふみお勉強させていただきながら撮らせていただいている状態ですので、温かい目で見ていただけたらと思います。 取材協力/小学館 『週刊ビッグコミックスピリッツ』編集部• 写真集『月刊コムアイ・嘘 写真 二階堂ふみ』(小学館 刊) 人気ボーカル・コムアイが全てさらけ出す! 「月刊シリーズ」第二弾刊行!!現、日本のミュージックシーンの最高峰の一つと評判の高い「水曜日のカンパネラ」のボーカルであり、美女・才女・ファッションアイコンと数々の顔を持つコムアイが、女優・二階堂ふみ撮影で初の写真集を発売。 コムアイ、二階堂ふみの純化した関係性でしか成し得ない、全てを解放した衝撃作。 表現者としての二人のエネルギーが爆発した1冊。 オフィシャルサイト 二階堂ふみ 『月刊 コムアイ』インタビュー•

次の

二階堂ふみ&コムアイがW主演 SNS写真きっかけに犯人扱いされ渋谷を“逃走”― スポニチ Sponichi Annex 芸能

二階堂 コム

怖いから(笑)。 一連の武富士事件を追っていた フリーライターのN氏も、武富士と3,000万円で和解したとい う情報も飛んでいて、真相は何なのか知りたいところです。 最低限の公然情報すら確認せず、 トンチンカンな与太話を書き飛ばしていることについては、いちい ち論評するまでもないにしても、どうも武富士が最近巻き直しを図 っているらしいことは若干気にかかる。 あちこちで妙な噂が流され ているからだ。 2.「アクティブインフォメーション」 二階堂豹介氏とはいったい何者なのか。 少し調べてみることにし た。 氏名で検索すると直ちに次のような情報が見つかる。 早速、「有限会社アクティブインフォメーション」を東京法務局 板橋出張所で調べた。 「代表取締役 小山紀彦」とある。 「記事には、代表:二階堂豹 とあるじゃないか」などと読者は疑問に思うかもしれないが、筆者 はむしろ得心した。 というのも、二階堂氏は筆者に対して「二階堂 こと小山です」などと名乗っていたからである。 ちなみに、インターネット上では「二階堂豹介=小山紀彦」氏と する具体的な情報が大量に掲載されているばかりでなく、 他ならぬ当人のサイトにもそのことを裏付ける手掛かりが残されて いる。 ・nikaidou. com上のリンク情報 「肉の東洋 ・・・二階堂がいつも頼むジンギスカン屋さん。 に おいなしのミルクラム絶品! 」 ・同じ「肉の東洋」を「小山紀彦」氏も絶賛 3.「本店」の状況 筆者は引き続き、上記法人の「本店」について調査した。 周囲の様子からは「借地借家」のように思われ、念のためにあら ためて板橋法務局で確認してみると、やはり土地、建物ともに「小 山」氏名義での登記はなかった。 「小山さん? 挨拶もしないので詳しいことは分からない。 奥さ んと一緒に住んでいて、子供をそこの幼稚園(すぐ近くにある)に 連れて行ったり、バイクで出かけるのをときどき見かけるよ。 ちょっと恰幅のいい感じ。 身なり? 普段はスーツなんか着てな いけれども。 ここに引っ越してきたのは5年くらい前だったかな。 実家がここ だというわけじゃない。 この辺は全部借地。 お寺が地主で、板橋に ある三和不動産というところが管理している。 小山さんが引っ越してきてから、その不動産屋が問い合わせに来 たことがある。 『最近、住人が替わったらしい。 小山さんというの は暴力団なんですか』と尋ねるんだ。 5.「インチキ法務マン」 二階堂こと小山氏のプロフィールは氏のサイトに掲載されている。 過去にはこんなふうに記されていることもあった。 「北海道札幌市出身」とあるが、表札に記された"www. a--i. net" のドメイン情報を確認してみると、登録時の住所は「栃木県佐野市 関川」とある。 Registrant: norihiko koyama domain a--i. さしたる根拠も挙げず、何でもかんでも「成りすまし」などと著 名人を誹謗中傷している有様にも何か病的なものを感じる。 「蓄膿 」「ナルコレプシー」「リタリンの常用」などと普通なら人には言 わない病状についても、自ら得意げに語っている。 ちなみに「アニメ番組ばかり見ている」 のだともいう。 梨元氏らは二階堂氏の正体を十分知った上で、協力しているとい うことなのだろうか? 6.名誉毀損訴訟 ちなみに二階堂氏は次のような訴訟を抱えている。 原告代理人は あの弘中惇一郎弁護士である。 被告は代理人をつけず、「インチキ 法務マン」の二階堂氏が対応しているようである。

次の